何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

福建省

提供: Wikitravel
アジア : 東アジア : 中国 : 福建省
移動: 案内検索

福建省(ふっけんしょう)は中国南東部沿岸、台湾海峡に面した省。北で浙江省、西で江西省、南で広東省とそれぞれ接している。また、海峡を挟んだ向かい側には台湾がある。


地方[編集]

都市[編集]

  • 廈門 — 省南東部、九龍江の河口付近に位置し、経済特区にも指定されている華南地方最大の港湾都市。アヘン戦争後の南京条約で列強に開港された際、共同租界が造られたことから、今も往時の面影を色濃く留めたエキゾチックなエリアが残されている。
  • 福州- 福建省の省都。榕城(ようじょう)とも称される歴史の古い町で、国家歴史文化名城に指定されている。明清代には琉球館が設置され、琉球王国との交易指定港であった。

その他の旅行先[編集]

  • 武夷山 — 江西省との境にある山で、世界遺産に登録されている。
  • 永定 — 世界遺産にも登録されている、ユニークな形をした客家の住居、「土楼」があることで有名。

分かる[編集]

中華人民共和国と中華民国(台湾)で分断統治されている唯一の省である。そのほとんどは中華人民共和国領だが、島嶼部の金門県(金門島)と連江県(馬祖島)のみが中華民国領となっている。第二次大戦後中華民国政府が台湾に渡ってから両者の分断状態が続き、永らく公の交流が途絶えていたが、近年三通政策(両者での通行、通商、通信の開放)の推進により、台湾海峡両岸間での交流が徐々に開かれてきている。

もともと海とのつながりが深い土地柄で、多数の華僑を輩出したことで知られている。

着く[編集]

日本成田国際空港及び関西国際空港と、福州・長楽国際空港、廈門・高崎国際空港とを結ぶ直行便が就航している。

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

この記事「福建省」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト