何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

東ヴィサヤ地方

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

東ヴィサヤ地方 (Central Visayas) は、フィリピンの島々からなるヴィサヤ諸島を3つに分けた場合のうちの1地方であり、フィリピンを17の地方に分類したときの、Region VIIIに相当する。この地方は主に、サマール島(Samar)、レイテ島(Leyte)および ビリラン島(Biliran)の3つの島と、東部にある小さな島々から構成されている。全部で6つの州が存在する。

フィリピンの中で洞窟といえばこの地方であり、サマール島の山の下には多くの洞窟がある。滝、川そして地下の川により洞窟は構成され、これらの洞窟群が点在している。そのため、洞窟探検やトレッキングの目的地でもある。

また、この地方はスキューバダイビング、シュノーケリング、およびサーフィンのような海のスポーツの目的地である。レイテ島の南端にあるソゴッド(Sogod)は、湾の水面下は大規模なさんご礁であり、スキューバダイビングとシュノーケリングのために理想郷である。サーマル島付近の太平洋岸では、カリコーン島(Calicoan)で国際的なサーフィンサーキットが毎年行われている。ビーチ愛好者にとってビリラン島の白い砂浜に人気がある。

地質学では、サマル島の北地域の海岸に沿って、北サマル州のBiriとCapul、サマル州Marabutのレイテ湾側で岩壁がそそり立っている。またこの地方の様々な島に火山湖があるが、レイテ島オルモック市のダナオ湖(Danao)は、最も注目に値する。

車での旅行では、この3つの島には沿岸道路が整備されている。サーマル山の頂上からの海上の眺めながらの田舎道のドライビングはゆったりとできる。サン・ファニーコ橋はフィリピン第一の長さの橋であり、レイテ島タクロバン市と、サマール島をつないでいる。'70年代の完成後、工学上の見物地となった。ビリラン橋はレイテ島とビリラン島をつないでいる。

ホモンホン島(Homonhon)やリマサワ島(Limasawa)などの名所旧蹟(ポルトガルの航海士フェルディナンド・マゼランのスペインからのセブへの船旅の途中におけるわずかな2つの上陸地点)がこの地方にある。ホモンホン島はサマール島の南にあり、リマサワ島はレイテ島の南にある。

この地方では毎年7月に、タクロバン市でPintadoslフェスティバル とSangyawフェスティバルが行われている。これらのフェスティバルはたくさんの人々が集まる大掛かりなフェスティバルでタクロバンの守護聖人 Señor Sto. Niñoを祭っている。その他にも小さな祭りが異なる時期に行われている。


[編集]

東ヴィサヤ地方には、以下の州がある。


市町村[編集]


その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

着く[編集]

飛行機で[編集]

船で[編集]

バスで[編集]

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

この記事「東ヴィサヤ地方」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト