何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

安来市

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索

安来市(やすぎし)は島根県東部にある市。 [1]

足立美術館の枯山水庭園。


分かる[編集]

  • 2004年10月1日に安来市(やすぎし)・広瀬町(ひろせちょう)・伯太町(はくたちょう)が合併し、新たに安来市(やすぎし)が誕生した。
  • どじょうすくい踊りの安来節で知られるほか、日本古来の伝統製鉄法「たたら」ゆかりの地であり、古墳時代から戦国時代までの旧跡も残るまち。

観光案内所[編集]

  • 安来観光交流プラザ アラエッサ♪YASUGI — JR安来駅舎内にあり、観光案内や特産品の販売を行なう。  電話  0854-23-7667  時間  7:30~19:00(大晦日・元旦は休業)。  WEB  [2]


着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄りの空港は、島根県にある出雲縁結び空港ではなく、鳥取県の境港市にある米子鬼太郎空港。安来市と直接結ばれた公共交通機関はないので、米子駅経由でJR境線か空港連絡バスとJR山陰本線の乗り継ぎが必要。

列車で[編集]

観光交流プラザ「アラエッサ♪YASUGI」が入居する安来駅舎。

山陰本線の安来駅が起点となる。但し、一部の特急列車は安来駅に停車しないものもあるので、注意が必要。

  • 東京駅・名古屋駅・京都駅・新大阪駅・新神戸駅からは新幹線「のぞみ」を利用し、岡山駅で特急「やくも」に乗り換える。所要時間は東京駅から約5時間30分、名古屋駅から約4時間、京都駅から約3時間20分、新大阪駅から約3時間、新神戸駅から約2時間55分である。また、東京駅からは寝台特急「サンライズ出雲」も利用でき、所要時間は約11時間10分である。
  • 鳥取駅・倉吉駅・米子駅からは特急「スーパーまつかぜ」「スーパーおき」「やくも」を利用する(やくもは岡山駅始発のため伯耆大山駅・米子駅より先のみ)。所要時間は鳥取駅から約1時間10分、倉吉駅から約40分、米子駅から約10分である。
  • 益田駅・浜田駅・江津駅・大田市駅・出雲市駅・松江駅からは特急「スーパーまつかぜ」「スーパーおき」「やくも」を利用する(やくもは出雲市駅始発)。所要時間は益田駅から2時間30分、浜田駅から2時間、江津駅から約1時間45分、大田市駅から約1時間20分、出雲市駅から約50分、松江駅から約20分である。
  • 岡山駅・倉敷駅からは特急「やくも」を利用する。所要時間は岡山駅から約2時間10分、倉敷駅から約2時間である。
  • 松山駅からは特急「しおかぜ」、高知駅からは特急「南風」を利用し、岡山駅で特急「やくも」に乗り換える。所要時間は松山駅から約3時間50分、高知駅から約4時間30分である。

車で[編集]

山陰自動車道の安来インターを利用する。

バスで[編集]

安来市内の山陰自動車道にバスストップが設置されていない(ほとんどが高架なので設置できる場所が無い)ため、安来市内に停車する高速バスは無い。


動く[編集]

列車で[編集]

市内を走る鉄道の路線と駅は以下のとおり。

JR 山陰本線[編集]

米子市 米子駅) ― 安来駅 ― 荒島駅 ― (松江市 揖屋駅)

なお、2016年12月からICカード「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca」「TOICA」「ICOCA」「PiTaPa」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」が利用できるようになる予定。

バスで[編集]

安来市内ではコミュニティバスの「イエローバス」(大人¥200、子供¥100)が主力となっている。なお、一部の路線は隣接する鳥取県米子市にも乗り入れているが(この場合は大人¥350、子供¥180)、米子市内のみの利用はできない。 安来市イエローバス情報

一般路線バスは鳥取県米子市と松江市を結ぶ日ノ丸バスの幹線1路線のみである。

フリー切符[編集]

  • イエローバス1日乗車券 — コミュニティバスの「イエローバス」が乗り放題。  料金  大人¥500、子供¥250

足で[編集]

  • 観光レンタサイクル — JR安来駅舎に併設された観光交流プラザ「アラエッサ♪YASUGI」で貸出し。  電話  0854-23-7667  時間  9:00~18:00  料金  4時間以内500円、その後1時間ごとに100円追加(安来特産二十世紀梨ジュース付)。  WEB  [3]


観る[編集]

  • 安来市観光ボランティアガイドの会 — 各種のガイドツアーを催行(有料)。いずれのコースも7日前までに要予約。  電話  0854-22-2210  WEB  [4]


足立美術館 地図  
横山大観をはじめとした近現代日本画を豊富に展示。また施設内の広大な日本庭園は、米国の『Journal of Japanese Gardening』誌で11年連続1位、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』が三ツ星の評価が与えるなど、高く評価されている。JR安来駅から無料シャトルバスが運行されており、そのうちの2便はJR米子駅を発着する。また玉造温泉と皆生温泉からも午前中に1便、無料バスが運行されている(美術館行きのみ)。安来市のコミュニティバス・イエローバスの鷺の湯温泉停留所も最寄り。
 所在  安来市古川町320  電話  0854-28-7111  WEB  [5]
 開場時間  9:00~17:30(10~3月は17時まで)。  料金  大人 ¥2000。
足立美術館


安来節演芸館 地図  
桟敷席をイメージした立派なホールで、毎日数回の安来節・どじょうすくい踊りの公演が鑑賞できる。公演後には保存会のメンバーによる指導を受けることも可能。資料展示室・物販店のほか、どじょう料理を楽しめる食事処も併設。建物前にイエローバスの停留所あり(足立美術館に隣接)。
 所在  安来市古川町534  電話  0854-28-9500  WEB  [6]
 開場時間  10:00~17:00(水曜休、ほかに施設貸切などで休館の場合あり)。  料金  大人 ¥600。
安来節演芸館


吉田酒造 地図  
銘酒「月山(がっさん)」を醸造。蔵見学が可能(要予約)。
 所在  安来市広瀬町広瀬1216  電話  0854-32-2258  WEB  [7]
 開場時間  10:00~16:00(第2土曜・日祝休み)。  料金  


遊ぶ[編集]

買う[編集]

青砥酒造 地図  
銘酒「蒼斗七星(あおとしちせい)」「ほろ酔」を醸造。蔵見学は不可だが商品購入が可能。
 所在  安来市広瀬町布部1164-4  電話  0854-36-0006  WEB  [8]
 営業時間    値段  


食べる[編集]

安食堂[編集]

カフェ ロッソ (CAFE ROSSO)  
バリスタチャンピオンが経営するカフェ。
 所在  安来市門生町4-3。  電話  (0854) 22-1177  WEB  [9]
 営業時間  10:00~18:00、定休日 日曜(祝日の場合は営業)  予算  

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

竹葉  
足立美術館に隣接。
 所在  安来市古川町438。  電話  (0854) 28-6231  WEB  [10]
 時間    料金  

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 安来市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「安来市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。