何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

水原

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索
水原華城

水原수원、スウォン)は、韓国京畿道の道庁所在地。美しい城郭が保存されていることで有名。また、民族村への入り口としても知られている。


分かる[編集]

観光案内[編集]

  • 水原総合観光案内所 — 日本語・英語でも案内を受けられる。  所在  水原市勧善区梅山路1街。水原駅広場。  電話  (+82-31) 228-4673  時間  8:00~21:00(3月~10月は7:00~22:00)。

着く[編集]

飛行機で[編集]

仁川空港または金浦空港を利用する。

列車で[編集]

京釜線水原駅には広域電鉄を含むすべての列車が停車する。

船で[編集]

バスで[編集]

  • 仁川空港からリムジンバス(7番)に乗ると約1時間15分で水原のホテルキャッスルに到着
  • 市外バス1007番:可楽市場・石村駅・蚕室駅などから、5:00より8~12分毎に運行。
  • 市外バス3000番:漢南駅・良才駅前などから、6:00より20分毎に運行。

車で[編集]

国道1号が市内中心を縦断している。

新葛・安山高速国道の北水原インターチェンジ・東水原インターチェンジ、京釜高速国道の水原インターチェンジを利用する。

動く[編集]

列車で[編集]

広域電鉄京釜線が利用できる。

バスで[編集]

市内バスが各地に運行されている。

シティーツアーバスが駅前の総合観光案内所から10:00と14:00に出発する。

足で[編集]

水原華城を一周すると1時間から2時間かかる。

観る[編集]

水原華城  
世界文化遺産に指定された朝鮮王朝時代の城郭。国道1号が通過する華城の象徴ともいえる八達門をはじめ、台や楼など下記の41ヶ所の施設がある。
 所在  水原市。水原駅・華西駅からバス。  電話    WEB  
 開場時間  7:00以降有料。  料金  大人₩1,000、青少年₩700、幼児₩500。
  • 四大門 (八達門・長安門・華西門・蒼竜門) — 華城への入り口となる四つの門、石積みの虹門の上に門楼が建てられている。南北の正門が八達門と長安門で、城郭の外側に向かって半円形の覆郭が門を囲んだ独特の形態をしている。
  • 将台 (西将台・東将台) — 将が兵士を指揮した場所。西将台は軍事指揮本部として使われ、高位置にあって眺めが良い。また、東将台は練武台となっている。
  • 砲楼 (西・北東・東・北・南) — 煉瓦造り3階建てで砲を撃つための穴石がつけられている。
  • 雉城 — 敵軍を攻撃するため、一定の距離ごとに設けられた城郭から突き出した施設。全部で十箇所ある。
  • 舗楼 (北東・北・西・東一・東二) — 雉城の上に作られた楼閣で、軍を隠す役割がある。
  • 烽敦 — 非常時に通信をするための施設で、煉瓦を積み上げた五つの円柱状の建造物の上に火頭を設け烽火を上げる。
  • 華虹門 (北水門) — 城内を流れる水原川の北側の水門で、七つの流水口を持つ美しい外観である。
  • 暗門 (西南・北・東・西) — 軍事物資を運び入れるための門で、敵に発見されないように隠れた位置にある。
  • 角楼 (東=訪花随柳亭・西北・東南・西南=華陽楼) — 周囲の監視や休憩のために造られた高い位置にある施設。
  • 石弓台 (北東・西) — 石弓砲を放つための施設。
  • 敵台 (北西・北東) — 城門を敵から守るためのもので、長安門の左右にある。


華城行宮  
朝鮮王朝時代に王が水原に滞在する際の仮宮殿を復元したもの。映画やドラマの撮影にも利用されている。
 所在  水原市。  電話    WEB  
 開場時間  7:00~。  料金  大人₩1,500、青少年₩1,000、幼児₩700。


水原華城広報館  
3D立体映像などによって華城を紹介する施設。築城室・試練と未来室・企画展示室・3D映像室・土産店などがある。映像の観覧時刻は9:30から17:30まで30分毎で20分間である。
 所在  水原市八達区八昌道。  電話  (+82-31) 228-2785  WEB  
 開場時間  9:00~18:00(入場は17:30迄)。  料金  


カトリック水原聖地  
城郭内のほぼ中央にある教会で、城郭散策中よく見えるため街のひとつのポイントとなっている。
 所在  水原市。
  • 以下は西隣の龍仁市にあるが、水原駅からバスで行くことができる。


京畿道博物館  
京畿道の歴史・文化を紹介する博物館。
 所在  水原市。  電話  (+82-31) 288-5400  WEB  
 開場時間  9:00~18:00。月曜休館。  料金  ₩700。


韓国民俗村  
朝鮮王朝時代の人々の生活を再現した博物館。各地から様々な家屋が移築され、室内も暮らしていた通りに整えられていることから、韓国ドラマのロケにも使われることがある。駅の民俗村入場券売り場で入場券を購入すると1時間ごとに運行される無料送迎バスを利用できる。
 所在  水原市。水原駅からバス37番で約70分。  電話  (+82-31) 288-0000  WEB  
 開場時間  9:00~17:00(5月~9月は18:30迄)。  料金  ₩11,000。

遊ぶ[編集]

華城列車  
動力車が3台の客車を引く列車型の観光乗り物。華城行宮裏手にある乗り場から華西門・長安門を経由して練武台までの一方通行で運行されている。
 所在    電話  (+82-31) 251-4433  WEB  
 営業時間  10:00~17:00。月曜・雨天・氷点下の日は運休。  料金  大人₩1,500、中・高校生₩1,100、小人₩700。


弓射体験  
華城練武台で伝統的な国弓の弓射りを体験することができる。
 所在  水原市練武台。  電話  (+82-31) 228-4686  WEB  
 営業時間  3月から10月まで。  料金  1回10射₩2,000(一人2回まで)。

買う[編集]

食べる[編集]

おすすめ[編集]

水原カルビ  
水原はカルビ発祥の地といわれており、遠川洞には有名店が並ぶ。水原駅の西から中洞方面に向かう商店街にもカルビ店が林立する。

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

水原華城舎廊チェ  
華城などの見学と連携する体験型宿泊施設。
 所在  水原市。華城行宮駐車場前。  電話  (+82-31) 254-5555
 FAX  (+82-31) 247-6555
 WEB  
 時間    料金  2人室1室₩30,000、6人室1室₩60,000。

中級[編集]

高級[編集]

水原キャッスル  
 所在  水原市牛満区144-1。  電話  (+82-31) 211-6666
 FAX  (+82-31) 212-8811
 WEB  [1]
 時間    料金  ₩25万~₩35万。

出かける[編集]

  • 龍仁市:韓国有数の遊園地であるエバーランドや韓国涅槃宗本山の臥牛精舎など。


この記事「水原」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。