何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

広州

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

広州(こうしゅう、グゥァンヂョウ)は中国広東省の省都。


着く[編集]

飛行機で[編集]

広州白雲空港。アジア大会用に内部を改装し、中国の施設としては非常に綺麗。 市内中心部へはバスで約1時間(20元)。アジア大会に向けて地下鉄(3号線)も整備。

列車で[編集]

広州駅と広州東駅があり、北京、上海など主要都市から列車が発着している。香港からの列車(広州東⇔九龍)もT列車(特快列車)が1日14往復運行されている。

車で[編集]

バスで[編集]

市内には複数のバスターミナルがあり各地から発着している。

船で[編集]

海南省海口からフェリーが運行されている。

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

越秀公園  
広州のシンボル
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  5元。
越秀公園


西漢南越王博物館  
越秀公園の西隣に位置している。南越国の王墓が博物館として公開されている。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  12元。
西漢南越王博物館


三元宮  
越秀公園近くの道教寺院。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  1元。
三元宮


中山紀念堂  
中山紀念堂は名前の通り孫中山(孫文)を記念して建てられた堂である。終戦時には広東省に展開していた日本軍の降伏文書の調印式が行われた場所でもある。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  10元。
中山紀念堂


光孝寺  
広州の古刹。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  5元。
光孝寺


六榕寺  
南北朝時代創建の古刹。
 所在  -  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  -  料金  5元(塔は別途10元)。
六榕寺

遊ぶ[編集]

買う[編集]

広州は「市場の街」としても有名。 市場では、衣服、宝石、バッグ等が市価の3割程で手に入る。

食べる[編集]

「食在広州」と言われ、広東料理の中心地。但し、味は香港の方が上。 大都市だけあって、基本的に中華料理なら何でも食べられる。 数年前まではいわゆる「ゲテモノ」を売る場所が散見されたが、 最近は姿を消している。

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

暮らす[編集]

在外公館[編集]

在広州日本国総領事館 (Consulate-General of Japan in Guangzhou)  
広東省、海南省、福建省、広西チワン族自治区を担当する日本領事館である。日本人が多い都市を中心に領事出張サービスを行っている。医療・日本語ができる弁護士事務所を含む治安等の生活情報、通関(ペット等)、日・中の文化情報などを提供している。なお訪問時は、写真付き身分証明書の提示を求めているため、注意が必要である。
 所在  広州市環市東路368号花園大厦。地下鉄5号線「海金駅」下車、徒歩1分、広州駅下車、車15分。  電話  (+86-20) 8334-3009
 FAX  (+86-20) 8333-8972
 WEB  [1]
 時間  8:35~12:30、13:30~17:20。土日・日本・中国の祝祭日休館。  料金  各種証明書、旅券等有料。手数料は元払いである。

出かける[編集]


この記事「広州」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト