何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

木更津市

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
木更津の春の風物詩、潮干狩り(木更津海岸)
遠浅の海で、遠景に見える工場は新日鐵君津製鉄所(君津市

木更津市(きさらづし)は、千葉県にある市。東京湾アクアラインの房総半島側にある街で、房総半島をドライブする際のゲートウェイに該当する街の一つである。

分かる[編集]

木更津市の位置

木更津市は千葉県の上総地方にある都市で、神奈川県川崎市とを結ぶ橋梁東京湾アクアラインの千葉側にあたる。市名の由来はヤマトタケル伝説に基づいており、市内には吾妻神社などヤマトタケル伝説に由来する地名や史跡が各所で見られる。もっぱら近年は2002年にTBS系で放映されたドラマ『木更津キャッツアイ』の街や、地元が輩出したロックバンドグループ『氣志團』の街として知られる事の方が多いやもしれない。

観光地としてのイメージは低いものの、東京湾内では最大の広さを持つ盤洲干潟があることから、夏季には市内各地の海岸で潮干狩りや海水浴といったレジャーを楽しむことができる。2012年4月に木更津金田ICのすぐ傍に、ショッピングモール三井アウトレットパーク木更津がオープンした。


キーワード[編集]

  • ヤマトタケル — 古事記や日本書紀に登場する伝説上の人物。蝦夷討伐の際に立ち寄ったことが描画されており、オトノタチバナヒメとの別れの舞台が木更津であったとされている。市内各地に伝説が残っており、市名の木更津もヤマトタケルの詩の一節「きみさらづ」が元になっている。木更津駅東口より東へ1kmほど歩いた場所にある太田山公園にはこの伝説を模して造られたきみさらづタワーがある。
  • 証城寺の狸囃子』 — 證誠寺に伝わる狸囃子伝説がモチーフとなった童謡。JR木更津駅の発車ベルに採用されており、市内のマンホールのデザインにもなっているので訪れた際には確認すべし。当市出身の俳優、中尾彬のデザインで1989年にふるさと記念切手の題材になる。
  • 与話情浮名横櫛』 — 別名『源氏店 切られ与三』。江戸期の木更津で実際に起きた事件をモチーフとした「しがねぇ恋の情けが仇」の台詞で有名な歌舞伎の演目。駅から歩いて5分足らずの光明寺には主人公の与三郎の墓がある。
  • 青の時代』 — 光クラブ事件の当事者で2代目木更津市長の息子、山崎晃嗣がモデルとなっている三島由紀夫の小説。主人公の前半生の舞台である千葉県K市は「矢那川」や「与話情浮名横櫛」など市を特定するキーワードから木更津市の事である。
  • 木更津キャッツアイ』 — 2002年にTBS系列で放映された木更津を舞台にしたTVドラマ。ドラマ終了後、続編にあたる映画が製作されるほどの人気で、ドラマで使われたロケ地にはファンが訪れるなどちょっとした観光名所と化している。
  • 氣志團 — 木更津出身者がメンバーとして所属する、木更津で結成された音楽ロックバンド。
  • 東京湾アクアライン — 対岸の神奈川県川崎市とを結ぶ高速道路。バブル時代の悪い公共事業の代表として何かとマスメディアで取り上げられるが、都心への移動時間が短縮したのも事実であり、地価の安い木更津で一戸建てを購入し、横浜・川崎の職場に通勤するというライフプランを組むことも可能である。
  • ヤツルギ — 木更津市のご当地ヒーロー。2011年4月よりチバテレビで放映中の『鳳神ヤツルギ』の主人公で名前の由来は市内「八剱八幡神社」から。

サブカルチャー[編集]

木更津のシンボル、中の島大橋
  • 中の島大橋 — 木更津港に架けられた赤い橋。映画『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』の劇中において、ぶっさん(岡田准一)が「カップルで渡ると幸せになれる」と唄っているが、地元の都市伝説では全くの正反対で伝わっており「カップルで渡ると別れる」事になっている。※キャッツアイ効果からか、ドラマ放映終了後に中の島大橋を訪れる人が増えたという。観光の目玉が出来たという意味では良い傾向なのだが、その一方で橋の欄干に落書きをする人が多くなったという問題が発生している。市としては「落書きしないで」と呼びかけているように、落書きは迷惑行為であるので観光の際にはマナーを守って楽しんでほしい。
  • 木更津のスターバックス — 駅前にドトールコーヒーは以前からあるものの、かつて木更津市内にはスターバックスコーヒーは存在しなかった(2006年当時)。このことは、木更津キャッツアイの劇中でモー子(酒井若菜)の「木更津にスターバックスが出来ますように」と神社でお参りするという形で映画のネタにもとりあげられていたことでも広く知られている。ちなみにその時お参りしていた神社は市内富士見にある八剱八幡神社である。近隣の富津市にあるイオン富津ショッピングセンターにはスタバがオープンし、2007年ついに木更津市内にもスタバがオープンした(場所は海ほたるだが…)なお、2008年ほたる野にもオープンした。
  • エポチカ — 90年代に木更津周辺で高校生ライフを過ごしていた人に伝わる言葉。その昔、木更津駅東口にEPO(エポ)という西武百貨店系の若者向けデパートがあり、そこの地下フロアの事を指す。エポチカにはゲームセンターがあって、木更津周辺の高校生達が集う学生のたまり場の様な場所であった。今となっては死語だが、当時高校生だった人が集まるとたびたび話題に上がる言葉の一つである。木更津市は一見すると寂れた街なのだがこの言葉が代表する様に、高校生世代を中心に文化が構成される傾向にある。ちなみに現在、EPOが撤退し、その建物の跡は駐車場に変わった。
  • 『やっさいもっさい』 — 木更津に伝わる民謡『木更津甚句』の一節「やっさいもっさい」が語源の祭囃子。8月14日の木更津港まつりで木更津駅西口を会場にやっさいもっさい踊りが開催される。ソーラン節やよさこい節などと比較するとマイナーな部類に入るが、『木更津キャッツアイ』の作中で取り上げられて知名度が上がる。ちなみに、港まつりで流れるやっさいもっさいを唄っているのはデュークエイセスである。
  • 海ほたるの住所海ほたるの所在地は千葉県木更津市である。仮にもし海ほたるに郵便を出す用事があったとするならば、送り先を「〒292-0071千葉県木更津市中島地先海ほたる」とすると届く。木更津市と川崎市の市境は海底トンネル部にあり、アクアラインを利用した際に市境を表す看板があるので注意してみるとよい。ちなみに、川崎人工島(風の塔)を住所表記で表すと川崎市川崎区浮島町沖合5kmになる。

着く[編集]

木更津市へのアクセスの利便性を考えた時「自家用車で」をお勧めする。木更津市や他の房総半島の街を巡ると考えた時、公共交通機関は本数が少なくて接続待ちによるロスタイムが生じる可能性が大だからである。木更津までならばアクアラインを経由するアクアラインバスはそれなりに本数も多いので、ひどく待たされるという事もないだろう。

飛行機で[編集]

  • 羽田空港 — 羽田空港から東京湾アクアライン経由のバスが運行
  • 成田空港 — JR総武本線直通の成田線で千葉駅まで移動の事

列車で[編集]

木更津駅

市内にはJR内房線の駅として木更津駅と巖根駅が設置されている。市の中心駅は木更津駅であり、JR内房線と内房線特急および内房線乗入の総武快速線が停車する。尚、巖根駅には内房線普通列車(各駅)のみ停車する。

木更津駅へ
  • 千葉駅から — 3・4番線:内房線を利用。所要時間約40分
  • 東京駅から — 京葉線地下ホーム3・4番線:内房線特急「さざなみ」を利用。所要時間約60分、尚、総武線経由の快速を利用する場合の所要時間は約80分。

バスで[編集]

都内の主要スポットからアクアラインを経由する高速路線バスが運行している。

主な停車場
  • 木更津駅発着のアクアラインバスの停車場として木更津金田BT、木更津駅がある。
  • 君津、館山発着のアクアラインバスに乗車すれば、木更津羽鳥野BSで停車する。
主なバス路線
  • 羽田空港から — 1F到着ロビー12番乗り場から木更津駅行きの高速バスを利用。所要時間約40分
  • 川崎駅から — 東口22番乗り場から木更津駅行きの高速バスを利用。所要時間約60分
  • 横浜駅から — 東口そごうビル1F18番乗り場から木更津駅行きの高速バスを利用。所要時間約60分
  • 品川駅から — 西口ホテルパシフィック東京から木更津駅行きの高速バスを利用。所要時間約70分
  • 東京駅から — 八重洲口から木更津駅行きの高速バスを利用。所要時間約60分
  • 新宿駅から — 新宿駅西口小田急ハルク前35番乗り場から木更津行きの高速バスを利用。所要時間約85分、1本/hの割合で運行。
主なスポットへのアクセス(アクアラインバス)
  • 海ほたるへは川崎駅~木更津駅を運行する路線のみしか停車しない。
  • アウトレットパークへは木更津金田BTで下車し、後は路線バスに乗り換えるか徒歩の事。(1km程度の距離)
    • 新宿駅などからアウトレットパークとの直通便も発着しているが本数は少ない。

車で[編集]

  • 館山自動車道 — 千葉市から館山方面に約40分
  • 東京湾アクアライン — 川崎市から木更津方面に約15分
  • 国道16号 — 千葉、木更津、富津方面へ

動く[編集]

車で[編集]

  • バスや電車といった交通機関を利用するには本数や路線の利便性が無いので、木更津および南房総の周辺都市を観光するのであれば、自家用車での移動かレンタカーを借りるのが無難。

バスで[編集]

  • 市内を運行するバス路線は本数も少なく、足として使うには不便である。移動に使うのであれば予めバス時刻表を確認しておきたい。市内で営業しているバス会社は日東交通小湊鉄道の2社。
  • 海ほたるへ行くには、「木更津駅~川崎駅」を運行する高速路線バスが海ほたるPAを経由するのでこれに乗車する事で到達できる。海ほたるを経由する高速路線バスの乗車場は木更津駅東口7番乗り場、川崎駅東口22番乗り場。
  • 三井アウトレットパーク木更津に行く場合、木更津駅からも路線バスが運行しているが、袖ケ浦駅(袖ケ浦市)からの方が運行本数は多い。

足で[編集]

  • ドラマ「木更津キャッツアイ」のロケ地巡りを目的として訪れた場合、主だったロケ現場は市中心部の木更津駅西口から木更津港迄の地域に集中しているので木更津駅から徒歩でロケ地巡りする事が可能。(但し、野球狂の詩は市中心部から離れた場所にある為、車での移動が必要)

電車で[編集]

  • 木更津駅がJR久留里線の始発駅となっている。久留里線は地元の高校生などの足として利用されるが、本数が1本/時間しかないので移動に使うには不便である。のどかな田園風景を楽しみたいのであれば乗ってみるのも一興である。
  • 市内には久留里線の路線駅が5駅設置されており、沿線の主なスポットとして真里谷城址(少年自然の家)がある。尚、真里谷城址へ行くには馬来田駅にて下車し、駅から東に7kmほど、徒歩で1時間以上かかる。
  • 久留里線を利用して行くことのできるスポットには、久留里城や亀山ダム(いずれも君津市)がある。


観る[編集]

吾妻神社  
日本書紀に登場する日本武尊の妻「弟橘姫」を祀った神社。社伝によると日本武尊が相模国(神奈川県)から海路で上総国(千葉県)に上陸しようとした際に海上で嵐に遭ってしまい、嵐を鎮めるために弟橘姫は海に身を投じ、日本武尊は無事上総国に上陸できた。後日、上総の海岸に弟橘姫の御袖が流れつき、その御袖を納める社を建立したのが神社の創祀と伝えられている。吾妻という地名は日本武尊が弟橘姫を想って「我妻よ」と述べたことに由来するとされている。木更津駐屯地から徒歩5分程度の場所にあり、駐屯地で開催される木更津航空祭の折にでもちょっと立ち寄ってみるのも良い。
 所在  市内吾妻  電話  —  WEB  [—]
 開場時間  —  料金  無料


海ほたるパーキングエリア  
東京湾アクアラインの木更津人工島にあるパーキングエリア(PA)。PAとはいえ、店舗設備の規模はサービスエリア(SA)並である(通常のSAと異なり給油施設は設置されていない)。羽田空港が近く、海ほたるの真上を旅客機が引っ切り無しに離発着を行っている。周囲には視界を遮る建造物が無いので都心で初日の出を見るには最適なビューポイントである。乗用車でアクセスした場合、Uターン利用が可能でアクアライン片道分の料金(¥3,000)で済む。
 所在  市内中島地先(海ほたる):「木更津駅~川崎駅」を運行する路線バスに乗り、停車場「海ほたる」にて下車  電話  (03) 5764-3811  WEB  [1]
 開場時間  —  料金  無料(アクアライン通行料別)
海ほたるパーキングエリア


木更津キャッツアイロケ地巡り  
2002年TBS系列で放映されたテレビドラマ『木更津キャッツアイ』の放送終了後、ロケ地には訪れるファンが増え、ちょっとした観光名所と化している。木更津駅前にあるアクア木更津の裏手側にあたるみまち通りには、主人公ぶっさんの家の「バーバータブチ」や「オジー像(添付画像)」がある。この他にも證誠寺のそばに「木更津ホール」や龍宮城ホテル三日月の近くに「野球狂の唄」等がある
 所在  市内各所(主に木更津駅周辺)
木更津キャッツアイロケ地巡り


證誠寺  
童謡『証城寺の狸囃子』のモチーフとなった寺院。童謡の元になった、寺に伝わる『狸囃子伝説』は日本三大狸伝説に数えられる。境内には伝説で腹鼓の打ち過ぎで腹を破って死んだ大狸を祀った狸塚や童謡の記念碑などがある。矢那川のほとりに建てられており、TV等でも何かとお目見えする木更津を代表するスポットでもある。
 所在  市内富士見2丁目  電話  0438-22-2018  WEB  [2]
 開場時間  —  料金  無料
證誠寺


高倉寺  
「かずさアカデミアパーク」のすぐ近くにある寺院で別名高倉観音坂東三十三箇所観音霊場の第30番札所にあたる。
 所在  市内矢那  電話  (0438) 52-2675  WEB  [—]
 開場時間  —  料金  無料


八釼八幡神社  
日本書紀に登場する伝説上の英雄「日本武尊」を祀った神社で、源頼朝が石橋山の戦いで敗れて上総に渡った際にここで戦勝祈願を行ったという言い伝えがある。頼朝が鎌倉幕府を開府した折に社殿を寄進したと伝えられている。毎年7月第2土曜・日曜に開催される例大祭では、重さ1.5tの神輿が町内を練り歩く。木更津中心市街にある神社で、木更津のローカルヒーロー『鳳神ヤツルギ』の元ネタになっている神社でもある。
 所在  市内富士見  電話  —  WEB  [—]
 開場時間  —  料金  無料

遊ぶ[編集]

東京湾最大の広さの盤洲干潟がある木更津市では、潮干狩りや釣りなどを楽しむ事ができる。


潮干狩り  
木更津市の春の風物詩の一つ。3月中旬から8月下旬まで、市内の各海岸で潮干狩りを行う事ができ、あさりやハマグリを獲る事が出来る。黄金のハマグリを見つけるとプレゼントが貰えるらしい。
 所在  木更津海岸、久津間海岸他  電話  (0438) 23-4545(木更津漁協)  WEB  [3]
 営業時間  潮の満ち引きによる  料金  入場料:大人¥1,200、子供¥600


木更津港まつり  
毎年8月14・15日に木更津港で開催される夏祭りで、14日は富士見通りを会場にやっさいもっさい踊り、15日は花火大会が催される。15日の花火大会の会場は木更津港にある中の島公園が打ち上げ場所となっており、港というロケーションから建物や木々に邪魔されることなく、港周辺どこからでも花火を眺めることができるのが良い。また東京湾を挟んで対岸を眺めると、別の花火大会(東京都大田区大田区平和都市宣言記念 花火の祭典と思われる)で打ち上げられる花火が小さく確認できるので何となく得した気分になれる。ちなみに、打ち上げ花火を港湾内の船上から眺めると最高との話であり、地元の漁師さんと友達になり、頼み込むと船を出してくれるかもしれない。
 所在  木更津駅西口、木更津港
木更津港まつり


木更津航空祭  
10月中旬頃に木更津駐屯地で行われる航空ショー。AH-1(通称:コブラ)やCH-47Jと言った自衛隊のヘリコプターや特殊車両が展示してあったり、デモンストレーションとしてヘリ数十機による編隊飛行演習を行うプログラムがある。また、抽選制だが輸送ヘリコプターCH-47Jに体験飛行する事ができる。

駐車場もあるが例年込み合うので公共交通機関でのアクセスが推奨されている。中心市街から離れており木更津駅西口から徒歩で30~40分程度かかる。航空祭のある日に限り臨時の有料シャトルバスが木更津駅から発着している。開催日やプログラムは毎年異なるので問い合わせは第1ヘリコプター団 広報班(下記tel参照)まで。

 所在  陸上自衛隊木更津駐屯地  電話  (0438) 23-3411  WEB  [4]
 営業時間  —  料金  —
木更津航空祭


中の島公園  
中の島大橋を渡った先にある公園。潮干狩りの名所としても知られる。
 所在  木更津市中の島。  電話    WEB  [5]
 営業時間    料金  無料
中の島公園

学ぶ[編集]

金鈴塚古墳  
6~7世紀頃に造られた古墳で、当時この一帯の支配者であった馬来田国造の古墳であったとされている。造られた当初は約100mほどの前方後円墳だったとされているが、周辺の宅地化が進められる中、これらの墳墓の盛土は削られてしまい、現在は石室のあった一部しか残されていない。古墳名の由来にも当たる、発掘された金の鈴などの埋葬品は国の重要文化財に指定され、太田山公園にある木更津市郷土博物館に展示されている。
 所在  市内長須賀(JR木更津駅東口から徒歩10分程度の住宅街)  電話    WEB  
 時間  -  料金  無料
金鈴塚古墳


買う[編集]

三井アウトレットパーク木更津 (MOP Kisarazu)  
木更津金田ICから降りて1km程の場所に立地するショッピングモールで、店舗数は171店であり最終的には250店舗まで増える予定である。アウトレットパーク周辺には、他にもホームセンターのカインズモールや大型家具店の東京インテリア家具がある。

木更津金田ICから近いので都心方面からのアクセスはしやすく、アクアラインを利用する際に休憩がてら立ち寄るには良いかもしれない。都心からならアクアラインバスが利用でき、新宿駅や東京駅、横浜駅、川崎駅から運行している。国道16号からは離れた場所に立地している為、ルートに狭い道があることから大変混雑するので千葉県内からのアクセスは逆に悪い。最寄駅の袖ケ浦駅発着のバスが片道¥190で運行しているが、道の狭さにより渋滞に阻まれるのは同様である。

 所在  中島398(東京方面から木更津金田ICを降りて左手)  電話  (0438)38-6100  WEB  [6]
 営業時間  10:00~20:00(レストランは21:00)  値段  
三井アウトレットパーク木更津


イオンモール木更津  
新日鉄の遊休地に建てられたショッピングモール。基幹施設であるイオン木更津店の他、シネマコンプレックス「USシネマ木更津」や屋外にはバーベキュー場やカートレースのサーキット場などがある。東京駅からイオンモールまでの高速バスが運行している。
 所在  築地1番(木更津駅西口3番から路線バス乗車)  電話    WEB  [7]
 営業時間    値段  

生活[編集]

アクア木更津  
木更津駅西口の旧木更津そごうであった建物。1階には食品スーパーのマルエイがテナントとして入っており、駅前と言う立地から買い物しやすいという利便性があるが、駐車場が利用しにくいため、地元の住民以外の利用は少ない。他、9階のレストラン街に居酒屋「鬼の栖(おにのすみか)」などがある。
 所在  市内富士見(木更津駅西口)  電話  (0438) 23-0500  WEB  [8]
 営業時間  10:00~20:00  値段  


アピタ木更津店  
清和大学の側にある大型スーパー「アピタ」の木更津店。この周辺にはケーズデンキやユニクロが店舗を構えているので、何か生活用品を買おうと思った場合に訪れてみると良い。
 所在  市内ほたる野(駅から遠く、国道に近いので車で訪れるほうが無難)  電話  (0438) 30-5311  WEB  [—]
 営業時間  10:00~22:00  値段  

お土産・その他[編集]

あさひや  
木更津のヤンキー御用達のカジュアルファッションのお店。氣志團ファッションにあこがれる人は訪れておきたい店である。
 所在  中央1丁目(木更津駅より千葉側に行ったところの踏切のすぐ側)  電話  —  WEB  [—]
 営業時間  —  値段  


としまや弁当 新宿店  
千葉県南部に地盤を持つ、24時間営業のローカルな弁当チェーン店。緑色のカバの看板が目印。人気はご当地B級グルメでもあるチャーシュー弁当。
 所在  木更津市新宿7-2。  電話  (0438) 25-7520  WEB  [9]
 営業時間  24時間  値段  チャーシュー弁当 ¥698

食べる[編集]

特産品[編集]

アサリ・ハマグリ・海苔  
木更津の特産品と言えば、アサリ・ハマグリ・海苔の3点セットが有名。特に海苔については江戸前海苔の産地としても有名である。潮干狩りのシーズンになると市内各地の海岸にてアサリやハマグリを採ることができる。また、海鮮料理が売りのお店では地元で取れたアサリやハマグリの料理を食べることができる。画像は海ほたるPAで売られているアサリまん。
 所在  市内各地のお土産屋にて販売。あさり料理を食べるなら市内各所のお店で食べられるが有名処は宝家
アサリ・ハマグリ・海苔


いわしバーグ  
海ほたるで売られているスナックフード。いわしのすり身にニンジンや玉ねぎを混ぜて、ハンバーグ状にし、油で揚げたものである。一串¥160(チーズ入りは¥170)で売られており、そこそこボリュームがあるので小腹がすいたタイミングで食べるのにちょうどよい一品である。
 所在  海ほたるPA

安食堂[編集]

九州ラーメン友理  
市南部および君津市にかけて認知度の高いラーメン屋。というのも、君津市に新日鐵が誘致されたのとほぼ同時期に工場関係者と一緒にやってきたお店である事から、新日鐵関連者の多いこの地の人々にとって「豚骨ラーメン=友理のラーメン」という認識が高く、今ではこの地に根付いたとも言える。味については賛否両論の意見を聞くので何とも言えないが、地域に密着した味として度々食べに行きたくなるお店である。
 所在  市内港南台(君津市役所前のバイパスから木更津畑沢方面に向かって車で10分弱)  電話  —  WEB  [—]
 営業時間  11:00~21:00  予算  豚骨ラーメン¥600
九州ラーメン友理


中橋食堂  
木更津駅西口にあるレトロな定食屋で、餃子よりも安くラーメンが食べれるお店。西口駅前のロータリーから駅前商店街通りの駅前交番とパチンコ屋の間にある、線路と並走する路地を歩くと大きな看板が見えてくるのでそれが目印となる。地元出身のヤンキー系ロックバンド「氣志團」が通っていたお店として知られており、氣志團ファンが多く店に立ち寄ったり、写真が全国から送られて来て壁に所狭しと貼られている。2012年に閉店
 所在  JR木更津駅西口(駅前ロータリーより駅前交番脇の路地に入ってすぐ)  電話  —  WEB  [—]
 営業時間  7:00~23:00頃(不定休)  予算  ラーメン¥200、塩ラーメン¥300


竹岡屋  
竹岡ラーメンのお店。
 所在  木更津市下烏田899-1。  電話  (0438) 36-6500  WEB  
 営業時間  [月~金] 11:00~15:00 17:00~23:00、[土日祝] 11:00~23:00  予算  


竹岡らーめん 清見台店  
竹岡ラーメンのお店。
 所在  木更津市清見台2-6-13。  電話  (0438) 23-5991  WEB  [10]
 営業時間  11:30~20:00、定休日 火曜  予算  

中級[編集]

活き活き亭  
木更津名物海鮮焼のお店。店にある食材を事前に各自が好きなだけ購入し、それを自分たちで焼いて食べる「完全セルフシステム」という、少々変わったしくみを取り入れている。
 所在  木更津市富士見3-4-43。  電話  (0438) 22-5666  WEB  [11]
 営業時間  11:00~14:00 17:00~20:00  予算  


茂寿司  
房総の旬の食材を提供。
 所在  木更津市岩根4-6-12。  電話  (0438) 41-5000  WEB  [12]
 営業時間  11:00~22:00  予算  あさりのフライ ¥1,000


つぼい  
牛込海岸にある食堂。あさりラーメンやあさりフライ定食などあさり料理を提供。
 所在  木更津市牛込752-2 牛込漁協敷地。  電話  (0438) 41-0191  WEB  [13]
 営業時間  6:00頃~17:00頃  予算  

高級[編集]

木更津・味処 宝家  
木更津では有名な老舗の料理店で木更津っ子にとっては高級店に分類される、地元出身の俳優、中尾彬氏御用達のお店。特筆すべきは地元産のあさりを使用したあさり料理であり、あさり膳(ディナー¥3,150)がお勧めである。また隠れた地元の名品である上総牛のステーキが食べられることでも有名。老舗のお店ということもあり純和風の店内で落ち着いた雰囲気の中で食事ができ、気さくな女将さんや店員さんのもてなしもGoodである。
 所在  市内中央2丁目(木更津駅西口より富士見通り沿いに歩いて5分程度)  電話  (0438) 22-3765(予約番号)  WEB  [14]
 営業時間  ランチ11:30~14:00、ディナー17:00~22:00(日・祝: ~21:00)
定休日:第1・3水曜日
 予算  ランチ¥1,500~、ディナー¥3,000~
木更津・味処 宝家

飲む[編集]

歌舞伎町やすすきのでイメージされるような歓楽街というものは木更津市にはないが、木更津駅前を中心に居酒屋やパブ・スナックなどが集まる。木更津駅西口には昔ながらのパブやスナック系のお店が多く、東口には比較的新しい居酒屋が多い。


鬼の栖  
おにのすみかと読む。木更津駅西口のアクア木更津の9階にある居酒屋。店の名前を意識した内装で、薄暗い中にほのかな灯りが照らされており、店内に小さな川が流れていたり洞窟風の個室が用意されているなど他のお客が気にならないような造りで雰囲気は良い。料金は若干高め。
 所在  市内富士見(駅西口アクア木更津9F)  電話  (0438) 22-2140  WEB  [—]
 営業時間  AM2時まで  料金  3人で飲んで一人¥5,000程度

泊まる[編集]

安宿[編集]

少年自然の家キャンプ場(真里谷城跡)  
房総丘陵の森林に囲まれるキャンプ場。その昔、室町時代に上総国を支配していた上総武田氏(真里谷氏)の居城真里谷城の跡地であり、現在は本丸(通称千畳敷)と二の郭に相当する範囲がキャンプ場として利用されている。訪れてみると分かるが、周囲は房総半島の山々に囲まれており「天然の要塞」と表現するにふさわしい場所である。キャンプ場としては7月16日~8月30日の間、利用・宿泊が可能だが1泊2日迄が原則。また一時利用のデイキャンプの場合、利用可能時間は9:00~16:00までとなっている。キャンプ場内にはテント:×14、バンガロー×6、かまど×20基と設備が整っているので、食材および調理器具等を持参するくらいでテントなど大掛かりな準備をする必要はない。
 所在  市内真里谷(JR久留里線馬来田駅より東に約7km、徒歩で90分程度)  電話  予約:(0438) 23-7111(内線599)  WEB  [15]
 時間  宿泊:

14:00~翌13:00、デイキャンプ:9:00~16:00

 料金  木更津市民の場合、中学生以下:¥210、一般:¥310(市外在住者は5割増)
少年自然の家キャンプ場(真里谷城跡)

中級[編集]

グランパークホテルエクセル木更津  
木更津駅東口から徒歩4分。
 所在  木更津市朝日1-1-40。  電話  (0438) 22-4123  WEB  [16]
 時間    料金  

高級[編集]

龍宮城スパ/ホテル三日月  
♪ゆったりたっぷりの~んびり♪」のCMソングで知られる、千葉県内では有名なホテルグループの経営する宿泊・温泉施設。アクアラインのすぐ側にあり、宿泊しなくても日帰りでのスパ利用が可能。金田海岸の側にあるので、夏季には潮干狩りを楽しむ事も可能。
 所在  市内北浜町(木更津駅西口より送迎バス有)  電話  (0438) 41-8111  WEB  [17]
 時間    料金  スパ入館料¥2,625(土日祝日)、宿泊¥16,000~(2名)。


オークラアカデミアパークホテル  
かずさアカデミアパーク内にあるホテルオークラのグループホテル。国際会議観光都市に指定されている木更津では、かずさアカデミアパークにて学会や国際会議等が開催されその宿泊地としても利用される。またゴルフ場に近いという事もあり、ゴルフを目的とした宿泊にも最適。
 所在  市内かずさ鎌足  電話  (0438) 52-0111(代表)  WEB  [18]
 時間    料金  ¥16,000~。


暮らす[編集]

東京湾アクアラインが完成した事により横浜市川崎市への通勤時間が短縮され、また木更津駅はJR京葉線の通勤快速の停車駅であることから、東京都の通勤圏内であると言える。東京駅へはアクアラインバスでは50~1時間程度、JR京葉線の通勤快速で1時間程度、総武快速線でも1時間半ほどで到着し、横浜駅・川崎駅へはアクアラインバスで1時間程度で辿り着く。首都圏内において地価が安いこともあり、都内では夢のまた夢である一戸建て住宅を持つことも比較的容易である。

都心のように商業施設が充実している訳ではないので、ショッピングを楽しむとなると千葉市や横浜市まで出る必要はあるが、生活用品程度であれば富津市のイオンショッピングセンターやアピタ木更津店など地元の大型スーパーで事は足りる。

コンビニエンスストアや町の小病院程度ならば近所にあり徒歩でも移動が充分可能だが、大型スーパーや地域の拠点病院、娯楽施設、市役所や図書館といった公共施設など主要スポットは主に郊外に点在しており、移動手段として車が必要になってくる。とは言え、公共交通機関を移動手段に用いるには交通網も脆弱で本数が少ないこともあり、この街で生活をするのであれば自家用車や原付バイク、最低でも自転車は必要。

出かける[編集]

近隣のスポット[編集]

  • マザー牧場(富津市)— 鹿野山にある観光牧場。牛の乳搾り体験やひつじの大行進など動物とのふれあいやバンジージャンプやゴーカートなどの遊びができる。
  • 富津公園(富津市)— 富津岬にある公園。公園内には富津ジャンボプールがあり、流れるプールやウォータースライダーなどが楽しめる。
  • 久留里城(君津市)— 別名「雨城」とも呼ばれる里見氏の拠城。JR久留里線で行くことが可能。
  • 東京ドイツ村(袖ケ浦市) — 東京ドーム27個分の広さを持つカントリーファーム。

次の目的地[編集]

東京/千葉方面(北上)
  • 浦安市 — 東京ディズニーランドがある。JRの場合、内房線で蘇我駅まで移動し京葉線に乗り換え。車の場合、館山自動車道で千葉方面に向かい、京葉道路を経由して宮野木JCTで東関東自動車道を東京方面に向かい「湾岸市川IC」で下車。
    • 千葉市 — 千葉県の県庁所在地で、幕張副都心や千葉市動物公園が見どころ。JRなら内房線上りまたは総武線快速に乗車。車なら館山自動車道か国道16号を利用の事。
    • 袖ケ浦市 — 東京ドイツ村がある。
  • 成田市 — 成田山や成田空港がある。JRの場合、内房線で千葉駅まで行き、成田線に乗り換え。車の場合、館山自動車道で千葉方面に向かい、京葉道路を経由して宮野議JCTで東関東自動車道を成田・茨城方面に向かい「成田IC」で下車。
館山方面(南下)
  • 館山市 — 春になるとフラワーラインが見どころ。夏には海水浴が楽しめる。JRの場合、内房線下りの安房鴨川または館山行きに乗車。車の場合、館山自動車道か国道127号を利用の事。
    • 富津市 — 道中、マザー牧場や鋸山が見どころ。

外部リンク[編集]


Wikitravel Shared Logo 木更津市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト