何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

富山県

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索
富山県の位置

富山県(とやまけん)は本州日本海側のほぼ中央部に位置する中部地方の県である。豊富な魚介類を誇る富山湾に面し、富山平野・砺波平野と広い平野があるが、背後にはすぐ3,000m級の北アルプスが控えており、山岳観光が盛んである。それらの山地から流れ出す雪解け水のため河川が多い。 [1]


地方[編集]

富山平野の中央部にある呉羽丘陵を境に東を呉東(ごとう)、西を呉西(ごせい)と呼ぶ。 また市町村界で区切り、東部・西部とすることもある。この場合、呉羽地区は呉西にあるが、富山市に含まれるため東部と扱われる。 さらに県東部を富山地区・新川地区、県西部を高岡地区・砺波地区に細分することがある。 富山県では高岡市が県西部を中枢を担い富山市が県東部の中枢を担う。 富山市は富山県の中央部でありながら県東部に属している。

富山県内の各地域
呉東 (富山市、魚津市、黒部市)
県東部。呉羽丘陵より東部の富山市を中心とする地域
呉西 (高岡市、南砺市、小矢部市)
県西部。呉羽丘陵より西部の高岡市を中心とする地域


市町村[編集]

東部(呉東)

  • 富山市 - 県庁所在地であり、県の中心都市。北陸電力の本店、日医工の本社、富山化学の研究所・工場がある。
  • 魚津市 - 新川地区の中心都市。春先に蜃気楼が見え、特別天然記念物の魚津埋没林がある。
  • 黒部市 - ファスナーで有名なYKKの国内主力工場がある。黒部川下流域に位置し、宇奈月温泉と黒部峡谷鉄道がある。
  • 上市町 - ムヒで有名な池田模範堂の本社・工場がある。

西部(呉西)

  • 高岡市 - 県西部の中心都市。歴史ある城下町で、高岡大仏、国宝瑞龍寺がある。
  • 南砺市 - 五箇山には世界遺産の合掌造り集落があり、また世界演劇祭がある旧利賀村を有する。
  • 小矢部市 - 源平合戦の古戦場である倶利伽羅県定公園への玄関口。スポーツ用品メーカー・ゴールドウィンの本店がある。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

概要[編集]

米どころのため農業県と思われがちだが、日本海側最大の工業地域であり、3つの港から成る伏木富山港により極東アジア諸国との環日本海貿易が盛んである。

気候[編集]

参考:富山市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)2.52.55.711.816.720.624.726.121.815.910.45.513.7
降水量 (mm)255.4173.1145.5122.5127.4183.3223.1186.0230.0158.8214.1235.72,245.1
データ出典

6月と9月には酷暑となることが多い。飛騨山脈のおかげで台風の被害は比較的少ないが、山脈を越えて吹きおろしてくる風の温度が高くなるフェーン現象のためである。

放送[編集]

ラジオ放送の周波数は以下のとおり。地域柄、外国波のラジオ放送を受信しやすい為、FM補完放送対応のラジオ受信機を持参することをお勧めしたい。

AM

  • NHK第1放送 648kHz
  • NHK第2放送 1035kHz
  • KNB 富山・高岡738kHz( FM補完放送 --- 90.2MHz) 新川・砺波(FM補完放送)80.1MHz


FM

  • NHK-FM 81.5MHz 宇奈月84.9MHz
  • FMとやま 富山82.7MHz 宇奈月85.8MHz 福光84.6MHz
  • ラジオたかおか(高岡市)76.2MHz
  • City-FM(富山市)77.7MHz
  • ラジオ・ミュー(黒部市)76.1MHz
  • エフエムとなみ(砺波市)76.9MHz
  • エフエムいみず(射水市)79.3MHz

着く[編集]

富山空港から富山県の中心部・富山市までは路線バスがある。また、東西を横断する北陸自動車道を利用して、富山県の各市町村を満遍なく行き来することが可能である。新幹線では県西部の新高岡駅、富山県中心部の富山駅、富山県東部の黒部宇奈月温泉駅がある。新幹線の富山駅では、立山黒部アルペンルート方面へのアクセスとなる富山地方鉄道が接続している。黒部峡谷鉄道へは黒部宇奈月温泉駅から富山地鉄に乗り換えて向かう(新幹線の富山駅からも黒部峡谷鉄道へアクセスできるが、黒部峡谷鉄道のみが目的であれば黒部宇奈月温泉駅がアクセスが良い)。

飛行機で[編集]

富山空港

富山市内にある富山空港利用。 東京便は往復4便、札幌便は往復一便、ソウル便は週三日の往復一便。大連便、上海便は週二日の往復一便。

列車で[編集]

富山駅
  • 東京方面 - 北陸新幹線 東京~長野~富山~金沢「かがやき」「はくたか」
  • 名古屋方面 - 特急「ひだ」または金沢乗換え特急「しらさぎ」
  • 大阪方面 - 金沢駅のりかえ特急「サンダーバード」
  • 新潟方面 - 上越妙高駅のりかえ特急「しらゆき」

車で[編集]

高速道路

  • 北陸自動車道
  • 東海北陸自動車道
  • 能越自動車道

バスで[編集]

高速バス

  • 東京~富山
  • 大阪~富山
  • 名古屋~富山
  • 新潟~富山
  • 金沢~富山
  • 東京~氷見・高岡・砺波
  • 仙台~富山

動く[編集]

列車で[編集]

電車は1時間に多くて2本程度の頻度である。

JR線

  • 北陸新幹線 - 県内を横断し、黒部宇奈月温泉駅・富山駅・新高岡駅に停車する。
  • 高山本線 - 富山駅より岐阜県方面へ南下する。名古屋へは飛騨高山を経由する特急「ひだ」が走る。
  • 氷見線 - 高岡駅より氷見方面。
  • 城端線 - 高岡駅より城端・砺波方面。

あいの風とやま鉄道

  • (直江津方面)~市振~泊~魚津~富山~高岡~倶利伽羅~(金沢方面)

富山地方鉄道

  • 本線 - 電鉄富山駅より上市・滑川・魚津・黒部・宇奈月温泉方面を結ぶ。
  • 立山線 - 電鉄富山駅より岩峅寺・立山方面を結ぶ。
  • 不二越・上滝線 - 電鉄富山駅より南富山・岩峅寺方面を結ぶ。
  • 富山市内軌道線 - 富山駅南側の市街地を走る路面電車。

富山ライトレール

  • 富山駅北の岩瀬地区方面に向け走る。

万葉線

  • 高岡市内と射水市新湊地区を結ぶ路面電車。

車で[編集]

道路網は良好に整備されており、県域移動には自動車が便利である。但し、冬季は雪が降るため、車を利用する際はスタッドレスタイヤを装備、チェーンは必ず携行すること。

富山県区間の国道8号線は渋滞の地獄として有名である。

観る[編集]

立山黒部アルペンルート — 3,000m級の北アルプスを貫き、ケーブルカーやロープウェイなどで横断する国際的にも有数の大規模山岳観光ルート。4~5月には20mもの雪の壁をバスで抜ける「雪の大谷」は圧巻。夏季は高山植物が花開き、9月には紅葉が美しい。10月になると初雪を観測する。

立山連峰 — 県東部からは立山、剣岳といった山々が見ることができる。高岡市から氷見市沿岸にかけては富山湾を挟んで見ることができる。

黒部峡谷鉄道 — 日本三大峡谷の一つ黒部峡谷をトロッコ列車で走る。21の鉄橋と41のトンネルをくぐり抜けV字峡を楽しむことができる。紅葉シーズンは峡谷全体が赤く染まる。また沿線には多くの秘湯がある。

五箇山合掌集落岐阜県の白川郷と共に、1994年に世界文化遺産に指定された。山間の小さな村に残る日本の原風景である。合掌造り集落をライトアップする「窓あかり」が人気。

彫刻の里 井波 — 土真宗・大谷派の瑞泉寺の門前町である井波町。伝統ある木彫り彫刻店が並ぶ。彫刻を体験できる施設もある。

魚津埋没林 — 特別天然記念物。


ほたるいかミュージアム — 詳細は滑川市の「観る」項目にて参照されたい。

瑞龍寺 — 加賀3代藩主・前田利常が、2代藩主利長の菩提寺として、18年の歳月をかけて建立した。1997年には、山門、仏殿、総門が国宝指定を受けた。ちなみに建築物としては法隆寺以来である。

黄金の茶室 — 浄土真宗・大谷派の長福寺内に建立された木造建てで、金沢の金箔・漆の技術を使用した黄金の茶室。極楽浄土を体感できるとともに、天下人秀吉の気分も味わうことができる。

遊ぶ[編集]

宇奈月温泉 — 県内随一の温泉街。多くの宿が黒部川を望む場所に位置し、山々と相まって美しい自然を堪能できる。また黒部峡谷鉄道の出発点でもある。

越中おわら風の盆 — 毎年9月に富山市八尾町で行われ、石畳の坂の街を優雅に踊り流す。

食べる[編集]

天然のいけすと言われる富山湾の海の幸、田園地帯で実るコシヒカリ、そして山の幸と自然環境に恵まれ食材の宝庫である。

ブリ — 冬季に氷見漁港で水揚げされる脂ののった寒ブリは「氷見ブリ」と呼ばれるブランド魚。刺身やブリ大根や照り焼きが代表的な料理法だが、薄くスライスしたブリを湯にくぐらせるブリしゃぶも美味である。

ほたるいか — 富山湾の神秘と呼ばれ、青白い光を放つ光景は幻想的。茹でて酢味噌をかけて食べたり、刺身としても食される。沖漬け(醤油漬け)や、炙って食べる素干しもある。

白えび — 漁獲量や流通の問題から県外にはあまり出回らない。白く透き通り、上品な風味である。刺身やかき揚げに料理される。

昆布〆刺身 — 旬の魚介を昆布ではさみ熟成させた郷土料理。昆布の味が魚介に染み込み、普通の刺身として食すとはまた違った美味。

ますの寿司 — 笹の葉に包んだ鱒の押し寿司で、駅弁として全国的に有名だが、富山市内には多くの銘柄があり、それぞれの特色を生かした味付けがなされている。

かまぼこ — 赤や青で巻いたナルトを太くしたような外観。味は他地域に比べ濃厚で歯ごたえがある。特に昆布で巻いたものは昆布の味が染み美味である。また結婚式の引き出物に使われる鯛の形をした飾り蒲鉾は職人技。

かぶら寿司 — 寒ブリをカブにはさんで糀漬けにしたもの。富山の冬の代表的な味。

氷見うどん — 強いコシと粘り、ツルっとした上品な喉ごしの全国でも知る人ぞ知る名うどん。

大門素麺 — 細く長い手延べ素麺で、丸く曲げた形が特徴。

富山干柿 — 干柿の産地は全国に多々あるが、干柿の中でも最高級とされる逸品。

飲む[編集]

米どころであり、水にも恵まれているため、日本酒は多くの銘柄がある。立山酒造の「立山」や銀盤酒造の「銀盤」が代表的な銘酒である。

気を付ける[編集]

冬山に登る前に・・・
富山県には「富山県登山届出条例」という地方自治体の条例があり、対象地区は「剱岳周辺」となっている。特に、冬山の登山はこの条例が適用される為、条例に沿った行動が望まれる。剱岳登山の難易度はかなり高く、「登山届」の提出は必須である。
雪道での運転には細心の注意を
富山県は新潟などと並び豪雪地帯である。雪道、とりわけ山間部の道路での急発進・急ブレーキはたいへん危険で、時に人身事故も発生するので要注意。冬は公共交通機関も雪のために運休となることが多いが、雪国での運転に慣れていない旅行者は冬場の運転を避けることが無難である。

出かける[編集]

暮らす[編集]

  • 富山県はとてもローカルなイメージで働き口も少ないと思われがちだが、富山県を本拠地とする企業にはYKK、三協立山アルミ、インテック、川田工業、富山化学、日医工、立山化学、ゴールドウィン、トナミ運輸など大手企業があり、富山であるからとくに就職に困るということはない。ただ、田舎だけあって電車の本数も少なく通勤・通学では苦労することもあるので、富山で生活するなら車を持つことが重要になる(小さな子供だけでなく、高校生でも親と同伴で通院や買い物をする姿が珍しくない)。
  • 11月下旬から本格的に雪が積もり始める。富山県民の多くの家庭ではスタッドレスタイヤを所持しており、この時期になると、自動車整備工場では「スタッドレスラッシュ」と言われるように、スタッドレスタイヤの交換を行う客でにぎわっている。
  • 富山県の住宅事情は、各種統計で「持ち家率」や「一住宅あたり延面積」で全国1位となっていることからわかるように、広い住居であることが特徴。
  • 富山県とお隣の石川県では文化にも類似するものが多く、実際に富山弁と金沢弁を研究した教授によると方言の単語が双方で通じることが多いそうで、文化面での共通点も多いということがしばしば見受けられる。
  • 富山県に本店をおく北陸銀行では、北海道銀行、横浜銀行、大垣共立銀行、福邦銀行、にいかわ信用金庫、のと共栄信用金庫、高山信用金庫、富山県信用組合の8金融機関のキャッシュカードでも他行利用手数料無料でATMが利用できる(共通の新規口座を作る、といったことはできない)。
  • 飛騨山脈・飛騨高地の伏流水の恩恵を受け、井戸水を利用している家庭が多い。




Wikitravel Shared Logo 富山県に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「富山県」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。