何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

鉄道旅行のコツ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
これは「お役立ち情報」の記事です。

鉄道旅行は自動車に並んでよく利用される移動手段である。自動車ではちょっと遠いけれども航空機を利用するにはちょっと近いかなと思われるところへ旅行するときによく利用される。

鉄道旅行は、沿線の風景の移り変わりを実感でき、都市から田舎へ向かう旅行では、大きなビル群から、田舎の田園や山々へと、風景の変化を目にすることができたり、地方独特の風景を楽しむことができることが大きな特徴である。特に山間の路線や海岸沿いの路線、田園地帯を走る路線などはのどかな、都市では見ることのできない風景を見せてくれる。

都市部への旅行の場合、地下鉄等の発達により鉄道と徒歩のみでの旅行が可能な場合があるが、地方へ行く場合は鉄道網が発達していない場合があるので、レンタカー、レンタサイクル、バス、タクシー等の他の交通機関を併用することを考えて計画をしたほうがよい。

このページでは、鉄道旅行を行う際のいろいろなコツについて紹介している。ただし、以下に挙げた項目については、鉄道会社、国や地域による違いなど、条件が異なることに留意していただきたい。それぞれの国や地域について、以下の記事で詳細に説明されている。

旅行の計画[編集]

  • 乗り換えの時間等に余裕を持たせ、当初の計画から時間がずれても修正が利くような計画を立てる。
  • どのような経路で旅をするのかを計画する。きっぷの値段が経路によって変わってくることがある。
  • 天災が発生した時や台風が上陸しそうな時は、素直に旅行を諦めて居住地へ戻ることも肝心である。(人命が大事)

鉄道旅行の基礎[編集]

  • キセル行為だけは絶対にしない
  • 空いているからといって指定席に座らない
  • 何があっても自分で責任を持とう(車掌に八つ当たりしない)
  • ダイヤは絶対正確ではないと思っておく(人身事故など不可抗力も多い)

以上の項目を守って、良い思い出になる鉄道旅行を楽しもう。

切符の購入[編集]

鉄道を利用する場合はほとんどの場合が事前に切符を買うことになる。鉄道会社によっては、運賃が安くなっていたり、乗り放題だったりと、多くのお得な切符を発売していることがあるので、これを利用するとコストを抑えて遠くまで旅をすることができる。但しお得な切符には、利用や払い戻しに制限がついていることがあるので、事前にホームページで調べるか、駅で購入時に尋ねるとよい。

特に小中高生の場合、乗り放題きっぷの利用によってコストパフォーマンスが飛躍的に向上することがあるので、一考する価値がある。

世界各地のお得な切符については、それぞれの国や町の記事の「着く」や「動く」のほか、次の記事でも説明している。

考慮すべきこと[編集]

マナー[編集]

乗車マナー
一般的に鉄道会社から注意を呼びかけられているマナーを守ることは重要である。それ以外にも、他の利用者が多くいるという鉄道旅行の特性上、大声で話をして他の利用者に迷惑にならないように配慮する等のおもいやりが必要となる。
時間に余裕を持った計画を立てる
列車の遅れや駅の混雑の度合いによって、乗換えにかかる時間が変わることもある。あまり窮屈な計画を立ててしまうと、駆け込み乗車をして乗り換え先の列車を遅れさせてしまったり、最悪の場合列車に乗れなくなるという事態が発生してしまう。
ホームに設置されている視覚障害者誘導用ブロック(点字ブロック)の内側にて立つ(歩く)
視覚障害者誘導用ブロック(点字ブロック)が設置されている位置は、視覚障害者だけでなく、健常者に対する安全対策にも兼ねている。席取りの為に乗車列の前頭に立つ際も、出来ればその内側に立つようにする事が望ましい。
その他
列車を撮影する際はカメラのストロボを発光禁止にしておく事。乗務員の視界を遮り、安全確認を見落とす場合がある。又、場合によっては利用客同士のトラブルにもなりかねない。

安全のために[編集]

鉄道旅行に限らず、鉄道利用全般において必要な事項であるが掲載しておく。

防犯対策
車内での置き引き等の被害にあわないために、貴重品は常に携帯することが望ましい。また、スリや痴漢などの犯罪に巻き込まれる可能性があるので、身の回りに常に気を配る必要がある。
ホーム上での事故防止
ホームに進入してくる列車との接触を避けるため、自分も荷物も、黄色い線や白線を越えないように列車を待つこと。これは鉄道会社から注意喚起されているが、最もよくある事故である。
混雑しているホームでは、落下の恐れがあるので押し合わず、譲り合って利用する。

田舎へ行くと・・[編集]

鉄道についても、それぞれの地方や国の性質が現れている。特に都会から出てきた旅行者が田舎の鉄道に乗る際など、戸惑うことが多い。日本国内だけを見ても、地方によって随分と乗り方などに差があるので、注意しないと、列車においていかれることもあるかもしれない。

ワンマン列車
田舎に行くと、列車がワンマンで運行されていることがある。これは列車に車掌が乗務せず、運転士だけで運行をするというものである。ワンマン列車の乗り方・降り方は普通の列車とは異なるものが多いが、おなじワンマン列車でも、地方や鉄道会社によって乗り降りの方法に差が出てくる。一般的なものとしては、後乗り前降りという方法があり、これは乗る際は車両後方の扉から、降りる際は前方の扉から、というものである。その他ワンマン列車では列車から降りる際運賃を支払わなくてはならない場合も多く、この方法についても要チェックである。
無人駅
都会ではほとんどすべての駅に駅員がいるが田舎に行くと無人駅はざらである。無人駅ではワンマン列車での乗降の方法が有人駅と異なっているし、切符をどこで買うのか戸惑うかもしれない。あわせて肝に銘じておきたいことである。
列車が少ない
田舎を走る列車にはトイレが備え付けられていることが多いが、そうでないものもある。しかし、トイレを済ませたいからといって、途中の駅で不用意に降りたりすると・・・次の列車が6時間後ということもある。そうならないために、トイレのない列車に乗る際は事前に用を足しておきたいものである。ちなみに、JR北海道は全ての列車にトイレを備え付けている。ローカル線では運転士にトイレに行くために出発を待ってもらえる場合があるが、期待しない方がよい。また、途中下車の際はよく列車のダイヤを確認しておいたほうがよい。

関連項目[編集]

この記事「鉄道旅行のコツ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版