何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

蘇州

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
世界遺産に登録された庭園「拙政園」の得真亭

蘇州(スチョウ)は、中国江蘇省の都市。


分かる[編集]

現在はかなり埋め立てられたが、かっては水路が多数はり巡り、東洋のヴェニスともいわれた。また、中央政界を追われた失脚した高級官僚が、世俗を離れて邸宅で江南地方の庭園様式の美を競った。

現在では上海市に隣接することから、外資系資本等による工業団地の進出が盛んになっている。

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

上海から高速道路で2時間程度。

バスで[編集]

  • 上海南駅から蘇州北門バスターミナルの区間を長距離バスが運行している。
    • 6:30~20:30までの間に便数40本程度と運行本数も多い。所要時間は1時間半~2時間程度で片道38元。

船で[編集]

  • 2007年8月27日より、下関からの航路が開設された。蘇州郊外の太倉(TAI CHANG)港に着く。所要29時間。週1往復。2等B 片道 ¥15,000 SSF

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

拙政園  
江南庭園の代表格。広々とした空間に、多彩な技巧を凝らした庭園が広がる。青いガラス越しに緑木をみると、それが白く見えて雪景色を模すなどの技法もある。ユネスコ世界文化遺産登録。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  大人70元
拙政園


留園  
区画が細かくなっており、一見すると小ぶりな庭園だが、実は数多くの庭園区画があって風情が違うので、見落としがないように注意して巡ること。(元来、賓客が何度足を運んでも飽きさせないための技巧。)観光客も少なく落ち着いた感じ。盆栽もある。ユネスコ世界文化遺産登録。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
留園


獅子林  
太湖石をジャングルのように配置した「獅子林」が名称の由来。清朝の皇帝が足を運んだことでも有名。ユネスコ世界文化遺産登録。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
獅子林


寒山寺  
臨済宗の名刹。寺の中央部に塔がある。中国様式の念仏が流れている。日本から寄贈された鐘があり、団体観光客も多い。鐘は突くと長生きするとの話だが、別途料金がかかることに注意。
 所在  東北街  電話  0512-8267737  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
寒山寺


虎丘  
丘にある寺であり、登るのに体力がいる。途中には庭園様式の滝があるなど風光明媚。なかでも、斜塔が有名。
 所在  -  電話  0512-7232305  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -
虎丘


山溏街  
河に沿った昔ながらの蘇州の様相を残す路。現在その一部は観光客向けに整理され、土産物屋や茶屋、渡し船などが楽しめる。船に乗って虎丘へ行ける。夜はライトアップされ、綺麗。
 所在  -  WEB  [-]
山溏街

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

得月楼菜館  
蘇州料理で有名な老舗。本館と新館がある。新館はきれいな設備なのに対して、本館は味が優るとの評価。なかでも、松鼠桂魚は代表的な看板料理。
 所在  観前街  電話  0512-65238940  WEB  [-]
 営業時間  -  予算  -

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

蘇州清山ホテル (清山酒店)  
蘇州高新区サイエンスシティの中心にある。
 所在  No. 35 Jiaxian Road, SND, Jiangsu  電話  (+86-512) 6689-0999
 FAX  86-512-66896770
 WEB  [1]
 時間    料金  

出かける[編集]

この記事「蘇州」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト