何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

白浜町

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
この記事は和歌山県の白浜町についての旅行ガイドです。
かつてあった白浜町については白浜町_(曖昧さ回避)の記事をご覧ください。

白浜町 (しらはまちょう) は、和歌山県南西部にある町。「南紀白浜」の名で広く知られている。 和歌山県白浜町公式ウェブサイト


分かる[編集]

  • 白浜観光協会[1] 1600番地 白浜町役場内 TEL (0739) 43-5511
  • 椿温泉観光協会[2] TEL (0739) 46-0828

着く[編集]

飛行機で[編集]

南紀白浜空港があり、羽田空港から2~3便が運航されている。 飛行機で南紀白浜へ 南紀白浜空港ビル

列車で[編集]

京都駅・新大阪駅から白浜駅まで特急列車「くろしお」で約2時間。本数も多く便利。ただし「くろしお」は大阪駅に停車しないので、新大阪駅または天王寺駅を利用する必要がある。

車で[編集]

阪和自動車の南紀田辺インターチェンジが近い。

バスで[編集]

大阪からジェイアールバスなどが運行する高速バスが温泉街に近い白浜バスセンターへ運行。所要時間は4時間程度だが運賃は¥2,700と安価。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

JR 紀勢本線の駅がある。JR西日本

JR 紀勢本線[編集]

白浜駅以外には特急列車は停車しないので普通列車での移動になるが、昼間は2~3時間に1本しか運行されていないので、事前に時間を調べて利用した方がよい。


上富田町 朝来駅) ― 白浜駅 ― 紀伊富田駅 ― 椿駅 ― 紀伊日置駅 ― (すさみ町 周参見駅)

バスで[編集]

町内では明光バスが運行されている[3]。 白浜温泉街へと向かう路線(白浜駅 - 白良浜 - 湯崎 - 三段壁)は毎時3~6本ほど運行されている。運行間隔は均等ではないが、30分も待てばバスが来る。白浜駅からの所要時間と運賃、最寄りの観光名所は以下の通り。

  • とれとれ市場バス停まで約5分、¥160 - とれとれ市場。白浜駅~三段壁方面のバスがすべて経由するわけではないので注意。
  • 白浜バスセンターまで約12分、¥330。
  • 白良浜まで約14分、¥330 - 共同浴場の白良湯、白良浜、自然エネルギーランド。
  • 湯崎バス停まで約17分、¥380 - 共同浴場の牟婁の湯、露天風呂:崎の湯。
  • 新湯崎バス停まで約18分、¥400 - 白浜海中展望塔。
  • 千畳敷バス停まで約20分、¥430 - 千畳敷。
  • 三段壁(さんだんべき)バス停まで約21分、¥460 - 三段壁。
  • 白浜YOU遊パスポート
    白浜YOU遊パスポート (とくとくフリー乗車券) — 明光バス町内循環線より内側の路線が乗り降り自由になるフリー切符。白浜温泉、三段壁、アドベンチャーワールドなど白浜町の主要観光名所はこれだけである程度まわることができる。アドベンチャーワールド、白浜エネルギーランド、三段壁洞窟、白浜温泉外湯の100円割引券が1枚ずつ付いている。1日券の場合、白浜駅から三段壁に行き、帰りに白良浜または湯崎で途中下車し、外湯に入って白浜駅に戻ってくるだけで元が取れる。
     所在  明光バス:白浜駅前案内所、白浜バスセンター、白浜空港などで販売。  料金  1日券¥1,000、2日券¥1,300、3日券¥1,500。

足で[編集]

観る[編集]

白良浜 地図  
真っ白な砂浜が約640m続く。
 所在  白浜バスセンター前
白良浜


千畳敷 地図  
海に面した広い岩盤。波の浸食を受け、このような地形ができた。安全柵が無く照明設備もないので、事故防止のため日没後の見学は控えた方がよい。
 所在  明光バス「千畳口」下車徒歩5分  WEB  [4]
千畳敷


三段壁 地図  
波の浸食によりできた高さ50~60mの大岩崖。名勝として名高い。熊野水軍の隠れ場所だったといわれる洞窟がある。見学時間はエレベータの乗車時間を含めて15~20分ほど。記念スタンプが洞窟内に3つほど置いてある。洞窟には、夏場は季節風の影響で見学用通路にも波が入ってくる場合があるので注意が必要。安全柵が無く照明設備もない場所もあるので、事故防止のため日没後の見学は控えた方がよい。
 所在  三段2927-52、明光バス「三段壁」下車すぐ  WEB  [5]
三段壁


アドベンチャーワールド 地図  
1978年4月22日にオープンした動物園、水族館、遊園地が一体になったテーマパーク。オープン当初の名称は南紀白浜ワールドサファリだった。何といってもジャイアントパンダ(以下パンダと表記)で有名な動物園で、2015年1月現在7頭のパンダを飼育しており、中国本土以外の動物園で7頭も飼育されているのはここだけであり、世界一の規模である。また、ここは成都にある成都大熊猫繁育研究基地の日本支部でもあるため、ここで飼育されているパンダはアドベンチャーワールドの所有ではなく、成都大熊猫繁育研究基地の所有である。2014年12月2日には、雌の双子のパンダが生まれた。ここで生まれたパンダの名前は、全て2文字目を「浜」に統一している。
 所在  西牟婁郡白浜町堅田2399番地。  電話  (0570) 06-4481  WEB  [6]
 開場時間  10:00~17:00、基本的に無休だが、臨時休園もあるので、ウェブサイトなどで確認すること。  料金  入園券大人¥4,100など。
アドベンチャーワールドで飼育されている海浜と陽浜

遊ぶ[編集]

南紀白浜温泉 地図  
日本三古湯に数えられる温泉。外湯が6軒あり、湯めぐりを楽しめる。
 所在  西牟婁郡白浜町  電話  白浜町役場観光課 (0739) 43-5555  WEB  [7]
 営業時間    料金  
  • 崎の湯
    崎の湯 — 日本最古の露天風呂とも言われるほど歴史のある温泉。太平洋まであと数歩のところにも湯船があるので、ときどき波が入ってくることもある。内湯はないので、冬場は湯冷めしないように体の芯まで温まってから上がるようにしたい。お湯がそのまま海に流れ出ていくので、シャンプーや石鹸などの使用は禁止。  所在  湯崎1668、湯崎バス停から徒歩5分。  電話  (0739) 42-3016  時間  4~6・9月:8:00~18:00、7~8月:7:00~19:00、10~3月:8:00~17:00、定休日:水曜。  料金  3歳以上¥400。  WEB  [8] 地図
  • 牟婁の湯
    牟婁の湯 (むろのゆ) — 2種類の源泉が楽しめる共同浴場。  所在  湯崎1665、湯崎バス停から徒歩2分。  電話  (0739) 43-0686  時間  7:00~22:00、定休日:火曜。  料金  大人¥400、中人¥130、小人¥70。  WEB  [9] 地図
  • 松乃湯
    松乃湯 — 塩分の強いお湯が特徴の共同浴場。銭湯のような雰囲気である。  所在  瀬戸743-1、白浜バスセンターから徒歩2分。  電話  (0739) 43-0988  時間  13:00~22:00、定休日:火曜。  料金  大人¥300、小人¥100。  WEB  [10] 地図
  • 白良湯
    白良湯 — 白良浜海水浴場の隣にある共同浴場。2階に浴場があるため、眺めがよい。入浴券の販売場所は2階にある。  所在  白浜3313-1、白良浜バス停から徒歩3分。  電話  (0739) 43-2614  時間  7:00~22:00、定休日:木曜。  料金  大人¥400、中人¥130、小人¥70。  WEB  [11] 地図


椿温泉  
大正時代からの湯治場。
 所在  椿、椿駅から徒歩25分。  WEB  [12]

買う[編集]

とれとれ市場 地図  
漁港直営の海鮮市場。魚介類だけでなく、地域のお土産や野菜なども販売している。
 所在  堅田2521番地  電話  0120-811-378  WEB  [13]
 営業時間  8:30~18:30、不定休。  値段  入場無料
とれとれ市場

食べる[編集]

さんま寿司  
サンマを開いて押し寿司にした郷土料理。作ってから半日ほど置いておくと味がしまる。
さんま寿司

安食堂[編集]

ふれ愛名産館 まつや 地図  
JR白浜駅前にある食事処・お土産店。
 所在  堅田1471番地、JR白浜駅から徒歩1分。  電話  (0739) 42-2802  WEB  [14]
 営業時間  8:30~19:30  予算  和歌山ラーメン¥650、秋刀魚寿司¥150(2貫)、梅うどん¥650。
ふれ愛名産館 まつや

中級[編集]

浜市場 浜屋台 マルキヨ  
白良浜近くにある浜焼きのお店。
 所在  白浜町1384-50。  電話  (0739) 43-0640  WEB  
 営業時間  11:30~14:00 17:00~20:30、定休日 月曜  予算  

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

グランパスinn白浜 地図  
千畳敷や三段壁の近くにあるリゾート施設。ホテル棟とオートキャンプ場などがある。
 所在  千畳敷2953-3  電話  (0739) 42-2102  WEB  [15]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥5,000~


南紀白浜温泉 ホテル千畳  
海を見下ろす露天風呂が自慢。
 所在  白浜町1680-1。  電話  (0739) 43-2468  WEB  [16]
 時間    料金  ¥7,800(365日同一料金)


とれとれヴィレッジ  
ドーム型の宿泊施設。
 所在  白浜町堅田2498-1。  電話  (0739) 42-1100  WEB  [17]
 時間    料金  

高級[編集]

白良荘グランドホテル  
全室オーシャンビューで、白良浜を眺望できる。
 所在  白浜町868。  電話  (0739) 43-0100  WEB  [18]
 時間    料金  

出かける[編集]

  • 田辺市 - 熊野三山の1つである熊野本宮がある。
  • 串本町 - 本州最南端の岬である潮岬がある。
  • 那智勝浦町 - 熊野古道の大門坂、熊野三山の1つである熊野那智大社、日本三名瀑(めいばく)の1つである那智滝がある。



Wikitravel Shared Logo 白浜町に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「白浜町」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト