何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

枚方市

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索

枚方市(ひらかたし)は大阪府北東部にある市。 [1]


分かる[編集]

  • 枚方文化観光協会 WEB  [2]

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

  • 京阪電車 — 京阪京橋駅から特急で14分、京阪丹波橋駅から特急で18分。
  • JR西日本

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

  • 京阪電気鉄道 京阪本線(寝屋川市 香里園駅) - 光善寺駅 - 枚方公園駅 - 枚方市駅 - 御殿山駅 - 牧野駅 - 樟葉駅 - (京都府八幡市 橋本駅)
  • 京阪電気鉄道 交野線 枚方市駅- 宮之阪駅 - 星ヶ丘駅 - 村野駅 - (交野市 郡津駅)
  • JR片町線(学研都市線) (交野市 河内磐船駅) - 津田駅 - 藤阪駅 - 長尾駅 - (京都府京田辺市 松井山手駅)

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

枚方宿 (ひらかたじゅく)  
江戸時代の宿場町で牧方宿とも書く。東海道(東海道五十七次では56番目)と大坂街道の宿場であった。「八幡屋」、「田葉粉屋」、その他の古い建造物が残されており、往時を偲ばせる。
 所在  京阪本線枚方市駅又は枚方公園駅、降りてすぐ。  WEB  [3]
  • 枚方宿鍵屋資料館 — 天正年間(1573年~1592年)創業と言われ、江戸時代には淀川水運で栄えた船宿。現在は市の文化財に指定され、枚方の歴史を紹介する施設となっている。  所在  枚方市堤町10-27。京阪電車枚方公園駅下車徒歩5分。  電話  (072) 843-5128  時間  9:30~17:00。  料金  一般¥200。
  • 水面廻廊 (みなもかいろう) — 江戸時代、枚方宿は、淀川を行きかう三十石船の中継港となるなど、京都と大阪を結ぶ水運の要所として繁栄した。三十石船の乗客を相手に「餅くらわんか、酒くらわんか」と声をかけた商売舟は「くらわんか舟」と呼ばれ、枚方の名物になった。また、界隈には本陣、旅籠、茶店が軒を連ね、大変な賑わい、その様子は浮世絵にもなったほどある。その水運の歴史に因んで、枚方市から、寝屋川市まで続く2.8kmの水路を利用し、「水面回廊」と名付け、散策路として整備。三十石船のレプリカも設置されている。  所在  枚方市桜町8。京阪本線枚方公園駅下車徒歩15分。  電話  (072) 842-1211(枚方文化観光協会)  料金  無料。


片埜神社 (かたのじんじゃ)  
式内社(小社)河内国一宮。
 所在  枚方市牧野阪2-21-15。京阪電鉄牧野駅下車東に徒歩5分。  電話  (072) 857-7775  WEB  [4]
 開場時間    料金  拝観無料。

遊ぶ[編集]

ひらかたパーク  
通称ひらパー。現在営業している最も古い老舗遊園地で、USJなどの影響で閉園が相次ぐ中、変わらない人気を維持し続けている。イメージキャラクターの「ひらパー兄さん」は初代がブラックマヨネーズの小杉竜一、現在は二代目で枚方市出身の岡田准一が2013年4月から務めている。ちなみに小杉の相方の吉田敬はひらパー兄さんではない。吉田曰く「なんで俺は(ひらパーの)CMに出してくれへんのや!」。
 所在  枚方市枚方公園町1-1。京阪電車枚方公園駅下車、徒歩約3分。  電話  (072) 844-3475  WEB  [5]
 営業時間  平日10:00~17:00。  料金  大人¥1,300、3歳~小学生¥700、15:00以降の入園料は大人¥800・小人¥400。
ひらかたパーク

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

たくちゃん  
お好み焼きとたこ焼きのお店。豆ご飯も提供。
 所在  枚方市伊加賀東町5-30。  電話  (072) 841-7288  WEB  [6]
 営業時間  11:00~22:00 (日 ~20:00)  予算  

高級[編集]

杉・五兵衛  
農園レストラン。
 所在  枚方市杉責谷1-951。  電話  (072) 858-0070  WEB  [7]
 営業時間  11:00~21:00、定休日 火曜。  予算  

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

ひらかたサンプラザホテル  
京阪枚方市駅南口より徒歩2分。
 所在  枚方市岡東町11番11号。  電話  (072) 846-5511  WEB  [8]
 時間    料金  

高級[編集]

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 枚方市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「枚方市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。