何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

東京都

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
東京都の位置

東京都(とうきょうと)は、関東地方の都道府県のひとつであり、日本の政治経済の中心地である。東京都公式ホームページ


地域[編集]

東京都は大まかに東部の東京湾沿いに当たる東京特別区と、西部のその他の市町村部(武蔵野・多摩地域)に分けられる。多摩地域について、かつての行政区分の名残から北多摩、南多摩、西多摩と分けられ、また「三多摩」と呼ばれることがある。この他にも太平洋上にある伊豆諸島および小笠原諸島の島嶼部と分けられる。

Wikitravelでは便宜上、東京特別区および三多摩地域それぞれ、伊豆・小笠原諸島で東京都を地域分けする。

東京都の地域区分(島嶼部除く)
東京特別区(23区)千代田区新宿区 など)
東部を占める地域。現在は23の特別区に分割されているが、かつては一つの東京市であり、1つの都市であるとみなせる。東京都外の横浜市なども含めた都市圏人口が3,000万人にも上る世界最大の都市である。東京都心部と言うと、主に特別区の事を差す。さらに皇居を中心に城東・城西・城南・城北の四地域に細分化されることがある。
北多摩地域調布市府中市国立市 など)
多摩地域の内、多摩川北部に当たる地域で、東京23区と接する地域。主な都市は武蔵野市、国立市、府中市などが挙げられる。
南多摩地域八王子市町田市 など)
多摩地域の内、多摩川南部一帯の地域。多摩丘陵沿いを京王線沿線を中心に、東京都心部のベットタウンとして開発が進められてきた。主な都市は八王子市、日野市、町田市などが挙げられる。
西多摩地域青梅市あきる野市 など)
東京都の西部に当たる地域で、世間一般の認識では「東京都=一面ビル群の大都会」と思われるが、それとはかけ離れた自然も残る地域であり、奥多摩などハイキングスポットがある。主な都市は、青梅市、あきる野市、福生市などが挙げられる。
伊豆諸島 (伊豆大島、八丈島 など)
小笠原諸島 (小笠原村)
エコツーリズムで知られる。2011年に世界遺産に認定された。


市町村[編集]

外堀の桜並木

東京23区

  • 東京 - 旧・東京市に相当する都市、いわゆる「東京23区」。都庁所在地で中心部である。

北多摩

  • 武蔵野市 - 「吉祥寺」の繁華街と、三鷹市にまたがる井の頭公園で有名。
  • 三鷹市 - 宮崎駿の美術館、「三鷹ジブリの森美術館」がある。
  • 立川市 - 昔は米軍基地の街だった。今は基地の跡地などを利用した再開発が進み、多摩地区有数の商業都市と化している。昭島市にまたがる広大な「昭和記念公園」が有名スポットとなっている。
  • 東村山市 - ザ・ドリフターズの「東村山音頭」や、タレント志村けんの出身地として有名。自然に恵まれ多摩湖を抱く。

西多摩

  • 青梅市 - 昭和レトロ商品博物館や赤塚不二夫会館などがあり、昔風の映画看板が人気となっている観光スポットであり、奥多摩へのアクセスポイントでもある。東端に圏央道青梅ICがある。
  • 羽村市 - 玉川上水の源流取水堰(羽村取水堰)があり桜の名所となっているほか、チューリップ畑と羽村動物公園でも有名。
  • 福生市 -米軍横田基地があり、アメリカ空軍機が離着陸している。横田基地沿いの国道16号線は、一風変わった店が軒を連ねる。福生七夕まつりで有名。
  • 奥多摩町 - 「秩父多摩甲斐国立公園」になっている。東京都内でありながら非常に自然が豊富である。多摩川上流の奥多摩湖と奥多摩周遊道路があることでも有名。V字型の深い渓谷沿いに街道が続く。
  • 日の出町 - 超大型ショッピングセンターであるイオンモール日の出があり、シネマコンプレックスもある。圏央道日の出ICが東端にある。
  • 檜原村 - 東京都の島部以外では唯一の「村」。武蔵五日市駅からバス便。山や川を楽しむことができ、払沢の滝で有名。都民の森があり、奥多摩周遊道路が通っている。

南多摩

  • 多摩市 - 多摩川に接している。日本一のベッドタウンである「多摩ニュータウン」と、テーマパーク「サンリオピューロランド」がある。
  • 日野市 - 新選組ゆかりの地であり、関連する史跡などが多数残されている。昔ながらの多摩の面影をとどめた地区で、新選組関連のウォーキングコースなども整備されている。また都内随一の面積を持つ多摩動物公園がある。
  • 稲城市 - 「多摩川梨」の生産地であり、葡萄も多く生産されている。

島嶼部

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

東京都は関東地方の南部に位置し、神奈川県埼玉県千葉県および山梨県と接する。その他、太平洋上にある伊豆諸島および小笠原諸島の島嶼部も東京都の行政区域に入る。

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • 東京国際空港(羽田空港) — 主に国内線における空の玄関口。羽田空港から都心へは東京モノレール、京浜急行(エアポートきっぷが有効である)、リムジンバスなどを利用。また成田空港とを結ぶリムジンバスも運行している。2010年10月31日から、国際線定期便が運行を開始している。なお、国際線はターミナルおよびモノレールなど交通機関の最寄駅が異なるので注意。(国際線 時間  24-open  WEB  [1]
  • 成田国際空港 — 主に国際線での空の玄関口。成田空港から都心へは、成田エクスプレス (NEX) 、京成スカイライナー、リムジンバスなどが接続されている。  電話  電話  時間  24H-open  WEB  [2]
  • 東京都東京ヘリポート(東京ヘリポート) — 成田国際空港からの定期旅客ヘリコプターが運行されている。東京ヘリポートから都心へは新木場駅、東陽町駅、木場駅とを結ぶ都営バスなどを利用。  料金  東京まで¥260,350(税込み)  WEB  [3]

列車で[編集]

他道府県からの列車の大半は区部に発着するため、そちらを参照のこと。中央線方面の列車は八王子(一部は立川も)に停車する。また東海道新幹線方面から多摩地区に向かう場合は、新横浜駅で横浜線に乗り換えると所要時間(さらには運賃・料金も)が節約できる地域もある。

東京駅や新宿駅から市部へ向かう列車は、主に3路線ある。

  • JR中央線 - 東京駅~新宿駅~立川駅~八王子駅。
  • 京王線 - 都営新宿線各駅 (岩本町駅(山手線秋葉原)・小川町駅(千代田線新御茶ノ水)を通り直通)~新宿駅~調布駅~府中駅~京王八王子駅・高尾山口駅。
  • 小田急電鉄小田原線・多摩線 - 東京地下鉄千代田線各駅(新御茶ノ水駅・大手町駅(東京)・明治神宮前駅(原宿)を通り直通)~代々木上原駅~下北沢駅~(神奈川県を経由)~多摩センター駅~唐木田駅

車で[編集]

東名高速道路の横浜町田IC、中央高速道路(中央道)の八王子IC、国立府中IC、稲城IC、調布IC、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の八王子西IC、あきる野IC、日の出IC、青梅ICがある。

バスで[編集]

他道府県からのバスの大半は区部に発着するため、そちらを参照のこと。多摩地域を発着する長距離バス路線には以下のようなものがある。

これとは別に中央道昼特急を含む中央道方面のバスは日野などに停車するものが多数ある。日野バス停は多摩都市モノレールの甲州街道駅が近い。

船で[編集]

他県と東京都区部間の船便には、有明フェリーターミナル(江東区)にオーシャントランスが門司福岡県)、徳島徳島県)から、マルエーフェリーが那覇沖縄県)、奄美(鹿児島県)、志布志(同)からフェリーを運行している。

他県と伊豆諸島各地を結ぶ船便には、熱海静岡県)などと伊豆大島(大島町)を結ぶ東海汽船の航路があるほか、竹芝桟橋(港区)と伊豆諸島各島を結ぶ航路も、館山千葉県)、久里浜神奈川県)などに寄港するものもある。また神新汽船が、下田(静岡県)と新島、神津島などとの間で運航している。

動く[編集]

船で[編集]

都内間の船便として、竹芝桟橋(港区)と伊豆諸島各島を結ぶ東海汽船、同じく父島(小笠原村)とを結ぶ小笠原海運がある。

飛行機で[編集]

伊豆諸島へ行く方法の一つとして空路を利用することができる。

  • 羽田空港大田区) - ANAによる路線。ANA
    • 大島
    • 三宅島(火山ガス等の影響によりその日の運航可否が決定)
    • 八丈島(羽田~八丈島・大島~八丈島を結ぶ路線あり)

列車で[編集]

フリーきっぷ等[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

  • 屋形船
  • 東京都観光汽船(海上バス・水上バス)

観る[編集]

東京都内の美術館・博物館をハシゴしたいなら、「東京・ミュージアムぐるっとパス」が便利。都内の国公私立の美術館・博物館や都立動物園・水族園など、50以上の施設の入場券または入場割引券が綴られたもので1冊¥2,000(大人料金のみ)。東京都庁1階の観光情報センターなどで販売されているほか、施設の入口でパスと引き換えられる引換券がローソンなどのコンビニやJTB、近畿日本ツーリストなどの旅行カウンターで販売されている。有効期間は最初の利用日から2か月で、各館各展示1回の利用が可能。販売・利用開始は4月1日、発売終了は翌年1月末、最終有効期限は翌年3月末。[4]

  • 府中市 - 府中市美術館、府中の森芸術劇場コンサートホール、郷土の森博物館、東京競馬場博物館、サントリー武蔵野ビール工場見学、大東京卸売りセンター、大國魂神社宝物館。

遊ぶ[編集]

買う[編集]

  • 全国伝統的工芸品センター(豊島区) - 池袋駅隣のメトロポリタンプラザビル内にある、全国の伝統工芸品展示販売場。

入手しにくいICカード

東京都には入手しにくい地域限定発売のICカードが2つある。それは、「りんかいSuica」と「モノレールSuica」。いずれも路線内の有人改札または自動切符販売機でしか売られていない為、どちらかというとかなり入手しにくいだろう。記念に買うのも良いが、有効期限があるので注意した方が良い。

食べる[編集]

東京は食の天国であり、日本全国からだけではなく、世界中よりおいしい料理が集まっている。客が多いため、観光客用やおいしいとは言えない店も中にはあり、地元を良く知る人に紹介してもらうのが良い。湯島~錦糸町、神田~茅場町、新橋~築地、新宿~渋谷などに古くからの良店が多い。

  • 江戸寿司・天麩羅 - 築地~銀座(中央区)など。
  • どぜうなべ - 浅草(台東区)など。
  • そば - 「藪」「更科」「砂場」。神田、京橋、日本橋、新橋、銀座、築地、調布(深大寺)など。
  • うどん - 「武蔵野うどん」(西部、多摩地域)。
  • ラーメン - 「東京ラーメン」他。池袋、新宿、荻窪(杉並区)など。
  • もんじゃ焼き - 月島(中央区)。浅草。
  • 韓国・朝鮮料理 - (新宿区大久保周辺)。

飲む[編集]

気を付ける[編集]

千代田区内の路上禁煙地区内では、歩きたばこ(携帯灰皿での喫煙を含む)および吸殻を捨てることは条例で禁止されている。違反者には罰則が適用となり、¥2,000以下の過料が課される(千代田区生活環境条例)ので注意。杉並区・大田区・品川区・板橋区・世田谷区・足立区・府中市・青梅市などでも同様の条例がある。中央区・新宿区でも全域が路上喫煙禁止となっており、他にも喫煙マナーの向上を呼びかけている市区町村は多い。

伊豆諸島の三宅島は2000年以降、有毒火山ガスの噴出が続いているため、体調が優れない人などは入島を避けたほうがよい。三宅島に入島する際には防毒マスクの携帯が義務付けられている。(一部では立入禁止の地域もある。)

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 東京都に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「東京都」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト