何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

姫路市

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索
よみがえった白鷺城が待ち構える姫路駅前

姫路市(ひめじし)は兵庫県西部にある都市で、播磨地方の中心都市である。 姫路市ホームページ


着く[編集]

JR姫路駅

飛行機で[編集]

大阪府の伊丹空港、神戸市の神戸空港が最寄りの空港。

伊丹空港からはモノレールで蛍池、阪急電車で十三乗り継ぎ、新開地から→山陽電車で姫路へ。

神戸空港からはポートライナーで三宮へ、阪神・神戸三宮から山陽電車で姫路へ。

列車で[編集]

姫路市の玄関駅は、JR西日本山陽新幹線・山陽本線姫路駅。姫路駅には「のぞみ」の一部、「さくら」、「ひかりレールスター」の多くが停車する。また、姫路駅は鳥取方面からの「スーパーはくと」と「のぞみ」の接続駅でもある。また、新快速の西端(厳密には一部播州赤穂直通)であり、はまかぜ号も停車する。

東京名古屋大阪方面から
  • 東海道、山陽新幹線を利用する。東京から姫路停車の「のぞみ」で約3時間10分、名古屋からは約1時間30分、大阪からは約30分。
  • 名古屋、大阪からなら新快速を使うのもあり。名古屋からは1~2回ほど乗り換える必要があるが約3時間45分、大阪からは乗り換えなしで約1時間で着く。
  • 大阪・神戸方面からは、阪神電鉄より直結する山陽電鉄が通じている。
岡山広島福岡方面から
  • 山陽新幹線を利用する。博多から姫路停車の「さくら」等で約2時間10分、広島からは約1時間、岡山からは約20分で着く。
  • 在来線でも行けなくはないが。岡山から途端に難所となる。
大阪・神戸から
  • 大阪市/北区の阪神電気鉄道・梅田駅より阪神電気鉄道~山陽電気鉄道の直通特急で姫路駅下車。

車で[編集]

山陽自動車道を利用し、山陽姫路東IC又は山陽姫路西ICで降りる。山陽姫路東ICからは播但連絡道路・姫路バイパス、山陽姫路西ICからは姫路西バイパス・太子竜野バイパス・姫路バイパスを利用する。

バスで[編集]

東京(新宿・渋谷)方面から
京王バス東・神姫バスの高速バス神戸三宮・加古川経由姫路行き「プリンセスロード号」
東京ディズニーリゾート・東京(新宿)方面から
WILLER GROUPの高速バス神戸三宮・明石経由姫路行き「WILLER EXPRESS
東京(池袋)・横浜(桜木町)・秦野方面から
杉崎観光バスの高速バス神戸三宮・姫路経由岡山行き「杉崎高速バス
関西空港方面から
関西空港交通・南海バス・神姫バスのリムジンバス姫路行き
大阪(伊丹)空港方面から
大阪空港交通・神姫バスのリムジンバス姫路行き
鳥取・美作(大原)方面から
日ノ丸バス・神姫バスの高速バス大原・山崎経由姫路行き「プリンセスバード号」

これらのバス路線が、姫路駅(WILLLER EXPRESS・杉崎高速バスは南口、その他は北口)に発着する。

倉敷・岡山・赤磐(山陽)・赤穂・相生・たつの(龍野)方面から
神姫バスの高速バス神戸三宮行き「ハーバーライナー」(共同運行の両備バス「リョービエクスプレス」・中鉄バス「ハーバープリンス」は停車しない)

このバス路線は、山陽自動車道白鳥PAに発着し、近くの白鳥台又は毛野で神姫バスの姫路駅(北口)行きに乗り換える。

なお、大阪(伊丹)空港方面からのみICカード「PiTaPa」「ICOCA」が利用できる。ただし、「NicoPa」「Suica」「TOICA」「PASMO」は利用できない。また、神姫バスは関西空港方面・鳥取・美作(大原)方面からの便にも対応機器が搭載されているが、実際には利用できない。

船で[編集]

小豆島急行フェリー

姫路港を利用する。姫路港からは神姫バスの姫路駅(北口)行きを利用する。


動く[編集]

列車で[編集]

市内には、JR西日本・山陽新幹線・山陽本線・播但線・姫新線、山陽電鉄本線・網干線 の各駅がある。JR西日本山陽電鉄

JR 山陽新幹線
明石市 西明石駅) ― 姫路駅 ― (相生市 相生駅)
JR 山陽本線(JR神戸線は姫路駅まで)
高砂市 曽根駅) ― ひめじ別所駅 ― 御着駅 ― 東姫路駅 - 姫路駅 ― 英賀保駅 ― はりま勝原駅 ― 網干駅 ― (たつの市 竜野駅)
JR 播但線
姫路駅 ― 京口駅 ― 野里駅 ― 砥堀駅 ― 仁豊野駅 ― 香呂駅 ― 溝口駅 ― (福崎町 福崎駅)
JR 姫新線
姫路駅 ― 播磨高岡駅 ― 余部駅 ― 太市駅 ― (たつの市 本竜野駅)
山陽電鉄 本線
(高砂市 山陽曽根駅) ― 大塩駅 ― 的形駅 ― 八家駅 ― 白浜の宮駅 ― 妻鹿駅 ― 飾磨駅 ― 亀山駅 ― 手柄駅 ― 山陽姫路駅
山陽電鉄 網干線
飾磨駅 ― 西飾磨駅 ― 夢前川駅 ― 広畑駅 ― 山陽天満駅 ― 平松駅 ― 山陽網干駅

なお、JR西日本の山陽本線・播但線・姫新線・山陽電車ではICカード「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca」「TOICA」「ICOCA」「PiTaPa」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」が利用できる。

バスで[編集]

市内は神姫バスが路線バスを運行している。神姫バス

ICカード「NicoPa」「PiTaPa」「ICOCA」が利用できる。ただし、その他の全国の交通系ICカードは利用できない。

なお、かつては姫路市営バスがあったが、全面民営化により2010年3月26日で廃止され、神姫バスに移管された。

足で[編集]

観る[編集]

姫路城・好古園共通券
大人¥720、小・中学生¥280。
姫路城・博物館・美術館共通券
大人¥800、高校・大学生¥720、小・中学生¥320。


姫路城 地図  
白鷺城の名で知られ、国宝・ユネスコの世界遺産に登録されている名城。「平成の大修理」で2015年春に白い姿がよみがえった天守閣は、現存12天主(江戸時代以前に建築された天守閣が残る12の城)のうちでも最大のもので、日本三名城日本三大平山城日本100名城の一つにも数えられる。姫路駅前から真正面に姫路城をのぞむ大手前通りは、日本の道百選に選ばれている。
 所在  姫路市本町68。姫路駅から北へ。  電話  (079) 285-1146  WEB  [1]
 開場時間  9:00~17:00(入城は16:00迄)、6~8月は1時間延長。12月29・31日は休城。  料金  入城料 大人¥1000、小・中・高校生¥300。
姫路城


姫路城西御屋敷跡庭園 好古園 (こうこえん) 地図  
9つの庭園を持つ。桜や紅葉のシーズンには夜間ライトアップも行う。園内に庭園をのぞむ茶室やレストランもある。
 所在  姫路市本町68。姫路城西隣。  電話  (079) 289-4120
 FAX  (079) 289-4130
 WEB  [2]
 開場時間  9:00~17:00(入園は16:30迄)、6~8月は1時間延長。12月29日~1月1日は休園。  料金  大人¥300、小・中学生¥150。障がい者は提示することで入園料免除。
姫路城西御屋敷跡庭園 好古園


兵庫県立歴史博物館  
 所在  姫路市本町68。姫路城北東。  電話  (079) 288-9011  WEB  [3]
 開場時間  10:00~17:00(入館は16:30迄)。月曜日(祝日の場合は翌日)と年末年始は休館。  料金  大人¥200、大学・高校生¥150、中・小学生¥100。


姫路市立美術館  
 所在  姫路市本町68-25。姫路城東。  電話  (079) 222-2288
 FAX  (079) 222-2290
 WEB  [4]
 開場時間  10:00~17:00(入園は16:30迄)、6~8月は1時間延長。月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日と年末年始は休館。  料金  大人¥200、大学・高校生¥150、小・中学生¥100。企画展示のみ別料金。
姫路市立美術館


書寫山 圓教寺 (しょしゃざん えんぎょうじ) 地図  
千年以上の歴史をもつ天台宗の寺院で「西の比叡山」とも称される。西国三十三箇所観音霊場の二十七番札所。また、映画「ラストサムライ」をはじめとして多くの作品のロケ地としても知られている。お写経も出来る。1日修行体験は毎月第3土曜日のみ実施。宿坊や食事処もある。

ロープウェイの山上駅から中心的な建物である摩尼殿まで、アップダウンの続く未舗装の道や石段を20分ほど歩く(毎時3便のマイクロバスも運行されている)ので、主な場所を巡るだけでもロープウェイ乗車時間を含めて最低1位時間半は見込んでおくことをおすすめする。とくに桜や紅葉のシーズンはロープウェイの乗車までに長い行列に並ぶ必要がある。標高370mほどの山上まで、麓から6本の参道(登山道)もある。麓の駐車場は無料。

 所在  姫路市書写2968。姫路駅北口から神姫バス「書写山ロープウェイ行き」で約30分、終点下車、ロープウェイ書写山麓駅でロープウェイに乗り換えで約4分「山上」下車。  電話  (079) 266-3327
 FAX  (079) 266-4908
 WEB  [5]
 開場時間  8:30~17:00  料金  志納金 ¥500(山上でのマイクロバス利用の場合は¥1,000)。
書寫山 圓教寺


灘菊酒造 地図  
銘酒「灘菊(なだぎく)」を醸造。蔵見学が可能(予約不要、英語での表示・案内ツアーあり)。試飲・商品購入・食事も可能。姫路駅から山陽電鉄で1駅の手柄駅が最寄り。
 所在  姫路市手柄1-121。  電話  (079) 285-3111  WEB  [6]
 開場時間  10:00~18:30(年末年始休み)。  料金  見学無料。


ヤヱガキ酒造 地図  
銘酒「八重垣」「無」を醸造する、米国での清酒生産も手掛けるメーカー。蔵見学が可能(要予約)。姫路市中心部から北西へ約15km、因幡街道の宿場町だった林田地区にある。
 所在  姫路市林田町六九谷681。  電話  (079) 268-8080  WEB  [7]
 開場時間    料金  


本田商店 地図  
銘酒「龍力(たつりき)」を醸造。2・3月のみ蔵見学が可能(要予約、英語・中国語案内可)。試飲可、直販所あり。姫路駅からJR山陽本線で岡山方面へ3駅の網干(あぼし)駅が最寄り。
 所在  姫路市網干区高田361-1。  電話  (079) 273-0151  WEB  [8]
 開場時間  9:30~17:00。  料金  大人¥500。


壺坂酒造 地図  
銘酒「金壺(きんつぼ)」「雪彦山(せっぴこさん)」を醸造。築200年以上の蔵の見学が可能(10:00~12:00の間に要予約)、商品購入も可能。姫路市中心部から北へ約30kmの夢前地区にある。
 所在  姫路市夢前町前之庄1418-1。  電話  (079) 336-0010  WEB  [9]
 開場時間  8:00~18:00(定休日なし)。  料金  


あずきミュージアム 地図  
あずきをテーマとした博物館。関西ではよく知られる、「回転焼き」製造の御座候(ござそうろう)が経営。姫路駅から東へ徒歩15分。
 所在  姫路市阿保甲611-1。  電話  (079) 282-2380  WEB  [10]
 開場時間  10:00~17:00 火曜休。  料金  ¥1,200


ヤマサ蒲鉾 夢鮮館 地図  
関西で有名な蒲鉾メーカー本社の工場見学が可能。予約不要で所要およそ20分(平日は10時と14時、日祝は9・10・11・13・14・15時から、係員が誘導)。併設する「かまぼこ工房 夢鮮館」では商品購入や焼きたての竹輪を味わうことができるほか、体験工房もある。姫路市中心部から北へ約10km。
 所在  姫路市夢前町置本327-16  電話  (079)335-4800  WEB  [11]
 開場時間  9:00~17:00(夢鮮館、正月三が日は休業)。  料金  工場見学無料、体験工房 ¥1,500。

遊ぶ[編集]

姫路セントラルパーク  
サファリパーク形式の動物園と遊園地が融合した施設。
 所在  姫路市豊富町神谷1436-1。山陽自動車道山陽姫路東IC(播但連絡道路からは出入りできない)から車で約5分。播但連絡道路花田IC又は船津ICから車で約15分。姫路駅北口から神姫バス「姫路セントラルパーク行き」で約25分、終点下車。  電話  (079) 264-1611
 FAX  (079) 264-1807
 WEB  [12]
 営業時間  時期により異なる。  料金  入園料金大人¥2,900、小学生¥1,700、幼児¥1,000。


夢前川の鮎狩り 地図  
2006年に姫路市へ編入されるまで飾磨郡夢前町(しかまぐんゆめさきちょう)だった地域を流れる夢前川沿いに、鮎狩りを楽しめる施設が点在する。
 所在  姫路市夢前町。  WEB  山之内観光組合


雪彦温泉 (せっぴこおんせん) 地図  
夢前(ゆめさき)川の上流、日本三彦山の一つに数えられる雪彦山の麓にある秘湯。
 所在  姫路市夢前町山之内掛の谷甲120  電話  079-338-0600  WEB  [13]
 営業時間  10:00~19:00(12月30日~1月1日休館)。  料金  大人 ¥800。


灘のけんか祭 (松原八幡神社秋季例大祭)  
勇壮な祭として名を馳せる、播州を代表する秋の大祭。毎年10月14・15日の2日間、松原八幡神社周辺の7地区から絢爛豪華な屋台が町中を練り歩き、神社境内やお旅所では練り合わせ(屋台同士の押し合い)や神輿のぶつけあいが行われる。
 所在  山陽電鉄白浜の宮駅そば。  電話    WEB  [14]
 営業時間    料金  練り場の観覧席は有料。
灘のけんか祭


姫路ゆかたまつり 地図  
姫路市中心部で行われる祭。1742年に姫路で行われた祭のとき、衣裳が手に入らないとして浴衣で参加させたことから。姫路城から長壁神社周辺までパレードが行なわれる。また期間中は、浴衣を着用していると姫路城や美術館などの周辺施設の入館料が無料になり、姫路駅を発着する神姫バスの運賃が半額、その他周辺の商店街や映画館での優待が受けられる。2016年の開催期間は6月22日~24日。盛り上がった若者らによる騒動なども起こりがちなので注意が必要。
 所在  姫路駅北側の長壁神社周辺  電話  079-287-3652  WEB  [15]
 営業時間  16:30~21:30  料金  観覧無料。


買う[編集]

姫路城の南側に土産屋が多数ある。


ヤマサ蒲鉾 大手前店  
蒲鉾専門店。姫路駅北口から徒歩数分。
 所在  姫路市二階町60。  電話  (079) 225-0033  WEB  [16]
 営業時間  10:30~19:00。  値段  チーかまドッグ ¥150。


ヤマトヤシキ  
地場のデパート。姫路駅北口から徒歩数分。
 所在  姫路市二階町55。  電話  (079) 223-1221  WEB  [17]
 営業時間  BF~7F:10:00~18:30/1F:10:00~19:30/8Fレストラン街11:00~22:00。  値段  
ヤマトヤシキ


山陽百貨店  
山陽電気鉄道・姫路駅にあるデパート。
 所在  姫路市南町1番地  電話  (079) 223-1231  WEB  [18]
 営業時間  BF~西館5F:10:00~19:30/本館5・6F:10:00~19:00  値段  


下村酒造店  
銘酒「奥播磨」を醸造。直販所を併設、試飲も可。姫路駅から北西へ20kmほどの夢前地区にある。
 所在  姫路市安富町安志957。  電話  (0790) 66-2004  WEB  [19]
 営業時間    値段  

食べる[編集]

姫路おでん  
生姜醤油で食べることが特徴のおでん。兵庫県南部ではコンビニでおでんを購入する際にも、洋ガラシだけでなく生姜醤油を選べる店舗も多い。
 WEB  [20]
姫路おでん


ひねぽん  
生後90日以上の親鳥(ひね鶏)を火に通しポン酢でいただく。しっかりした歯ごたえが楽しめる居酒屋メニュー。姫路を含めた播州は養鶏が盛ん。
ひねぽん


姫路ちゃんぽん (ちゃんぽん焼き)  
うどんと中華めんを一緒に焼きソースで味付けしたもの。当地のお好み焼き店などではおなじみのメニュー。
姫路ちゃんぽん

安食堂[編集]

まねき食品  
駅弁・えきそばの会社。中華麺と和風つゆのえきそばが人気。日清食品からカップ麺も発売されている。
 所在  JR姫路駅ホームほか。  電話  (079) 224-0255  WEB  [21]
 営業時間  上りホーム 6:00~23:00、下りホーム 6:00~24:00。  予算  てんぷら・きつねえきそば¥360。学割あり(大盛 ¥350)。
まねき食品


いわしろ  
愛想のいいおばちゃんがいるとんかつ屋。「失恋物語定食」「青春物語定食」「ラブラブ丼」「嫁VS姑物語定食」などメニューが豊富。
 所在  姫路市駅前町303。協和通り商店街。  電話    WEB  
 営業時間  11:30~19:00。  予算  


ぐじゃ焼き・お好み焼 森下 地図  
姫路のB級グルメ「ぐじゃ焼き」のお店。おばちゃん一人で切り盛りする、5人座るといっぱいになるお店。お好み焼きやちゃんぽん焼きもある。
 所在  姫路市忍町78。  電話  (079) 281-4591  WEB  
 営業時間  12:00~20:00。  予算  ぐじゃ焼き大 ¥400、ちゃんぽん ¥760。
ぐじゃ焼き・お好み焼 森下


明日香 月ヶ瀬店  
姫路駅からほど近い商店街の中にある喫茶店。姫路名物「アーモンドトースト」が人気。
 所在  姫路市駅前町260。  電話  (079) 288-1210  WEB  
 営業時間  8:00~23:00。  予算  


カフェ・ラ・ダダ  
姫路駅近くの昔ながらの喫茶店。
 所在  姫路市駅前町222。  電話  (079) 281-6592  WEB  
 営業時間  [月~土] 9:00~22:30、[日・祝] 9:00~22:00。  予算  モーニング(ドリンク+アーモンドトースト+サラダ) ¥550。


カフェ サンタマリア 姫路店  
神姫バスターミナル内にあるカフェ。
 所在  姫路市西駅前町1。  電話  (079) 222-9898  WEB  [22]
 営業時間  7:30~20:00。  予算  アーモンドトースト ¥280。

中級[編集]

かんちゃん  
焼きそばと焼きうどんを混ぜた「チャンポン焼き」で有名なお好み焼き屋。
 所在  姫路市白国2-2-27。  電話  (079) 284-9138  WEB  
 営業時間  12:00~14:00 16:00~23:00、定休日 木曜。  予算  


停主 (ていしゅ) 地図  
姫路おでんと地鶏焼き鳥が人気の庶民的な雰囲気のお店。姫路城を真正面にのぞむ路地に面している。
 所在  姫路市本町68  電話  (079) 222-8592  WEB  
 営業時間  18:00~24:00(月曜休)。  予算  


勝三寿司 (かつみすし) 地図  
切らずに供される独特な風味の鉄火巻きが名物。
 所在  姫路市南町73  電話  (079) 222-4846  WEB  
 営業時間  12:00~22:00(水曜休)。  予算  
勝三寿司

高級[編集]

あなご料理 柊  
穴子料理専門店。
 所在  姫路市十二所前町88。  電話  (079) 284-1239  WEB  [23]
 営業時間  11:00~14:00 17:00~23:00 (日・祝 ~22:00)、定休日 水曜  予算  

飲む[編集]

立ち呑み じゃがいも  
お溝筋にある立ち呑み店。
 所在  姫路市亀井町。  電話  (079) 225-3751  WEB  
 営業時間  10:00~20:00。  料金  ¥1,000~。


炭火焼鳥 どかっ亭 姫路店  
名古山北側に位置する焼き鳥屋。マスターはバイク好きのためライダーが集まる。
 所在  姫路市東辻井4-5-13。  電話  (079) 294-3736  WEB  
 営業時間  5:00~22:00。  料金  ¥1,500~。

泊まる[編集]

安宿[編集]

ヒメジガハハゲストハウス  
旅人同士の交流スペース有の素泊まり宿。お城まで徒歩数分。
 所在  姫路市本町68 本町商店街内、JR姫路駅中央口より徒歩8分。  電話  (079) 227-6994  WEB  [24]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  1泊¥2,700~。

中級[編集]

ホテル姫路プラザ  
JR姫路駅近く。伝説の姫たこ釜めしとおふくろの味の朝食と男女別サウナ&天然鉱石入浴場が人気。
 所在  姫路市豊沢町158、JR姫路駅中央口(南口)より徒歩3分。  電話  0120-489-111・(079) 281-9000
 FAX  (079) 284-3549
 WEB  [25]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  1泊朝食付き¥5,200~。


ホテルアベスト姫路  
朝食の時間は7:00~9:00。
 所在  姫路市十二所前町54、JR姫路駅中央口(北口)より徒歩8分。  電話  (079) 283-5963
 FAX  (079) 283-3781
 WEB  [26]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  1泊朝食付き¥5,500~。


東横イン 姫路駅新幹線南口  
全国チェーンのホテル。姫路駅新幹線南口に立地する。
 所在  姫路市南駅前町97。JR姫路駅中央口(南口)より徒歩1分。  電話  (079) 284-1045
 FAX  (079) 284-1046
 WEB  [27]
 時間  チェックイン 16:00(東横イン会員であれば15:00から可能) チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,880、デラックスシングル¥6,930、ダブル・ツイン¥7,980。


ホテルヴィアイン姫路  
JR姫路駅南口より徒歩2分。節電の為、部屋の冷蔵庫はOFFとしている。当然ながら、利用者が冷蔵庫の電源を入れて利用する事になる。
 所在  姫路市南駅前町33-1。  電話  (079) 286-6111
 FAX  (079) 286-6112
 WEB  [28]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00まで。但し、メンバーズであれば、昼12:00までのレイトチェックアウトが可能。   料金  


天然温泉 白鷺の湯 ドーミーイン姫路  
JR姫路駅より徒歩2分。
 所在  姫路市豊沢町160-2。  電話  (079) 286-5489  WEB  [29]
 時間    料金  

高級[編集]

ホテル日航姫路  
JR姫路駅正面。
 所在  姫路市南駅前町100番。  電話  (079) 222-2231  WEB  [30]
 時間    料金  

出かける[編集]

  • 小豆島 — 姫路港からフェリーで100分。
  • 家島諸島 — 姫路港から高速船やフェリーで約30分。
  • たつの市 — 淡口醤油の銘醸地。
  • 宍粟市 — 春は兵庫県指定の天然記念物「千年藤」、夏は戸倉峠名物「滝流しそうめん」や揖保川での鮎釣り、秋は氷ノ山や福知渓谷の紅葉、冬はちくさ高原スキー場・ばんしゅう戸倉スノーパークでのウィンタースポーツが楽しめる。
  • 加西市 — 県立フラワーセンターがある。
  • 加古川市 — 地元で愛される「かつめし」をPR中。
  • 高砂市 — おめでたい市名にちなんで1988年に「ブライダル都市」宣言を行なった。
  • 神河町 — 映画「ノルウェイの森」のロケ地となった峰山高原と砥峰高原がある。
  • 福崎町 — 民俗学者・柳田國男の出身地。
  • 太子町 — 聖徳太子が修行したと伝えられる檀特山(だんとくさん)がある。




Wikitravel Shared Logo 姫路市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。