何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

太宰府と筑紫野

提供: Wikitravel
太宰府市から転送)
移動: 案内検索
太宰府天満宮

太宰府と筑紫野(だざいふとちくしの)は福岡県の中央部に位置する太宰府市と筑紫野市一帯の地域である。

本記事について、Wikitravelにおいて太宰府市と筑紫野市の2市を一つの観光圏として取り扱うものとする。


分かる[編集]

この地に九州の統括機関であるとされる筑紫大宰(つくしのおおみこともちのつかさ)が置かれたとされるのが7世紀。660年代はじめには白村江の戦い(はくすきのえのたたかい)の主舞台となり、水城(みずき)が設置されるとともに、地の各所に防人が配された。671年には『大宰府』の名が『日本書紀』にて初めて現れる。

この地を語るときに決して欠かすことのできない人物が、菅原道真(すがわらのみちざね)公である。太宰府には京都から流された菅原道真が「太宰府天満宮」として祀られており、当地においては通称にて菅公と呼ばれて親しまれている。その歴史は彼が京よりこの地に配流され訪れた901年にさかのぼる。わずか2年後の903年に没した菅公であったが、計り知れないほどに大きなものをこの地のその後に残したのであった。

今にあっては、大小数在る史跡を抱えることから、観光都市としてその名を馳せる。2005年の末にあっては、日本唯一の歴史系国立博物館たる、九州国立博物館が開館。更なる来訪者が予想される21世紀の万葉の古都である。

観光案内所[編集]

  • 太宰府観光協会 所在  太宰府市宰府3-2-3。太宰府館内。  電話  (092) 925-1899  FAX  (092) 925-1866  時間  9:00~17:30  WEB  [1]
  • 太宰府市観光案内所 所在  太宰府市宰府2-5-1。西鉄太宰府駅内。  電話  (092) 925-1880

着く[編集]

飛行機で[編集]

福岡市福岡空港 (IATA: FUK) が最寄の空港である。

  • 空港からJR線を利用する場合、福岡市営地下鉄でJR博多駅に移動し、そこから鹿児島本線に乗り換える
  • 空港から西鉄電車を利用する場合、福岡市営地下鉄で西鉄福岡(天神)駅へ行き、そこから西鉄天神大牟田線に乗り換える
  • 西鉄バスの福岡空港~太宰府を結ぶ便がある。1日7便、42分、¥600。[2]

列車で[編集]

中心駅は西鉄二日市駅となる。

太宰府に向かう場合に利用可能な鉄道会社には以下の2つがある。

西鉄太宰府駅
西鉄電車で
西鉄太宰府線の終点太宰府駅が太宰府天満宮や九州国立博物館への最寄駅。西鉄天神大牟田線の西鉄二日市駅より西鉄太宰府線に乗り換える。
西鉄二日市駅へは大牟田駅より特急で48分、西鉄福岡(天神)駅より特急で12分、急行なら18分程度で到着する。なお、時間はかかるが太宰府駅まで福岡(天神)駅より直通普通電車も存在する。
特急と急行合わせて毎時6本の割合で運行している。
急行の天神→太宰府の1本は観光列車「旅人」。
西鉄太宰府駅より大宰府天満宮へは土産物屋などが連なる参道を徒歩5分ほど。
JRで
大宰府中心部へ行くには、JR線を利用する場合にはJR二日市駅にて下車をする。二日市駅から徒歩5分の西鉄紫駅か徒歩・バスで西鉄二日市駅まで移動した方がよい。
二日市駅までは博多駅から快速列車で15~20分、普通列車で20~25分。ともに¥270。快速は毎時3本、普通は毎時4本運行。
二日市駅~西鉄二日市駅は徒歩15分、バスで約7分(運賃¥100)。
ただし紫駅→太宰府駅の場合は一部時間帯を除き西鉄二日市駅乗り換えとなる。このほかJR二日市~太宰府駅を結ぶバスもあるが、遠回りな上本数も少ない。

バスで[編集]

福岡市の博多駅交通センター3階より400番都市高速経由甘木行きのバスで、市内の国道3号線上の5つのバス停にアクセスすることができる。

車で[編集]

九州自動車道太宰府インターで降り、国道3号線を南へ向かえばすぐに太宰府市内へ到着できる。筑紫野インター、大分道筑後小郡インターからもアクセスが可能である。正月3が日は大宰府天満宮周辺が非常に混雑するため初詣には鉄道を利用した方がよい。長距離旅行などの理由で車を使わざるをえない場合は、大宰府近辺を回避しながら二日市市や筑紫野市の駐車場に停車して電車を利用する。

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

大宰府市内については「コミュニティバスまほろば号」による移動が可能。運賃は¥100均一。

自転車で[編集]

西鉄太宰府駅 — 駅にて自転車のレンタルを行っている。  所在  太宰府市宰府3-2-3。西鉄太宰府駅駅前。  時間  9:00~18:00、無休。  料金  身分証明書提示:¥300(3時間未満)。身分証明書提示なし:¥500+保証金¥3,000。  WEB  [3]

足で[編集]

観る[編集]

水城  
7世紀中頃に構築された博多湾方面からの攻撃から大宰府を守るための防御線となる直線状の堀と土塁である。
 所在  JR水城駅すぐ。


太宰府天満宮  
学問の神様とされる菅原道真が祭られた神社で、太宰府市を代表する観光名所。正月には毎年200万人以上の参詣者がある。境内には左遷された道真を思って京都から飛んできたとされる「飛梅」がある。名物として梅ヶ枝餅(餡入りの焼き餅)があり、太宰府駅から続く参道には数多くの店舗が軒を連ねる。
 所在  太宰府市宰府4-7-1。西鉄太宰府線太宰府駅徒歩5分。  電話  (092) 922-8225  WEB  [4]
 開場時間  参拝無休、宝物殿・菅公歴史館:9:00~16:30(入館16:00まで)、月曜日休館。  料金  参拝無料、ガイド(2名以上)無料、宝物殿:一般¥300、高・大生¥200、小・中生¥100。
太宰府天満宮
正月に混雑する太宰府天満宮楼門付近


九州国立博物館  
古代より史跡を持つ九州、福岡の地にある国立博物館。
 所在  太宰府市石坂4-7-2。太宰府駅徒歩10分。  電話  (050) 5542-8600、(0570) 008886  WEB  [5]
 開場時間  9:30~17:00(入館16:30まで)、月曜日休館。  料金  観覧料:一般¥420、高・大生¥130。駐車場:自転車無料、バイク¥250、普通車¥500、貸出:車いす・ベビーカー無料。
九州国立博物館


観世音寺  
太宰府市中心部にある天台宗の寺院。九州を代表する古寺として知られる。仏像をはじめとして豊富な文化財を有し、日本最古のものであるとされる梵鐘は国宝に列せられている。
 所在  太宰府市観世音寺5-6-1。西鉄五条駅徒歩10分。  電話  (092) 922-1811  WEB  [-]
 開場時間  無休。  料金  拝観無料、駐車場無料。
観世音寺


戒壇院  
観世音寺と隣接する場に位置する臨済宗の小さな寺院。規模こそ小さくあるものの、その歴史的意義の大きさは計り知れない。古代には西海道唯一の戒壇として、僧達の目指す高峰として在った。寺内には開基者たる鑑真についての事物が数多く残る。
 所在  太宰府市観世音寺5-7-10。西鉄五条駅徒歩10分。  電話  (092) 922-4559  WEB  [-]
 開場時間  9:00~17:00(本堂内)。年中無休。  料金  拝観無料(本堂内拝観¥300)、駐車場無料。
戒壇院


学校院跡  
大宰府の時代にこの地に在ったと伝わる、役人養成のための学校、通称『学校院』の跡地とされる遺跡。『政庁通り』沿いにポツンと建つ碑(参照『学校院跡』)が目印。国指定史跡。
 所在  太宰府市観世音寺4。  電話  -  WEB  [-]
 開場時間  無休。  料金  無料。

遊ぶ[編集]

みかさの湯  
ホテルグランティアに併設する温泉浴場。
 所在  太宰府市連歌屋3-8-1。  電話  (092) 925-5801  WEB  [6]
 営業時間    料金  ¥650


だざいふ遊園地  
天満宮境内に近い遊園地。
 所在  太宰府市宰府4-7-8 天満宮すぐ。  電話  (092) 922-3551  WEB  [7]
 営業時間  10:00~17:00。  料金  ¥500。


二日市温泉  
1,300年の歴史。万葉集にも詠まれている。
 所在  西鉄二日市駅からバス8分、鹿児島本線二日市駅から徒歩10分。


御前湯  
筑紫野市営の浴場。¥200。


博多湯  
二日市温泉の浴場。¥300。


筑紫野 天拝の郷 (てんぱいのさと)  
日帰り温泉施設。
 所在  筑紫野市天拝坂2-4-3。  電話  (092) 918-5111  WEB  [8]
 営業時間    料金  

買う[編集]

十二堂えとや  
RKBラジオでCMしている「梅の実ひじき」の店。RKBのローカルタレント・加藤淳也のラーメンも有名。
 所在  太宰府市五条2-6-31 五条駅前  電話  (092) 924-0382  WEB  [9]
 営業時間  10:00~18:00  値段  梅の実ひじき¥648、加ト淳ラーメン¥1080など

食べる[編集]

お土産・名産品[編集]

梅ヶ枝餅  
太宰府天満宮近くで売られている焼き餅。太宰府土産として多数の販売店がある。参道・境内の茶店などで提供される。1個¥120。
梅ヶ枝餅

安食堂[編集]

きくち  
参道の梅ヶ枝餅の店。
 所在  太宰府市宰府2-7-28  電話  0120-259250  WEB  [10]
 営業時間    予算  梅ヶ枝餅¥120


やす武  
天満宮参道のそば店。
 所在  太宰府市宰府2-7-16  電話  (092) 922-5079  WEB  
 営業時間  10:00~18:00。  予算  ざるそば¥800など。


暖暮 (だんぼ)  
ラーメン店。素材や水にこだわっている。辛味たれがアクセント。
 所在  筑紫野市二日市中央1-9-7。JR二日市駅・西鉄紫駅徒歩5分。  電話  (092) 923-1888  WEB  [11]
 営業時間  11:00~翌2:00。年中無休。  予算  ラーメン¥600、替玉¥150など。


小林カレー  
二日市駅前のカレー専門店。
 所在  筑紫野市二日市中央2-6-11。  電話  (092) 928-3202  WEB  [12]
 営業時間  11:00~15:30(os15:00)/17:00~21:00(os20:30) 月曜休。  予算  チキンカレー¥650など。


ころしのカレー  
西鉄二日市駅近くのカレー専門店。様々なトッピングが出来る。
 所在  筑紫野市二日市中央4-12-5  電話  (092) 928-0180  WEB  
 営業時間  11:30~15:00、17:00~22:00。  予算  カレー¥600、トッピング¥100~。

中級[編集]

かさの家  
天満宮参道の和食処。梅ヶ枝餅も販売。
 所在  太宰府市宰府2-7-24。  電話  (092) 922-1010/0120-818151  WEB  [13]
 営業時間    予算  松花堂弁当とびうめ¥1,890など。

高級[編集]

飲む[編集]

  • 太宰府天満宮のおみきは梅酒である。


スターバックス コーヒー 太宰府天満宮表参道店  
参道にあるチェーン店のカフェ。店の形が特徴的で、逆に不自然さをかもし出している。
 所在  太宰府市宰府3-2-43。  電話    WEB  [14]
 営業時間  8:00~20:00 不定休。  料金  

泊まる[編集]

安宿[編集]

ホテルグランディア太宰府  
ルートイン系列のホテル。
 所在  太宰府市連歌屋3-8-1。西鉄太宰府駅下車、車3分。  電話  (092) 925-5801
 FAX  (092) 921-4800
 WEB  [15]
 時間    料金  一泊朝食付きツイン¥6,500、和室¥6,500~。

中級[編集]

大観荘  
福岡の奥座敷と呼ばれる温泉宿。有名人の宿泊も多い。
 所在  筑紫野市湯町1-12-1。二日市駅徒歩15分。高速筑紫野バス停徒歩2分。  電話  (092) 922-3236
 FAX  (092) 928-0675
 WEB  [16]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  本館・一泊朝食付き・トイレつきバスなし¥8,550~。

高級[編集]

大丸別荘  
大規模な日本庭園が有名。
 所在  筑紫野市湯町1丁目20-1。  電話  0120-444126
 FAX  (092) 924-4126
 WEB  [17]
 e-mail  [18]
 時間    料金  昭和亭2名1室・1名分¥20,940~。

気を付ける[編集]

  • 正月は渋滞が激しく、バスでも身動きが取れない場合が殆どである。なるべく西鉄電車利用のこと。
交通事故
  • 西鉄五条駅の南方、太宰府市五条4丁目3から公道にでる地点。右方からの車両が見えず、危険。

出かける[編集]


Wikitravel Shared Logo 太宰府に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト