何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

栃木県

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
栃木県の位置

栃木県は、日本関東地方の北部にある県である。 栃木県公式ホームページ栃木県公式ホームページ(携帯電話サイト)


地方[編集]

以下の6地域に大別できる。

宇河
宇都宮市を中心とする地域。
芳賀
真岡市を中心とする地域。
塩那
大田原市矢板市を中心とする地域。
上都賀
鹿沼市日光市を中心とする地域。
下都賀
栃木市小山市を中心とする地域。
安足
足利市佐野市を中心とする地域。群馬県東毛桐生市太田市館林市)とあわせて両毛とよばれる。

市町村[編集]

  • 宇都宮市 — 県庁所在地。人口50万人の北関東最大の都市。餃子、カクテル、ジャズ、レモン牛乳の街としても有名。大谷観音などがある。
  • 足利市 — 日本最古の総合大学とされる足利学校や、鑁阿寺などが有名。市内中心を流れる渡良瀬川から見える夕日は一見の価値があるといわれる。
  • 栃木市 — 江戸時代から明治時代にかけての蔵や商家が多く残る「蔵の街」として知られる。市西部にある太平山からの景色は「陸の松島」として観光名所ともなっている。
  • 佐野市 — ラーメンの街として有名。佐野プレミアム・アウトレットも人気。
  • 鹿沼市 — 鹿沼土の産地。
  • 日光市 — 日光東照宮や輪王寺の門前町として発達し、中禅寺湖、戦場ヶ原、霧降高原等を抱える日本有数の観光都市。鬼怒川温泉川治温泉等に代表される数多くの温泉地、日光江戸村、東武ワールドスクエアーなどの観光レジャー施設も抱える。
  • 小山市 — 県南の中核都市。
  • 真岡市 — 芳賀地方の中心都市。
  • 大田原市 - 塩那地区(県北地方)の中心都市。旧市街に城下町時代の名残が漂う。
  • 那須塩原市 - 市名の由来となった新幹線停車駅があり、塩原温泉郷、那須温泉郷、那須高原への玄関口。近年は新設・黒磯IC至近の那須ガーデンアウトレットもある。
  • 益子町 - 益子焼が有名。
  • 茂木町 - 国際サーキット「ツインリンクもてぎ」がある。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

概要[編集]

関東地方北部に位置し、約6,400平方キロの面積を持つ内陸県である。 茨城県、群馬県、埼玉県、福島県と接している。

県中央部は広大な平野、東部には八溝山地、北部から西部には那須連山や帝釈山地、足尾山地と言った山々が連なっている。 山間部からは良質な水が湧き出し、平野へと川となって流れている。代表的な川は鬼怒川、那珂川、思川などである。

気候[編集]

参考:宇都宮市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)2.12.86.212.116.820.323.825.321.415.79.74.413.4
降水量 (mm)26.846.981.5119.3144.1193.6183.9201.0234.5120.166.325.51,443.4
データ出典

冬季の夜間気温は東北地域よりも低い。

観光案内[編集]

栃木県観光協会 所在  宇都宮市塙田1-1-20。  電話  (028) 623-3213  FAX  (028) 623-3942  WEB  [1]

着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄りの空港は、茨城空港と福島空港だが、就航便が限られている。そのため、羽田・成田からバスに乗るのが一般的である。

国内線の場合、羽田空港から、高速バス「マロニエ号」(羽田空港線)を利用する事で宇都宮・佐野へ行く事が出来る。1往復のみ西那須野・黒磯へ行くバスもある。「マロニエ号」(羽田空港線)

また、成田空港行きのアクセス特急や青砥行き等の京急~都営地下鉄浅草線とを直通する列車に乗り、浅草で後述する東武鉄道に乗り換える方法もある。日光へ向かうなら、こちらの方法が便利。


国際線の場合は、成田空港から、高速バス「マロニエ号」(成田空港線)を利用することで、宇都宮・佐野へ行くことが出来るが、マロニエ号羽田空港線とは違い、西那須野・黒磯へ行くバスはない。「マロニエ号」(成田空港線)

また、福島空港から連絡バスで郡山駅で乗り換えて東北新幹線または東北本線を南下する方法もある。県の北東側(那須高原など)へ行く場合はこの方法が便利である。福島空港

日光市、那須塩原市方面へは1人から利用できる乗り合いタクシーが低価で乗り換えなしで便利である。飛行機利用前提で、前日予約が必要である。乗り合いタクシー

また、茨城空港からバスで水戸駅へ向かい、水戸駅から宇都宮行きの高速バスに乗り換える方法もある。尚、車を使う場合は、茨城空港は栃木に比較的近く、便利である。茨城空港

列車で[編集]

東京からは東北新幹線、JR宇都宮線(東北本線)と、東武日光線が通じている。

新幹線で
栃木県内で東北新幹線が停まる駅は、小山・宇都宮・那須塩原の3つの駅がある。「はやて」・「こまち」が停まる駅は県内にはないが、「やまびこ」・「つばさ」は大抵は宇都宮に停車する。但し、通過する列車も僅かながら存在するため事前に確認が必要である。尚、「なすの」はすべての駅に停まり、東京から那須塩原間(一部郡山間)を運転している。
東武鉄道で
東武鉄道では、浅草から日光・鬼怒川へ向けて有料の「特急スペーシア」・「きぬ」(鬼怒川方面行き)・「けごん」(日光方面行き)を1時間に1~2本の割合で運行している。停車駅は、浅草・北千住・春日部・栃木・新鹿沼・下今市・東武日光(けごん)・新高徳(きぬ・一部列車のみ)・鬼怒川温泉(きぬ)・鬼怒川公園(きぬ・一部列車のみ)・新藤原(きぬ・一部列車のみ)である。
昼間は鬼怒川へ向かう「きぬ」が多いので、日光へ向かう場合は、途中の下今市で乗り換えとなる。所要時間は、日光まで約2時間弱。鬼怒川まで2時間強。
この列車には普通座席以外に4人まで入れる個室が付いているので、4人以下のグループで旅行をするなら個室はオススメ。車内販売の営業を行っているが、早朝の浅草行きと・夜間の浅草発は車内販売は行っていない。但し、車内に飲み物の自動販売機はある。特急スペーシア
また、浅草~東武日光・鬼怒川温泉方面または野岩鉄道直通の快速・区間快速列車が1時間に1本の割合で走っている。所要時間は日光まで2時間40分程。鬼怒川まで3時間弱。

バスで[編集]

東京駅・新宿駅から
前途(飛行機で)の項目で説明した空港からのバス以外に、東京駅・新宿駅から、ジェイアールバス関東によって「マロニエ東京号」「マロニエ新宿号」が佐野・鹿沼(マロニエ新宿号のみ)間で運行している。佐野プレミアム・アウトレットへ出掛けるときはとても便利。但し、鹿沼へ向かう場合は注意が必要で、このバスの終点の鹿沼バスターミナルの周辺には何もないうえに、他の交通機関との接続もないため、観光で鹿沼に来ようと思っている人はマロニエ新宿号は使わない方が良い。(鹿沼に車を持っている友人がいるのであれば話は別だが。)「マロニエ東京号」「マロニエ新宿号」
大阪・京都方面から
大阪・京都からは夜行高速バス「とちの木号が運行している。栃木駅と宇都宮駅へ行くことが出来る。鹿沼インターというバス停があるが、鹿沼へ観光で行く人は、上記のマロニエ新宿号同様、ここでは降りない方が良い(栃木駅か宇都宮駅で降りて、列車で移動すると良い。)「とちの木号」

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

宇都宮餃子  
栃木県は宇都宮市を中心に餃子の街として有名。宇都宮市内には約200店と言われる餃子店が軒を並べ、庶民的ないつ食べても飽きない餃子が食べられる。


とちぎ和牛  
県内で育った優良な牛肉とされる。


佐野ラーメン  
佐野市を中心としたラーメン。透き通ったシンプルなスープと、「青竹打ち」と言われる独特な製法で作られるちぢれ麺が特徴。


イモフライ  
佐野市・足利市を中心に食べられている、串刺しにしたジャガイモに衣をつけて揚げたもの。ソースをつけて食べる。

飲む[編集]

レモン牛乳  
宇都宮市を中心に定着している乳飲料として有名。関連商品も数多い。名前に「レモン」と付いているが、レモン果汁は入っておらず、レモンの味もしない。少し黄色がかかった色をしている。紙パックに入って売られている。


桜川  
真岡市で製造される日本酒。淡麗で香り高い酒。酒蔵は辻善兵衛商店(真岡市田町1041-1)

泊まる[編集]

栃木県ユースホステル協会  
栃木県内のユースホステル情報を一次元的に紹介している。
 所在  宇都宮市駒生1丁目1番6号  電話  (028) 624-2847
 FAX  (028) 624-2847
 WEB  [2]
 時間  火曜日の13:00から17:00までの間のみ職員滞在している。  料金  

気を付ける[編集]

出かける[編集]

Wikitravel Shared Logo 栃木県に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「栃木県」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト