何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

日月潭国家風景区

提供: Wikitravel
台湾中西部 : 南投県 : 魚池郷 : 日月潭国家風景区
移動: 案内検索

日月潭国家風景区(じつげったん)は台湾南投県魚池郷にある湖「日月潭」とその周辺に広がる国家風景区(国定公園)。日月潭には「水沙連」という別名もある。付近一帯は台湾原住民のひとつ、サオ族(邵族)の居住地。


分かる[編集]

バスで湖北部の水社ホテル街にたどり着くと、管理処・ビジターセンターがあり日本語のガイドパンフレットがあるのでもらっておきたい。手早くポイントだけ見れば4~5時間ほど、じっくりと楽しむなら泊りがけで数日滞在できる。

歴史[編集]

元々「ラル島」により隔てられた北の「日潭」と南の「月潭」(それぞれ太陽、月の形に似ているという)という2つの湖が、地殻変動でつながってひとつの湖となった。現在は水力発電用のダムを兼ねている。

風景[編集]

海抜760メートルにあり景観がすばらしく、昔より新婚旅行のメッカという。夕陽や、秋の月(双潭秋月と呼ばれる)が特にきれいで有名。

動植物[編集]

気候[編集]

日月潭の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)14.114.716.919.321.022.222.922.522.120.818.215.319.2
降水量 (mm)52.4103.3119.3192.1354.3483.8349.6431.8199.954.925.038.22,404.6
データ出典

標高が高いので低地よりやや寒冷である。雨が多いが、降っている様子も美しい。

着く[編集]

湖までは鉄道が来ていないので、最終的にはバス・タクシー・自動車を使う必要がある。

列車で[編集]

集集線という観光用のローカル線が西側の水里まで来ているので、そこからバスでたどり着ける。ただし集集線は本数が少なく遅れがちで、しかも台湾の西側を走る主要路線である縦貫線との接続駅に特急などが止まらないなど極めて不便なので、集集線に乗りたいか集集線周辺の観光をしたいのでない限りこのルートを使うことは現実的ではない。

バスで[編集]

台北からの直通バスか台中から湖の北側の埔里を経由する。

  • 台北発:国光客運(480元・4時間)で台北駅前西站または豊栄客運(500元)で忠孝復興駅2番出口を出てちょっと台北駅よりのバス停から。
  • 台中発:豊栄客運(200元・2時間弱)
  • 埔里発:台中から埔里に行くバス(150元・90分ほど)は多いので、そこから南投客運(54元・30分ほど)または豊栄客運に乗り換える。

料金/許可[編集]

動く[編集]

湖を一周する道路に沿って観光ポイントがあり、周遊バス・貸切タクシーまたは貸し自転車・貸し電動スクーターが便利。路線バスは環湖公車が水社と玄光寺間を1日8往復している。流しのタクシーは期待できない。あるいは遊覧船で湖の上から回る。

  • 貸切タクシー : 協定料金で1,200元。4時間ほどで一通りの観光スポットを回る。
  • 貸し電動スクーター : 日月潭の周辺で電動スクーターを貸しており、どこで借りてもどこで返してもよい。貸している地点は徳化社(伊達邵)・頭社・水社・魚池・澀水・車埕・水里・集集の8箇所。1時間150元、3時間300元、24時間500元。免許の提示は求められないが、借りるときにパスポートを提示する。湖を1周するには3時間だとちょっとあわただしい。
  • 遊覧船
  • 周遊バス
  • 徒歩 : 多くの遊歩道が整備され、美しい湖の風景を楽しむことができる。ただ他の移動手段にアクセスできる場所が少なく遠いため、その間をどうやって移動するかは不明。

観る[編集]

湖に沿って道路が走っており、その道沿いに観光スポットがある。湖を時計に見立てたとき、まず11時方向に水社・1時方向文武廟・2時孔雀園・3時日月湧泉・5時伊達邵(イダサオ)・6時玄奘寺と慈恩塔がある。


ラル島 旧名:光華島  
昔、日月潭を隔てていた小島。遊覧船で近くまで行くことが出来るが上陸はできない。サオ族の聖地。日本統治時代は玉島と呼ばれ、頂上に玉島神社があったという。現在は階段や囲いしか残っていないが、はっきり神社跡だと分かる。
ラル島 旧名:光華島


水社  
バスターミナルがあり、外部から日月潭に来たときはじめに到着する場所。管理処・ビジターセンターがあり日本語のガイドパンフレットが置いてあるのでもらっておきたい。多くのホテルやおみやげ屋または飲食店が湖周辺では最大の街をなし、また遊覧船やボートの乗り場がある。
水社


文武廟  
日月潭北岸に位置する中国様式の廟。廟門もすばらしい。文の神である孔子と武の神である岳飛や関羽を祀る。日本統治時代にダム建設が決まり沈む運命にあった「益化堂」「龍鳳宮」を、4年の歳月を費やし移築して1938年に完成したという。その後全面改築が行われ、1976年落成。
 所在  南投県魚池郷水社村中正路63号  電話  049-2855122  WEB  [1]
 開場時間    料金  無料
文武廟


伊達邵・徳化社  
サオ族の集落で、ホテルや飲食店あるいはおみやげ屋などがある。遊覧船やボートの乗り場もある。
伊達邵・徳化社


玄奘寺  
日中戦争時に南京で掘り返された玄奘三蔵法師の遺骨の一部が1955年に当時国交のあった中華民国政府に返還されたのに対し、これを祀る寺として建立された。
 所在  南投県魚池郷日月村中正路389號  電話  (886-49) 286-0220  WEB  [-]
 開場時間  5時から18時  料金  無料
玄奘寺


慈恩塔  
蒋介石が母親を記念して建てた9層の塔。海抜954メートルにあり塔の高さが46メートルで、頂上はちょうど海抜1,000メートルになる。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  -

遊ぶ[編集]

サオ族の民族衣装  
周辺のサオ族の土産物店では男女別の民族衣装(バンダナ+ヴェスト。女性は+スカート)を貸してくれるところがあるので、記念写真はいかが。

買う[編集]

小米酒  
サオ族の土産物店では小米酒(アワの酒)も扱っている。試飲も可能。

食べる[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

リゾート地なので安宿は見あたらないようだ。安宿を探すなら北の埔里か西の水里へ行った方がよい。

中級[編集]

日月潭青年活動中心  
公共の宿で、合宿などに向いた大部屋もある。
 所在  555南投縣魚池鄉日月村中正路101號  電話  049-2850070
 FAX  049-2850037
 WEB  [2]
 e-mail  [3]
 時間  チェックイン - チェックアウト -   料金  シングル・ツイン1800元など
日月潭青年活動中心

上級[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]


この記事「日月潭国家風景区」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト