何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

横浜市

提供: Wikitravel
神奈川県 : 横浜市
移動: 案内検索
みなとみらい地区の夜景

横浜市(よこはまし)は神奈川県の県庁所在地。明治以降、港町として発展したところで、神戸市などと並び、中華街など異国情緒にあふれた港町として人気が高い。人口約362万人(2007年5月1日現在)は、日本の市としては最大。[1]


地区[編集]

  • 青葉区:北部に位置する区で、住宅街。
  • 旭区:西部に位置する区で、住宅街。
  • 泉区:西部に位置する区で、住宅街。
  • 磯子区:臨海部に位置する区で、かつては自然海岸が多かったが埋め立てにより工業地帯となった。
  • 神奈川区:中央部の東側に位置する区。東海道の神奈川宿があった。
  • 金沢区:南部に位置する区。鎌倉市横須賀市に接する。柴漁港などいくつかの観光スポットを有する。その他は住宅街である。
  • 港南区:南部に位置する区で、住宅街。
  • 港北区:市北部のやや郊外に位置する。東海道新幹線の新横浜駅がある事から、西日本方面などからの玄関口ともなっている。
  • 栄区:市の南端に位置し鎌倉市と接する。古くは鎌倉郡に属していた土地で鎌倉の影響がある。
  • 瀬谷区:西部に位置する区で、大和市に接する。大部分は住宅街。
  • 都筑区:北部に位置する区で、港北ニュータウンとして開発が進められ、比較的新しい街が多い。前年に対して3.3%と人口流入率が高く、年少人口も20.0%と最も高い。
  • 鶴見区:東部に位置する区で、川崎市に接する。臨海部は京浜工業地帯の中心地であるが、内陸部は住宅街となっている。
  • 戸塚区:西部に位置する区で、東海道の戸塚宿があった。大部分は住宅街。
  • 中区:横浜の中心部で、集客力の高い観光スポットが集中している。横浜中華街、神奈川県庁、市役所などもここに属する。
  • 西区:横浜中心部の西側に位置する。みなとみらい地区や横浜駅がこの地にある。
  • 保土ケ谷区:横浜中心部の西側に位置する。住宅街であるが、かつては東海道の「程ヶ谷宿」があった。
  • 緑区:北部に位置する区。住宅街。
  • 南区:横浜中心部の南側に位置する区。古くからの住宅街。

分かる[編集]

概要[編集]

気候[編集]

横浜市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)5.65.88.613.918.221.224.726.422.917.712.78.215.5
降水量 (mm)55.573.4134.0149.1138.1192.4169.0148.3232.4184.9108.443.21,622.5
データ出典

観光案内所[編集]

  • 横浜観光コンベンション・ビューロー (YCVB) —  WEB  [2]
  • 横浜駅観光案内所 所在  横浜市西区高島2-16-1。横浜駅東西自由通路(中央通路)。  電話  (045) 441-7300  時間  9:00~19:00。
  • 新横浜駅観光案内所 — インターネット端末を設置、利用料は10分間¥100。  所在  横浜市港北区新横浜2-100-45。新横浜駅東口新幹線改札前。  電話  (045) 473-2895  時間  10:00~18:00。
  • 桜木町観光案内所 (みなとみらい21総合案内所) — 観光周遊バス「あかいくつ」の1日乗車券(¥300)を販売。インターネット端末を設置、利用料は10分間¥100。  所在  横浜市中区桜木町1-1-62。桜木町駅前。  電話  (045) 211-0111  時間  9:00~19:00。
  • 山下町観光案内所 — インターネット端末を設置、利用料は10分間¥100。  所在  横浜市中区山下町2、産業貿易センター内。山下公園前、みなとみらい線日本大通り駅から徒歩3分、JR・市営地下鉄関内駅から徒歩15分。  電話  (045) 641-4759  時間  9:00~17:00、土・日・祝日と12/29~1/3は休み。

着く[編集]

飛行機で[編集]

横浜市から一番近い空港は、多摩川を越えた羽田空港(東京)である。国際線は一部を除き成田空港(千葉)を利用する事となる。両空港と横浜市の間はリムジンバス、JR、京浜急行、タクシーで結ばれている。

なお、空港バスの発着する横浜シティエアターミナル (YCAT)は横浜駅東口側のスカイビル1階にあり、駅とは横浜駅東口地下街「ポルタ」経由で結ばれている。バス乗車券カウンターのほか、かつてはJAL・ANA両社のカウンターと自動チェックイン機が設置されており、航空券の購入および搭乗手続き(両社とも国内線のみ)が可能となっていたが、2011年の3月末をもって航空会社のカウンターは閉鎖された。そのほか手荷物一時預かり所(有料)、コインロッカー、宅配便取次ぎ、売店、喫茶などの施設がそろっている。横浜シティエアターミナル (YCAT)

羽田空港から
京浜急行で横浜駅まで約30分、¥470。朝と深夜以外は約10分ごとに横浜方面へ直通する列車がある。朝・深夜は京急蒲田駅でのりかえ。
リムジンバスで横浜シティエアターミナル (YCAT) まで約30分、¥560。ほぼ10分ごとの運行。
このほか、シェラトンホテル(横浜駅西口)行き、山下公園・みなとみらい・赤レンガ倉庫行き、新横浜駅・新横浜プリンスホテル行き、二俣川駅行き、港南台駅・戸塚駅行きバスが運行されている。
成田空港から
JR特急成田エクスプレスで横浜駅まで約1時間30分、¥4,180(普通車指定席利用)。快速列車で約2時間、¥1,890。
京成線アクセス特急~都営浅草線~京浜急行線快特で横浜駅まで約1時間40分、¥1,630。途中駅で1回または2回乗り換えが必要(列車によって変わる)。
リムジンバスで横浜シティエアターミナル (YCAT) まで約1時間30分、¥3,500。1時間に3~5本程度運行。
定額制タクシーで横浜市内ならどこへでも、小型車¥20,000、中型車¥22,000(早朝・深夜割増あり)。

列車で[編集]

横浜市の玄関駅となっているのは、JR各線、東急東横線、京浜急行線、相模鉄道線、市営地下鉄(ブルーライン)、みなとみらい線が乗り入れている横浜駅と、東海道新幹線用に作られたJR新横浜駅である。新横浜駅は市の中心部から北側に離れて設置されており、JR横浜線、市営地下鉄、バスを利用して市内と結ばれている。

横浜駅

  • 東京から - JR東海道線普通で約25分。
  • 品川から - JR東海道線普通で約17分。京浜急行線快特で約17分。
  • 渋谷から - JR湘南新宿ライン特快・快速で約25分、普通で約30分。東急東横線特急で約25分、急行で約30分。
  • 新宿から - JR湘南新宿ライン特快・快速で約30分、普通で約35分。
  • 新横浜から - JR横浜線快速・各停で約12分。市営地下鉄(ブルーライン)で約12分。横浜線は朝・夜は横浜駅を通っておらず、東神奈川で京浜東北線に乗り換える必要がある。
  • 小田原から - JR東海道線快速アクティーで約45分。

新横浜駅

  • 静岡から - JR東海道新幹線「ひかり」で約50分。
  • 名古屋から - JR東海道新幹線「のぞみ」で約1時間20分。
  • 新大阪から - JR東海道新幹線「のぞみ」で約2時間20分。
  • 博多から - JR東海道新幹線「のぞみ」で約4時間50分。

車で[編集]

高速道路は東京都心方面から首都高速横羽線、湾岸線が通じている。静岡、名古屋方面などからは東名高速 横浜町田インターチェンジが最寄で、直結している保土ヶ谷バイパス・首都高速狩場線を使って市内中心部に行くことができる。一般道路は東京都心方面から国道1号、国道15号などが通じている。

バスで[編集]

横浜市と他の地域とを結ぶ中・長距離バス路線は横浜駅周辺に集中する。

横浜駅東口バスターミナル(14番のりば)

  • 北上・花巻・盛岡線
  • 大阪線「東海道昼特急大阪号」(昼行)
  • 京都・大阪・USJ線「ハーバーライト号」
  • 西条・福山・広島線「メイプル・ハーバー号」
  • 京都・大阪・USJ線(夜行)の各線は、横浜駅のほか市内の上大岡駅、港南台駅、本郷車庫でも乗降できる。
  • 問い合わせは、神奈中・高速バス予約センター、電話 (0463) 21-1212 へ(9:00~19:00)。

横浜駅東口バスターミナル(17・18番のりば)

  • 関東方面各線:袖ヶ浦・木更津線、五井駅(市原市)線、東京ディズニーリゾート線、上総牛久・茂原線、御殿場・箱根(桃源台)線。関東方面各線は座席定員制で、予約不要。いずれも昼行。
  • 弘前・五所川原線「ノクターン号」
  • 仙台線
  • 伊那・駒ヶ根・飯田線「ベイブリッジ号」(昼行)
  • 四日市・伊賀・名張線「いが号」
  • 京都・大阪(阪急梅田)線「シャトー号」
  • 問い合わせは、京浜急行バス・高速バス座席センター、電話 (03) 3743-0022 へ(9:00~18:30)。

横浜シティエアターミナル(YCAT)

  • お台場線(東京テレポート駅・フジテレビ経由ビッグサイト行)、横須賀西部地域線(横須賀市民病院行、湘南国際村経由電力中央研究所・佐島マリーナ入口行)。お台場線・横須賀市西部線は座席定員制で、予約不要。いずれも昼行。詳しくは京浜急行バスへ。
  • 岡山・倉敷線「京浜吉備ドリーム号」。問い合わせは、中国ジェイアールバス・予約センター、電話 (086) 236-1123へ。
  • 堺・和歌山線「サウスウエーブ号」。問い合わせは、京成バス・高速バス予約センター、電話 (047) 432-1891 へ(9:00~19:00、日祝18:00まで)。
  • 名古屋線「ファンタジアなごや号」。問い合わせは、京成バス・高速バス予約センター、電話 (047) 432-1891 へ(9:00~19:00、日祝18:00まで)。
  • 奈良線「やまと号」(近鉄奈良駅・JR奈良駅・王寺駅経由五位堂駅行)。問い合わせは、神奈中・高速バス予約センター、電話 (0463) 21-1212 (9:00~19:00)または、京成バス・高速バス予約センター 電話 (047) 432-1891 へ(9:00~19:00、日祝18:00まで)へ。
  • 静岡線「横浜ライナー号」。問い合わせは、しずてつジャストライン株式会社・高速線専用ダイヤル 電話(0570) 080-888 へ (7:30~20:00)
  • 浜松線「イーライナー号」。問い合わせは、遠鉄高速バス・e-LineR予約受付センター 電話 (0570)-064-024 へ (9:00~18:00)
  • 福岡~横浜・池袋(大宮)線「ライオンズエクスプレス号」。問い合わせは/ 西鉄高速バス・九州高速バス予約センター・電話 (0120)-489-939 (8:00~19:00) または、/ 西武バス・西武バス予約センター・電話 (03)5910-2525 へ (9:00~19:00)へ

横浜駅西口バスターミナル(22番のりば)

  • 御殿場・山中湖・河口湖線(昼行)。問い合わせは、相鉄・高速バスセンター、電話 (045) 319-2149 へ(9:00~19:30)。
  • 京都・大阪・藤井寺線「フライングライナー号」。問い合わせは、東北急行バス・東京営業所 電話 03-3529-0321へ。
  • 高松・丸亀線「ハローブリッジ号」。問い合わせは、京王・高速バス予約センター 電話 03-5376-2222 (9:00~18:00)へ。


横浜駅西口バスターミナル(12番のりば)

  • 小松・松任・金沢線
  • 横手・大曲・角館・田沢湖線「レイク&ポート号」
  • 問い合わせは、江ノ電高速バス予約センター  電話 0466-24-5006 受付時間 9:00~17:00(年中無休)

船で[編集]

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(中区)は基本的にクルーズ客船用となっており、定期航路については、東京の竹芝客船ターミナルと伊豆七島を結ぶ客船が週末に寄港するのみである。ちなみに、東京~横浜間のみの乗船も一応可能で、この場合の料金は最低で¥1,410となっており別途燃料油価格変動調整金の¥140が加算される。(2011年3月現在の料金)お問い合わせはこちら。東海汽船

動く[編集]

列車で[編集]

横浜市中心部ではJR根岸線、みなとみらい線、地下鉄が南北に平行に走っている。

便利なきっぷ[編集]

みなとぶらりチケット [3]
  • 横浜市交通局の発売する1日乗車券で、適用範囲(みなとみらい・新港地区、馬車道、伊勢佐木町、山下公園、中華街など、主要観光スポットの集中する西区~中区のベイエリアほぼすべてが含まれる)内の市営地下鉄・市営バス(「あかいくつ」「みなとみらい100円バス」含む)に何度でも乗車でき、さらに提携施設を優待料金で利用できる。
  • 料金は大人¥500、小児¥250。適用区間内の地下鉄駅(横浜・高島町・桜木町・関内・伊勢佐木長者町)や適用区間内を運行する市バス車内、桜木町観光案内所などで購入できる。
  • また上記の内容に加え、地下鉄新横浜駅の利用ができる「みなとぶらりチケットワイド」は大人¥550、小児¥280。こちらは地下鉄駅での販売で、上記の駅に加え、新横浜駅でも購入できる。
横浜1DAYきっぷ(京浜急行) [4]
  • 発駅からフリー区間までの往復割引きっぷとフリー区間の1日乗車券のセット。「みなとぶらりチケット」と同様のサービスに加え、京浜急行線の横浜~上大岡間、市営地下鉄の横浜~伊勢佐木長者町間、みなとみらい線全区間が乗り降り自由となる。泉岳寺を除く京浜急行線各駅で発売(フリー区間内の各駅でも発売)。
みなとみらいチケット(東急) [5]
  • 東急線内の各駅から横浜駅までの往復乗車券とみなとみらい線1日乗車券のセット。横浜駅を除く東急線内の各駅で発売。
ヨコハマ・みなとみらいパス(JR東日本) [6]
  • 大人¥500、小児¥250。フリー区間内(JR根岸線の横浜~新杉田間)の普通列車およびみなとみらい線全線が乗り降り自由となる1日乗車券。フリー区間内のJR東日本の駅自動券売機で購入できる。
みなとみらい線1日乗車券
  • 大人¥450、小児¥230。駅の自動券売機で購入できる。

バスで[編集]

100円バスも走っている。

便利なきっぷ[編集]

  • 市営バス・市営地下鉄共通1日乗車券 — 大人¥830、小児¥420。市バス車内などで購入できる。「あかいくつ」には利用不可。
  • 市営バス1日乗車券 — 大人¥600、小児¥300。市バス車内などで購入できる。「あかいくつ」には利用不可。
  • あかいくつ1日乗車券 — 「あかいくつ」および「みなとみらい100円バス」が1日乗り降り自由となる。大人¥300、小児¥150。車内および桜木町観光案内所で購入できる。

100円バス[編集]

観光スポット周遊バス「あかいくつ」 [7]
  • 平日30分毎、土日祝20分毎に運行。運賃は¥100(小児半額)。レトロ調バスで運行され、一部の便ではボランティアによる観光ガイドが行われる。
  • ルート:桜木町駅のりば4~みなとみらい地区(美術の広場・クイーンズスクエア・パシフィコ横浜)~ワールドポーターズ~赤レンガ倉庫~中華街/大さん橋~山下公園~マリンタワー~元町入口~港の見える丘公園
みなとみらい100円バス [8]
  • 運行は土・日・祝日のみ。約20分毎に運行される。
  • 日ノ出町駅ルート:(京急)日ノ出町駅~桜木町駅のりば4~みなとみらい地区(ジャックモール・クイーンズスクエア・パシフィコ横浜)~ワールドポーターズ~赤レンガ倉庫

観光バス[編集]

横浜市内定期遊覧バス「ベイサイドライン」 [9]
  • 横浜市交通局の運行する定期観光バスで、みなとみらい、赤レンガ倉庫、山下公園、中華街などの観光スポットをめぐる。1日コースと、午前・午後それぞれの半日コースがある。出発地は横浜駅東口バスターミナル14番のりば。
  • チケットは横浜駅東口バス案内所、桜木町観光案内所のほか一部旅行代理店でも購入可能。詳しくはウェブサイトまたは横浜駅東口バス案内所(電話 (045) 465-2077)へ。

タクシーで[編集]

横浜市のタクシーの初乗り料金は、2kmまで¥710、以後300mごとに¥90となっている。

横浜駅・関内駅などからは観光タクシーが利用できる。複数のモデルコースが設定されており、料金の目安としては、2時間のコースで¥7,000~となる。詳しくは神奈川県タクシー協会や各タクシー会社、または横浜個人タクシーへ。

なお、横浜・川崎・横須賀各市のタクシー(個人タクシー含む)では、万が一車内に忘れ物をしてしまいなおかつ乗車したタクシー会社が分からない場合でも、神奈川タクシーサービスセンター(電話(045) 252-0300)で問い合わせることができるようになっている。

自転車で[編集]

ベイエリアの観光には自転車の利用も便利である。山手地区の丘を除けばほぼ平坦な地形で、道も整備されているので楽に利用できる。観光スポットめぐりのほか、みなとみらい~大さん橋~山下公園など海沿いをサイクリングするのもおすすめ。

  • バイシーヨコハマ (NPO法人ベイ・ウインド環境ヨコハマ推進協会) — 自転車は普通とミニベロタイプの電動アシスト付き自転車。オプションとして、横浜ガイドツアーや手荷物の預かり、配達・引取りがある。JTBと業務提携し「旅チャリ」としても運用されており、吉浜橋駐車場内と市内有名ホテル各所にて借りることができる。車種:希望でシティーサイクルやMT、子供自転車がある。  所在  横浜市保土ヶ谷区天王町2-50-15-506。  電話  (045) 332-1315  FAX  (045) 332-3380  時間  10:00〜19:00。通年営業(雨天荒天時は休業)。  料金  電動1日¥1,500、半日¥1,000。普通1日¥1,000、半日¥500。子供用¥500。  WEB  [10]  e-mail  [11]
    • 吉浜橋駐車場 — 貸出、返却。  所在  横浜市中区山下町。JR石川町駅北口中華街側、徒歩3分、吉浜橋駐車内。
    • 市内ホテル — 予約での有料デリバリー。  料金  1台¥500〜¥1,000。
  • ハマチャリ (NPO法人ナイス・ヨコハマ) — 自転車は市の回収した放置自転車を修理・整備して再利用しているもので、青色に塗装され、広告スペースが入っている。さまざまなタイプの自転車から好きなものを選べるが、結構人気があって観光シーズンなどはすっかり出払ってしまっていることもある。市内に複数のステーションがあり、借りた場所に関係なくどのステーションでも返却できるのが便利。  所在  横浜市西区戸部本町16-3。戸部町駅徒歩3分。  電話  (045) 322-8601  FAX  (045) 322-8603  時間  10:00~17:00。無休、ただし雨天中止。  料金  一般1日¥1,000、1年間会員¥3,000。  WEB  [12]
    • 日本丸ステーション — 貸出台数80台(子供用あり)。  所在  日本丸前。JR・地下鉄桜木町駅徒歩3分、桜木町駅とランドマークタワーを結ぶ動く歩道の階段下。  時間  10:00〜16:30
    • 赤レンガステーション — 貸出台数60台(子供用あり)。  所在  横浜赤レンガ倉庫前。みなとみらい線日本大通り駅徒歩5分。  時間  10:00~17:00
    • 馬車道ステーション — 貸出台数20台(子供用あり)。  所在  馬車道りそな銀行前。JR関内町駅徒歩1分。  時間  10:00〜16:30。冬期休業。
  • 横浜サイクルージング — スポーツサイクル専門店「Green Style」の貸自転車。上記の「ハマチャリ」より高いが、そのぶん自転車は高性能なものになっている(ルイガノ自転車)。メッセンジャーバッグも無料で貸してくれる。貸し出しにあたり身分証が必要。  所在  横浜市中区山下町24-8。みなとみらい線元町・中華街駅徒歩2分、同線日本大通り駅徒歩3分、JR石川町駅徒歩10分。  電話  (045) 662-1414  時間  10:30~20:00。水曜・木曜定休。  料金  3時間まで¥1,000、3時間以上は¥1,800。  WEB  [13]

足で[編集]

観る[編集]

  • 青葉区:こどもの国、寺家ふるさと村などがある。
  • 旭区:よこはま動物園ズーラシアがある。
  • 泉区
  • 磯子区:はまぎんこども宇宙科学館、杉田梅林、杉田劇場址などがある。
  • 神奈川区:三ッ沢公園がある。
  • 金沢区:称名寺、横浜八景島シーパラダイス、海の公園、横浜ベイサイドマリーナなどがある。
  • 港南区
  • 港北区:新横浜ラーメン博物館、横浜アリーナ、日産スタジアムがある。
  • 栄区:田谷の洞窟があり、いたち川沿いに遊歩道が整備されている。
  • 瀬谷区:海軍道路(桜)がある。
  • 都筑区:横浜国際プール、横浜市歴史博物館、観覧車(港北NT)などがある。
  • 鶴見区:三ツ池公園、総持寺、大黒ふ頭、キリン横浜ビアビレッジ、森永鶴見工場、生麦事件参考館などがある。
  • 戸塚区:柏尾川の桜並木、舞岡公園など。
  • 中区:山下公園、横浜中華街、三渓園など、観光名所が多い。
  • 西区:みなとみらい地区(横浜ランドマークタワー、クイーンズスクエア、パシフィコ横浜など)、崎陽軒本店などがある。
  • 保土ヶ谷区:保土ヶ谷公園がある。
  • 緑区:四季の森公園がある。
  • 南区:横浜市こども植物園、弘明寺(板東三十三箇所霊場の一つ)、中里温泉がある。

遊ぶ[編集]

横浜みなと祭  
横浜市と横浜商工会議所の共催。毎年5月3日にザよこはまパレード(国際仮装行列)が、5月下旬から6月上旬にかけて横浜開港記念バザーが、「海の日」の前日の日曜日に国際花火大会がそれぞれ催される。
 所在  国際仮装行列は中区山下公園から伊勢佐木町までの間。バザー会場は中区横浜公園。花火大会会場は中区山下公園。


横浜開港祭  
"Thanks to the Port"「開港を祝い、港に感謝しよう」をコンセプトに、6月2日の開港記念日とその前後に開催される。2007年度は6月1日・2日。乗船会や官公庁艇によるパレードなど海にまつわるイベントを開催。ほかに多彩なステージイベントや軍楽隊に扮した「どんたくパレード」、世界各国の食べ物を集めたフードコートなどがある。フィナーレは音楽・光線を合わせた花火ショー「ビームスペクタクルINハーバー」。例年60万人ほどの来場者がある。
 所在  西区みなとみらい地区、中区新港地区など。メイン会場はみなとみらいの臨港パーク(みなとみらい駅徒歩7分、桜木町駅徒歩20分または100円バス「展示ホール」下車)。  WEB  [14]


神奈川新聞花火大会  
毎年8月中旬にみなとみらい地区で催される花火大会。みなと祭国際花火大会に並ぶ2大花火大会。
 所在  西区臨港パーク。


ヨコハマカーニバル  
毎年8月下旬に「ハマこい踊り」を中心としたイベントが催される。
 所在  西区横浜駅西口周辺。

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

おみやげ[編集]

シュウマイ  
横浜を代表する名産品。
 所在  横浜駅東口にある崎陽軒本店のほか、市内の主要駅などに売店があり、そこで購入することができる。崎陽軒のものは「シウマイ」と表記する。


ありあけのハーバー  
地元と近隣ではCM等によって良く知られた横浜銘菓。船をかたどったカステラ生地に栗と生クリームでできたあんが練りこまれている。製造元の破産により一旦無くなった後、新会社により復活したため、その前後で多少味が変わっている。製造元は有限会社有明製菓
 所在  横浜駅西口地下などに直営店がある。そのほか市内百貨店、新横浜駅売店、ランドマークタワーなど主要観光スポットのおみやげコーナーなどで。

ショッピング[編集]

ららぽーと横浜  
都筑区にある超大型ショッピングモールで、370のショップやレストランが並ぶ。また、土日祝日は、車だと長時間待たされるため、鴨居駅まで電車を使ったほうがよい。
 所在  横浜市都筑区池辺町4035-1。  電話  (045) 931-1000  WEB  [15]
 営業時間  ショッピングは11:00~21:00、レストランは11:00~23:00。  値段  各ショップにより異なる。

食べる[編集]

中華料理  
主に中華街にて食べる事が出来る。
 所在  中区


新横浜ラーメン博物館  
横浜ラーメンの博物館。
 所在  港北区  WEB  新横浜ラーメン博物館


沖縄料理  
おきなわタウンにて沖縄料理が食べられる。
 所在  鶴見区


高級料理  
ホテルにあるレストランにて高級料理を食べる事が出来る。値段もそれなりである。
 所在  みなとみらい地区

飲む[編集]

泊まる[編集]

個別の宿泊施設の詳細は市内各区の記事を参照。

安宿[編集]

  • 中区: ビジネスイン関内,リゾートカプセル桜木町, ホステルねむの木港館, ヨコハマホステルヴィレッジ
  • 西区: スカイスパYOKOHAMA
  • 鶴見区

中級[編集]

  • 中区:ニューオータニイン横浜, 横浜桜木町ワシントンホテル, ブリーズベイホテル, 横浜国際船員センター ナビオス横浜, コンフォートホテル横浜関内, アパホテル横浜関内
  • 中区
  • 港北区
  • 神奈川区
  • 鶴見区
  • 都筑区

高級[編集]

  • 中区: ホテルニューグランド, ローズホテル横浜, ホテル横浜ガーデン, ホテルモントレ横浜
  • 西区: 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ, ヨコハマ グランド インターコンチネンタル, 横浜ロイヤルパークホテル, パンパシフィックホテル横浜
  • 港北区

連絡する[編集]

気を付ける[編集]

  • 夜のみなとみらい地区や関内、山手地区周辺はライトアップが美しくおしゃれな雰囲気だが、根岸線を越えて日ノ出町、黄金町周辺の裏手には風俗店などもある。(もちろんおいしい飲食店なども多数ある。)
  • JR根岸線石川町駅の西側地域にはスラム街があり、暴力団の活動拠点が散在しており、また昼間から泥酔者が徘徊するなど治安が悪い。高齢化や地域の努力により治安は改善しつつあり、旅行者向けの格安の宿があるが、必要がなければ近づかない方がよい。
  • 中華街を歩いていると甘栗の試食を勧められることが多い。試食してしまうと、甘栗を買うまで離してくれず厄介なので関わらないほうが無難。

暮らす[編集]

出かける[編集]

横浜駅から(時間帯によって変動あり)

  • 川崎市 — 京浜急行快特列車で7分。
  • 横須賀市 — 京浜急行線快特列車で25分、JR横須賀線で30分。
  • 鎌倉市 — JR横須賀線で25分。
  • 小田原市 — JR東海道線普通列車で1時間、快速アクティーで50分。


Wikitravel Extra Logo
横浜市に関連する情報がウィキトラベル・エクストラにあります。[16]
Wikitravel Shared Logo 横浜市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト