何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

旅行傷害保険

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
これは「お役立ち情報」の記事です。( → 旅先で健康を保つ へ戻る)

本記事では、旅行傷害保険について取り扱う。


旅行傷害保険とは[編集]

旅行傷害保険とは、旅行中に事故や病気等の何らかしらのトラブルが発生した際に保障してくれる保険の事で、大雑把に述べれば日本国外への旅行の行程中に対して保障する海外旅行傷害保険と日本国内の旅行に対して保障する国内旅行傷害保険とがある。

その特徴は、国内旅行傷害保険について、適用されるのが基本的に死亡事故または重度の障害が残る事故に対してのみである為、保険の性質として「自分に対する保障と言うよりも遺族に対する保障」という点が挙げられる。尚、クレジットカードに国内旅行傷害保険が付帯されていたとしても、支給条件が「そのクレジットカードを使用して旅費精算を行なった場合にのみ適用する」と制約があるケースが多い。

問題は海外旅行傷害保険である。日本国内の場合、健康保険証を保持していれば病院の費用負担が軽減されるが、海外では保険証が通用する訳でもなく、もっぱら全額負担となる。その費用は十数万円程度で済めばよいが、入院が必要なケースなど場合によっては数百万円以上の費用を請求されてしまう可能性もある。その為、海外旅行に行く際には海外旅行傷害保険に加入する事を勧める。

「自分は健康体だし、別に現地では生水や食べ物にも気を付けるし、危ない場所にも近づかないから大丈夫」と加入しないケースも見られるが、海外旅行傷害保険のプランには携帯品の紛失や賠償請求、航空機の遅延保障といった項目がセットになっているプランもあるので、身体の強弱云々以外の為にも加入しておくに越したことは無い。また、普段は健康であっても現地の気候が日本では考えられない様な暑さや寒さで熱射病になったり凍傷になるといったケースもあるので、過信は禁物である。

保険に入る手続き[編集]

各保険会社にて取り扱っているプランに契約すると言うのもさることながら、クレジットカードに入会した際にすでに海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が付帯されているケースがある。そこで旅行の前には、自分が所有するクレジットカードに付帯されている旅行傷害保険の支給条件および、補償内容について確認をしておく必要がある。もし、クレジットカードの補償されている内容で問題が無いのであれば、改めて保険会社のプランに契約するのも契約金が無駄になるだけであろう。また、クレジットカードを作る際に自分が旅行に行く頻度が多いというのであれば、それを理由にカードのランクを決めるのもよい。

旅行傷害保険に加入するには[編集]

旅行傷害保険への加入手続きとしては、以下のような方法がある。それぞれ一長一短があるので、以下の方法を見比べた上で、自分に合った方法を選ぶとよい。

保険会社に直接問い合わせる
直接損害保険会社あるいはその代理店の窓口に出向いて申し込む方法である。他の方法に比べてあまり一般的な方法ではないが、居住地や勤務先の町に保険会社の支店があれば、そこの窓口で申し込むことができる。また、保険会社の支店は空港にもあるので、そこの窓口の利用も可能である(この方法による場合、むしろ空港の窓口で申し込む方が一般的である)。
この方法のメリットとしては、窓口担当者の説明を聞きながら保険を選ぶことができ、各自の旅行先や旅行期間、旅行中の活動に応じたオプション選択(スポーツ特約など)を選ぶ際に納得して保険に加入できるということが挙げられる(基本的に対面販売であり、その場で担当者に質問できるので、間違いが少ない)。
デメリットとしては、担当者が営業熱心な場合、補償額が大きく、いろいろなオプション(例えば事故や病気などで入院した場合に家族が現地へ駆けつけるための費用など)が含まれる保険パックなどのような、分不相応な保険に加入してしまい、結果として必要以上の料金を保険に支払うことになるということが考えられる。
旅行代理店のカウンターで申し込む
旅行代理店は、大抵旅行傷害保険の代理店の業務を兼ねているので、旅行代理店のカウンターでも旅行傷害保険の申し込みが可能である。
この方法によるメリットとしては、やはり何と言っても航空券や宿の手配など、旅行の申し込みと同時にワンストップで保険の加入手続きができてしまうということだろう。こちらについても基本的に対面販売なので、比較的間違いが少ない。また、格安航空券を専門に扱っている旅行会社の場合、そのような旅行券を選好する顧客のニーズに合わせて、旅行傷害保険もリーゾナブルなメニュー(例えば死亡・医療保障のみのばら売りとか補償額の低い商品)を用意していることが多く、保険会社を通すより安上がりになることも多い点が挙げられる。
デメリットとしては、何も言わなければその旅行会社の系列の損保の商品を勧められるままに加入してしまうという点がある(その保険商品自体に問題があるわけではもちろんないのだが、基本的に安心を買う商品なので、補償額や現地のケアなどを考えると大手損保の商品がいいのでは、というのは誰しも思うところであろう。また、実際問題として現地のコールセンターなどは大手保険会社の方が充実しているように思える)。
保険会社のサイトからインターネットで申し込む
インターネット環境が整っているのであれば保険会社のサイトからインターネットで申し込むといった方法がある。
この方法のメリットとしては、対面販売でない分、あれこれ余計なものを勧められることなく、自分でメニューから選択できるということであろう(裏を返せば慣れていないと選択メニューを間違えるということになるので、どちらかというとよく旅行傷害保険を利用する「上級者」向きといえる)。基本的に画面の解説に従って操作すればいいので、それほど難しいこともなく加入手続きが終了する。また、特定の保険会社でアカウントを取得しておくと、次回から氏名や住所などの基本情報を入力する手間が省けるというのもメリットの一つとして挙げられる。なお、この方法による場合、料金の支払いは全てクレジット決済となる。
デメリットとしては、上述のように対面販売に比べてメニューを間違える危険性が高いということと、オプションとしてあまり低料金の商品がないので、旅行会社で申し込む場合に比べて料金が若干高めになる傾向にあるということが挙げられる。
出発する空港で申し込む
この方法による場合、空港の窓口で申し込むか、あるいは空港内のロビーに設置されている専用端末から申し込むかのいずれかの方法が取れる。窓口での申し込みのメリット・デメリットについては上述してあるので、ここでは専用端末による場合を取り上げる。
この方法のメリットとして、基本的にごく限られたメニューの旅行傷害保険の販売のみであり、画面の操作もタッチパネル式で機械の質問に答えていけばいいだけなので、この手の端末を使用したことのない人でも比較的簡単に手続きを済ますことができるという点が挙げられる(銀行のATMで他行あての振込をしたことのある人なら、まず問題なく操作できる)。また、対面販売のようなわずらわしさがないのもメリットのひとつであろう。
デメリットとしては、この方法による場合、まず何よりも、出発地から空港までの補償がカバーされないといった事が挙げられよう。旅行傷害保険は(事前に申し込んでおけば)自宅を出た瞬間からが補償対象になるが、空港で申し込むと自宅~空港までの道中に対する補償が無くなってしまうからである。また、空港の専用端末による場合、基本的にパック商品のみの販売になるためオプションの幅が狭いのと、全体的に高めの商品がラインアップされている関係で、他の方法によるよりも、どうしても料金が高くなってしまうという点が挙げられる。さらに、全てタッチパネルで住所や電話番号などの入力を行うため、端末の操作に10分くらいかかるといったデメリットもある(このため、搭乗前に保険の加入を忘れていたことを思い出し、急いで加入しようとした場合などに、思わずあせってしまって入力事項を間違えることがありうる)。

以上、保険に加入する際の方法について、それぞれ一長一短を揚げてみた。なお、保険に加入するのは、空港を活用すれば旅行開始当日からでも加入可能だが、上述のように時間の余裕がない中での加入になったりすることも考えられるから、事前に余力を持って1~2週間前を目安に申し込みを行なっておいた方が良いだろう。

確認しておくべき事項[編集]

旅行傷害保険に加入する際のポイントとして、旅行期間や渡航先の状況に応じてどのようなプランを選択するかがポイントである。短期間の旅行なのに色々補償を付けて不必要に契約金がかさんでしまったり、クレジットカードに付帯している補償内容と重複しているにも拘らず、同じ内容の契約をしてしまうという事もありうるので注意が必要である。

「最高○○円補償」という謳い文句

「最高○○円補償」という単語だけを見れば、手厚い補償であるようにもみえる。しかし、ここでいう「最高」という単語の意味は「この金額までは補償しますよ」と謳っているのであって、当然それ以上の金額は自腹となる。金額よりも補償内容を細かく調べて契約した方が安心かつ賢いやり方であろう。

ポイントとしては補償額の大小もさることながら、補償内容の幅広さである。

補償内容は?
もし、クレジットカードを所有しているのであれば、付帯されている補償内容について事前に確認しておく必要がある。クラスとして最低の一般カードであっても、大体は死亡保障と後遺障害は付帯されているだろう。ではその上で考慮すべきは、普通に旅行する上で「死亡」や後遺症が残るような「大ケガ」に繋がるような事態に遭遇する可能性は、スキューバーダイビングやロッククライミングのようなアクティビティスポーツでも行なうのであればともかく、普通に旅行する上では「ほとんどない」とみるのが普通である。(もっともXスポーツをする為に旅行する場合、大抵審査で落とされたり、保険料がバカ高くなったりするのだが…)
それよりも旅行先で遭遇するケースが高いであろう「病院での治療費用」や「賠償費用負担」「携行品損害」「航空機遅延」などに対する補償がある事の方が重要である。クレジットカード場合、ランクが上がるにつれて補償範囲が広がるので、もし年間での旅行頻度が多い場合にはクラスを一般カードからゴールドカードにするのも良いだろう。クレジットカードに付帯されている補償内容を確認した上で保険会社の保険で間に合わせるべきか検討しておくと良い。
携行品損害」に対する補償を受ける可能性がある場合は、、その携行品の価値を予め知っておいたほうがいい。補償金額の目安になることがあるからだ。例としてノートパソコンであれば定価の半額以下といったところか。携帯電話やスマホは分割払いの残金によって大きく変動する。
補償金の支給条件は?
仮に補償金の支給を受けなくてはならない様な状況になった時に、制約等が無いか確認しておく必要がある。
例えば「その旅行費用(渡航費用)の支払いはそのクレジットカードを利用して支払いを行なっている場合にのみ支給する」といった条件が設定されているケースがある。クレジットカードに付帯している国内旅行傷害保険は大体この条件が設定されているケースが多い。
複数枚のクレジットカード付帯旅行保険との併用(合算)可否はどうなっているか?
「死亡補償」や「傷害死亡」、「後遺障害」や「障害補償」の場合、基本的には合算は出来ないと思って良いだろう。
また、同じ発行会社のカードを複数枚所持している場合も、合算できない。つまり、AカードのJCB、Master、VISAと3枚持っていても合算出来ない。
合算できると思われる条件は、「治療費用」や「賠償費用負担」、「携行品損害」。
保険会社の実績は?
どの保険会社を選択するのが良いか?検討する際の目安として、保険会社の実績が一つの目安になる。特にアフリカの様な日本になじみのない所に渡航する際には確認しておきたい事項の一つで、その保険会社がその土地でトラブルの対処実績がほとんどないとなると、保険に加入をしていてもまともに対応してくれず、保険に加入した意味が無いといった事もありうるからである。
保険料の安さもさることながら、クチコミを頼りに保険会社を選択するのも一つである。
補償期間は?
補償期間を設定するとき、出発日も補償期間を含めるのが基本である。何故ならば、出発日に航空機の出発遅延が発生する可能性があるからだ。(航空機遅延に対する補償がある場合のみ有効)但し、一部の保険会社は出発日を含めないところもあるので注意されたい。

海外旅行傷害保険の主な補償内容[編集]

保険会社やプランによって内容は異なるが、大まかに海外旅行傷害保険によって補償される内容は以下の通りである。

  1. 傷害死亡
    • 旅行中の事故等で受けたケガが原因で死亡してしまった場合に受ける補償。
  2. 傷害後後遺症
    • 旅行中の事故等で受けたケガで、後遺症が残るような場合に受ける補償。
  3. 傷害治療費用(要確認)
    • 旅行中の事故等によるケガの治療費に関する補償。
  4. 疾病死亡
    • 旅行中または旅行終了数日経過してから発病した病気が原因で死亡した場合に受ける補償。
  5. 疾病治療費用(要確認)
    • 旅行中に病気になった場合にかかる病院の費用に関する補償。
    • 旅行傷害保険でもっともお世話になる可能性の高い項目の一つであり、この項目が手厚いことが、すなわち安心料にもつながるので、加入にあたってどの程度の補償額にするのか慎重に検討した方がよい。
    • 入院するような事態になった場合には、相当な額を請求される事もあるので補償対象になっているかと補償額を確認しておく。
    • 補償額がどの程度か確認が必要。¥100万~200万程度では補償額として少ない方である。
      • ちなみに、旅行ごとに加入するタイプの保険では、近年この項目を無制限に設定しているものも多い。旅行期間の長さにもよるが、この項目を無制限のタイプに設定したとしても、保険料自体は数百円から高くて数千円程度しか違わないので、万一に備えて無制限タイプを選ぶのもよいだろう。
    • 疾病治療費用の保障対象となる感染症は、保険会社やクレジットカード会社によって異なる。もちろん、ゴールドやプラチナカードとなると保障対象となる感染症の数も多くなる。
  6. 救援者費用
    • 病気やケガにより入院するケース等、親族らが日本から現地に向かう際の移動費や滞在費に関する補償。
  7. 賠償責任(要確認)
    • 自身が加害者となって「ケガさせた」「物品を壊してしまった」等により賠償責任が発生した際の賠償金に関する補償。
    • 宿泊先の備品を壊してしまった等、お世話になるケースが高い項目のひとつである。
  8. 携行品損害(要確認)
    • 自身の携行品が「盗まれた」「破損した」等の損害額に対する補償。
    • 高級品を持ち歩かないと言うのであれば不要だが、カメラやPC等を持ち歩くのであれば付帯しておくに越したことはない。ただし、ノートパソコンを適用外にしている保険も多い(特にクレジットカード付帯)ので、自分の荷物が適用されるかは必ず確認すること。当然のことながら、現地の警察による盗難証明書がほぼ必須のため、利用する時は警察との意思疎通手段について検討しておくこと。(たいていの保険会社では警察との会話を代行してくれるケースが多いが、マイナーな言語の場合はそれができないことも。)
    • 補償対象を携行品全部ではなく、個別にする「バラ掛け」プランが設定できる保険会社もある。
  9. 入院一時金
    • 現地の病院に入院する事になった際に支払われる補償。
  10. 航空機寄託手荷物遅延費用
    • 航空機に乗る際に預けた荷物が届かなく、その代用として物品購入が必要になった場合の補償。
      • 衣類や生活必需品等で早急に代替品が必要で、その為にかかった購入費用の負担として支払われる。
    • 目安として到着後、6時間経過しても手元に届かなかったケースにおいて補償金が支払われる事になる。
  11. 航空機遅延
    • 航空機の遅延や欠航により代替機が利用できなくなってしまった際の宿泊費や飲食費に対する補償。欠航が多いアジアと欧州のLCCを利用する時はあると便利。
    • 適用条件として目的地に予定時刻から6時間経過しても到着できない場合としているケースが多い。補償額として、大体2万円程度である。また、条件適用として航空会社の証明書が必要となるケースがあるので、遅延や欠航が発生したらすぐに保険会社に電話をしよう。

この記事「旅行傷害保険」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版