何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

深セン

提供: Wikitravel
深圳から転送)
移動: 案内検索
このページで扱われている記事名の中には一部の日本語環境で表示できない文字が含まれているため、便宜上、カナ・略字または代用文字を用いて記事名を表示しています。

この記事で扱われている地名の本来の表記は「深圳」です。

深圳市の中心地「羅湖区」の風景で地王大廈から撮影。右のビルは98階建ての高層ビル「京基100」

深セン深圳、しんせん)は中国広東省にある都市である。


分かる[編集]

深セン市夜景。奥に見えるビルは深セン市で一番高い商業ビル「地王大廈」

香港特別行政区から中国大陸に入る為のゲートウエイにあたる街であり、中心地は、香港の新界に接する羅湖(ローフー、Lo Wu)区。

かつては漁業を営む人口数万人程度の小さな町であったが、1979年に経済特区に指定されて以来、商工業都市化が進み、推定総人口1200万人の大都市にまで発展する。街は未だ発展中にあり、現在もあちこちで高層ビルの建設ラッシュが進んでいる。

旅行スポットとしては「香港観光の際のオプショナルツアー」くらいの位置づけでしかないが、産業界ではよく知られた街で製造拠点として各国のメーカーが深センに進出しており、日本からもエプソンやリコー、三洋電機といった企業の製造拠点が深センにある。もっぱら製造拠点として知られる事の多い深セン市だが、近年は観光で人が集客できるような資源も見え始め、南山区の華僑城(ファチャオチョン、Hua Qiao Cheng)には世界之窗などのテーマパークが作られたり、2011年には第26回ユニバーシアードが開催された。


着く[編集]

香港との出入国検査場の一つ、深セン湾口岸(深セン側)

日本から深センを訪れる場合、大半は香港国際空港から香港特別行政区を経由して入る。ただし曜日によっては、マカオ航空でマカオ空港→マカオフェリーターミナルから深圳行きターボジェットを利用したほうが早い場合がある。

香港からバスや鉄道、タクシーなど陸路から深センを訪れる場合、1度目は香港に入るための入国審査、2度目は中国に入るための入国審査という事で2度の入国審査を受けることになる。尚、香港空港~蛇口に運航するフェリーを使う場合には香港には入国しない扱いになるので入国審査は一度だけで済む。

深センに入る為の口岸(こうがん、イミグレ)は全部で12箇所あるが、その内、一般的な口岸は4箇所(羅湖、福田、皇崗、深セン湾)である。


飛行機で[編集]

  • 最寄の空港は香港国際空港であり、日本からは香港国際空港を利用するルートが一般的である。なお香港国際空港において香港へ入国せずに深セン・蛇口港行きのフェリーに乗り蛇口港フェリーターミナルへ行き、すぐ近くにある地下鉄蛇口港駅から地下鉄を利用して移動する方法が便利。フェリーはおおむね1時間に1本、所要時間は約30分。詳細はこちら http://www.cksp.com.hk/price_list/Skypier.pdf
  • 宝安区に深セン宝安国際空港があり、成田や関空、セントレアからの便があるが、直通便でなく一旦北京や上海、韓国の仁川空港など他の空港に経由する経由便、または乗り継ぎ便である。

列車で[編集]

  • 香港からMTR東鉄線で紅磡(ホンハム、Hung Hom)駅から終点の羅湖駅まで移動し下車。徒歩にて羅湖口岸を通過。通過後は地下鉄1号線「羅湖駅」から市内各地へ。
  • MTR東鉄線の羅湖駅の一つ手前から支線に入る落馬洲駅にて下車。福田(フーティエン、Fu Tian)口岸を徒歩にて通過。口岸通過後は地下鉄4号線「福田口岸駅」から市内各地へ。
    • 落馬洲駅から皇崗(ファンガン、Huang Gang)口岸へ向かう有料シャトルバスに乗って皇崗口岸を徒歩で通過する。皇崗口岸は唯一24時間開いている口岸であり、夜間に香港-深セン間を移動する場合にはこのルートを取る事になる。

車で[編集]

  • 香港から深セン市の西側、南山区・宝安区が目的地ならば、タクシーで深セン湾公路大橋を通るルートで深セン湾口岸まで移動し、パスポートコントロールを受けて深セン入りをする。口岸を通過した後は、鉄道は無いので、移動はタクシーかバスを利用する。香港国際空港~深セン湾口岸までのタクシーの運賃は約300HKD程度。
  • 空港から香港と中国の両方のナンバー(ダブルナンバー)を持つリムジンを利用すれば、口岸でいちいち降りて入管手続きを行なう必要は無く、そのまま車で通過する事が可能。香港空港で入国手続きが終わった後、ゲートを抜けた先に申し込みカウンターがある。
    • ダブルナンバーリムジンでは、車と一緒に口岸を通過する為のチェックインペーパー(入境書類)を記入してパスポートと一緒に運転手に預ける。
    • リムジンは複数人の乗客が確保するまで発車する事無く、それまで待たされることがある。
    • 大型連休など口岸が込み合っている場合には、書類手続きだけで車から降りる事無く通過できるとは言え、渋滞で越境に時間がかかる事がある。

バスで[編集]

船で[編集]

蛇口フェリーターミナル

深センのフェリー埠頭は、南山区の蛇口(シェコー、She Kou)または、宝安国際空港に近い福永(フーヨン、Fu Yong)フェリーターミナルがある。香港マカオ珠海との路線があるが、香港、マカオは越境扱いになるのでパスポートは必須である。 なお、蛇口港フェリーターミナルのすぐ近くに地下鉄蛇口港駅があり、深センの他の地域へのアクセスも便利である。

  • 香港国際空港から蛇口行きのフェリーが運航。所要時間30分程度で運賃は香港空港→蛇口は220HKD、蛇口→香港空港からは260元。
    • 蛇口から香港空港行に乗船する際、当日フライト便の航空券(e-チケット)が必要であり、乗船当日に香港空港を利用して出国する人でないと利用できない。
    • 蛇口から香港空港行に乗り、下船した際に空港税の120HKDの返金がある(乗船する際に乗船券の他に黄色い用紙を貰う。これが空港税の引き換え券になる)
  • 香港の中心街(上環・マカオターミナル)から蛇口または福永行きのフェリーが出ている。
    • 香港(マカオターミナル)~蛇口の料金はHKD105/RMB110。所要時間は60分程度。
  • マカオ(新港)~蛇口間の路線も就航している。
    • 料金はHKD170/RMB140(迅隆号)、所要時間は60分程度。
  • 珠海(九州港)との間のフェリー便は本数が多い。マカオへ行く際に珠海経由で行き、陸路でマカオへ入境する方法もある。
時刻表


動く[編集]

タクシーで[編集]

市内と市近郊を走れる赤タクシー

深セン市内の公共タクシーは初乗10元程度と比較的値段が安く、すぐ捉まるので使い勝手が良い。タクシーには3種類あり、市内とその近郊をどこでも走れる車体が赤いタクシーと、経済特区内のみ走れる黄色タクシー、特区外(特区に入る事が出来ない)緑タクシーがある。

尚、駅や口岸の出入口付近では、観光客とみるとやたらと声をかけてくる無免許タクシー(白タク)の運転手がいるが、法外な額を吹っかけられるので相手にしない方が良い。

  • 大通りに出ればすぐにタクシーを拾う事が出来るので、よほど人気の少ない様な場所でなければ足を拾うのにさほど苦労は無いだろう。
  • 大抵、ホテルや交通機関の前では公共タクシーが数台程出入りの客待ちをしているので、それを拾うのも一つの手である。
  • 料金は基本メーター制なのだが、たまに直接交渉を吹っかけてくる運転手もいるので、後のトラブルの元にならないようにする為にも「打表(ダービャオ:メーターを倒せ)」と指示するのが無難。


バスで[編集]

船で[編集]

地下鉄で[編集]

深センメトロ

深セン市内を移動する際には深セン地下鉄を利用するのも一つである。路線は2011年時点で5路線あり、現在も延伸工事が進められている。

  • 深セン地下鉄では、台北等でも見られるトークン式のコイン型チケットが採用されており、チケットは券売機でチケットを購入し、改札にトークンをタッチして中に入り、出る時はトークンを回収する投入口に入れて改札を出る。
  • トークンは自動券売機で購入する事が出来るが、この券売機が1元玉、5元玉および5元札しか使えないので、手持ちに所持してなければインフォメーションでいちいち換金しなくてはならないのが不便である。
    • 老街など、人混みの激しい場所ではそれで順番待ちが出来ていたりするので大変億劫である。


観る[編集]

地王大廈 (地王ビル、ディーワンダーシャー)  
深セン市で最も高層の69階建て商業ビル(深セン一の座は2012年開業予定の98階建て高層ビル「京基100」に獲って代わられる予定)。上部には展望台が設置されており深セン市街が一望できる。ビルの正式名称は信興広場なのだが、街の開発により地価が高騰した為に地王ビルと呼称される。高度と地価の面で最も高いビルである。
 所在  羅湖区深南中路地王商業中心  電話    WEB  
 開場時間  9:00~24:00  料金  展望台(地王観光):80元。
地王大廈


世界之窗 (世界の窓、シージェヂーチュアン)  
世界各地にある名所を模した130ものミニチュアがあるテーマパーク。夜19:30から開演する「天地浪漫」というナイトショー(写真)では世界各国の歌や踊りが見られる。
 所在  南山区華僑城  電話    WEB  [1]
 開場時間  9:00~23:00  料金  140元
世界之窗


錦繍中華  
万里の長城や秦の兵馬俑、長江三峡など82箇所のスポットが実物の15分の1スケールで再現されており、中国の形を模した敷地に地図上とほぼ同じ位置に配置されている。入場料120元で錦繍中華と中国民俗文化村のチケットがセットになっている。
 所在  南山区華僑城  電話    WEB  [2]
 開場時間  10:00~18:00  料金  120元


中国民俗文化村  
錦繍中華に併設し、中国の少数民族の生活スタイルをコンセプトにしたテーマパーク。敷地内には中国国内の22の民俗の生活を模した村が復元されており、民族の祭りや風俗などに基づいたショーが催される。
 所在  南山区華僑城  電話    WEB  [3]
 開場時間  10:00~21:00  料金  120元

遊ぶ[編集]

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

老街(東門街)  
深セン市最古の商店街で、例えるなら日本の渋谷か原宿みたいな場所であろうか。衣類のお店やファーストフードのお店などが立ち並んでおり、休日になると大勢の人出でにぎわう。歩く際はスリ被害に合わないよう気を付ける事。
 所在  羅湖区(地下鉄1・3号線「老街駅」A出口)
老街(東門街)


羅湖商業城  
羅湖口岸を通過すると目の前にあるショッピングモール。羅湖商業城の中にはDVDやAV機器、衣服、お茶などを売るお店が軒を連ねており、そのお店の大半はいわゆる「にせものブランド」を売るお店である。とはいうものの、時計や衣類の作りはしっかりしてる上に安く、にせものと知りつつも香港から買いに来る人もいるそうである。現地の人いわく、時計や衣類はニセモノなりに質が良いのだが、DVDやAV機器などの機械類はすぐ壊れるので現地人でも手を出さないらしい(お茶は本物だそうな)

中国語または英語がちゃんと話せて値切り交渉がしっかりできるのであれば、ニセモノと知りつつもシャレのつもりで買ってみるのもいいかもしれない。ただし建物周辺では客引きがすごく、ほとんど拉致に近い形で店に引っ張られるので「買う/買わない」の強い意志が必要である。

 所在  羅湖口岸の目の前
羅湖商業城


華強北電脳街  
「深センの秋葉原」とも称される場所だが、こちらにはアニメショップもなければメイドさんもいない、本当に電気街という感じで、アキバのラジオセンターとは比較にならない程の巨大なビルに電子部品を販売する店舗がひしめいている様な場所である。市内のメーカーで電子部品で不足したらここに調達しに来るというくらい、世界各地から工業メーカーが集まる工業都市深圳ならではのスポットであり、電子部品だけでなく怪しげなDVDやバッタモンのiPad、PSPが売られているかと思えば、ちゃんと正規のカメラやパソコン、家電製品の販売店があったりと電機関連のものは一通りそろうといった感じである。好んで行くような場所ではないが、話の種としては十分な存在感を持つスポットの一つである。
 所在  福田区華強北(地下鉄2号線「華強北駅」下車)


海岸城 (CoastalCity)  
南山区にある巨大ショッピングモール。店舗としてJUSCOやUNICRO、トイざらすが出店している他、映画館やスケートリンクがある。
 所在  南山区文心五路(地下鉄2号線「后海駅」近く)  WEB  [4]

食べる[編集]

食事スポットとしては、羅湖区の老街であったり、南山区の海上世界が思い当るところである。

深センの街中をふらりと歩くと、マクドナルド(麦当劳)やケンタッキーフライドチキン(肯徳基)、スターバックスや吉野家など日本でもおなじみの店を目の当たりにするので、食事面で特に困る事は無いと思われる。


海上世界 (ハイシャンシージェ、Sea World)  
南山区の蛇口碼頭(フェリーポート)の近くにある観光スポットで、陸上に上げられた豪華客船(内部はレストランやホテルとして利用)がシンボルである。例えるなら神戸市の神戸モザイクのような場所であり、飲食店が立ち並ぶ。中華料理以外にもイタリア料理やインド料理、イングリッシュパブの様な料理店がある他、マクドナルドやスタバもあるので、付近に住む欧米系外国人にも利用されている。
 所在  南山区蛇口(地下鉄2号線「海上世界駅」近く)
海上世界

安食堂[編集]

中級[編集]

味蔵  
南山区にある日本食のお店で、経済特区である深センに進出する日本企業の現地駐在員の御用達にもなっている。唐揚げとかポテトサラダとかいわゆる日本の居酒屋メニューが提供されている。味については日本の居酒屋をよく研究していると思うくらいレベルが高く、日本で出店しても「成功するんでないかい?」と思う程である。
 所在  南山区 南海大道海典数碼城2F  電話  (+86-755) 2649-8225  WEB  
 営業時間  昼10:30~14:00、夜16:30~24:00  予算  3人で飲み会して1人100元弱程


丹桂軒 (Laurel Restaurant)  
羅湖商業城内にある広東料理のお店。深センでは有名なお店で、広東料理を食べたいと思ったらここに来ると間違いは無いらしい。
 所在  羅湖商業城5F  電話  (+86-755) 8232-3668  WEB  
 営業時間  7:00~23:30  予算  100元程度

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

深セン市が経済特区であり諸外国の目もある事から中国内陸部の地域と比較すると治安が良い方である。とは言え、ここ急激な経済成長により色んな人間が流入してきたという事もあり、それに伴ったスリや強盗といった経済都市特有の犯罪が増えてきているというのが現状である。

ある程度中国に慣れており自力で対処ができるならともかく、犯罪に巻き込まれない様に安全面を考えて、深センではなく香港やマカオに宿泊地を設定した方が良い。

安宿[編集]

中級[編集]

深圳迎賓館 (Shenzhen GuestHouse Hotel)  
鄧小平が深セン視察の際に宿泊したという由来を持つホテル。
 所在  羅湖区 新園路15号  電話  (+86-755) 8222-2722
 FAX  (+86-755) 8222-9943
 WEB  [5]
 e-mail  [6]
 時間    料金  スタンダードツイン:RMB300~


深圳新王朝酒店 (Empire Hotel)  
 所在  羅湖区 愛国路1052号  電話  (+86-21) 6122-6688  WEB  
 e-mail  [7]
 時間    料金  RMB405~


深圳盛捷花園城服務公寓 (Somerset Garden City)  
 所在  南山区 南海大道1068号  電話  (+86-755) 2602-9988
 FAX  (+86-755) 2602-9966
 WEB  [8]
 e-mail  [9]
 時間    料金  RMB570~

高級[編集]

華僑城洲際大酒店 (Intercontinental Shenzhen)  
世界之窗の近くに立地している5つ星ホテル
 所在  南山区華僑城深南大道9009号  電話  (+86-755) 3399-3388
 FAX  (+86-755) 3399-3399
 WEB  [10]
 e-mail  [11]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  RMB1,950~


香格里拉大酒店 (Shangri-La, Shenzhen)  
羅湖口岸の近くにあるホテルで最上階に360°回転レストランがある。
 所在  羅湖区建設路火車站東側1002  電話  (+86-755) 8233-0888
 FAX  (+86-755) 8233-9878
 WEB  [12]
 e-mail  [13]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  RMB1,250~


福田香格里拉大酒店 (Futian Shangri-La)  
シャングリラホテルの2号店で、ビジネス街である福田区にある。
 所在  福田区益田路4088  電話  (+86-755) 8828-4088
 FAX  (+86-755) 8828-4388
 WEB  [14]
 e-mail  [15]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  RMB1,500~


深圳君悦酒店 (Grand Hyatt Shenzhen)  
 所在  羅湖区宝安南路1881号  電話  (+86-755) 8266-1234  WEB  
 e-mail  [16]
 時間    料金  RMB1,500~

連絡する[編集]

気を付ける[編集]

  • 口岸を抜けた入口付近でおもむろに声をかけてくる人間がいるが無視する事。白タク(登録を受けていない無許可のタクシー)の運転手であり、それに応じて乗ってしまうと、後でとんでもない額をぼったくられる事になる(「100」と示すので人民元だと思ったら、着いた直後で「米ドルだ!」と請求されたり等々)
  • 昨今言われている反日感情については、経済特区であり諸外国の目があってか、国内の他の地域と比べると表立って目立つという事は無いが、全く無いとは言い切れない。変に神経を逆なでするような行為は慎んだ方が良いだろう。
  • 街が急激に発展したため、中国各地からいろんな人間が流入していった一方で、都市型の犯罪(スリ、窃盗、強盗…)も軒並み増えるようになってきた。そういった意味から深センは安全な街とはいいがたいので防犯意識は必要である。
    • 表通りを歩く分にはさほどの問題はないが、細い路地をうろついたり、夜間に出歩くのはスリや強盗、暴行の目に合う可能性は十分にあり得るので控えた方が良い。
    • 老街など、人混みを歩く際は荷物が盗まれない様に気をつけること。リュックサックも背負うのではなく、前に抱えるようにするのが無難。

暮らす[編集]

  • 深セン市は経済特区として中国外から日系・欧米系企業が進出するが、会話による意思疎通の方法は「中国語」オンリーである。英語はホテルや海上世界、スタバ等ごく一部、日本語は駐在者向けの日本料理店ぐらいでしか通用しない。それ以外は中国語しか通用しないと考えておいた方が良い。
    • その為、深セン観光を行なう際は、深セン市内の地図と筆記用具(漢字による筆談の為)は必携である。
    • 地域としては広東語圏に入るのだが、標準語(北京語)でも会話は通じる。

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 深セン市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト