何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

極東連邦管区

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
極東連邦管区

極東連邦管区 (ロシア語Да́льный Восто́к Росси́й, DAHL'-nih vah-STOHK rah-SEE) は、太平洋の島々、海岸線、東シベリア一帯から成るロシアの東端の連邦管区である。 北は北極海、東はベーリング海、南はオホーツク海に面し、南西は中国と接する。


地域・地方[編集]

Russian Far East regions map2.png
アムール州
チュクチ自治管区
ユダヤ自治州
カムチャツカ
ハバロフスク地方
千島列島
マガダン州
沿海地方
サハリン州
サハ共和国 (ヤクート共和国)


都市[編集]

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

極東連邦管区は、ヨーロッパ内でロシアの主要な人口密集地から非常に遠く、シベリア鉄道を除き、たいてい個々に訪問する事になる。この地域の最大都市ウラジオストクは、それらの間を9,300 kmの鉄道で結び、モスクワから全7つの時間帯を通過する遠距離にある。極東連邦管区は、山脈が連なり、壮大な太平洋の海岸線を持つロシアの評判の概念とは大きく異なっている。

時と費用の制約がない場合、この壮大な地域の目玉は、ウラジオストク、美しい千島列島、超自然的なカムチャツカの国立公園、チャクチ自治管区の海岸沿いのクルージング、そしてサハ共和国の野生生物の楽園での大物狩りが挙げられる。

喋る[編集]

極東連邦管区地域の北側全体で話されているフェニック語とチュクチ・カムチャツカ語がある。また韓国語は、サハリンの韓国人によってユジノサハリンスク内で幅広く話されている。しかし、ロシア全土内のロシア語は主要言語であり、母語にかかわらず、ほぼ全員によって話されている。中国語と日本語は、ロシアの国境地帯に近いそれらを学ぶ学生にとり一般的な外国語であるが、ヨーロッパの言語は、ヨーロッパ系ロシア人内でもそれほど普及しておらず、訪問者はそれらに依存することを期待しない方がいいと思われる。しかしながら、英語は、主要な国際的な言語で、この地域の学生とビジネスマンの間で最も普及している思われる。

着く[編集]

最適な大きさの国際空港を持つ主要な交通の中心地は、ハバロフスク、ウラジオストク、それにそれほどでもないがペトロパブロフスク・カムチャツキーである。一般的に、空路かシベリア鉄道のどちらかを利用して到着することになる。しかし、ロシアの太平洋沿岸の都市にアラスカ州日本から客船で到着することも可能である。

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

極東連邦管区は、南部がモンゴル中国、南東部が北朝鮮と日本、そして北東部がアラスカ州と隣接していて、極東連邦管区内の周辺地域から、それらのすべてに通じている交通機関がある。



この記事「極東連邦管区」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト