何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

死海とその周辺地域

提供: Wikitravel
アジア : 中近東 : 死海とその周辺地域
移動: 案内検索

死海 (Dead Sea) は、ヨルダンイスラエルの間にある塩水湖。塩分濃度が高く、人が湖につかると、特に手足を動かさなくても、自然に体が湖面に浮き出てくる。

市町村[編集]

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

着く[編集]

死海へ向かう公共交通機関はないのでタクシーを利用。帰路と待ち時間を合わせて料金交渉すると良い。


Egged Busが網羅してるので、エルサレム、テルアビル、エイラットからもバスで行ける。

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

エンゲディスパには、プライベートビーチと死海の水を温めたスパがある保養所。 ビーチで泥パックもできる。 離れたところに(送迎バスあり)植物園の中にホテルもある。

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

死海の水を絶対顔につけないこと。塩分がとても濃いので目や口が焼けるようにヒリヒリする。うつ伏せで浮くと危険なので仰向けが安全な姿勢。一応監視員が監視している。死海から出たらたっぷり水を浴びて死海の水を落とすこと。死海の水は皮膚炎に効果があるようで1時間くらい浮いてるとにきびの赤みが消えて肌がつるつるしてくる。

20分以上死海にはいってはいけない。肌が赤くなってヒリヒリする。 ビーチの泥には塩の粒が入ってるので、肌に塗ると余計にヒリヒリする。 死海の湖底は、塩の岩盤になってるので、結晶でちょっと触っただけで、手足が切れる。靴を履いて入らなければ、血だらけになる。 塩分が濃いというより、苦い。にがりに塩を入れた感じ。

出かける[編集]

外部リンク[編集]

この記事「死海とその周辺地域」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト