何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

安曇野市

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
わさび農園内にある水車小屋

安曇野市(あづみのし)は長野県の松本盆地の北側にある田園都市。安曇野市ホームページ


分かる[編集]

2005年10月1日に穂高町、豊科町、明科町、三郷村、堀金村の5町村が合併して誕生した。

  • 安曇野市観光協会 WEB  [1]
  • 穂高駅前観光案内所 — 通常の観光案内の他に、登山案内人が7月~8月にかけ常駐し、登山計画書の受付や相談に応じている。  所在  穂高5948-3。JR穂高駅駅前ロータリー内。  電話  (0263) 82-9363  時間  9:00~17:00。
  • 安曇野アートライン WEB  [2]

着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄の空港は信州まつもと空港 (IATA: MMJ) を利用する。 フジドリームエアラインズ(FDA)が福岡線、札幌線(新千歳)および静岡線を運行している。航空券の予約・空席照会・運賃案内 - フジドリームエアラインズ(FDA)

空港から直接、当市に移動する手段はない。 空港からは、松本電鉄バスの空港・朝日線(信州まつもと空港連絡バス)に乗り、終点の松本バスターミナルで下車、松本駅からJRを利用する。松本市周辺 バス路線ご案内

列車で[編集]

観光としての玄関口は大糸線の穂高駅、中心市街地に近い駅は大糸線の豊科駅。

東京方面からは特急「あずさ」、名古屋方面からは特急「しなの」で松本まで向かい、その後普通列車に乗り換え。

豊科、穂高方面
松本、糸魚川方面からはJR大糸線を利用する。
特急「あずさ」には下りの南小谷行きが1日1本、上りの南小谷始発がそれぞれ1日1本ずつあり、それらは全て豊科駅と穂高駅に停車する。
  • 松本駅から穂高駅まで普通列車で約30分。昼間、普通列車は毎時1本程度運行。
明科方面
松本や長野から篠ノ井線を利用する。田沢駅又は明科駅で下車。
特急「しなの」の一部が明科駅に停車する。
松本駅から明科駅まで普通列車で約15分。毎時1本運行。

車で[編集]

長野自動車道がある。市内にある豊科インターチェンジで降りる。

  • 豊科市街地へは西へ左折して進む。
  • わさびで有名な穂高方面へは北へ直進する。
  • 明科方面へは東へ右折して国道19号線を北へ進む。

あるいは、ETC取付車専門の梓川SA/スマートインターチェンジを利用する(12m長の車は不可)。

  • 国道147号線高家バイパスへ接続。

バスで[編集]

松本電鉄バス松本バスターミナルから
梓川線で梓橋下車、

市街地からはかなり離れている。松本電鉄バス

新宿(新宿高速バスターミナル(新宿駅西口BTとも))から
京王バス・松本電鉄により共同運航されている、白馬~新宿線を利用して安曇野スイス村停留所で途中下車する(要事前予約)。所要時間は約3時間30分、(通常)¥3,600。双葉SA・梓川SAで途中休憩がある(各約10分)。高速バス白馬-新宿線
新宿発は、ヨドバシカメラ新宿西口本店の前の1,2,3番乗り場利用であるが、発車台数が多い週末を中心に、明治安田生命新宿ビル前の26番乗り場~と変更になることが多いため、現地での案内を確認することが必要である。
安曇野スイス村で下車するが市街地・その他観光地からは離れており、事前に交通手段を用意しておいたほうがよい(知人・タクシーなど)。歩きもよい。期間限定で豊科駅方面とあづみ野の里、穂高駅方面へ路線バスが出ている。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

JR 大糸線[編集]

(松本市 島高松駅) ― 梓橋駅 ― 一日市場駅 ― 中萱駅 ― 南豊科駅 ― 豊科駅 ― 柏矢町駅 ― 穂高駅 ― 有明駅 ― 安曇追分駅 ― (松川村 細野駅)

JR 篠ノ井線[編集]

(松本市 松本駅) ― 田沢駅 ― 明科駅 ― (筑北村 西条駅)

車で[編集]

交通規制[編集]

毎年8月第1日曜日に開催される「信州安曇野わさび祭り」の際、穂高駅前通り周辺に交通規制が敷かれる。規制区間となるのは「かねなか金物店」~「依田印房」間 (9:00~21:30) と「依田印房」~「小笠原わさび店」西間 (18:00~21:30) 。

タクシーで[編集]

南安タクシー本社営業所 電話  (0263) 72-2858

バスで[編集]

周遊バス — 穂高地区を走る安曇野 周遊バスが便利。わさび畑・高橋節郎美術館方面、アートヒルズ・山麓方面の2系統がある。1日乗車券(中学生以上¥500、小学生・障害者¥300、幼児無料)が販売されている。ただし季節限定の運行である。2011年4月16日~10月30日。安曇野 周遊バス)

あづみん — 新・公共交通システム「あづみん」には定時定路線とデマンド交通がある。[3]

  • 定時定路線 — 朝夕のみ運行、土日祝日運休。登録・予約不要。
    • 穂高明科路線 — 定時定路線専用駐車場 ‐ 穂高駅前 ‐ 穂高病院前 ‐ 高橋節郎記念美術館口 ‐ 押野 ‐ 塔ノ原 ‐ 明科駅前。
    • 豊科田沢路線 — 定時定路線専用駐車場 ‐ 安曇野市役所前 ‐ 豊科駅前 ‐ 安曇野赤十字病院前 ‐ スワンガーデン前 ‐ 豊科インター東 ‐ 田沢駅前。
    • 明科スクールバス — 明科駅前 ‐ 会田口 ‐ 明科高校口 ‐ 潮 ‐ 山十前 ‐ 学校前 ‐ 天白 ‐ 沢六 ‐ 山中 ‐ 小日向口 ‐ 離山 ‐ 花見橋 ‐ 竹の花 ‐ 松庄入口 ‐ 峰方授産所前 ‐ 李口 ‐ 中田橋 ‐ 白坂口。一般も利用可能、夕方のみ。
  • デマンド交通 — 事前登録が必要、予約制、土日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は運休。


池田町営バス 町営バス時刻表

  • 安曇野線 — (至池田町)⇔安曇追分駅前~穂高駅前~豊科駅前。
  • 明科線 — 明科駅前~下里医院前~上押野⇔押出~(至池田町)。

生坂村営バス 長野県生坂村/村営バス

  • 犀川線 — 明科駅前~睦橋~(至生坂村)(小立野経由:明科駅~公民館前~至生坂村)。小立野経由と国道経由の2パターンあり、小立野経由の方が多い。

中房温泉行きバス(中房線) — スイス村~穂高駅前~しゃくなげ荘前~有明温泉有明荘前~中房温泉(燕岳登山口)。中房温泉行き定期バス 4月29日~11月23日の期間限定運行。

自転車で[編集]

有料のレンタサイクルは、穂高駅前にある各店舗で貸し出されている。

  • ひつじ屋 — 普通、電動、マウンテンバイクのレンタルを行っている。店頭での貸し出しの他、配達・回収(有料)や、レンタル中の車の無料駐車・荷物預かりサービスも行っている。利用者には市内各地で利用できるお得なクーポン券がもらえる。  所在  安曇野市穂高5951-1。JR穂高駅前。  電話  (0263) 82-3888  時間  8:30~17:30(不定休)。  料金  普通:¥300/時間、¥2,000/日、電動:¥400/時間、¥2,500/日、マウンテン:¥500/時間、¥3,000/日。  WEB  [4]
  • しなの庵 — 普通、電動、マウンテンバイク、タンデムのレンタルを行っている。店頭での貸し出しの他、配達・回収(無料)や、無料荷物預かりサービスも行っている。  所在  安曇野市穂高5951-2。JR穂高駅前。  電話  (0263) 82-3730  料金  普通:¥200/時間、¥1,500/日、電動:¥300/時間、¥1,800/日。  WEB  [5]  e-mail  [6]
  • 久保田自転車 所在  安曇野市穂高5951。JR穂高駅前。  電話  (0263) 82-4071

大糸線を基準として、西側(北アルプス側)は緩やかな上り坂になっており、東側(大王わさび農園側)は平地となっている。気軽にサイクリングを楽しみたいのであれば、大糸線の東側をまわるとよい。

  • せせらぎの小路
    せせらぎの小路 — 万水川(よろずいがわ)沿いに延びる景色のよい砂利道。  所在  万水川沿い(等々力大橋~万水橋) 地図

足で[編集]

徒歩では安曇野市内を1日で周わることはできない。

廃線巡り[編集]

明科駅より北へ会田川を渡り、しばらく北上すると篠ノ井線の廃線敷が見られるので列車の発車まで廃線巡りもよいであろう。余談だが廃線敷は潮沢川を沿いに筑北村まで10km以上続いている。道中にケヤキ林やレンガ造りのトンネルなどの山々の自然と天然の風景を楽しむことができる。車で行く場合、途中に駐車場があるので使用するとよい。ツアーもある。事前予約すればッ途中の「けやきの森公園」にある釜でオヤキが食べられる。

観る[編集]

安曇野スイス村  
 所在  豊科南穂高5555-1。高速バスを利用。  電話  (0263) 72-7878  WEB  [7]
 開場時間    料金  


碌山美術館 (ろくざんびじゅつかん) 地図  
明治時代の彫刻家である荻原守衛(おぎはらもりえ、碌山)と彼と交友関係があった彫刻家の作品を展示している美術館。「北条虎吉像」や「女」(厳密にはそれらの石膏原型)が重要文化財に指定されている。
 所在  穂高5095-1。JR穂高駅から徒歩500m。  電話  (0263) 82-2094  WEB  [8]
 開場時間  9:00~17:10(3月~10月)、9:00~16:10(11月~2月)、入館は閉館時間の30分前まで。休館日:月曜日・祝日の翌日・12月21日~12月31日。  料金  大人¥700、高校生¥300、小中学生¥150。
碌山美術館


高橋節郎美術館  
 所在  穂高北穂高408-1。  電話  (0263) 81-3030  WEB  [9]
 開場時間  3月~11月 9:00~17:00、12月~2月 9:00~16:00。月曜日休館。  料金  閲覧料大人¥400、高校・大学生¥300、中学生以下・70歳以上無料。


井口喜源治記念館  
 所在  安曇野市穂高4312。  電話  (0263) 82-5570  WEB  [10]
 開場時間    料金  


豊科近代美術館  
 所在  豊科5609-3。JR豊科駅下車徒歩10分。  電話  (0263) 73-5638  WEB  [11]
 開場時間  9:00~17:00(入館14:30まで)。  料金  観覧料大人¥500、大学生・高校生¥300、中学生・小学生¥150。


安曇野ジャンセン美術館  
 所在  穂高有明4018-6。  電話  (0263) 83-6584  WEB  [12]
 開場時間  9:30~16:30、火曜日休館。  料金  入館料大人¥850、小・中学生¥500。


大王わさび農場 地図  
日本最大規模のわさび農場。わさび農園の中を散策できるように遊歩道が整備してあり、ペット連れでも入園可能である。園内の売店やレストランでは、わさびソフトクリームやわさびコロッケ、わさびジュース、わさびビール、わさびカレーなどわさびを使った様々な飲み物や食べ物を味わうことができる。園内にある水車小屋は黒澤明監督の映画『夢』のロケ地にもなった。
 所在  穂高1692  電話  (0263) 82-8112  WEB  [13]
 開場時間  9:00~16:30(冬季)、営業時間は季節によってこまめに変わる。  料金  入園無料。
大王わさび農場


穂高神社 地図  
日本アルプスの総鎮守。交通安全にご利益がある。
 所在  穂高6079。JR穂高駅下車徒歩3分。  電話  (0263) 82-2003  WEB  [14]
 開場時間    料金  拝観無料。
穂高神社


満願寺  
信濃三十三番札所の二十六番札所。
 所在  穂高牧1812。


等々力家 (とどりきけ) 地図  
江戸時代につくられた家屋と庭園が残っている。松本藩主が鮭鴨猟をしたときに休憩所として利用した。入口にある町屋門には百姓一揆の傷が残っており、この門は町の重要文化財に指定されている。
 所在  安曇野市穂高等々力2945  電話  (0263) 82-2889  WEB  
 開場時間  8:30~16:30  料金  大人・高校生¥300、中学生¥100。
等々力家


道祖神 地図  
石に彫刻された神様。道路の傍らに祀られている。安曇野市内には400体ほどある。古くからあるものや観光資源として最近つくられたものなど、石像自体の歴史は1つ1つ異なる。道祖神のNHKの連続テレビ小説「水色の時」で登場した道祖神が有名。
 所在  安曇野市内の各地。「水色の時」道祖神は地図を参照。
道祖神


早春賦(そうしゅんふ)歌碑公園 地図  
安曇野の早春を歌った曲「早春賦」の歌碑がある。大正時代に吉丸一昌が作詞、中田章が作曲した。穂高川の堤防沿いの桜並木の中にあるので、桜の時期にはお花見、サイクリングシーズンには木陰の下のベンチで休憩するとよい。
 所在  穂高川堤防沿い。
早春賦(そうしゅんふ)歌碑公園


長峰山天平の森  
長峰山にある森林体験センター。長峰山山頂からの景色は川端康成、井上靖、東山魁夷らが絶賛したという。
 所在  安曇野市明科光2573-35。  電話  (0263) 62-6235  WEB  [15]
 開場時間    料金  

遊ぶ[編集]

豊科温泉 (とよしなおんせん)  
市営の日帰り入浴施設「湯多里山の神(ゆったりやまのかみ)」がある。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉。
 所在  JR篠ノ井線田沢駅からタクシーを利用。  電話  (0263) 73-5422  WEB  [16]
 営業時間  10:30~20:30。毎月第2火曜日・大晦日・元日は休み。  料金  大人¥400、小人¥200。3時間を超える場合は1時間毎に大人¥200、小人¥100の休憩料がかかる。


中房温泉 (なかぶさおんせん)  
内湯と外湯を合わせて16か所の風呂があり、そのうちの一つ(男女別露天風呂)が日帰り入浴可の立寄り湯となっている。泉質は単純硫黄泉。近くに別の宿(国民宿舎)があるが、恐らく営業上の理由で1軒宿とされている。
 所在  JR大糸線穂高駅からバスで50分、穂高駅からの運賃は片道¥1,610。  電話  090-8771-4000、冬季事務所(0263) 77-2008。  WEB  [17]
 営業時間  立寄り湯9:00~16:00。  料金  立寄り湯¥700。


穂高温泉郷 (信州あづみ野穂高温泉旅館組合)  
 所在  大糸線穂高駅からタクシーで10分。長野自動車道豊科ICから車で約20分、北陸自動車道糸魚川ICから車で約100分(国道148・147号線経由)。  WEB  [18]


信州安曇野わさび祭り  
8月の第1日曜日に開催される。2部構成で、第一部がYOSAKOI安曇野、第二部が納涼祭となっている。
 所在  穂高駅前通りと穂高神社北神苑。


安曇野花火  
2007年から始まった花火大会。打ち上げ開始は20:00。
 所在  明科御宝田遊水池周辺。  WEB  [19]


信州安曇野薪能  
夕日に染まる北アルプスの雄大な自然を背景とした特設舞台で演じられる能と狂言を楽しむことができる。元々は1991年から15年間続いた「水郷明科薪能」であった。2008年は8月23日(土曜日)に開催。
 所在  明科龍門渕公園の特設能舞台、JR篠ノ井線明科駅から徒歩5分。雨天の場合は明科体育館。  電話  (0263) 81-3111 事務局(安曇野市教育委員会内)  WEB  
 営業時間    料金  前売り¥3,000、当日¥3,500。学生¥1,000、高校生以下¥500。

トレッキング・登山[編集]

表銀座縦走路  
中房温泉~燕岳~大天井岳~常念岳~上高地の尾根ルート槍ヶ岳にもいける中部山岳国立公園でも人気の縦走路のひとつ。周囲の山々の大パノラマと高山植物が美しい。
 所在    電話    WEB  [20]
 営業時間  2泊3日  料金  


燕岳  
ツバクロともよばれる。白亜の花崗岩が美しい山(標高2,763m)「日本二百名山」「新日本百名山」合戦尾根の急坂を登るが途中合戦小屋で甘いスイカも食べられたり、ベンチもあるのでさほど苦にはならずに登れる。中房温泉~燕岳往復約7時間


大天井岳  
表銀座コースで最高峰の山(標高2,922m)「日本二百名山」。中房温泉~燕岳経由、1泊2日コース。

買う[編集]

スワンガーデン安曇野  
 所在  安曇野市豊科南穂高1115。  電話  (0263) 73-8323  WEB  [21]
 営業時間    値段  


道の駅アルプス安曇野ほりがねの里  
 所在  安曇野市堀金烏川2696。  電話  (0263) 73-7002。  WEB  [22]
 営業時間  ほりがね物産センター 7:00~18:00(6月~9月)、8:30~17:00(10月~5月)。  値段  


南穂高農産加工株式会社  
わさびやニジマスの甘露煮など販売
 所在  豊科南穂高5148-3  電話  (0263) 72-2240  WEB  [23]
 営業時間    値段  


西村菓子舗  
明科駅前の和洋菓子店。贈答用で「円揚げ」も販売。
 所在  安曇野市明科中川手3728-イ。  電話  (0263) 62-2115  WEB  
 営業時間  8:30~19:30  値段  

食べる[編集]

おすすめ[編集]

そば  


わさび  


わさびソフト  
わさびの後味がかすかに広がる。
わさびソフト


円揚げ  
ニジマスを背開きにして、揚げた料理。
 WEB  [24]


安食堂[編集]

寿々喜そば店  
碌山美術館の向かいにある蕎麦屋。蕎麦の盛りの多さで有名。
 所在  安曇野市穂高5609-3。  電話  (0263) 82-4024  WEB  
 営業時間  11:00~17:00(冬季 ~16:00)、定休日 月曜  予算  

中級[編集]

そば処 上條 地図  
食事の前に、つゆを付けずに井戸水に入っている蕎麦を食べてから、注文した蕎麦を食べる。冷そばの上に温玉・そば焼味噌など10種類の具がのった天恵そばは、見た目や味や栄養バランスがよい。
 所在  安曇野市穂高5256-1  電話  (0263) 82-4411  WEB  [25]
 営業時間  11:00~15:00、月曜定休。  予算  天恵そば¥1,260、もりそば¥840。
そば処 上條


天平の森  
明科長峰山森林体験センター内の食堂。
 所在  安曇野市明科光2573-35。  電話  (0263) 62-6235  WEB  [26]
 営業時間  10:00~16:00 (11・12・3月 ~15:00)  予算  円ら揚げ丼 ¥680

高級[編集]

レストラン ラヴニール (RESTAURANT L'avenir)  
ジビエ(鹿や猪など、野生鳥獣の肉)を扱うレストラン。
 所在  安曇野市穂高5761-7  電話  (0263) 81-3455  WEB  [27]
 営業時間  11:30~14:00、18:00~20:00  予算  ランチ¥1,500~(土日祝¥1,800~)、ディナー(コース)¥3,150~

飲む[編集]

泊まる[編集]

山小屋[編集]

安宿[編集]

江戸川区立 穂高荘  
区民以外も利用可。区内からの観光付き送迎バス「穂高号」や、JR穂高・明科駅送迎マイクロバスを利用できる。
 所在  穂高有明2105-22。  電話  (0263) 83-3041  WEB  [28]
 時間    料金  1人1泊2食 区外:一般¥9,675/1人、¥9,175/2人、¥8,675/3人、小学生¥6,675/1人。


安曇野パストラルユースホステル  
穂高駅下車、レンタサイクルで30分、駅前のしなの庵と相互乗り捨て可。
 所在  穂高有明8508-1。  電話  (0263) 83-6170  WEB  [29]
 時間    料金  

中級[編集]

穂高タウンホテル  
穂高駅より徒歩15分。
 所在  穂高2509‐1。  電話  (0263) 82-8888
 FAX  (0263) 82-8881
 WEB  [30]
 e-mail  [31]
 時間    料金  


中房温泉  
燕岳登山口にある温泉宿。冬季休業。
 所在  穂高有明 7226。  電話  (0263) 77-1488  WEB  [32]
 時間    料金  


国民宿舎 有明荘  
 所在  中房国有林内。  電話  (090) 2321-9991  WEB  [33]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 9:30   料金  


市営しゃくなげ荘  
 所在  路線バス中房線で穂高駅からの運賃は¥410、中房温泉と有明荘からは¥1,200。無料送迎もあるが、中房線運行日の4月末~11月中頃迄はあまり運行していない。  電話    WEB  
 時間    料金  


ホテルルートインコート安曇野豊科駅南  
豊科駅より徒歩約2分。
 所在  豊科4677-1。  電話  (0263) 73-0011  WEB  [34]
 時間    料金  


ほりでーゆ~ 四季の郷  
天然ラドン温泉を利用した公共の温泉宿泊施設。
 所在  安曇野市堀金鳥川11-1。  電話  (0263) 73-8500  WEB  [35]
 時間    料金  

高級[編集]

御宿 穂高城  
穂高温泉郷にある東日本随一の貸し切り温泉を完備する宿。
 所在  安曇野市穂高有明2177-27。  電話  (0263) 84-5110  WEB  [36]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  

山小屋[編集]

出かける[編集]



Wikitravel Shared Logo 安曇野市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト