何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

掛川市

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

掛川市(かけがわし)は静岡県西部にある市で、2005年に掛川市と大東町、大須賀町が合併した。緑茶の産地としては全国屈指の生産地となっている。 [1]


分かる[編集]

歴史[編集]

中世、掛川城や高天神城をめぐり今川氏・徳川氏・武田氏の領土係争地となった。その後、豊臣政権下に山内一豊が掛川城に入城し、近世的な城郭や城下町を整備した。江戸時代には東海道の宿場町として掛川宿や日坂宿が、南部の横須賀でも海上輸送の拠点として城下町が栄えた。近代以降は茶産業を中心に発達し、現在では県内でも有数の工業都市となっている。

地域[編集]

市内は大きく分けて北部・中部・東部・南部のエリアに分けることができる。

  • 北部 - 市街から北に行った山間部(名所:倉見温泉・法泉寺温泉・松葉の滝・粟ヶ岳・ならここの里・加茂花菖蒲園、他)。
  • 中部 - 駅周辺の市街地(掛川城・掛川花鳥園・つま恋・資生堂企業資料館・資生堂アートハウス、他)。
  • 東部 - 市街から東に行った旧日坂宿周辺(日坂宿・久延寺・小夜の中山・夜泣き石、他)。
  • 南部 - 市街から南に行った旧大東・大須賀町域(高天神城・横須賀城・サンサンファーム・大東温泉シートピア、他)。

気候[編集]

全国的に見て日照時間が多い地域である。冬には「遠州の空っ風」と呼ばれる乾燥した北風が吹き、体感温度は表示温度より幾分寒く感じられる。

掛川市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)7.49.410.814.619.723.125.528.625.819.213.48.717.2
降水量 (mm)42.555.5197.595.0193.5218.5519.5100.0143.5110.017.578.51,771.5
データ出典

観光案内所[編集]

  • 掛川市観光協会 電話  0120-70-808、(0537) 24-8711  時間  9:30〜16:30。  WEB  [2]  e-mail  [3]
  • 掛川観光案内処 (掛川市観光物産センター) — 観光ボランティアガイド(事前予約)や人力車乗車の受付も行っている。  所在  掛川市城下6-12。掛川城の麓、観光物産センター「こだわりっぱ」内。

着く[編集]

飛行機で[編集]

県中部に富士山静岡空港があり、2009年6月現在札幌(新千歳)、福岡、那覇との間で定期便が運航されている。 7月23日からは金沢(小松)、鹿児島、熊本からの就航も予定されている。 それ以外の地域からは羽田空港または中部国際空港を利用する。

空港と掛川市の間は車で25分程度掛かる。またバス路線が整備されており、東名インター付近か掛川駅まで着くことが出来る。(便によっては待ち時間がかなりあるので運行ダイヤ等は空港HPで要確認) 空港から最寄りのJR金谷駅から掛川駅までは東海道本線で15分程度である。

  • 富士山静岡空港 — 予定就航便・札幌便:1日2本、福岡便:1日3本、沖縄便:1日1本、小松便:1日2本、熊本便:1日1本、鹿児島便:1日1本。  WEB  [4]

列車で[編集]

掛川市の中心駅であるJR掛川駅には東海道新幹線と東海道本線が乗り入れている。遠くから掛川市に来る場合には在来線の利用は一般的ではない。東海道新幹線はこだまのみ停車し、ひかり・のぞみは停車しない。

東京方面から

  • 新幹線こだま号を利用する場合、東京駅から約1時間40分。片道¥7,140。 
  • 静岡市などの県中部から在来線を利用する場合、静岡駅から45分。片道¥820。

名古屋方面から

  • 新幹線こだま号を利用する場合、名古屋駅から約1時間。片道¥4,620。
  • 浜松市など県西部から在来線を利用する場合、浜松駅から30分。片道¥480。

車で[編集]

市中部に東名高速道路が通っており、東京名古屋方面と結ばれている。 掛川ICが市街地南部にあるため、ここを用いるのが一般的。 近隣には菊川ICや袋井ICが存在している。

また、国道1号掛川バイパスが市街地北部を、国道150号線が市南部(旧大東・大須賀町域)を横断している。

バスで[編集]

高速バスを利用する場合、東名掛川バスストップ、もしくはインター付近の駐車場に停車する。運行されているバス路線はJR東海バスと関連会社で運行されている「東名ハイウェイバス」、「ドリーム静岡・浜松号」、「京阪神ドリーム静岡号」、しずてつジャストライン運行の「静岡中部国際空港線」、遠州鉄道運行の「e-wing」の5路線が利用できる。

  • 東名ハイウェイバス — 特急・急行が停車。東京方面からは3時間半、名古屋方面からは2時間50分程度かかる。また、それぞれの便数が少ないので事前に確認する必要がある。  料金  東京方面より、片道¥3,360。名古屋方面より、片道¥2,040。  WEB  [5]
  • ドリーム静岡・浜松号 — 東京駅から利用できる夜行便。利用時間は5時間40分程度で、途中海老名・足柄・富士川のSAで休憩する。全席座席指定の為、関連リンクから事前の予約が望まれる。東京駅発23:50、着5:32。  料金  片道¥4,200。  WEB  [6]
  • 京阪神ドリーム静岡号 — 関西方面から三宮バスターミナル・大阪駅・京都駅で乗車できる夜行便。大阪駅より7時間20分程度である。全席指定の為、関連リンクから事前の予約が望まれる。三宮BT発21:40~大阪駅発22:50~京都駅発23:55~着6:09。  料金  大阪より片道¥6,000。  WEB  [7]
  • 中部国際空港線 — 中部国際空港からのみ利用できる。所要時間は約2時間程度である。1日3便であるため、事前にホームページなどで確認しておいた方が確実である。  料金  片道¥3,400。  WEB  [8]
  • e-wing — 中部国際空港からのみ利用できる。東名掛川バスストップではなくインター近くの「掛川インター駐車場」バス停に下車することになる。空港からは1時間に1本以上運行されている。ただし、空港から掛川インター駐車場までは直通で運行されていない便があり、その場合は「浜松西インター駐車場」バス停で乗り換える必要があるので注意。  料金  片道¥3,400。  WEB  [9]

一般道を走る路線バスの場合、浜松駅から掛塚さなる台線横須賀車庫行が運行されている。「浜松駅~掛川市大須賀支所」片道¥630、所要時間約1時間。

船で[編集]

海に面した都市ではあるが、市内および近隣に旅客扱いをする港湾はない。よって船の利用は一般的ではない。

動く[編集]

列車で[編集]

JR掛川駅に天竜浜名湖鉄道掛川駅が隣接しており天竜浜名湖線が利用できる。 市内には掛川駅から市北西部に向けて延びている。

車で[編集]

掛川駅南口には「オリックスレンタカー」「トヨタレンタカー」「日産レンタカー」が立地しているためレンタカーの利用も可能となっている。また、駅北口を出て東に行くともう一軒「トヨタレンタカー」がある。温泉街や市街地、市南部方面までの移動を公共交通機関ですべて済ませることは可能であるが運行本数や接続の関係で難しくなっている。

バスで[編集]

市街地にはコミュニティバスによる循環線や掛川バスサービスの運行するバス路線があり市民の足としても利用されている。 しずてつジャストラインにより掛川駅から市南部へ大坂線・掛川中横須賀線が運行されている。大坂線は御前崎方面に、掛川中横須賀線は大須賀方面に延びている。 秋葉バスサービスにより市南部を横断する形で秋葉中遠線が運行されている。

路線バス

  • 桜木線 - 掛川駅から市北西部に向けて運行。(沿線名所 : ねむの木学園)
  • 居尻線 - 掛川駅から市北央部に向けて運行。(沿線名所 : 法泉寺温泉、井尻キャンプ場)
  • 粟本線 - 掛川駅から市街地を抜け工業地区へ運行。
  • 倉真線 - 掛川駅から市北央部に向けて運行。(沿線名所 : 倉見温泉)
  • 東山線 - 掛川駅から市北西部に向けて運行。(沿線名所 : 旧日坂宿、粟ヶ岳)
  • 大坂線 - 掛川駅から市南部御前崎方面に向けて運行。(沿線名所 : 高天神城、横須賀城)
  • 掛川中横須賀線 - 掛川駅から市南部大須賀方面に向けて運行。
  • 秋葉中遠線 - 市南部を東西に運行。

足で[編集]

駅から掛川城までは歩いて5分程度。城下風に作られた街並みを覗うことができる。 市街散策をする際には人力車を利用することもできる。 また、横須賀城下も古い街並みの面影が残っているので徒歩で散策しても趣がある。

観る[編集]

掛川城  
山内一豊が高知転封までの居城。天守閣は1854年の嘉永大地震で倒壊したため、現在の天守閣は戦後初となる木造によって再建された。二の丸御殿は嘉永大地震後に再建された遺構で、国の重要文化財に指定されている。
 所在  掛川市掛川。JR掛川駅北口より徒歩7分。  電話  (0537) 22-1146  WEB  [10]
 開場時間  9:00~17:00。  料金  大人¥300、中学生以下¥150。


高天神城跡  
戦国時代には「高天神を制するものは遠州を制する」といわれた要所で、徳川氏と武田氏の間で争奪戦が繰り広げられた。ハイキングコースとして整備されている。
 所在  掛川市下土方。


横須賀城跡  
上記の高天神城攻防戦時に徳川方が築城した平山城。江戸時代には遠州横須賀藩の藩庁として城下町の整備も行われた。自治体によって史跡の整備がなされ、春には花見が行われている。
 所在  掛川市松尾町。


清水邸庭園  
遠州横須賀藩の御用達商人であった清水家が造園した庭園。回遊式の庭園であり季節により趣が異なる。敷地内の湧水亭では気軽にお茶を楽しむこともできる。
 所在  掛川市西大渕5298-2。  電話  (0537) 48-6456  WEB  [11]
 開場時間  10:00~16:00。  料金  入場無料。湧水亭利用時、¥500。


掛川花鳥園  
花と鳥と直に触れ合えるテーマパーク。国内最大規模の温室を備え、園内では多種多様の植物鑑賞や鳥類との触れ合うことができる。
 所在  掛川市南西郷1517。駅の南側。  電話  (0537) 62-6363  WEB  [12]
 開場時間  9:00~17:00。  料金  大人¥1,050、小学生¥525。


加茂花菖蒲園  
白壁土蔵の加茂荘の門前に広がる花菖蒲園。見頃は例年5月下旬~6月中旬で、最盛期には色とりどりの花と青々とした山、白壁のコントラストが楽しめる。加茂荘内も解放されており、当時の雰囲気を感じることができる。
 所在  掛川市原里110。  電話  (0537) 26-1211  WEB  [13]
 開場時間  開園期間 4月29日~6月末日。開演時間 8:00~17:00。  料金  大人¥1,050、小学生¥315。


資生堂企業資料館・資生堂アートハウス  
資生堂創業以来の歴史を展示している資料館。商品のパッケージはもとより戦前の広告やポスターまで展示している。アートハウスには近現代の芸術品が展示されている。
 所在  掛川市下俣751-1。  電話  (0537) 23-6122  WEB  [14]
 開場時間  10:00~17:00(入場は16:30迄)。  料金  無料。


松葉の滝  
倉見温泉を抜け更に山間部に向かって進むと松葉の滝へ行くことが出来る。雄滝と雌滝の2つの滝があり、大きい方の雄滝は幅4m・落差9mとなっている。駐車場から雄滝まではハイキングコースとして人気がある。滝への入口は分かりにくく、道路は狭くなるため訪問する際は事前に地図などで確認しておいた方がいい。
 所在  松葉トンネルを抜けた後Y字路を右折、後は道なりに。


粟ヶ岳  
桜の名所でもある粟ヶ岳は標高500mほどで、展望としては南の遠州灘から東の富士山・駿河湾、北の南アルプスまでを一望できる。ハイキングコースとしての整備がなされている。掛川駅より路線バスの東山線が延びている。
 所在  掛川市東山。

遊ぶ[編集]

行楽施設[編集]

つま恋  
スポーツ施設、ホテル、レストラン等が整備されたグリーンリゾート。
 所在  掛川市満水2000。  電話  (0537) 24-1111  WEB  [15]
 営業時間    料金  大人¥1,000、小学生以下¥500。


大東温泉シートピア  
市南部にある日帰り温泉施設。和風洋風の温泉や温水プールなどがあり、その他にグランドゴルフ場、食事処なども併設されている。無料の送迎バスが掛川市大東支所から運行されている。夏にはビーチバレー大会や投げ釣り大会などが催されている。
 所在  掛川市国安2808-2。  電話  (0537) 72-1126  WEB  [16]
 営業時間  10:00~21:00、夏期(7月~9月)は22:00迄。火曜日定休(祝日の場合は営業)。  料金  大人¥500、子供¥250。


倉真赤石温泉  
山奥にある日帰り温泉。
 所在  掛川市倉真赤石5986。  電話  0537-28-1126  WEB  [17]
 営業時間  10:00~20:00  料金  

祭り[編集]

遠州横須賀三熊野神社大祭  
大須賀地区の三熊野神社で4月第一金・土・日に行われる祭り。江戸時代に横須賀藩主西尾忠尚によって江戸から天下祭りが伝えられ、現在に至る。近代化の中で本家である天下祭りで廃れてしまった「一本柱万度型」という2輪車を曳き練り歩く形式を今に残していおり、無形民俗文化財にも指定されている。三熊野神社が子授けの神として信奉されてきたこともあり、子授けの神事も行われる。
 所在  掛川市横須賀。


掛川祭  
掛川市街地で10月第二金・土・日に行われる祭り。3年に一度行われる大祭では三大余興と呼ばれる出し物が行われる。2輪の屋台が使われるが三熊野神社大祭とは別系統の「御所車型」と呼ばれる物が使われている。
 所在  JR掛川駅周辺。

買う[編集]

これっしか処  
掛川の地場産品や静岡土産を取り扱っている。掛川の名産としてはお茶や葛を使った商品や地酒が、静岡土産としては桜えびや黒はんぺんといった商品がある。この他にも、ギャラリーが併設されている。
 所在  掛川市南1-1-1。JR掛川駅構内。  電話  (0537) 22-1616  WEB  [18]
 営業時間  9:00~20:00。  値段  


こだわりっぱ  
掛川城の南にある観光物産センター。掛川市の観光拠点としての位置づけから地元名産特産品に特に力を入れており、茶や葛の関連商品の他に地酒や銘菓の種類が豊富にある。2階には創作和西料理レストランふしおんがある。
 所在  掛川市城下6-12。掛川城の麓。  電話  (0537) 24-8700  WEB  [19]
 営業時間  9:30~17:00。  値段  


サンサンファーム  
掛川市南部の国道150号線沿いにある農産物・地場産品を取り扱う物産センター。季節によってメロン狩りやイチゴ摘みなどができる。農産物の販売をしている「愛菜市」では地元農家から毎朝仕入れた野菜を販売している。
 所在  掛川市大渕1456-312。150号線を浜松方面に。  電話  0120-55-3386  WEB  [20]
 営業時間  9:00~17:00、木曜日定休。  値段  


角屋菓子舗  
多種多様の生クリーム大福を取り扱っている和洋菓子屋。四季に応じて作られている季節限定品や豊富な商品ラインナップで人気がある。
 所在  掛川市中938-3。大坂小学校北側の道を東に、大東町中交差点を右折してすぐ。  電話  0120-74-2641  WEB  [21]
 営業時間  9:00~19:00 水曜定休日。  値段  15種類15個入り1箱¥2,700。


愛宕下羊羹  
創業明治40年の老舗羊羹専門店。外観は歴史を感じさせる木造家屋で横須賀城下の面持ちを残している。当日作った分をその日に売り切る昔ながらの商売方法を続けており、品切れになることがあるため購入を考えている場合は遅くても昼ごろには訪れるか、事前に予約をしておきたい。
 所在  掛川市横須賀1515-1。県立横須賀高校近く。  電話  (0537) 48-2296  WEB  [22]
 営業時間  9:30~売切迄。  値段  小豆羊羹¥600、栗羊羹¥700。


すいのや  
掛川城大手門の門前にある駄菓子屋。静岡おでんも売っている。
 所在  掛川市城下6-1。  電話  (0537) 22-7432  WEB  
 営業時間  10:30~18:30、定休日 火曜  値段  


パンの郷本店  
地元で人気のパン屋。掛川駅構内などにも支店有り。
 所在  掛川市山崎63。  電話  (0537) 48-2136  WEB  [23]
 営業時間  9:00~17:00  値段  浜松餃子パン ¥140

食べる[編集]

茶葉の天婦羅  
名産品である緑茶を使った天ぷら。

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

市街にはビジネスホテルや観光ホテルがある。また、市北部には倉見温泉や法泉寺温泉を活用した温泉旅館がある。

安宿[編集]

旅館三橋屋・掛川  
南部の旅館。海岸沿いに位置することから、ビジネス系の宿泊から合宿、釣り、サーフィンなどの利用客も多い。安価な宿ながら日帰り飲食部門も備えている為、料理旅館としても利用できる便利な宿。FreeSPOTに対応している為、学生やNETユーザーの利用も多い。
 所在  掛川市三俣1126-2。遠州灘まで2km弱の好立地。  電話  (0537) 72-2537
 FAX  (0537) 72-5065
 WEB  [24]
 e-mail  [25]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  素泊り¥4,725~


くれたけイン・掛川  
掛川駅北口付近のビジネスホテル。50台の無料駐車車場を併設している他、市内散策に便利な自転車の貸し出しも行っている。高層階からはからは市街が一望でき、夜にはライトアップされた掛川城を見ることができる。
 所在  掛川市駅前10-2。掛川駅北口から右に徒歩2分。  電話  (0537) 61-1311
 FAX  (0537) 61-1411
 WEB  [26]
 e-mail  [27]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥6,200、ツイン¥8,000


掛川ターミナルホテル  
掛川駅北口の西側すぐにあるビジネスホテル。駅からのアクセスは徒歩1分と最良。ホテル内に2000冊蔵書の漫画コーナーがあり暇つぶしに最適。パソコンの貸し出しも1日\1,000で行っている。
 所在  掛川市駅前1-8。掛川駅北口から西へ、バス停近く。  電話  0120-247-214、(0537) 24-7211
 FAX  電話と同じ。
 WEB  [28]
 e-mail  [29]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,775。


パジェットイン掛川  
IC近くのビジネスホテル。車での来客を前提としているため無料の駐車場は100台分用意されている。インターネットは有線・無線の利用でき、LANカードの無償貸し出しサービスもある。
 所在  掛川市矢崎町4-1。東名掛川ICからすぐ。  電話  (0537) 61-8855
 FAX  (0537) 61-8866
 WEB  [30]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,900。


ルートイン掛川インター  
全国展開しているルートインホテルズ系列のホテル。IC近くに立地しており無料駐車場も完備されているため車での旅行に便利。ホテル高層階からは天気次第では富士山を望むこともできる。インターネット設備も整っている。
 所在  掛川市矢崎町3-24。東名掛川ICからすぐ。  電話  (0537) 62-6511
 FAX  (0537) 62-6512
 WEB  [31]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥6,400。


田原屋旅館  
掛川駅と掛川城の間にある市街散策に最適の旅館。周囲は大通りから少し離れているため静かで、旅館ではアットホームな雰囲気で寛ぐことができる。旅館での食事は日替わりの「お袋の味」。
 所在  掛川市中央1丁目7-8。掛川駅北口から掛川西高方向に行く途中で左折。  電話  (0537) 22-5012
 FAX  (0537) 24-6107
 WEB  [32]
 e-mail  [33]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  素泊まり1泊¥4,500。


ホテルたいほうイン掛川  
掛川駅南口付近のビジネスホテル。25台分の駐車場が併設している。駅からのアクセスがよく、宿泊料金がリーズナブル。
 所在  掛川市南1丁目11-13。掛川駅南口から左手徒歩2分。  電話  (0537) 61-1188
 FAX  (0537) 61-1888
 WEB  [34]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル1泊(朝食付)¥5,670。

中級[編集]

掛川グランドホテル  
JR掛川駅南口側にあるシティホテル。全客室で高速インターネットが無料で使用できる。60台分の駐車場が設けられ宿泊客は無料で使用できる。
 所在  掛川市亀の甲1-3-1。  電話  (0537) 23-3333
 FAX  (0537) 23-2290
 WEB  [35]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00 無休。  料金  1泊2食¥10,000~。


パレスホテル掛川  
掛川駅南口からまっすぐ南に行ったところにあるシティホテル。インターネット予約により20%割引されるためぜひ利用したい。客室や宿泊プランの種類が豊富で、旅の予算や旅のテーマ、好みで様々な一面を楽しめるホテル。盲導犬・介護犬の入室も可。
 所在  掛川市亀の甲2-8-5。掛川駅南口から南に徒歩5分。  電話  (0537) 22-0111
 FAX  (0537) 22-1515
 WEB  [36]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル1泊(朝食無)¥8,500。


真砂館  
市街から北に15分程度行った倉見地区にある静かな純和風旅館。
 所在  掛川市倉真5421。  電話  (0537) 28-0111
 FAX  (0537) 29-1100
 WEB  [37]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥10,000~、プランによってこれ以下の料金も有。


小杉館  
市街から北に20分程度行ったところにある法泉寺近くにある温泉旅館。近くにある滝が風情を醸し出している。
 所在  掛川市上西郷5076。  電話  (0537) 28-0547
 FAX  (0537) 29-1333
 WEB  [38]
 e-mail  [39]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥10,000~。


滝本館  
法泉寺温泉にある純和風旅館。山間の自然豊かな場所に立地しているため四季折々の情景や物音を感じることができる。
 所在  掛川市上西郷5174-1。掛川城横の道をひたすら北へ、看板が見えたら左折。  電話  (0537)29-1126  WEB  [40]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  1泊2食¥10,500~。


倉真温泉 落合荘  
倉真温泉の渓流沿いに佇む温泉宿。
 所在  掛川市倉真5795。  電話  (0537) 28-0331  WEB  [41]
 時間    料金  

高級[編集]

ヤマハリゾートつま恋  
上記の行楽施設「つま恋」の中にホテルノースウィングとホテルサウスウィングの2つのタイプのホテルがある。施設内の「森林之湯」では22種類の温泉が利用できる。
 所在  掛川市満水2000。  電話  (0537) 24-1111
 FAX  (0537) 62-0344
 WEB  [42]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00 無休(冬期に休業有り)。  料金  ¥13,000~¥31,000。

出かける[編集]

  • 静岡市 — 静岡県庁所在地・平成17年に政令指定都市に移行した。駿府城や久能山東照宮などの史跡や静岡おでんなどがある。
  • 浜松市 — 県西部の中心都市・平成19年に政令指定都市に移行した。浜松城や舘山寺温泉、観光土産として有名なうなぎパイなどがある。
  • 磐田市 — 遠江国の国分寺があった市。ジュビロ磐田の拠点でもある。
  • 袋井市 — 掛川市の西隣りの市。遠州三山が立地している。2002年のWC会場の一つ。
  • 森町 — 掛川市の北西に位置する町。遠州一宮とされる小国神社がある。
  • 御前崎市 — 掛川市の東隣の市。御前崎港、浜岡原発がある。
  • 牧之原市 — 静岡空港の所在地。駿河湾に面し静波海水浴場がある。


Wikitravel Shared Logo 掛川市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「掛川市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト