何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

知床国立公園

提供: Wikitravel
アジア : 東アジア : 日本 : 北海道 : 知床国立公園
移動: 案内検索
知床五湖

知床 (しれとこ) は北海道東部の知床半島にある自然公園。正式には知床国立公園(しれとここくりつこうえん)。2005年に鹿児島県屋久島青森県白神山地に次いで、日本国内で3番目にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された。


分かる[編集]

知床国立公園の位置

歴史[編集]

風景[編集]

知床半島の中央部には知床連山と呼ばれ、火山が一直線に連なっている。半島の北と西側はオホーツク海、東側は根室海峡に面し、海峡を隔てた所に北方領土の一つである国後島が一望できる。また、1月~3月頃にかけて周囲の海岸は流氷で埋め尽くされる。

海岸は、垂直に切り立った高い断崖が続き、多くの滝も点在する。一方、半島の内陸は知床五湖と呼ばれる五つの湖があり、湖水と知床連山の風景が美しい。

動植物[編集]

ほぼ手付かずの自然が保たれており、原生林が多く生い茂っている。野生動物の種類も非常に豊富でエゾシカやキタキツネ、ヒグマといった野生動物が生息している。(なお、ヒグマについては後述も参照)。このほか、オジロワシ、オオワシなどといった野鳥のほか、海岸ではトド、アザラシも多く見られる。

気候[編集]

北海道海岸部の一般的な気候。夏は真夏日を越えることもあり、年に数週間は海で泳げるが、それほど暑くはない。冬は-15度程度まで下がり、また風も冷たいため出歩くときは防寒装備が必要。

着く[編集]

知床への玄関口としては西側の斜里町ウトロ、東側の羅臼町からの二通りがある。

ウトロへの最寄り駅はJR釧網本線知床斜里駅で、網走から知床斜里駅までは普通列車で約46分で、知床斜里駅からウトロまではバスで50分である。このほか、女満別空港からの直通バスもあるが本数は少ない。車の場合、網走からウトロまでは約80㎞程である。

羅臼町へのアクセスは、釧路からの路線バスが一日数本ある。車の場合、釧路から162㎞、根室から110㎞である。

料金/許可[編集]

入園料は無料。

動く[編集]

内陸部を中心にめぐる場合、レンタカーなど車の利用が便利である。ただ、一部規制されたり、季節によっては閉鎖される区間があるので注意。特に冬は知床峠が冬季通行止めとなり、夏なら斜里町から羅臼町へは1時間弱で着くが、冬は根北峠経由で3時間弱かかる。路線バスもあるが、運転本数は少ないので注意。

知床五湖からカムイワッカ方面は歩行および一般車両の通行が通年禁止されている。車両はウトロ温泉か知床自然センター駐車場に置きシャトルバスを利用する。知床五湖駐車場に駐車してシャトルバスに乗ることは出来ないので注意が必要である。シャトルバスの運行は2008年の場合7月13日から9月20日である(通行規制のお知らせ)。

また、ウトロ港から知床岬などへ巡る観光船が就航している。また、流氷が見られる冬季には流氷観光クルーズもある。ただし、船便は基本的に出港地に戻るため、他の地域への移動手段としては使えない。

知床岬は特別保護地域として厳重な管理下に置かれ港湾施設の建設ができない。小型船での上陸も申し合わせによって自粛されている。陸路にも充分な道はなく岬へは事実上立ち入ることはできず、一般観光客は遊覧船で海から眺めるほかないが、中には道なき道を辿って行ったりシーカヤック等で岬に上陸する者がいる。この行動は充分な知識や経験がないと危険であるため、環境省は「利用の心得」を制定し、留意事項を記載している。

観る[編集]

秋になると川で鮭の遡上を見ることができる。また、岩尾別川下流などでは、運がよければその鮭を狙いに来るヒグマを観察できる。 冬は流氷が見られ、また特に羅臼側ではオオワシ・オジロワシを多く観察できる。


羅臼ビジターセンター  
知床の自然、歴史、文化などを展示や映像で解説・紹介する施設。ウトロ側の各種施設ほどほど俗化されておらず、展示内容が大変工夫されており、規模の割りにじっくりと時間を過す事ができる。
 所在  羅臼町湯の沢町6番地27(中標津バス1時間30分、釧路バス4時間)  電話  (0153) 87-2828  WEB  [1]
 開場時間  5月~10月 9:00~17:00、11月~4月 10:00~16:00、月曜/年始年末休館。  料金  入館/駐車場無料。


熊の湯  
知床峠の羅臼町側の入り口に当たり、国道を挟んで向かいにはキャンプ場がある。有志により維持管理されており無料で使用できるが、マナーは守るよう注意。
 所在  目梨郡羅臼町湯ノ沢町


間歇泉  
ほぼ2~3時間に1回15秒ほど吹き上げる。
 所在  羅臼温泉付近。市街地から3km。


羅臼湖  
原生林に囲まれて大小5つの沼があり、高山植物を見ることができる。特に、3の沼から見る、逆さ羅臼岳は、圧巻。入山については、自然環境を破壊しない為(入山者が多くなると山道が広がり周辺の動植物が枯れてしまうため。)、長靴を着用し、熊よけの鈴を携帯することが望ましい。
 所在  「羅臼湖入り口」から、徒歩40分。


知床峠  
知床半島のほぼ中央にある標高738mの峠。ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路の途中にあり、すぐ近くは標高1,661mの羅臼岳がそびえる。また、北方四島の一つである国後島が望める。
 所在  ウトロから車で25分。羅臼から車で25分。  電話  知床斜里町観光協会:(0152) 22-2125  WEB  
 開場時間  自由(但、冬季は閉鎖)  料金  無料


知床自然センター  
観光案内だけでなく、大型スクリーンによるビデオ上映、一服できるレストラン、関連グッズの販売、知床五湖方面へのシャトルバスの発着場となっている。
 所在  斜里町字岩宇別531  電話  (0152) 24-2114  WEB  [2]
 開場時間  4月20日~10月20日 8:00~17:40、10月21日~4月19日 9:00~16:00、年末休館。  料金  入館 / 駐車場無料、ダイナビジョン一般大人¥500 / 小中学生¥200。


知床五湖  
知床半島を代表するスポットの一つ。原生林の中にある五つの湖からなり、遊歩道が整備されている。
 所在  斜里町ウトロからバス20分、知床自然センターからシャトルバス運行(カムイワッカ地区自動車通行規制あり)。  電話  知床自然センター:(0152) 24-2114  WEB  [3]
 開場時間  4月下旬~11月下旬 7:30~18:00  料金  観覧無料、駐車場普通車¥410/1回(18:30閉鎖)。
知床五湖


カムイワッカ湯の滝  
硫黄山から流れる温泉の川。
 所在  知床自然センターから入り口までバスで40分(往復¥1,180)。入り口から滝までハイキング30分。冬季は林道が閉鎖。  WEB  [4]
カムイワッカ湯の滝


知床観光船  
 所在  ウトロ港から出航。  WEB  [5]


オシンコシンの滝  
 所在  ウトロから斜里方面に約5km。  電話    WEB  [6]
 開場時間    料金  
オシンコシンの滝


フレペの滝  
 所在  知床自然センターから徒歩。  電話    WEB  [7]
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

冬はドライスーツを着て流氷の上を歩いたり、海に潜ったりするツアーが行われている。


知床クルーズ  
羅臼港から、夏季であれば、知床岬往復のクルーズ、根室海峡でのホエールウオッチング、バードウオッチング、冬季は、流氷クルーズや、アザラシなどの冬季に見ることができる動物ウオッチングができる。複数の船があるので知床羅臼観光協会へ確認すること。


熊の湯温泉  
羅臼川畔に作られた露天風呂、男女別の脱衣所と浴槽がある。もともと、地元の漁師さんを中心とした住民の方々が使っていたお風呂であるので、地元住民と、観光客の共存が重要。熊の湯愛好会の方が、周辺部の清掃など、温泉の維持活動を有志でなさっている。敬意を持って利用することが望ましい。マナーさえ良ければ、観光客はもとより、気分良く地元の方と交流することもできる。
 所在  羅臼温泉から約1.2km。


斜里岳登山  
日本百名山の一つ。3町にまたがる山で斜里町側からの登山コースもあるが一般的なのは清里町からのコースである。登山口の清岳荘から登り下りとも約3時間。標高1547mの山頂からはオホーツク海に伸びる知床半島を一望できる。


羅臼岳登山  
こちらも日本百名山の一つ。2町にまたがる山で斜里町側から登り、羅臼に下りることもできる。登山口は岩尾別温泉で、登り5時間下り3時間40分である。標高は1661m、山頂からは国後島が間近に見える。皇太子殿下が登られた山として有名。

買う[編集]

斜里町のお店は斜里町#買うを、羅臼町のお店は羅臼町#買うを参照。

食べる[編集]

海産物がおいしい。ただし、流氷が来ている間はカキなど一部の食材を除いて (出漁できないため) 地元産の食材ではないため注意。

斜里町の食堂は斜里町#食べるを、羅臼町の食堂は羅臼町#食べるを参照。

飲む[編集]

泊まる[編集]

宿泊所[編集]

ウトロには温泉街があり、ホテルが多く建ち並ぶ。また羅臼側にも温泉ホテルが複数ある。

斜里町の宿は斜里町#泊まるを、羅臼町の宿は羅臼町#泊まるを参照。


野宿[編集]

前述のとおりヒグマの生息地であるため、野宿は危険でありすべきではない。

気を付ける[編集]

  • 知床には猛獣のヒグマが多く生息しており、遭遇すると襲撃される可能性があるので注意。たとえ、子グマであっても近くには親グマが必ずいるので絶対に近づいてはならない。
  • ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路は、冬季閉鎖されるので注意。
  • 羅臼側にある無料温泉のうち、セセキ温泉や相泊温泉は冬入れないので注意。熊の湯は冬でも入浴できる。

出かける[編集]

外部リンク[編集]

この記事「知床国立公園」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。



変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト