何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

妙高市

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索

妙高市(みょうこうし)は新潟県西部にある市。妙高市役所


分かる[編集]

観光案内[編集]

  • 妙高市観光協会 所在  大字田口291-1。  電話  (0255) 86-3911  FAX  (0255) 86-3450  WEB  [1]  e-mail  [2]

着く[編集]

飛行機で[編集]

新潟駅、上越駅を経由して、所要時間は約3時間30分~4時間。
  • 羽田空港 (IATA: HND) から、東京駅より北陸(長野)新幹線駅を利用して、所要時間は約3時間30分~4時間。

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン[編集]

信濃町 黒姫駅) ― 妙高高原駅 ― 関山駅 ― (上越市 二本木駅) ― 新井駅 ― 北新井駅 ― (上越市 脇野田駅)

バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

君の井酒造 地図  
銘酒「君の井(きみのい)」を醸造。蔵見学が可能(要予約、所要1時間30分、夏場は酒造り見学は不可)。試飲、購入も可能。
 所在  妙高市下町3-11  電話  0255-72-3136  WEB  [3]
 開場時間  要確認。  料金  見学無料。


千代の光酒造 地図  
銘酒「千代の光(ちよのひかり)」を醸造。蔵見学が可能(要予約、所要60分、2~5名)。
 所在  妙高市窪松原656  電話  0255-72-2814  WEB  [4]
 開場時間  9:00~16:00(通年)。  料金  

遊ぶ[編集]

燕温泉 (妙高市観光協会)  
高山周辺で最も高所にある温泉。野天風呂の「黄金の湯」と「河原の湯」が有名。
 所在  大字関山燕温泉。  電話  (0255) 86-3911  WEB  [5]
 営業時間    料金  

買う[編集]

道の駅あらい  
国道18号沿いある道の駅。上信越自動車道上下線からも利用できる。
 所在  妙高市新井大字狩野山58-1。  電話  (025) 570-1021  WEB  [6]
 営業時間  9:00~21:00  値段  

食べる[編集]

レッド焼きそば  
妙高市赤倉温泉の新しいご当地グルメ。高原野菜の赤色を使った焼きそば。
 所在  妙高高原の9店舗。  WEB  [7]

安食堂[編集]

たちばな  
とん汁専門店。
 所在  妙高市栗原2-3-10。  電話  (0255) 72-2450  WEB  [8]
 営業時間  10:00~20:00、定休日 月曜(祝日の場合は翌日)  予算  とん汁ラーメン ¥750


松茶屋 らーめん亭  
地元で有名な定食屋。
 所在  妙高市柳井田町4-11-23。  電話  (0255) 72-6060  WEB  
 営業時間  10:30~21:00、定休日 水曜  予算  トン汁ラーメン ¥850

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

ユースホステル池廼家  
妙高高原駅から池の平経由杉の沢行きバスで10分、いもり池入り口下車。徒歩0分。
 所在  妙高市関川2275-48。  電話  (0255) 86-2116  WEB  [9]
 時間    料金  

中級[編集]

スーパーホテル新井・新潟  
上信越道「新井パーキング」と併設しており、上信越道、国道18号バイパスの両方からアクセス可。
 所在  猪野山120-8。  電話  (0255) 72-9000  WEB  [10]
 時間    料金  


ホテルルートイン妙高新井  
新井駅より車で約3分。
 所在  高柳1丁目4番8号。  電話  (0255) 72-1150  WEB  [11]
 時間    料金  


ホテルアルペンブリック  
妙高山の裾野に佇むリゾートホテル。
 所在  妙高市関川2452。  電話  (0255) 86-3180  WEB  [12]
 時間    料金  

高級[編集]

赤倉温泉 赤倉観光ホテル  
源泉掛け流し天然温泉のリゾートホテル。
 所在  妙高市田切216。  電話  (0255) 87-2501  WEB  [13]
 時間    料金  


アパリゾート上越妙高  
妙高山を一望するリゾートホテル。
 所在  妙高市桶海1090。  電話  (0255) 82-4111  WEB  [14]
 時間    料金  

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 妙高市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「妙高市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。