何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

福州

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

福州(ふくしゅう、Fuzhou)は、中華人民共和国福建省の省都である。榕城(ようじょう)とも称される歴史の古い町で、国家歴史文化名城に指定されている。明清代には琉球館が設置され、琉球王国との交易指定港であった。市行政区の人口は676万人、市区の人口は273万人。

分かる[編集]

着く[編集]

飛行機で[編集]

中国国内の主要都市と福州(長楽)空港との間が空路で結ばれている他、香港との間に便が就航している。日本とは2007年9月10日から、深圳航空が関西と深圳の経由地として結んでいる。2010年4月6日から、同深圳航空により、福州 - 成田の往復直行便が就航、週3便運行(火・木・土)。・・・成田便は季節により増便され毎日運行となる月がある。 福州(長楽)空港と市内はリムジンバスが運行されており、市内中心部のアポロホテル前まで約50分程度。

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

タクシーで[編集]

バスで[編集]

市内の移動にはバスが安くて便利。福州はバス網が発達しており、市内のバス路線は、一部長距離路線を除き、ほぼ1乗車1元。

船で[編集]

観る[編集]

鼓山  
福州市郊外(南東)にある岩山で、2002年に国家重点風景名勝区に指定された。石段が整備され、市民のハイキングコースとして人気があり、山腹までリフトも引かれている。週末になると、多くの市民がバスに乗って集まり、賑やかに石段を登っていく。

リフトの終点から10分程度歩くと全国重点保護単位に指定された”鼓山摩崖石刻”がある。これは岩肌に「南無阿弥陀仏」「色即是空」「忠孝」といった題刻を彫りこんだもので400以上の題刻が色々な書体で彫りこまれている。 さらに5分ほど進み、小さな広場を過ぎて少し下ると、標高455mのところに福州五大禅寺の1つ”湧泉寺”(908年創建)がある。

 所在  最寄のバス停;「下院」


福州国家森林公園  
中国9大森林公園の1つ。福州市郊外(北)に立地する広大な公園。園内は緑に囲まれ、「鳥語林」という有料で鳥が見られる施設、宿泊施設や、樹齢千年といわれる大木、鯉が沢山戯れる池などが点在。
 所在  最寄のバス停;「森林公園」


西湖公園  
282年に灌漑用に造られた溜池を中心に整備された公園。緑豊かな公園内には遊園地、開華寺、林則徐書院もあり、福州市民の憩いの場となっている。また、近くには”熊猫世界”(Panda World)がある。


熊猫世界 (Panda World)  
福州市内の西湖公園からほど近いところに立地。旧動物園の広い敷地がパンダ専用に整備され、愛くるしいパンダに会うことができる。
 所在  最寄のバス停;「夢山北路」


福建省博物館  


西禅寺  
887年創建。福州五大禅寺の1つで、もともと長慶寺と呼ばれた。福州西郊にある怡山の永欽里に位置しており、天王殿、大雄宝殿、法堂、蔵経閣など見所が多い。
 所在  最寄のバス停;「西禅寺」


華林寺  
964年に建てられた中国南部最古の現存木造建築。


林則徐記念館  


文廟 (孔子廟)  
福州の繁華街”冠亜広場”や”南街”にほど近い八一七路沿いにひっそりと佇む。
 所在  最寄のバス停;「道山路口」


三坊七巷  
福州の昔の面影を残し古い町並みを再開発した観光エリア。2010年に、中心にあたる南後街を歩行者天国とし、土産物屋さんや食べ物屋さんを誘致。2011年夏にその南側にある川を綺麗にして鯉を放し、その川沿いのお店を整備した。福州に観光で訪れた人や福州市民で賑わう。

現在もその周辺の整備を進めており1~2年後には広大なエリアが観光スポットに変貌する予定。

 所在  最寄のバス停;「南街」・・・下車後、黄巷を西に向かう

遊ぶ[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

連絡する[編集]

気を付ける[編集]

暮らす[編集]

出かける[編集]

この記事「福州」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト