何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

日光市

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
中禅寺湖と華厳滝

日光市(にっこうし)は栃木県西部にある市である。日光市の中心部には、世界遺産(文化遺産)の東照宮、二荒山神社、輪王寺がある。また、市の西側にはいろは坂、華厳の滝、中禅寺湖など自然が満喫できるスポットが多くある。 [1]


分かる[編集]

日光市の位置

概要[編集]

日光で最初の寺が大谷川の河畔沿いに建立されたのは、今から1,200年以上も前のことだ。その後の1616年に、死を目前にした将軍徳川家康が、日光に小さい社を建てて自分を神として祀り、八州の鎮守(国家守護の神)とするよう遺言した。日光が徳川将軍家の廟地となった結果、「日光の社寺」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に現在登録されている建造物は、他の多くの社寺とは違って色とりどりの彫刻やたくさんの金箔が用いられた豪華絢爛なものとなり、また中国から大きな影響を受けていることも窺わせる。そして、辺り一帯を覆う13,000本を越える杉の壮大な森が、ある種の威厳を甦らせている。

しかし、ここを訪れる観光客の多くは神厩舎の壁にある有名な小さい木彫りの三猿像に目を奪われているようで、将軍家の御威光も今は昔となった。

観光案内所[編集]

  • 日光観光案内所 所在  日光市松原町4-3。東武日光駅構内。  電話  (0288) 53-4511  時間  8:30~17:00、無休。
  • 日光郷土センター — 外国人にも対応できる案内所で、日光の自然をテーマにした展示も行っている。  所在  日光市御幸町591。JR・東武日光駅下車徒歩10分。  電話  (0288) 53-3795  時間  9:00~17:00、無休。
  • 日光観光協会 所在  日光市御幸町591、日光郷土センター内。  電話  (0288) 54-2496  FAX  (0288) 54-2495  WEB  [2]
  • 鬼怒川・川治温泉観光協会 所在  日光市鬼怒川温泉大原1404-1。  電話  (0288) 77-2052  FAX  (0288) 77-0201  WEB  [3]
  • 湯西川・川俣・奥鬼怒温泉観光協会 所在  日光市日蔭575。  電話  (0288) 97-1126  FAX  (0288) 97-1177  WEB  [4]
  • 今市観光協会 所在  日光市今市600-1、今市宿「市縁ひろば」内。  電話  (0288) 21-5611  FAX  (0288) 21-5612  WEB  [5]
  • 足尾観光協会 所在  日光市足尾町松原6-3。  電話  (0288) 93-3417  WEB  [6]  e-mail  [7]

着く[編集]

「見ざる、言わざる、聞かざる」 日光東照宮の三猿像 (伝・左甚五郎作)

飛行機で[編集]

成田空港ターミナルから宇都宮駅西口(チサンホテル前)へ関東自動車のバスがある。[8]

福島空港からは車で約2時間10分程度。前日までに2人以上で予約すれば、乗り合いタクシー(1人¥5,000)を利用できる。[9]

列車で[編集]

東武日光駅

浅草駅より東武日光線東武日光駅まで特急けごんで約109分。鬼怒川温泉駅まで特急きぬで約117分。

JR新宿駅より東武日光線東武日光駅まで特急日光号で約119分。鬼怒川温泉駅まで特急スペーシアきぬがわで約123分。

車で[編集]

東北自動車道浦和ICより、日光宇都宮道路清滝ICまで129km、約90分。

関越自動車道練馬ICより、沼田IC~金精道路~奥日光湯元まで188km、約180分。

バスで[編集]

はとバスの「東京~日光定期観光バス」が運行されている。[10]

船で[編集]

動く[編集]

JR日光駅

列車で[編集]

野岩(やがん)鉄道会津鬼怒川線(ほっと・スパライン)の新藤原駅から男鹿高原駅までの8駅が市内にある。野岩鉄道株式会社

わたらせ渓谷鐵道の原向駅から間藤駅までの4駅が市内にある。わたらせ渓谷鐵道

バスで[編集]

  • 特に観光シーズンかつ乗客が満員と運転手が判断した場合、例え途中の停留所に乗客がいたとしても、そのまま通過する事がある。
  • 観光シーズンでは、臨時バスによる増発がある。
  • 路線バスでいろは坂を乗り通して某マンガ気分を味わいたい方は、JR日光駅バス停と東武日光駅バス停から発車する「中禅寺(ちゅうぜんじ)温泉行き」または「湯元温泉行き」の路線バスに乗ればよい。
  • 路線バスとはいえ観光シーズンはやはり渋滞に巻き込まれやすい。体験するならば、観光シーズンを避けた方が良いだろう。
東武バス

バス料金の支払いにPASMO利用が出来る。

日光交通 [11]
  • 定期観光バス
  • 路線バス(鬼怒川・川治・湯西川温泉エリア)
  • 低公害バス(赤沼車庫~小田代原~千手ガ浜)

タクシーで[編集]

  • 日光交通 WEB  [12]
  • 中央交通 WEB  [13]
  • 大和交通 WEB  [14]
  • 三英自動車 WEB  [15]
  • 中宮祠タクシー 電話  (0288) 55-0511

船で[編集]

中禅寺湖クルージング — 遊覧船であるが、コースによって船の駅中禅寺、千手ヶ浜、菖蒲ヶ浜、立木観音などで乗下船できる。  電話  (0288) 55-0360  時間  運航期間は4月中旬~11月末(コースによって異なる)。  料金  大人¥150~¥1,500、小学生は半額(10円未満切り上げ)。  WEB  [16]

足で[編集]

奥日光ハイキングコース [17]

車で[編集]

  • 春と秋の観光シーズンは、有名ないろは坂周辺が渋滞となる。第一いろは坂と、第二いろは坂があるが、一旦渋滞にはまると数時間はかかる為、車での移動は予め余裕のある計画が望ましいだろう。
  • 日本道路公団 — 日本道路公団による、いろは坂周辺の渋滞予測である。  WEB  JARTIC 日本道路公団

観る[編集]

華厳の滝 (けごんのたき) 地図  
日本三名瀑の一つに数えられ、日本を代表する雄大な滝。滝が落ちる付近にある「観瀑台」までエレベーターで上がることができ、そこから滝壷をのぞき見ることができる。また、冬場は滝の一部が氷結して、巨大な氷柱ができることでも知られる。
華厳の滝


竜頭ノ滝 地図  
奥日光の三大名瀑、紅葉のシーズンにはさらに美しさが増す。
 所在  日光市中宮祠2485。
竜頭ノ滝


中禅寺湖 (ちゅうぜんじこ) 地図  
古代に男体山の噴火でできた堰止湖で日本百景にも選定されている。遊覧船が出ているほか、周りに温泉やキャンプ場などもあり、釣りなどのレジャーも楽しめる。
中禅寺湖


いろは坂 地図  
中禅寺湖に向かう途中の坂道。紅葉の名所であり、シーズンは大渋滞する。
 所在  国道120号の一部。  WEB  [18]
いろは坂


明智平  
第2いろは坂途中にあるビューポイント。明智平ロープウェイが発着している。
 所在  日光市細尾町深沢709 。  WEB  [19]
明智平

霧降隠れ三滝[編集]

丁字ヶ滝  
落差10m。
 所在  日光市霧降高原、チロリン村から徒歩15分。  電話  (0288) 54-3355  WEB  [20]
 開場時間    料金  


玉簾の滝  
落差6m、幅20mの滝。
 所在  日光市霧降高原、チロリン村から徒歩30分。  電話  (0288) 54-3355  WEB  [21]
 開場時間    料金  


マックラ滝  
落差30mで近くに樹齢約350年の沢胡桃の巨木がある北向きの滝。三滝では水量が多い。
 所在  日光市霧降高原、チロリン村から徒歩45分。  電話  (0288) 54-3355  WEB  [22]
 開場時間    料金  

世界文化遺産「日光の社寺」[編集]

東照宮 地図  
徳川家康の遺言により建てられた神社。
 所在  日光市山内2301。JR・東武日光駅下車、日光I.C.。  電話  (0288) 54-0560  WEB  [23]
 開場時間  4月1日~10月31日 8:00~17:00、11月1日~3月31日 8:00~16:00(閉門30分前まで受付)。  料金  拝観 大人・高校生¥1,300、小中学生¥450、宝物館 大人¥500、高校生¥300、小中学生¥200。
東照宮


神橋 (しんきょう) 地図  
二荒山神社の建造物で、大谷川(だいやがわ)に掛かる木造朱塗りの橋。国の重要文化財に指定され、世界遺産に登録されている。
 所在  日光市上鉢石町。JR・東武日光駅から中禅寺温泉または湯元温泉行きの東武バスで約5分、「神橋」下車、徒歩すぐ。  電話  二荒山神社 (0288) 54-0535  WEB  [24]
 開場時間  8:00~17:00(11月中旬~3月下旬は9:00~16:00)、無休。  料金  
神橋


二荒山神社 地図  
 所在  日光市山内2307。JR・東武日光駅下車、日光I.C.。  電話  (0288) 54-0535  WEB  [25]
 開場時間    料金  


輪王寺 地図  
 所在  日光市山内2300。JR・東武日光駅下車、東武バス10分。  電話  (0288) 54-0531  WEB  [26]
 開場時間  4月~10月 8:00~17:00、11月~3月 8:00~16:00(閉門30分前まで受付)。  料金  日光二社一寺共通拝観券 一般¥1,000、高校生¥600、小中学生¥400、宝物殿 大人¥300、小中学生¥100。
輪王寺

遊ぶ[編集]

鬼怒川温泉  
詳細は「日光市/鬼怒川温泉」の項目を参照。
鬼怒川温泉


川治温泉  
詳細は「日光市/川治温泉」の項目を参照。


湯西川温泉  
詳細は「日光市/湯西川温泉」の項目を参照。


男体山登拝 (日光二荒山神社中宮祠)  
男体山は、古くからの山岳信仰の地で、山頂には日光二荒山神社の奥宮と、岩に刺さった神剣がある。中禅寺湖畔にある中宮祠などから登拝することができ(登拝料¥500。登拝守護のお札がもらえる)、所要時間は3~4時間、6kmの急な山道が続く。登拝期間は5月5日(開山祭)~10月25日(閉山祭)。登拝大祭のイベントが7月31日~8月7日(2008年度)にある。
 所在  日光市中宮祠2484。  電話  (0288) 55-0017  WEB  [27]
 営業時間  6:00~。  料金  ¥500。
男体山登拝


日光霧降高原「チロリン村」  
遊戯施設、カフェアウル、ふくろう工房があり、森林と自然の中でアウトドア体験ができる。霧降隠れ三滝、日光天然氷がお薦め。
 所在  日光市霧降1535-4。  電話  (0288) 54-3355  WEB  [28]
 営業時間  9:00~16:00、火曜定休。  料金  

買う[編集]

大笹牧場日光直営売店  
日光霧降高原大笹牧場 (標高1,300m、面積362ha) の乳製品の販売所。東武日光駅前にある。
 所在  日光市松原町6-4。  電話  (0288) 54-0033  WEB  [29]
 営業時間  8:30~17:30。  値段  チーズ¥600、レアチーズケーキ¥1,000、ホワイトクリーミー¥1,050。


日光竹博物館  
竹炭の良さを知ってもらうために平成10年に開館。日本で初めて食品添加物として認定。
 所在  日光市稲荷町2-3-1。  電話  (0288) 53-3300  WEB  [30]
 営業時間  9:30~16:30、無休。冬期10:00~16:00、火曜定休。  値段  竹炭400g¥1,890、500g¥2,100、1kg¥4,200、お風呂用ネット付¥2,410。


チェリーボブ  
手造りにこだわる洋菓子店。喫茶コーナーと蜂蜜味の手造り生乳ヨーグルトがお薦め。
 所在  日光市瀬尾33-5。  電話  (0288) 30-3111  WEB  [31]
 営業時間  10:00~19:00、無休。  値段  苺のショートケーキ¥368、バナナとチョコのタルト¥315、チーズケーキ¥263~、蜂蜜味の手造り生乳ヨーグルト420ml(5ヶ入)¥2,575。


菓匠おしやま  
創業100年の老舗。三代目が受け継ぎ手造りしている菓子を買うことができる。
 所在  日光市御幸町614-1。  電話  (0288) 54-1597  WEB  
 営業時間  9:00~19:00。  値段  八房の梅まんじゅう¥105、延年の舞¥1,260、豆大福¥105、生クリーム大福¥126、黒糖まんじゅう¥84、梅まんじゅう¥105。


栃木逸品屋  
日光IC出口にある「とちぎ未来大使U字工事」が薦めるレモン牛乳・とちおとめ等の直売所。
 所在  日光市石屋町7-1  電話  0120-028-871  WEB  [32]
 営業時間  9:00~18:00、日曜定休日。  値段  レモン牛乳200ml¥85、レモン牛乳ヨーグルト¥120、とちおとめ大&特大2パック¥1,600、とちおとめヨーグルト500ml¥520。


さかえや  
東武日光駅前にある土産物店。
 所在  日光市松原町10-1。  電話  (0288) 54-1528  WEB  [33]
 営業時間  9:30~18:30  値段  揚げゆばまんじゅう ¥200


明治の館 ケーキショップ  
東武日光駅前にあるケーキショップ。チーズケーキが有名。
 所在  日光市松原町4-3。  電話  (0288) 54-2149  WEB  [34]
 営業時間  10:00~18:00  値段  

食べる[編集]

おすすめ[編集]

ゆば料理  
ゆばとは、豆乳を煮た際に表面にできる膜を引いたもの。精進料理には欠かせない食材である。日光で作られるゆばは厚みがあるのが特徴で、生のまま刺身として頂いたりする。

安食堂[編集]

龍頭之茶屋  
竜頭ノ滝の滝壺近くにあり、竜頭ノ滝の観瀑台を兼ねている茶屋。300年近い歴史を持つ。
 所在  日光市中宮祠2485。  電話  (0288) 55-0157  WEB  [35]
 営業時間  8:00~17:00、無休。12月~3月は9:00~16:00、不定休。  予算  団子(お茶付き)¥400、そば・うどん・ぞう煮¥500。駐車場無料。


観世音そば下の家  
日光市岩崎観音のすぐソバ。地元日光のおいしい水を使ったおいしい本格そば屋。
 所在  日光市岩崎1032-5  電話  (0288) 27-3000  WEB  [36]
 営業時間  11:00~15:00、火曜定休。  予算  もりそば¥600、五合もりそば¥2,600、そばぜりー¥350


うどんカフェ 何時も庵  
隠れ家的カフェ。
 所在  日光市猪倉1961-3。  電話  (0288) 26-2272  WEB  [37]
 営業時間  11:00~16:30、定休日 月曜、第1,3月曜火曜(休日の場合営業)  予算  カレーうどん ¥900


CAFE OWL (アウル)  
氷室の天然カキ氷を提供。
 所在  日光市所野1535-227 日光霧峰高原チロリン村内。  電話  (0288) 53-2877  WEB  [38]
 営業時間  10:00~16:00、定休日 火曜  予算  


ラポール  
絵画・写真・陶器が飾られている軽食喫茶。通洞駅下車3分。
 所在  日光市足尾町赤沢12-2。  電話  (0288) 93-3580  WEB  [39]
 営業時間  10:30~20:00、定休日 火曜  予算  予算

中級[編集]

山泉楼 本店  
創業45年、本格的中華だが値段はリーズナブルな地元の名店。
 所在  日光市今市801-1。  電話  (0288) 22-4705  WEB  
 営業時間  11:00~21:30、月曜定休。  予算  山泉麺¥787、中華定食¥1,334、古老肉(スブタ)¥1,029、とろとろ和牛テールのトマト煮込み¥1,365。


レストラン寿楽  
日光市役所のすぐソバ。お肉が柔らかくておいしいハンバーグ屋。
 所在  日光市今市本町3-13  電話  (0288) 21-3555  WEB  
 営業時間  11:30~14:00、17:00~22:00、月曜定休。  予算  ワラジハンバーグハンバーグ中¥1,350、ランチレディースセット¥ 1,300、ランチおまかせセット¥1,100、黒毛和牛テンダーロイン・サーロイン 各¥2,500。

高級[編集]

日光 高井家  
文化2年(1805年)創業、2社1寺御用。完全予約制。
 所在  日光市本町4-9。  電話  (0288) 53-0043  WEB  [40]
 営業時間  予約制。  予算  湯波料理・日本料理コース、昼¥6,930、夜¥8,085、すっぽん鍋コース¥8,085、お土産・虹鱒のいぶし焼き(5本入)¥3,500、山椒の若葉煮100g¥1,300(春季限定)。


明治の館  
石造りの洋館で芝生の庭のある人気のレストラン。手作りチーズケーキ「ミルバーナ」も有名。
 所在  日光市山内2339-1。  電話  (0288) 53-3751  WEB  [41]
 営業時間  11:00~19:30、水曜定休。  予算  Aコース魚¥3,990・肉¥4,410、Bコース魚¥5,250・肉¥5,670、料理長コース¥8,400、とちぎ和牛サーロイン¥9,450・テンダーロイン¥10,500、その他アラカルト。

飲む[編集]

泊まる[編集]

鬼怒川温泉の宿は日光市/鬼怒川温泉#泊まる、川治温泉の宿は日光市/川治温泉#泊まる参照、湯西川温泉の宿は日光市/湯西川温泉#泊まる参照。

安宿[編集]

太郎温泉 山宿 観峰  
栃木百名山の一つである太郎岳 (1,581m) の栃木県側からの登山道が開通。登山宿泊の場合は送迎と昼食(オニギリ)をサービスしている。
 所在  日光市中三依1106。  電話  (0288) 79-0380  WEB  [42]
 時間    料金  1泊2食付¥7,800、素泊り¥5,250。


鳴沢ロッヂ 地図  
世界文化遺産の日光の社寺探索や奥日光観光のベースとしても利用可能。外国人バックパッカーの利用多い。
 所在  日光市所野1462-22。東武日光駅より約1km、徒歩15分。JR日光からは徒歩17分。  電話  (0288) 54-1630
 FAX  (0288) 54-1630
 WEB  [43]
 e-mail  [44]
 時間    料金  素泊まり¥3,675/人、朝食¥525、夕食¥2,100、税込。


日光イン 地図  
日光の農村にある日本式住宅に滞在する事をテーマにした新しいコンセプトの宿泊施設。全室キッチン、ウォシュレット、無線LAN完備。
 所在  日光市小代333。東武下小代駅徒歩0分、JR文挟駅送迎あり。  電話  (0288) 27-0008
 FAX  (0288) 27-0126
 WEB  [45]
 e-mail  [46]
 時間  チェックイン 16:00~22:30 チェックアウト 8:00~11:00   料金  1棟1泊¥5,000/人+施設使用料¥3,000~。


奥日光龍頭温泉館 地図  
日光湯元自慢の硫黄泉100%掛け流し天然温泉、素泊りの宿(23室)。龍頭之茶屋直営。
 所在  日光市中宮祠2485。  電話  (0288) 51-0026  WEB  [47]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  素泊り¥5,000、特別室(4名以上)¥7,000、冬期休業。

中級[編集]

八丁湯 地図  
昭和4年(1929年)開湯の混浴野天風呂や無料足湯がある。敷地内8ヶ所より天然自噴。
 所在  日光市川俣876。  電話  (0288) 96-0306/0155
 FAX  (0288) 96-0888
 WEB  [48]
 時間    料金  立寄り湯¥500、1泊2食付本館¥9,600、ログハウス¥11,700。


奥鬼怒温泉 加仁湯 地図  
泉質の異なる5本の源泉がある。「とちぎにごり湯の会」会員。
 所在  日光市川俣871。  電話  (0288) 96-0311
 FAX  (0288) 96-0927
 WEB  [49]
 時間    料金  1泊2食付本館¥10,650、積善館¥12,750。


ホテル花庵 地図  
JR日光駅、東武日光駅より東武バス「湯元方面」で45分、中禅寺温泉下車徒歩3分。サンルートホテルチェーン。
 所在  日光市中宮祠2480。  電話  (0288) 51-0105  WEB  [50]
 時間    料金  

高級[編集]

日光金谷ホテル 地図  
創業は1873年(明治6年)で、リゾートホテルとしては日本最古である。客室は和洋のレトロな雰囲気が特徴。
 所在  日光市上鉢石町1300。JR・東武日光駅下車、東武バス5分「神橋」下車徒歩2分。  電話  (0288) 54-0001
 FAX  (0288) 53-2487
 WEB  [51]
 e-mail  [52]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  1泊朝食付き¥17,325/人~、1泊2食付き¥26,040/人~、1泊ルームチャージ¥15,015/人~。各種宿泊プランあり。


日光レークサイドホテル 地図  
明治27年創業の老舗リゾートホテル。
 所在  日光市中宮祠2482。  電話  (0288) 55-0321  WEB  [53]
 時間    料金  

気を付ける[編集]

野生のサルに注意 - 観光客の餌付け行為により、近年、このサルが凶暴化し、観光客に襲い掛かったり土産物などが奪われる事件が多発しているので注意。最近、いろは坂やその周辺に出没する野生のサルに餌付けする行為が後をたたなくなっている。日光市ではサルに餌付けする行為を条例で禁止しており、違反者には名前公表の罰則が適用される。

出かける[編集]




Wikitravel Shared Logo 日光市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト