何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

尾道市

提供: ウィキトラベル
移動先: 案内検索
坂の街「尾道」

尾道市(おのみちし)は広島県東部にある都市である。 ようこそ尾道へ


分かる[編集]

元々、港がある商業都市として栄えた街である。山と海に囲まれた坂ばかりの町という印象が強く、千光寺、浄土寺、西国寺などの仏閣・寺が多く存在する他、大林宣彦の「尾道三部作」に代表されるように映画の舞台、さらには漫画やアニメの舞台、NHK連続テレビ小説「てっぱん」の舞台としても登場する事が多い。現在では、広島東部の中心都市としての地位は隣の福山に譲った感があるが、観光地としてはある程度の人気を集めている。

  • 尾道観光協会 所在  尾道市長江1-3-3。  電話  (0848) 37-9736  FAX  (0848) 37-7525  WEB  [1]
    • かつて観光ガイド犬としてテレビで紹介された「ドビン」が有名であった。食べ物を与えたり気軽に触ってはいけなかったが、アイドル的に有名であった。2010年没。生前は尾道商店街、古寺巡りコース、千光寺周辺で目撃されていたらしい。

着く[編集]

飛行機で[編集]

広島空港を利用するのが最も便利である。広島空港

空港から尾道市内への移動方法としては、

  1. 尾道リムジンバスを利用するルート(所要55分)
  2. 路線バスでJR白市駅へ出て、そこから山陽本線を利用するルート(所要1時間、一部を除き三原駅または糸崎駅で乗り換え)
  3. 福山リムジンバスを利用して高坂B.S.(山陽自動車道高坂P.A.)まで行き、そこからフラワーライナー(広島バスセンター発尾道・因島行き)に乗り換えるルート(所要50分)
  4. 路線バスでJR三原駅へ出て、そこから山陽本線を利用するルート(所要1時間、一部は糸崎駅で乗り換え)

などがある。

列車で[編集]

JR尾道駅。高台にある城は現在閉鎖中。

山陽本線の尾道駅が最も利便性が高い。広島市内からは山陽本線で1時間20分から30分程度である(一部を除き三原駅または糸崎駅で乗り換え)。 山陽新幹線の新尾道駅もあるが、「のぞみ」や「ひかり」が停車せず、その上駅の立地が市街地から離れていて連絡バスの本数も少ないため、福山市の福山駅で降りて在来線に乗り換えた方が良い。

※2008年(平成20年)3月15日 ひかり号の停車が復活(日に上り2本のみ)。

車で[編集]

西側(広島方面)からは、山陽自動車道尾道I.C.で国道184号線に下り、そのまま南下。尾道I.C.から中心市街地までは30分弱。 東側(福山方面)からは、山陽自動車道福山西I.C.から松永道路(尾道福山自動車道)を経由し高須I.C.で下りると東尾道地区へ。高須I.C.から接続する尾道バイパスを走行し栗原I.C.で下りると千光寺・旧市街地方面へ行ける。

※高須I.C.はしまなみ海道西瀬戸尾道I.C.を併設する。

バスで[編集]

高速バス情報

東京(新宿)から
福山・平成大学・府中・尾道・三原行き「エトワールセト号」
京都から
福山・尾道行き「みやこライナー」
大阪(なんば・東梅田)から
福山・尾道行き「びんごライナー」
神戸(三宮)から
福山・尾道・世羅行き「神戸ライナー」
松山から
新尾道・福山行き「キララエクスプレス」
広島バスセンターから
尾道・因島行き「フラワーライナー」

がある。尾道駅前(キララエクスプレスを除く)・新尾道駅(キララエクスプレス)・三成(中国バス尾道営業所、キララエクスプレスを除く)等に到着する。

今治市から
広島行きまたは福山行き「しまなみライナー」を利用して因島大橋B.S.(しまなみ海道大浜P.A.)まで行き、そこから路線バス(因島発尾道行き)に乗り換えるルートとなる(この場合は乗り継ぎ割引が適用される)。尾道駅前等に到着する。

船で[編集]

船を乗り継ぐことで、愛媛県の今治市から尾道市に行くことも可能。

  • 今治~弓削~因島(土生港) 芸予汽船
  • 弓削~因島(土生港)~尾道 瀬戸内クルージング

動く[編集]

一般的には、東西の移動にはバスまたはタクシーを利用し、千光寺へはロープウェイ、その他は徒歩で移動、というのが、時間や体力などの面でベストな選択だと思われる。

列車で[編集]

市内には、JR西日本の山陽新幹線・山陽本線の駅がある。JR西日本

JR 山陽新幹線
福山市 福山駅) ― 新尾道駅 ― (三原市 三原駅)
JR 山陽本線
(福山市 松永駅) ― 東尾道駅 ― 尾道駅 ― (三原市 糸崎駅)

山陽本線ではICカード「ICOCA」「PiTaPa」「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」が利用できる。ただし、「PASPY」は利用できない。

車で[編集]

中心市街地の有名観光スポットの内、自家用車である程度気軽に行けるのは千光寺ぐらいである。ただし、ここの駐車場(有料)も花見のシーズンに限ればすぐ満車になる為、基本的に徒歩及び公共交通機関の利用が中心となる。とはいえ、自家用車で来訪した場合でも、有料パーキングは中心市街地にも何カ所かあるため、そちらに車を預ければ問題はない。

ちなみに、中心市街地を東西に貫くアーケード街は、11:00~20:00の間は車両通行禁止(自転車を除く)であるため、バイクで来訪する人は注意すべし。

バスで[編集]

おのみちバス(旧尾道市営バス)の「市内本線・東行」、「市内本線・西行」が、国道2号線を東西に行き交っているので、それを主に利用する。なお、千光寺へ向かうには「千光寺公園線」もあるにはあるが、本数が1日3本と少ないので、利用はおすすめしない。

おのみちバスは広島県内では珍しくPASPY・交通系ICカードともまったく利用できないので注意。

周遊バス[編集]

休日限定の「好きっぷライン」という路線もある。これは、尾道駅前から国道2号線を浄土寺下まで東行し、そこから海岸通りを西行して尾道駅前に戻るというもので、レトロ調の外観をした車両を使って運行されている。千光寺、西国寺、浄土寺、と名所を西から順に観光するならば、なかなか有用な手段てあるとおもわれる。料金は、一日乗車券が大人¥500、一周(一回)乗車券が大人¥190である。

船で[編集]

因島など瀬戸内海の島々から尾道に行くルートがある。航路情報

  • 瀬戸内クルージング
    • 尾道~因島~弓削
    • 尾道~瀬戸田(生口島)
    • 尾道~鞆(季節運航・土日祝日のみ)
  • 備後商船
    • 尾道~歌~百島~常石

足で[編集]

尾道駅北口の東側、土堂小学校の下辺りから、「古寺めぐりコース」なる徒歩コースが設定されている。これはその名の通り、千光寺、西国寺、浄土寺の「尾道三山」及びその他の古刹計26寺を巡り歩くと言うもので、寺院の持つ魅力を存分に味わえるものであるが、体力と時間(観光協会HPによれば約3時間)が必要である為、それらとの兼ね合いで、何処まで踏破するか決めた方がよい。

観る[編集]

千光寺  
真言宗の寺院。尾道三山のひとつ。尾道のシンボル。山腹に広がる山寺。境内にある鐘楼の鐘の音が、「日本の音風景百選」に選ばれている。
 所在  尾道市東土堂町15-1。尾道駅からバス5分の長江口で下車し、ロープウェイに乗る。  電話  (0848) 23-2310  WEB  [2]
 開場時間    料金  無料。
千光寺


西国寺  
真言宗の寺院。尾道三山のひとつ。仁王門にかけられている大わらじが見もの。
 所在  尾道市西久保町29-27。尾道駅から東行きバスに乗車し約6分、西國寺下バス停で下車し徒歩5分。  電話  (0848) 37-0321  WEB  
 開場時間    料金  境内は無料。持仏堂内部拝観は¥500。
西国寺


浄土寺  
真言宗の寺院。尾道三山のひとつ。国宝である本堂と多宝塔が見もの。鳩が多い。本堂のある麓から20分ほど昇った山頂にある展望台からの眺めは絶景。
 所在  尾道市東久保町20-28。尾道駅から東行きバスに乗車し約8分、浄土寺下バス停で下車し、石段を登る。  電話  (0848) 37-2361  WEB  [3]
 開場時間  8:00~17:00。  料金  境内は無料。庭園見学は¥500、宝物館見学は¥400。
浄土寺


千光寺公園  
千光寺山山頂一帯に広がる公園。以前は小規模な遊園地も存在していた。ロープウェイの山頂駅そばには、尾道水道を見下ろす事が出来る展望台が存在する。一万本を号する桜の木々は見事で、「日本桜の名所百選」にも選ばれており、4月頃は花見客でにぎわう。5月の連休には、ツツジが見頃となる。ただ、冬は閑散としている。
 所在  行き方は上記の「千光寺」への行き方を参照。
千光寺公園


御袖天満宮  
映画「転校生」の主人公二人による階段落ちのシーンのロケ地としても有名。
 所在  尾道市長江1-11-16。  WEB  [4]


向島  
向島 (広島県)#観る参照のこと。


因島  
因島#観る参照のこと。


生口島  
生口島#観る参照のこと。

遊ぶ[編集]

しまなみ海道つり掘公園  
塩田の跡に作られた瀬戸内海に面したつり掘りで、釣った魚の調理体験や持ち帰りもできる。魚種はマダイ、クロダイ(チヌ)、スズキ、アジ、メバル、ヒラメなど。
 所在  尾道市瀬戸田町御寺793。しまなみ海道「生口島北IC」から車で約10分。  電話  ガソリンスタンド光南 (0845) 28-1818 / 金本酒店 (0845) 28-0051 / 金本 090-4897-9065  WEB  [5]
 営業時間  9:00~16:00、不定休。  料金  入漁料2時間¥2,000/人(税込、貸し竿・餌付)。釣り上げた魚は¥1,500/kgで持ち帰り可。


みかん狩り  
向島町、瀬戸田、因島などに観光農園があり、しまなみ海道の温暖な気候の下で育ったみかんの収穫を楽しむことができる。


せとうちSEAPLANES  
水陸両用機での遊覧飛行を実施。
 所在  尾道市浦崎町1364-6。  電話  (0848) 70-0388  WEB  [6]
 営業時間    料金  

買う[編集]

規模は小さいが一応デパートとして「尾道福屋」が駅前に存在する。また、芙美子像前から2km程商店が軒を連ねている商店街がある。


おのみち本通り  
美津子像前から東に続く6つの商店街。
 所在    電話  (0848) 44-1768  WEB  [7]
 営業時間    値段  


尾道ええもんや  
おのみち本通り中央街にある土産物店。
 所在  尾道市十四日元町4番2号。  電話  (0848) 56-0372  WEB  [8]
 営業時間  10:00~18:00。  値段  


クラシコ (Classico)  
コーヒー豆販売店。
 所在  尾道市土堂1-3-28。  電話  (0848) 24-5158  WEB  [9]
 営業時間  11:00~18:00、定休日 火水。  値段  


おかし本舗 東尾道店  
お菓子の専門店。
 所在  尾道市高須町5721。  電話  (0848) 56-0372  WEB  [10]
 営業時間  10:00~19:00。  値段  ブロイラー ¥105。


桂馬蒲鉾商店  
創業100年の無添加蒲鉾。将棋の桂馬の駒の形をした蒲鉾が有名。
 所在  尾道市土堂1丁目9-3 尾道駅徒歩5分  電話  (0848) 25-2490  WEB  [11]
 営業時間  9:00~18:00  値段  詰め合わせ¥1470~

食べる[編集]

おすすめ[編集]

尾道ラーメン  
小魚で出汁を取ったラーメンで、尾道名物として広く知られている。うどんのつゆに近い味わいとなっている。
 所在  市内の各ラーメン店で。
尾道ラーメン

安食堂[編集]

ゆーゆー  
明治時代に建てられた銭湯を改装して作られた喫茶店。店内の半分はお土産の販売スペースになっており喫茶店の利用をしなくても気軽に入れる。
 所在  尾道市土堂1-3-20。  電話  (0848) 25-5505  WEB  [12]
 営業時間  10:00~18:00、木曜定休。  予算  コーヒー¥500、ラーメンセット¥850。
ゆーゆー


めん処 みやち  
おのみち本通り本町センター街にある尾道ラーメン屋。
 所在  尾道市土堂1-6-22。  電話  (0848) 25-3550  WEB  [13]
 営業時間  11:00~19:00、定休日 木曜  予算  てんぷら中華 ¥580。


朱華園 (しゅうかえん)  
尾道ラーメンの有名店。地元では「朱さんのお店」で通るくらいの人気。
 所在  尾道市十四日元町4-12。  電話  (0848) 37-2077  WEB  
 営業時間  11:00~19:00 木曜、第3水曜休。  予算  中華そば¥600など。


てっぱんや  
おのみち本通り一番街にあるお好み焼き屋。
 所在  尾道市東御所町3-10。  電話  (0848) 24-6670  WEB  [14]
 営業時間  11:00~14:30 17:00~19:30、定休日 水曜。  予算  尾道焼き(砂ずり、イカ天、玉子、そば入り) ¥680。


村上お好焼  
「尾道焼き」のお店。
 所在  尾道市久保2丁目1-15。  電話  (0848) 37-3100  WEB  
 営業時間  12:00~20:00、定休日 基本的には火曜・水曜  予算  砂ずり玉(大) ¥700。


いわべぇ  
中央街にあるお好み焼き店。尾道焼きは砂ずりが入っているのが特徴。
 所在  尾道市十四日元町1-23。  電話  (0848) 37-2325  WEB  [15]
 営業時間  11:30~13:30、定休日 木。  予算  尾道焼 ¥850。

中級[編集]

しみず食堂  
昔ながらの食堂。
 所在  尾道市東御所町60-8。  電話  (0848) 23-5283  WEB  [16]
 営業時間  9:00~19:00頃、定休日 水曜(祝日の場合は営業)  予算  尾道ラーメン ¥500

高級[編集]

飲む[編集]

うどん奥山  
商店街にある居酒屋。うどんはない。
 所在  尾道市土堂1-9-1。  電話  (090) 9301-5129  WEB  [17]
 営業時間  17:30〜0:00 (日 15:00〜)  料金  

泊まる[編集]

市内各所にホテルや旅館がある。

安宿[編集]

ホテル大正苑  
 所在  駅から東へ50m、海岸通りと国道2号の間にある。  電話  (0848) 23-5228  WEB  
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  素泊まり¥4,000。


ホテル港屋  
 所在  駅から東へ50m、海岸通りと国道2号の間にある。  電話  (0848) 22-3708  WEB  
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥4,800。


都旅館  
 所在  駅から西に300m、国道2号と海岸通りの間にある。門限23:00。  電話  (0848) 22-3853  WEB  [18]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  素泊まり¥4,750~、朝食付き¥5,500~。


旅館佐藤  
 所在  駅から西にすぐ、アルファーワンと同距離にある旅館。風呂はユニットバスを交替で使うらしい。  電話  (0848) 22-2879
 FAX  (0848) 25-2450
 WEB  
 時間  チェックイン 17:00 チェックアウト 9:30   料金  素泊まり¥4,000~。


旅館栄家  
 所在  駅から東へ約2km、八坂神社近くにある。下記「金時旅館」のすぐ近傍。  電話  (0848) 37-2315  WEB  
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  素泊まり¥4,800~。


旅館芝田屋  
 所在  駅から西へ80mほど、「西御所」バス停(上り線)の真ん前。  電話  (0848) 22-3254  WEB  
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  素泊まり¥3,500~。


金時旅館  
 所在  駅から東へ約2km、八坂神社近くにある。上記「旅館栄家」のすぐ近傍。  電話  (0848) 37-2010  WEB  
 時間  チェックイン 13:00 チェックアウト 10:00   料金  素泊まり¥4,500~5,000。

中級[編集]

松翠園  
 所在  駅北口を出てすぐ目の前。  電話  (0848) 22-2176  WEB  
 時間  チェックイン 16:00~19:00 チェックアウト 10:00   料金  一泊二食¥10,500~。


グリーンヒルホテル尾道  
 所在  駅を出てすぐ南の海岸。  電話  (0848) 24-0100
 FAX  (0848) 23-5227
 WEB  [19]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル¥7,875~、ダブル¥14,700~、ツイン¥16,800~。


尾道第一ホテル  
 所在  駅から少し西に行った海岸。  電話  (0848) 23-4567
 FAX  (0848) 23-2112
 WEB  [20]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル¥5,775~、ツイン¥10,500~。


尾道ロイヤルホテル  
 所在  駅から東の海岸にある住吉神社前。  電話  (0848) 23-2111
 FAX  (0848) 23-6058
 WEB  [21]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル¥5,300~、ツイン¥10,500~。


尾道国際ホテル  
 所在  駅から西に約2km、尾道署前。  電話  (0848) 25-5931
 FAX  (0848) 25-5930
 WEB  [22]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル¥6,300~、ツイン¥11,550~¥70,000。


千光寺山荘  
 所在  千光寺山のやや西側。  電話  (0848) 22-7168
 FAX  (0848) 22-7160
 WEB  [23]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  


ビュウホテルセイザン  
 所在  千光寺山西側。  電話  (0848) 23-3313
 FAX  (0848) 22-3780
 WEB  [24]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,040~、ツイン¥10,080~。


ホテルアルファーワン尾道  
 所在  駅の西側すぐ横のビジネスホテル。  電話  (0848) 25-5600  WEB  [25]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,700~、ダブル¥9,600~、ツイン¥10,000~。


HOTEL CYCLE  
自転車ごと宿泊できるホテル。複合施設「ONOMICHI U2」内にある。
 所在  尾道市西御所町5-11  電話  (0848) 21-0550  WEB  [26]
 時間    料金  

高級[編集]

西山別館  
 所在  駅から東へ約4km行った所にある、純和風の旅館。  電話  (0848) 37-3145
 FAX  (0848) 37-7089
 WEB  [27]
 時間    料金  ¥35,000~。


西山本館  
 所在  市街中心部にある旅館。  電話  (0848) 37-2480
 FAX  (0848) 37-3885
 WEB  [28]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥18,900~。


竹村家本館  
 所在  市役所の東にある旅館。  電話  (0848) 37-1112
 FAX  (0848) 37-3885
 WEB  [29]
 時間    料金  2名以上から予約可で一人あたり¥25,000~。


竹村家別館  
 所在  駅から北へ5km程離れた田園地帯にある旅館。  電話  (0848) 48-1111
 FAX  (0848) 48-1113
 WEB  [30]
 時間    料金  2名以上から予約可で一人あたり¥20,000~。

連絡する[編集]

  • 尾道市の市外局番は次の2つに分かれている。
    • 因島・瀬戸田町は0845(市内局番は20~39)である。
    • その他の地域は0848(市内局番は20~89)である。
    • 福山市の西部市民センター管轄区域(旧・松永市の地域)の084(市内局番は900~909、930、933~939)とは市内通話扱いとなる。

出かける[編集]

向島 — 尾道のすぐ対岸にある、造船および蜜柑や花卉の栽培が盛んな島。

因島 — 村上水軍の本拠地があった島。

生口島 (瀬戸田) — 西の日光ともいわれる絢爛華美な寺・耕三寺がある。

愛媛県今治市 — しまなみ海道を徒歩・路線バスなどで渡る。

しまなみ海道サイクリング — 尾道市と今治市を結ぶ全長約80kmのしまなみ海道を自転車で走る旅行プラン。


wts:Category:Onomichi

WikiPedia:尾道市 Dmoz:アジア/日本/広島/市町村/尾道市/