何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

宇宙

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
これは「その他の旅行先」の記事です。
flame

宇宙は地球の大気圏外に広がる空間。これまで一般の人にとってはあくまでも「眺める」対象であったが、最近はウィキトラベルで取り上げるような「出かける」対象にもなりつつある。宇宙旅行に関する動向を以下に記述する。


宇宙ツアー売り出し開始[編集]

こんなウィキトラベラーが登場するのはいつのことか?

日本の大手旅行会社JTBが2005年10月から宇宙旅行のツアー各種を売り出した[1]。同月24日の新聞報道では、同日、この企画に第1号の申し込みがあったことが報じられている。「開発中のロケットで高度100kmまで上昇し、数分間の無重力を体験できる宇宙体験旅行(約1,100万円)に1人の顧客が同時に申し込んだ。」(毎日新聞)とのことである。メインページに「宇宙」の項目が出たときはさすがに冗談かと思ったが、話がいきなり現実味を帯びたものとなり、もはや「宇宙旅行」と聞いて、夢物語と笑い飛ばすこともできなくなってきた(なぜなら、そういう商品が現実に売り出されて、しかもそれを買う人がいるのだから)。さて、気になるツアーの催行時期であるが、「宇宙体験旅行はロケット完成後、2007年にも実施予定。」(同新聞)だそうだ。

もっともこの企画、一番安い宇宙体験飛行(弾道飛行)でもお一人様1,100万円、本格的な月旅行だと110億円(US$1億)とのこと。「宇宙旅行が庶民に手が届くようになるまで、さしあたりウィキトラベルは地上を目指す」と宣言しているウィキトラベルにとって、本格的な宇宙旅行の記事が出るにはまだ相当時間がかかりそうだ。


宇宙港[編集]

個人向け商業宇宙旅行会社、スペースアドベンチャー社(アメリカ)は、 2006年2月17にアラブ首長国連邦 (UAE) ドバイ近郊のラアス・アル・ハイマ (Ras Al-Khaimah)[2]、また同月20日にはシンガポール[3]にそれぞれ宇宙港 (Space Port) を建設する計画を発表した。また、同社はこれら2つ以外の地域(北米など)にも今後宇宙港の建設を進めていくことを同時に発表している。

宇宙港はいずれも本格的な軌道へのロケットの打ち上げではなく、宇宙空間への体験型弾道飛行を目的としたもので、地上100kmくらいまで上昇し、約5分間の宇宙飛行を体験するというものである。なお、両国に設置予定の宇宙港はどちらも空港に併設された施設となる予定である(ちなみに、シンガポールの施設はこんなイメージ)。

また、宇宙港は、単なる宇宙旅行の基地となるだけでなく、同時に国内外の観光客に対して、宇宙飛行士の訓練体験プログラムやジェット機の試乗、自由落下する飛行機内での無重力体験など、宇宙に関連したさまざまなアトラクションメニューを用意する計画である。

アラブ首長国連邦、シンガポールの両国とも宇宙港の誘致や建設には積極的に協力する姿勢を示しており、両国とも、同事業を単なる宇宙旅行の拠点整備にとどまらず、宇宙を切り口とした新たな観光客の掘り起こし・誘致にしたい旨の考えを示している。

それにしても、2005年の宇宙旅行売り出しに続き、またさらに宇宙旅行が一歩現実に近づいた感がある。この調子でことが推移すると、あと10年もすれば実際に宇宙空間を体験したウィキトラベラーによってこの記事が実体験版に書き換えられるのかもしれない。まぁ、そこまでいかずとも、(もちろん今後事業が順調に進捗すればの話ではあるが)今後数年来に宇宙をテーマとした本格的な観光施設が誕生するのは間違いないわけで、さしあたり、そのあたりの記事がシンガポールやドバイの「遊ぶ」の項目を飾ることになるのであろう。

日本人初の宇宙旅行延期[編集]

2006年9月、ロシアの宇宙船「ソユーズ」に乗り込み国際宇宙ステーションに向かうはずだった日本人男性が、直前に健康上の理由で医師団からストップをかけられ、代わりにイラン系アメリカ人女性が宇宙へと旅立った(ロシア連邦宇宙局が企画・販売する宇宙観光旅行に全額自費負担で応募し、実際に宇宙旅行に旅立ったのは、アメリカの投資情報会社社長、南アフリカのIT企業家、同じくアメリカ人実業家に続いてこの女性で4人目)。もしこの男性がめでたく「ソユーズ」に乗り込めていれば、初の日本人宇宙観光旅行者が誕生していたことになる。

ちなみにこの宇宙旅行は米国のスペースアドベンチャー社が企画したもので、お一人様一回あたりの料金は2,000万ドル(約23億円!)だったことが報じられている。金額の大きさ自体、人々の耳目を大いに集める額であろうが、でもそれだけの金をはたいて宇宙に行った人が2006年9月の時点で既に4人もいるということの方にこそ、むしろ注目すべきなのかもしれない。このペースでいくと、あと1~2年もすれば世界での宇宙観光旅行経験者が片手では足りないくらいの人数になるのはまず確実な状況だからだ(※)。

※2007年4月7日に5人目となる民間人宇宙旅行者の乗ったソユーズ宇宙船がカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。2001年4月28日に初めて民間人が宇宙へと旅立ってから、これまで03年と04年を除き、1年に1人の割合で民間人が宇宙へと旅立ったことになる。

なお、宇宙旅行に関してここに一つ面白いアンケート結果がある。YAHOO ! Japan が2006年9月14日から18日にかけて実施したもので、「2006年現在宇宙飛行には40億円、これが1人1,000万円まで下がるのは何年後?」という問いに対して、96,811票の回答が寄せられた。内訳は、それぞれ5年後と答えた人が2,257票(全体の3%)、10年後8,268票(同9%)、20年後13,642票(同20%)、30年後11,921票(同13%)、40年後3,667票(同4%)、50年後15,496票(同17%)、100年後8,677票(同9%)、下がらない10,057票(同11%)、わからない3,928票(同5%)となっている。

5年~20年という近未来には宇宙への切符が1,000万円程度まで下がるであろうと答えた人が3割少しいる一方で、50年後~100年後と答えた人が3割弱、また、下がらないと答えた人も1割少しおり、結果を見る限りでは宇宙旅行の実現性はさておき、費用の方は悲観的な見方をしている人の方が(少なくとも日本国内では)多勢を占めることがこのアンケート結果からは窺える。

日本人宇宙旅行者が出かけてポシャるということ自体がすでに過去の出来事となっているくらいだから、日本人の「誰か」が一般観光客として宇宙空間に向けて旅立つのもそう遠くない話なのかもしれないが、やはりそれが我々一般人に届くまでにはちょっと…、と考えているというあたり、やっぱり人々の考えは極めて現実的ということか。もっとも1,000万円まで下がったところで、「今度宇宙へ行こうか、それとも少し足して家を建てようか」くらいのインパクトある値段であることには変わりない。さて、あなたなら宇宙船で過ごす数日間の体験とマイホームのどちらを選びますか?

日本人初の宇宙旅行者・その後[編集]

2007年7月7~8日付ヘラルド・アサヒの28面「ウィークエンドビート」では、七夕に引っ掛けて商業ベースでの宇宙旅行を特集しており、その中で来年にも予定されている宇宙旅行に向けて着々と準備を進める日本人旅行者、稲波紀明(いなみのりあき)さんが紹介されている。稲波さんは30歳のシステムエンジニアで、ヴァージン・グループのリチャード・ブランソンが経営するヴァージン・ギャラクティックが2005年に募集した宇宙旅行の抽選にめでたく当選した2人の日本人のうちの一人なのだそうだ。旅行代金は20万ドル(2005年換算で約2,200万円)、飛行時間は約150分で発射後高度約110kmにまで到達し、約25分間宇宙空間を航行する。そのうちで4~5分程度無重力状態が経験できるとのこと。使用される宇宙船は"SpaceShipTwo"という名前で、飛行艇のような形をしているらしいが、詳細はまだ明らかにされていない。前述のように、ロシアが催行している宇宙旅行に応募し、日本人初の商業ベースによる宇宙旅行者となるはずだった人が、2006年9月出発直前に健康上の理由で旅行を取りやめているので、もし稲波さんが来年にでも宇宙へ飛び立てば、今度こそ日本人初の商業ベースでの宇宙旅行者の一人ということになる。なお、稲波さんが宇宙旅行に向けて準備を進める様は、彼自身のブログに詳しく紹介されている。

それにしても、2005年10月にこの記事を立ち上げてから現時点(2007年7月)でまだ2年も経っていないわけだが、一般人にとって宇宙がどんどん身近なものとなり、また宇宙旅行自体も決して手が届かない類のものでなくなりつつあることが実感できる。記事を立ち上げた当初は宇宙旅行を企画しているのが1社だけだったのに、その後数社が参入、あるいは参入を表明しており、それに応じてより手ごろな価格の宇宙体験旅行も次々と企画される状況にある。「『宇宙旅行が庶民に手が届くようになるまで、さしあたりウィキトラベルは地上を目指す』と宣言しているウィキトラベルにとって、本格的な宇宙旅行の記事が出るにはまだ相当時間がかかりそうだ」と言ったその舌の根も乾かないうちに…、という気がしないでもないが、これらの事実を追っかけていると、このページに単なる紹介ではなく、実体験に基づく記事が載るのも案外そう遠い未来ではないようにも思えてくる。

和製宇宙旅行は実現するか?[編集]

上に紹介した、2007年7月7~8日付ヘラルド・アサヒの28面、「ウィークエンドビート」の記事には、日本人宇宙旅行者の紹介と同時に、和製宇宙飛行船、「宇宙丸」と「観光丸」での宇宙旅行計画の紹介も掲載されている。この2つの宇宙船はいずれも従来の弾頭型のもので、「宇宙丸」は発射後秒速1kmで高度約100kmまで上昇し、5分後には地上に降りてくるというタイプ、一方、「観光丸」は発射後高度200kmまで上昇し、3時間ほどで地球を2周した後地上に戻ってくるというものらしい。「観光丸」の場合、開発に15年程度の期間と2兆円の資金が必要と見積られているが、現在(2007年7月)のところ、日本政府をはじめ、このプロジェクトに興味を示している投資家・機関はいない模様。同記事では、インド中国といった国々が商業ベースでの有人宇宙旅行に参入してくるのは時間の問題なので、遅れをとらないためにも、日本政府が有人宇宙旅行の開発に積極的に資金提供すべきだ、といった主張を紹介している。ちなみに、この「宇宙丸」、もし1日に50回程度発射可能であれば、1人1回あたりの旅行代金は50万円にまで下げられるのだそうだ。

追記
上に紹介した「観光丸」も含め、リサイクル型観光用宇宙船に関する記事が、2008年3月24日付朝日新聞科学面(33面)にも掲載されている。

宇宙旅行の周辺産業[編集]

このところ宇宙旅行の話題が結構賑やかに報じされているが、その周辺産業というのも育ってきているようである。このことに関して、2006年8月26日付の朝日新聞(夕刊)には、地球上とは環境が全く異なる宇宙空間でどれだけ快適に過ごせるかということに着目した、商品開発に関する記事が掲載されている。題して「日本版 宇宙グッズ点火」。足袋や綿入れ布団など、日本に従来からある商品の発想や技術を生かした宇宙生活用品の開発だそうで、「足を優しく包み込みつつ、骨や筋肉をきたえる」足袋シューズ、「保温性があり、空気に包まれるような寝心地」の宇宙布団などが紹介されている。いたってまじめな記事なのだが、何だか現代版「East meets West」のようでどことなくユーモラスに感じられなくもない。

これらの商品、別に「宇宙」を看板に掲げて一儲けしようという類のものではなく、ちゃんと宇宙航空研究開発機構 (JAXA) のバックアップを受けて開発を進めているものであり、日本人宇宙飛行士も実際の訓練中にそれらの商品を試すなどして開発に一役買うのだそうだ。

もし実際に商品化されたら、それを買って少しだけ宇宙旅行の「おすそわけ」に預かるのもいいかもしれない。どうせ簡単に行けはしないのだし、せめて気分だけでも、という具合に(そういえば、まだ海外旅行が庶民の娯楽には程遠かった頃描かれた漫画に、部屋にハワイのポスターを貼り、アロハシャツ着て首にレイをかけて、畳の上でサーフィンの練習をしているようなのがありましたっけ。さしずめ、あれの宇宙旅行版ですね)。

ヴァージンギャラクティック社が民間宇宙船のデザインを発表[編集]

2008年2月のトラベルニュースでも紹介したが、2008年02月22日付けの朝日新聞の報道によれば、イギリスに本拠地のあるヴァージンアトランティック航空の関連会社、ヴァージンギャラクティックが、このたび民間ベースの宇宙旅行に使用する宇宙船のデザインを公開したとのことである。宇宙船は「スペースシップ2」という名前で、「ホワイトナイト2」という名前の専用航空機の胴体にぶら下がる形で高度約15kmまで上昇し、飛行機から切り離された後ロケットエンジンで「宇宙の入り口」となる高度約100kmのところまで上昇、数分間の無重力状態を楽しんだ後地上へと帰還する。既に宇宙船の開発や搭乗者の訓練なども着々と進められており、早ければ来年にも民間ベースの宇宙旅行が実現する見込みとのこと。この宇宙旅行、日本では東京新宿の旅行代理店、「クラブツーリズム」を通じて募集が行われており、2008年2月時点で6人が予約しているそうだ。費用はお1人様20万ドル。マンションを買うよりも安い値段で、宇宙旅行ができる時代がいよいよ到来することとなったわけだ。この6人が必ずしも第一陣で出発するわけではないのだろうが(宇宙船の定員はさほど多くなかったように記憶しているし、現在訓練を受けているのは申込者のうちの80人程度、しかもその中に日本人が何人含まれているのかは新聞報道からでは定かでない)、いずれ近い未来に日本人民間宇宙旅行第一号の記事が新聞をにぎわすことだろう。

アメリカで宇宙旅行拠点の建設始まる[編集]

アメリカの大手ニュース専門放送局CNNが、2009年6月20日にアメリカニューメキシコ州で、世界初となる「宇宙旅行の拠点」の建設が始まったことを伝えている。民間としてはじめての宇宙旅行実現を目指している英国の会社、ヴァージン・ギャラクティック社が「宇宙港」としての利用を予定しているもので、順調に行けば、2010年からここを利用した宇宙旅行が開始される。すでに同社には世界120か国・地域から4万5000人もの人々が宇宙旅行(1回の費用は20万ドル)を予約しているとのこと。宇宙港の建設は、他にもシンガポールアラブ首長国連邦などの国々で計画されている。このところの景気後退で、巨大な建設プロジェクトなどが次々と凍結や撤回されている中にあって、民間宇宙旅行の人気は衰えるところを知らず、この部門については着実な進展を遂げているように見える(もちろん凍結を余儀なくされているプロジェクトも中にはあろうが)。記事のとおり話が進めば、いよいよ来年が民間宇宙旅行事業元年ということになるわけだ。

観光旅行用宇宙船初公開[編集]

2009年12月のトラベルニュースでも取上げたが、このほど、イギリスのヴァージンアトランティック社の関連会社が、世界初の民間宇宙観光用に造られた宇宙船を公開した。宇宙船の仕様やツアーの内容などは、以前この記事で紹介したものからさほど変更はないようで、宇宙船は乗員2人、乗客6人乗りで、母船の胴体に取り付けられ、一定の高度に達したところで母船から切り離されてロケットエンジンで高度約110kmの宇宙空間にまで到達し、5分程度の無重力状態が体験できるとの報道である。宇宙船は近く試験飛行を行った後、早ければ2011年に営業を開始する。

旅行代金は事前の訓練などの費用も含め1人20万ドル(現在のレートで約1,800万円)程度かかるが、既に世界中から300人前後の申し込みがあり、日本からも10人がツアーに申し込んでいるとのこと。なんとなく宇宙旅行に向けた外堀が埋まり、いよいよ観光客をのせた宇宙船が宇宙空間に向けて飛び立つ機運が高まってきたといったところだろうか。

ヴァージンギャラクティックの宇宙船、単独飛行に成功[編集]

2010年10月、民間会社として初の商業宇宙船飛行ツアーを企画しているヴァージンギャラクティックの宇宙船、VSSエンタープライズ号が、初の単独飛行に成功した。

もっとも今回の飛行は宇宙空間との行き来ではなく、高度13,700kmからの自由滑空飛行で、宇宙船の安定性や操作性などを検査し、それぞれのデータを集めるためのもの。母機のイブ号から切り離された宇宙船は順調に滑空を続けた後、カリフォルニア州のモハベ宇宙空港に無事着陸した。

ヴァージンギャラクティックの宇宙船ツアーには、2010年10月の時点で既に370人が、総額5,000万ドルにも及ぶ予約金を支払って申し込みを済ませており、ニューメキシコ州にほどなく完成するアメリカ宇宙空港で営業が開始される見込みが報じられている。

当初の予定どおり、2011年が宇宙旅行元年となるのか、今から今後の展開が楽しみだ。

ドミノピザが月面出店計画を発表[編集]

ドミノピザの日本法人ドミノピザ・ジャパンが、この度世界に先駆けて月面への出店計画を発表した。同社のHPでは、宇宙飛行士の恰好をした社長が直々に「無謀な計画と思われるかもしれないが、夢を持つことと夢の実現に向かって努力することが何より大切なのだ」と熱っぽく語りかけている。

冗談かと思うかもしれないが、至って真面目な計画であり、月面店のイメージ図や出店のための費用(土地代を除いて1兆6,700億円とのこと)まできちんと載っている。見積りは、専門の建設会社がはじき出しており、見積書には金額のほかに建物の構造や工法などの見積根拠もきちんと説明されている。なお、社長のメッセージの最後の方には、今後同社の月面出店計画の進捗状況についても追ってHP上で発表していくとの下りが出てくる。

もし今世紀初めくらいにこの計画が発表されていたら、単に笑い飛ばして終わりだったかもしれないが、このページで逐次紹介しているとおり、既に宇宙は我々が思っている以上に遠いものでもなくなりつつある。何せ商業宇宙船飛行ツアーは既に秒読みといっていいくらいまで計画が進んできたし、第一JTBのように、月面旅行を売り出す会社も出てきているのだから(もっとも現時点ではJTBのHP上からは2005年当時発表された月面旅行の企画は消えており、宇宙空間への弾道飛行と国際宇宙ステーション滞在の2つになっているようだ)。そしてNASAが月面を越え、はるか遠くの火星への有人宇宙船飛行を目指しているのもご存じのことかと思う。

10年後、だとちょっと自信が持てないが、それよりもう少し先の未来には、案外旅行会社のツアーで出かけた月で、ドミノピザを頬張る日が現実にやってくるかもしれない…、と、ちょうど想像と現実の狭間でそんなことにつらつら思いを巡らすのも(宇宙に手が届きつつある、こういう絶妙な時期だからこそできることだ)、旅好きの身としてはちょっと楽しいではないか。

ついに1,000万円以下の宇宙旅行企画が登場[編集]

2011年10月7日付の「週プレNEWS」では、「国家事業から民間へ。760万円で行ける最新宇宙旅行事情」という見出しで、エックスコア・エアロスペース社の準周回軌道宇宙船「リンクス」による宇宙旅行計画が紹介されている。記事中に書かれている宇宙開発評論家・江藤巌氏のコメントによれば、

「リンクスは後部に液体推進剤のロケットエンジンを持つ、ビジネス機くらいの大きさの無尾翼機で、パイロット1名と乗客1名を乗せられ、1回の飛行料金は約760万円です。最大到達高度は大気圏と宇宙との境界の100キロメートルで、4分間前後の無重力が味わえます」とのことだ。

この760万円(95,000ドル)という価格は、以前このページでも何度か紹介し、現在着々と準備が進められているヴァージン・ギャラクティック社の宇宙旅客機「スペースシップ2」による宇宙旅行の料金、20万米ドル(約1,520万円)の約半額の値段である。ついに1,000万円を切るような宇宙旅行の商品が登場したわけだ。これくらいの値段なら、我々一般庶民の中にも、「ちょっと無理して宇宙まで行ってみようか」と思う人も出てくるかもしれない。

ちなみにこの宇宙旅行、Webを通じて今からでも予約可能とのことだ。週プレの記事は、「かつては国家プロジェクトだった宇宙旅行事業も、いまや民間が中心。誰もが宇宙に飛び立てる日は、そう遠くない。」という言葉で締めくくられている。

まさにおっしゃる通り、といったところか。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト