何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

沖縄本島

提供: Wikitravel
日本 : 沖縄県 : 沖縄本島
移動: 案内検索
国際通り (那覇市)

沖縄本島(おきなわほんとう)は沖縄県東部に位置する沖縄県内最大の島である。正式名称は沖縄島(おきなわじま)。


地域・地方[編集]

古代琉球「三山時代」の名残りが、明治期の際に3つの群として残り、現在では沖縄本島の地域名を示している。

沖縄本島の地域区分
国頭 (中心都市は名護市
北部にある地域で別称山原(やんばる)。山や森林などの自然が多く残っている地域である。主な観光スポットは美ら海水族館、今帰仁城など。本島最北部の辺戸岬までは、那覇から車で3時間半はかかる。
中頭 (中心都市は沖縄市
中部にある地域で、嘉手納基地など米軍の関連施設が集中している地域でもある。その為、コザ(沖縄市)を中心にアメリカナイズされたショップが多く見られる地域である。
島尻 (中心都市は那覇市
南部にある地域。ひめゆりの塔、平和記念公園などがある。


市町村[編集]

  • 那覇市 — 沖縄県最大の都市。繁華街の国際通り、世界遺産の首里城などがある。
  • 沖縄市 — 基地の町コザ。
  • うるま市 — 勝連城址(世界遺産)、海中道路。
  • 名護市 — 本島北部へのゲートウエイ。
  • 嘉手納町 — 嘉手納基地。
  • 読谷村 — 残波岬。
  • 中城村 — 中城城跡(世界遺産)。
  • 恩納村 — 万座毛、有名ビーチが多数。
  • 本部町 — 海洋博公園(美ら海水族館)。
  • 糸満市 — 沖縄県平和祈公園・資料館、ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館など。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

沖縄本島の位置

沖縄諸島に属し、南西諸島のほぼ中央に位置する細長い島である。

島の中南部には那覇市沖縄市などの人口密集地があり、中北部には米軍基地が多くある。

北東側には「山原(やんばる)」と呼ばれる森林が広がり、ここには絶滅危惧種の鳥であるヤンバルクイナや、ノグチゲラなどといった貴重な生物が生息している。

第二次世界大戦では地上戦が繰り広げられ、多くの県民が戦死した。またこの戦いで、島の最南端に位置する喜屋武岬(きやんみさき)周辺では、崖から飛び降りる県民もいた。戦後はアメリカに接収されていたが、1972年に返還されている。


喋る[編集]

着く[編集]

飛行機で[編集]

那覇市の西側に那覇空港 (OKA) があり、各都市からの航空便が就航している。 那覇空港国内線旅客ターミナルビル

動く[編集]

「美ら島交通なび」というサイトでは、バス、モノレール、船などの時刻表検索やバス停、最寄施設からの検索などができる。携帯版もあり。美ら島交通なび

列車で[編集]

太平洋戦争以前には沖縄本島にも鉄道が敷設されていた。列車が走ることは戦後の長い期間無かったが、現在では那覇市内(那覇空港駅~首里駅)に沖縄都市モノレール(軌道)が開通している。観光施設でフリー乗車券(1日(24時間)乗車券¥700、2日(48時間)乗車券¥1,200)を提示すると入園料の割引やドリンクサービスなどの特典を受けることができる。(ゆいレール

車で[編集]

島を自由に巡りたい場合レンタカーなどの利用が、日本の他地域の値段より安くてお勧めである。ただ、観光シーズンは、レンタカー店が混み合うことが予想されるので注意。 レンタカーの営業所は那覇空港の他、沖縄都市モノレールのおもろまち駅前にあるDFSギャラリア・沖縄内にも各社が揃っており、中部(中頭)・北部(国頭)へ行く際にはここで借りると便利。

  • 南十字星レンタカー沖縄那覇空港店 電話  (098) 858-8234  WEB  [1]
  • ABCレンタカー 電話  0120-703-701  WEB  [2]
  • OTSレンタカー臨空豊崎営業所 電話  (098) 858-8000  WEB  [3]
  • バジェットレンタカー那覇空港店 電話  (098) 857-1813  WEB  [4]
  • 空港レンタカー 電話  (098) 859-1111  WEB  [5]
  • なはレンタカー 電話  0120-397-815  WEB  [6]

沖縄本島には那覇市と名護市間に高速道路の沖縄自動車道が通じている。交通量も少なく、他地域の高速道路と比べ通行料も安いので有効に活用すると便利。

タクシーは日本の他地域に比べ、多少安め。

バスで[編集]

沖縄本島では那覇市以外には鉄道が通じていない。その代わり、バス路線が非常に発達しており、島のほぼ全域にまで行くことが出来る。ただし、運行時間がやや正確でないので注意。

那覇から名護への区間などは高速バスも利用できる。

観る[編集]

遊ぶ[編集]

ダイビング — 沖縄本島は、北谷町の砂辺や、恩納村の真栄田岬を中心に、ソフトコーラル、ハードコーラル、地形ポイントや沈没船ダイビングなど、様々なダイビングポイントを誇っている。また、船で1時間ほどかかる慶良間諸島のダイビングは世界レベルのサンゴ礁や透明度で、日本国内のみならず世界中からダイバーが訪れる。あたたかく、透明度のよい海でダイビングのライセンスの取得のために沖縄を訪れるダイバーも多い。ブルーフィールドは沖縄には数少ない正規バイリンガル・ダイビングショップで、日本語・英語でダイビング講習を受けられ、慶良間諸島へのダイビングクルーズも毎日行っている。

食べる[編集]

JEF — ファーストフードの店。ゴーヤーバーガーなど沖縄で開発したメニューで有名。  所在  県内に5店。  料金  ぬーやるバーガーセット¥587など。  WEB  [7]

A&W — 日本初のファーストフード(もっとも、出店は本土復帰以前だが)。ルートビアが人気。  所在  県内に18店。  料金  クラシックバーガー¥220など。  WEB  [8]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

車移動での注意点[編集]

交通事情
  • 那覇市内など幹線道路を中心に交通量が多く渋滞することも多い。特に平日の朝夕は時間に余裕を持って移動した方がよい。
    • 沖縄のドライバーにはお年寄りも多く、運転も非常に穏やかで、お年寄りドライバーの運転する車の先頭に何台もの車が列を成している光景も別に珍しくない。ドライブルートを検討する際は、カツカツのタイムスケジュールを組むのではなく、余裕を持ったスケジュールを組んだ方が良い。
  • 一般道路の中にはアスファルトのかわりに石灰岩が用いられている場合が多く、雨で水にぬれると滑りやすくなる性質がある。雨天時にはスリップしないように心がけた方がよい。
  • 沖縄本島のドライバーの運転マナーは良いとは言えない。所謂「スピード狂やアオリ運転をする」といった乱暴なドライバーが多いというよりも、「車線変更や右左折する時にウインカーを出さない」とか「2車線道路を2台の車が並走している(後続車が追越できない)」など、運転しているとイライラしてくるやもしれない。
Yナンバー

Yナンバー(在日米軍関係)の車両と事故を起こした場合、日本と米軍側の警察を両方とも呼ぶ必要があり、また日米安保条約によりYナンバー側の運転手に補償の請求をしても応じる必要が無いなど、金銭的にも事務的にも面倒なことが生じる可能性が多々ある。Yナンバーの車両を見かけたら車間距離をしっかり作る、脇見運転をしないなど事故を起こさないように気をつけたほうがよい。レンタカーの場合は任意保険に入っておくとよい。

出かける[編集]

離島 - 本島の海も美しいが、離島の海はさらに美しくダイビングスポットとして素晴らしい。

この記事「沖縄本島」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト