何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

大阪市

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
大阪城とその周辺

大阪市(おおさかし)は大阪府の府庁所在地で、西日本最大の都市。 大阪市


地区[編集]

大阪市の位置
  • 淀川区 - 大阪の玄関口である新大阪や繁華街として有名な十三がある。
  • 西淀川区
  • 東淀川区 - JR新幹線の新大阪駅があるのがこの区である。
  • 福島区
  • 北区 - 梅田を中心とする商業地「キタ」で有名。鉄道ターミナルである大阪駅や梅田駅を擁する。
  • 都島区 - 京橋
  • 旭区 - 千林商店街がある。
  • 鶴見区 - 鶴見はなぽーとブロッサム
  • 東成区
  • 港区 - 天保山が観光スポット。大阪のベイエリア。
  • 此花区 - 大阪最大のレジャースポット、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を擁する区。
  • 大正区 - 人口の約25%が沖縄出身者の「リトル沖縄」。
  • 西区 - 靭公園、堀江、京セラドーム大阪、阿波座、九条
  • 城東区
  • 中央区 - 江戸時代の商業中心地「船場」地区と、宗右衛門町、心斎橋筋、道頓堀、難波を擁する大阪の代表的な繁華街通称「ミナミ」。上町台地北端部周辺は行政の中心。難波宮跡と大阪城を擁する。
  • 浪速区 - 観光スポット「新世界」、「日本橋」を擁する。
  • 西成区 - あいりん地区がある。近年、簡易宿泊所に泊まる外国人観光客が非常に多いが、犯罪が非常に多く注意が必要。
  • 天王寺区 - 四天王寺は日本最初の官寺、 生國魂神社は神武天皇東征に由来する大阪最古にして日本総鎮守の神社。
  • 阿倍野区 - 繁華街「阿倍野」。
  • 住之江区 - WTCやインテックス大阪等を擁する「南港」があることで知られており、住之江競艇場は「競艇のメッカ」。
  • 住吉区 - 摂津国一宮「住吉大社」があり、正月には多くの参拝者で賑わう。
  • 東住吉区 - 長居公園
  • 平野区 - 大阪市内で最も人口が多い区。かつて平野商人が町を環濠で囲い自治都市として栄えた「平野郷」がある。
  • 生野区 - コリアタウンに韓国料理店が非常に多い。

分かる[編集]

歴史[編集]

古代から都に近い港湾都市として栄え、飛鳥時代から奈良時代に掛けて宮や首都に準じる機能を持った都市が存在していた。政治の中心が京都に移ってから衰退するが、中世に石山本願寺を中心とした広大な寺内町として繁栄した。このころから「大坂」と呼ばれる様になる。

豊臣秀吉が、各地域から商人を強制移住させ、城下町を造り大坂城を築城。政治の中心都市として発展。秀吉の死後も豊臣家は大坂を本拠地としたが、1615年の大坂夏の陣で豊臣氏は滅ぼされ、江戸幕府は大坂を天領(幕府の直轄地)とした。江戸中期には藩が運営する多くの蔵屋敷が建てられ、先物取引が始まり物流拠点として発展。このことから、大坂は「諸国之台所」、「日本の賄い所」と称される(現在「天下の台所」と称されている)。

明治時代になると大坂は「大阪」に改称され、大阪府の府庁所在地となった。その後も現在まで日本有数の経済都市、西日本の中心都市として発展している。

気候[編集]

大阪市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)5.85.99.014.819.423.227.228.424.418.713.28.316.5
降水量 (mm)43.758.799.5121.1139.6201.0155.499.0174.9109.366.337.71,306.1
データ出典

観光案内所[編集]

  • OSAKA-INFO 大阪観光情報 (大阪観光コンベンション協会) —  WEB  [1]
  • 大阪市ビジターズインフォメーションセンター・難波 所在  大阪市中央区難波2-2-3。御堂筋グランドビル地下1階。  電話  (06) 6211-3551  時間  年末年始は休み。
  • 大阪市ビジターズインフォメーションセンター・天王寺 所在  JR天王寺駅ステーションビル1F。  電話  (06) 6211-3551  FAX  (06) 6774-0555  時間  8:00~20:00。年末年始は休み。
  • 大阪市ビジターズインフォメーションセンター・新大阪 所在  JR新大阪駅3F。  電話  (06) 6305-3311  FAX  (06) 6305-3406  時間  8:00~20:00。年末年始は休み。
  • 大阪市ビジターズインフォメーションセンター・梅田 所在  JR大阪駅構内御堂筋口。  電話  (06) 6345-2189  FAX  (06) 6345-6020  時間  8:00~20:00。年末年始は休み。
  • 大阪市ビジターズインフォメーションセンター・ユニバーサルシティ 所在  ユニバーサルシティ・ウォーク大阪内。  電話  (06) 4804-3824  FAX  (06) 4804-3925  時間  9:00~20:00(休前日21:00迄)。年末年始は休み。

放送[編集]

  • YES-fm (エフエムちゅうおう) — 78.1MHz。コミュニティFMラジオ放送局。  WEB  [2]
  • Be Happy! 789 (エフエムキタ) — 78.9MHz。コミュニティFMラジオ放送局。  WEB  [3]

上記以外については大阪府のページを参照。

着く[編集]

飛行機で[編集]

国際線
  • 関西国際空港(関西空港)を利用する。関西空港から大阪市内へ向かう交通手段は以下のとおり。
  1. JRの特急「はるか」号を利用して、天王寺駅、新大阪駅(大阪駅には停車しない為注意)にて下車。
  2. JR阪和線の快速列車(種別は関空快速)を利用して、天王寺駅、新今宮駅、大正駅、弁天町駅、西九条駅、大阪駅以降東側は京橋経由で天王寺駅まで各駅停車。
  3. 南海電鉄では、空港特急「ラピート」または空港急行を利用して、天下茶屋駅、新今宮駅、難波駅にて下車。それぞれの駅からは大阪環状線や地下鉄に乗り換えられる。
  4. リムジンバスでは、関西空港交通などが梅田(大阪駅)、上本町、心斎橋、難波、USJ、天保山など市内各地へ向かう路線がある。
  5. 人数・人数が多ければレンタカーを乗り捨てする方法もある。レンタカー代¥5,000・高速代¥1,200程度から(阪神高速のみの場合)
国内線
  • 大阪国際空港(伊丹空港)を利用する。伊丹空港から大阪市内へ向かう交通手段は以下のとおり。
  1. 大阪モノレールでは、伊丹空港駅から蛍池駅まで乗り、阪急に乗り換えて梅田へ向かうか、千里中央駅で北大阪急行に乗り換えて地下鉄御堂筋線を経由して新大阪、梅田、心斎橋、難波、天王寺駅などに向かう。
  2. リムジンバスでは、大阪空港交通などが梅田、難波、上本町、天王寺(阿倍野橋)、USJなど市内各地へ向かう路線がある。

列車で[編集]

関西以外の地方から
  • 東海道・山陽新幹線で到着する場合、新大阪駅を利用する。新大阪駅には、新幹線の他JR京都線(東海道本線)、大阪市営地下鉄御堂筋線が発着しており、市内の主な観光地へは御堂筋線を利用するのが便利である。
  • 在来線を利用する場合、大阪駅を利用する。大阪駅には新快速、在来線特急、寝台列車などが停車する。大阪駅は阪急、阪神、地下鉄の梅田駅に隣接しており、市内各地へはこれらの路線を利用する。
  • 近鉄を利用する場合、大阪難波駅を利用する。やや時間はかかるが、名古屋・三重方面から全席指定の特急アーバンライナーが走っている。
東京名古屋方面から
  • 新幹線を利用するのが一般的。東京~新大阪で約2時間25分、名古屋からだと約50分で着く。
  • 名古屋~大阪のルートは他にも東海道線新快速で約2時間40分(大垣と米原で乗り換え)や近鉄名阪甲特急でも約2時間10分で行ける。
信越地方、岐阜方面から
  • 平日・土日祝日とも1日たったの1便しかないが、JR在来線L特急の「ワイドビューしなの」を利用して、名古屋駅を経由しつつ大阪駅まで向かうという方法もある。
北陸方面から
  • 特急「サンダーバード」号を利用する。富山から大阪で約3時間25分、金沢からは約2時間45分、福井からは約1時間55分で着く。「しらさぎ」号に乗って米原で新快速に乗換えると遠回りとなるが、多少特急料金が浮く。
岡山広島福岡方面から
  • 新幹線を利用するのが一般的。博多から新大阪で約2時間30分、広島からは約1時間20分、岡山からは約45分で着く。在来線で行けなくもないが、岡山~姫路が鬼門となる。
四国地方から

※ここでは新幹線乗り換え駅となる岡山までを記載

  • 高松からは快速「マリンライナー」で岡山に出るのが一般的、「うずしお」号も発車しているが、「マリンライナー」自体が速い事もありあまり時間短縮にはならない。
  • 松山からは「しおかぜ」号を利用して岡山に出る。
  • 高知からは「南風」号を利用して岡山に出る。
山陰地方から

※地区により利用列車や経路が変化する点に注意

  • 豊岡からは「こうのとり」号または「はまかぜ」号を利用する。但し、「はまかぜ」号は便が少ない為乗り逃しに注意。
  • 福知山からは「こうのとり」号または丹波路快速を利用する。
  • 鳥取からは「スーパーはくと」号を利用する。三セク線を経由する為、運賃計算に注意する事。
  • 松江からは「やくも」号で岡山に出る。岡山で新幹線に乗り換え。


関西地方の別の都市から
  • 京都からの交通手段・・・
  1. 京都駅からJR京都線(東海道本線)を利用し、大阪駅で下車。
  2. 河原町駅から阪急電車を利用し、阪急梅田駅で下車。
  3. 三条・四条・五条駅から京阪電車を利用し、淀屋橋・天満橋・北浜・渡辺橋駅で下車。

大阪・梅田駅で地下鉄御堂筋・四つ橋・谷町線、淀屋橋駅で御堂筋線、天満橋駅で谷町線、北浜駅で堺筋線、渡辺橋駅で四つ橋線(肥後橋駅)にそれぞれ乗り換え可能。

  • 神戸からの交通手段・・・
  1. 三ノ宮駅でJR神戸線(東海道本線)を利用し、大阪駅で下車。
  2. 阪急三宮駅で阪急電車を利用し、阪急梅田駅で下車。
  3. 阪神三宮駅で阪神電車を利用し、阪神梅田駅で下車。また、近鉄奈良行きの電車に乗り、阪神なんば線を利用して難波駅で下車することも出来る。
  1. 堺東駅で南海高野線を利用し、南海難波駅で下車。
  2. 堺・和歌山市駅で南海本線を利用し、南海難波駅で下車。
  3. 堺市・和歌山駅でJR阪和線を利用し、JR難波・天王寺駅で下車。

難波駅では阪神なんば線、近鉄、地下鉄御堂筋線、四ツ橋線、千日前線、天王寺駅では大阪環状線、大和路線(関西本線)、地下鉄御堂筋線、谷町線、近鉄南大阪線(大阪阿部野橋駅)に乗り換えが出来る。

  • 奈良方面からの交通手段・・・
  1. 近鉄奈良駅から近鉄奈良線を利用し、大阪難波・日本橋・大阪上本町・鶴橋駅のいずれかで下車。
  2. 奈良駅から関西本線(大和路線)を利用し、天王寺・JR難波・新今宮・弁天町・西九条・大阪駅から天王寺までの各駅で下車。

日本橋駅では地下鉄堺筋線、千日前線、大阪上本町駅では地下鉄谷町線、千日前線(谷町九丁目駅)、鶴橋駅で大阪環状線、地下鉄千日前線にそれぞれ乗り換えが出来る。

車で[編集]

  • 吹田市にある名神高速吹田IC、中国道中国吹田IC、豊中市にある名神高速豊中IC、中国道中国豊中ICなどを利用。
  • 東京、名古屋方面からは東名 ⇒ 伊勢湾岸道(名古屋からなら名古屋高速5号) ⇒ 東名阪 ⇒ 名阪国道 ⇒ 西名阪経由でも行ける

船で[編集]

  • 南港 — フェリーターミナル駅からニュートラム(電車)に乗り、住之江公園駅で市営地下鉄四つ橋線へ乗り換え、またはコスモスクエア駅で市営地下鉄中央線に乗り換え。
  • 弁天埠頭 — JR西日本/市営地下鉄弁天町駅へ徒歩。

動く[編集]

大阪は公共交通機関が網羅している。地下鉄やJR大阪環状線が大阪市内における主な鉄道路線。又、路線バスも市バスを中心に民営バスも網羅している。

列車で[編集]

JR西日本を始めとして多数の会社線がある。

JR西日本 WEB  [4]

阪急電鉄 WEB  [5]

阪神電鉄 WEB  [6]


京阪電気鉄道 WEB  [7]

近畿日本鉄道 WEB  [8]

南海電鉄 WEB  [9]

  • 近鉄奈良線と阪神なんば線は、大阪難波駅を境に相互直通運転している。

地下鉄・ニュートラム[編集]

市内中心部では大阪市営の地下鉄8路線・ニュートラムの電車1路線が東西に交差しているため、ほとんどの観光地は地下鉄による移動でカバーできる。地下鉄・ニュートラムとも運賃制度は共通で、同じように使える。また、ICカードおよびレインボーカードなど磁気カード利用の際は市バスに乗り継ぐと¥100引き。都心部のホテルに宿泊する場合、御堂筋線を中心として移動し、御堂筋線で行けないところへは他の路線を使うとわかりやすい。但し、御堂筋線はいつも混雑しているので、碁盤目状の各線で最短ルートを探したほうがよい場合もある。障がい者がエンジョイエコカード(後述)を買う場合、子供料金として買うのではなく大人料金として購入しなければならないので注意されたい。市営地下鉄・バス・ニュートラム

  • 地下鉄御堂筋線は新大阪駅~梅田駅(JR大阪駅と同位置)~心斎橋駅~なんば駅~天王寺駅と大阪のメインストリートを南北に貫き、市内の主要エリアと主要ターミナルを連絡する路線。観光でも便利な路線である。北大阪急行電鉄・千里中央駅に直通。
  • 地下鉄谷町線は御堂筋線の東側、大阪城付近を縦断する南北路線。谷町線の利用が便利なスポットは大阪天満宮(南森町駅)、天神橋筋商店街(天神橋筋六丁目駅または南森町駅)、八軒家船着場・水上バス(天満橋駅)、四天王寺(四天王寺前夕陽ヶ丘駅)などがある。御堂筋線とは東梅田駅(梅田駅と同位置)、天王寺駅で連絡。
  • 地下鉄四つ橋線は御堂筋線のすぐ西側を走る南北路線で、西梅田駅(梅田駅と地下街連絡)から大国町駅までの都心部では御堂筋線と同じ駅を通る(四つ橋線には淀屋橋駅はなく、京阪接続は肥後橋駅→渡辺橋駅)。この路線上にはビジネスホテルが多く、宿泊するホテルが四ツ橋筋沿いであればこの路線を御堂筋線の代わりとして利用すると便利。
  • 地下鉄中央線は大阪城付近から業務中心を横断し、ベイエリアに至る東西路線。中央線の利用が便利なスポットは大阪城(森ノ宮駅、谷町四丁目駅)、大阪歴史博物館(谷町四丁目駅)、交通科学博物館(弁天町駅)、海遊館・天保山(大阪港駅)、南港コスモスクエア・ATC・WTC(コスモスクエア駅からニュートラムに乗り継ぎ、トレードセンター前駅)などがある。御堂筋線とは本町駅で連絡。長田駅から近鉄けいはんな線生駒方面に直通運転。九条駅で阪神電車に接続。
  • 地下鉄千日前線は難波など、ミナミとまとめられるエリアを横断する東西路線。南堀江(桜川駅)、鶴橋(鶴橋駅)へは千日前線で行くことができる。御堂筋線とはなんば駅で連絡。
  • 地下鉄堺筋線は御堂筋線の一駅分東側を走る南北路線であり、路線の性格は四つ橋線に近いが、阪急電鉄千里線北千里駅・京都線高槻市駅に直通運転。すべての駅がほかの鉄道線と接続している(扇町駅は環状線天満駅に近い)。堺筋線の利用が便利なスポットは天満天神繁昌亭(南森町駅)、でんでんタウン・通天閣(恵美須町駅)。
  • 地下鉄長堀鶴見緑地線は京橋、大阪城から商業中心を横断する東西路線。長堀鶴見緑地線の利用が便利なスポットは大阪ビジネスパーク・大阪城ホール(大阪ビジネスパーク駅)、大阪ドーム(ドーム前千代崎駅)などがある。御堂筋線とは心斎橋駅で連絡。
  • 地下鉄今里筋線は東淀川区から千日前線との交点である東成区の今里駅間の路線で、市東部を縦断する路線。周辺は住宅街が多く、観光で利用することは少ないであろう。
  • ニュートラム(南港ポートタウン線)は中央線コスモスクエア駅、四つ橋線住之江公園駅に接続し、南港のフェリー乗り場(フェリーターミナル駅から徒歩またはバス)、ベイエリアに行く場合に利用するであろう。
お得な切符
エンジョイエコカード
大阪市交通局では地下鉄・ニュートラム・市バスで利用できるエンジョイエコカード(平日大人¥800・土休日大人¥600・小児¥300)を販売している。通天閣・交通科学博物館などで提示すると割引になる。
エンジョイエコカード
大阪周遊パス
大阪エリアの大阪市交通局の地下鉄とバスおよび阪急・阪神・京阪・近鉄・南海・泉北高速が1日フリーパスになり、さらに大阪市内の20以上の施設の入場券とその他の施設の割引券が付いている。大人のみ¥2,300で地下鉄の売店などで販売している。
大阪周遊パス
金券ショップ
大阪駅から少し南に行ったところに金券ショップがいくつもあるので、必要な切符を探すのによい。


乗り継ぎ情報
御堂筋線梅田駅・谷町線東梅田駅・四つ橋線西梅田駅相互間での乗継は一旦改札を抜けねばならないが、30分以内の乗継であれば運賃は通算。

路面電車[編集]

天王寺駅や浪速区の通天閣のある恵美須町駅から天下茶屋・住吉大社のある住吉を超えて堺市へは阪堺電気軌道の路面電車利用が便利。運賃は大人¥200、子供¥100となっており、計算もしやすく利用しやすい。阪堺電気軌道

バスで[編集]

大阪市営バスは市内各所を通っている。乗り換えの際カード乗車券(スルッとKANSAI対応カード、回数カード、ICOCA・PiTaPa等のIC乗車券)を利用すればほかの系統に乗り継ぐこともできる。また、地下鉄・ニュートラムに乗り継ぐ際はバス運賃が半額になる。 —  料金  大人¥210 小児¥110)

  • 大阪市営バスをうまく活用すれば、大阪市営地下鉄よりも安く移動することが出来る。下記に観光に便利な系統を掲載しておく。
  1. 大阪駅前~本町~なんば~肥後橋~大阪駅前路線(8号系統・循環路線)
  2. 大阪駅前~幸町1丁目~土佐堀1~なんば路線(75号系統)
  3. 大阪駅前~あべの橋(天王寺)~住吉車庫路線(62号系統)
  4. 大阪駅前~境川~天保山(88号系統)

ただし乗り継ぎの際には、最初の降車時から90分以内に次のバスを下車する必要がある。


無料バス情報[編集]

大塚家具による無料バス路線 — 大塚家具による無料バス路線で、新阪急ホテル北玄関前から大阪南港までを結んでいる。但し、座席着席制で、満席になれば次発のバスに乗る事になる。(空港リムジンバスと同じ方式)あくまでも大塚家具へ行く方向けのバス路線であるので注意。  時間  平日は1時間に1本。土日祝日は1時間に1~2本。  料金  無料。  WEB  [10]

車で[編集]

道路網自体は碁盤の目に近いが一方通行が多い事に注意する事。

  • 阪神高速道路 — 京阪神の大動脈であり、都心部のビルの合間をぬって走る都市高速道路。直接繋がっている分けでも無いのに何故か京都市内にもある。渋滞しやすい路線としにくい路線があり、1号環状線、3号神戸線、11号池田線、14号松原線が渋滞しやすい。特に環状線は阪神高速で唯一環状走行が出来る路線の為、慢性的な渋滞が多発している。

船で[編集]

  • 大阪水上バス アクラライナー

大阪城港・八軒家浜船着場・淀屋橋港・OAP港の各乗り場をつなぐ。川の上から大阪の街を眺めることができる。位置時間に一本で通常大人\1,700.


渡船[編集]

「水の都」とされ、多くの水路が通っている大阪には数多くの川が流れ、昔から各所に渡船場があった。現在でも市内には8か所の市営渡船場が残っており、全て無料で利用できる。当然ながら、台風が上陸される時は運休となる。 また、時刻表は文末のURL先を参照のこと。各渡船場時刻表

  • 天保山渡船場 (てんぽうざん とせんば) — 天保山(港区築港3丁目)と此花区桜島3丁目の400mを結ぶ。  WEB  [11]
  • 甚兵衛渡船場 (じんべえ とせんば) — 大正区泉尾7丁目と港区福崎1丁目の94mを結ぶ。  WEB  [12]
  • 千歳渡船場 (ちとせ とせんば) — 大正区の鶴町3丁目と北恩加島2丁目の371mを結ぶ。  WEB  [13]
  • 落合上渡船場 (おちあいかみ とせんば) — 大正区千島1丁目と西成区北津守4丁目の100mを結ぶ。  WEB  [14]
  • 落合下渡船場 (おちあいしも とせんば) — 大正区平尾1丁目と西成区津守2丁目の138mを結ぶ。  WEB  [15]
  • 千本松渡船場 (せんぼんまつ とせんば) — 大正区南恩加島1丁目と西成区南津守2丁目の230mを結ぶ。  WEB  [16]
  • 船町渡船場 (ふなまち とせんば) — 大正区の鶴町1丁目と船町1丁目の75mを結ぶ。  WEB  [17]
  • 木津川渡船場 (きづがわ とせんば) — 大正区船町1丁目と住之江区平林北1丁目の238mを結ぶ。  WEB  [18]

観る[編集]

  • 北区 - 大阪市立科学館、大阪市立東洋陶磁美術館、大阪天満宮、露天神社(お初天神)、国立国際美術館、造幣博物館、大阪くらしの今昔館、天満天神繁昌亭
  • 都島区 - 藤田美術館、京橋花月
  • 福島区
  • 此花区
  • 中央区 - 大阪城、大阪城公園、御堂筋、大阪ビジネスパーク(OBP)、戎橋、大阪歴史博物館、キリンプラザ大阪、難波宮跡
  • 西区 - 京セラドーム
  • 港区 - 海遊館、交通科学博物館、サントリーミュージアム、天保山(日本一低い山)
  • 大正区
  • 天王寺区 - 大阪市立美術館、大阪市天王寺動植物公園、四天王寺、慶沢園
  • 浪速区 - 今宮戎神社、通天閣、なんばグランド花月
  • 西淀川区
  • 淀川区
  • 東淀川区
  • 東成区
  • 生野区
  • 旭区
  • 城東区
  • 鶴見区 - 花博記念公園鶴見緑地(大阪市内最高峰「鶴見新山」・咲くやこの花館)
  • 阿倍野区 - 阿部野神社、安倍晴明神社
  • 住之江区 - 大阪南港野鳥園、なにわの海の時空館
  • 住吉区 - 住吉大社、大聖観音寺
  • 東住吉区 - 大阪市立自然史博物館、長居公園
  • 平野区 - 平野郷、大念仏寺
  • 東淀川区 - 水道記念館、崇禅寺
  • 西成区

遊ぶ[編集]

  • 此花区 - 舞洲スポーツアイランド、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)
  • 住之江区 - 住之江競艇

学ぶ[編集]

働く[編集]

買う[編集]

  • 北区 - 阪急百貨店梅田本店、阪神百貨店梅田本店、大丸梅田店、NU茶屋町、阪急三番街、ヨドバシカメラマルチメディア梅田
  • 中央区 - 大丸心斎橋店、高島屋大阪店、心斎橋パルコ、アメリカ村、心斎橋筋商店街
  • 大正区 - IKEA鶴浜(大阪駅前となんば駅前から無料シャトルバスあり)
  • 浪速区 - なんばパークス、でんでんタウン
  • 天王寺区 - 近鉄百貨店上本町店
  • 阿倍野区 - 近鉄百貨店あべの橋店、あべのアポロ、HOOP

食べる[編集]

名物[編集]

  • 割烹
  • 関西風お好み焼き
  • たこやき
  • きつねうどん
  • 串かつ(浪速区
  • ホルモン(鶴橋駅周辺)
  • てっちり(ふぐちり・当たると死ぬ鉄砲との洒落に由来する)
  • はりはり鍋 (水菜を使った鍋物 主に鯨肉を使用)
  • うどんすき
  • イカ焼き                                                                                  

安食堂[編集]

  • 北区 - 阪神百貨店スナックパーク 新梅田食堂街

中級[編集]

高級[編集]

  • 中央区 - 吉兆 高麗橋本店 (故湯木貞一氏によって創業された、高級懐石料理の発祥店)
  • 北区 - 浜作(カウンター割烹店の発祥店)

飲む[編集]

梅田心斎橋難波宗右衛門町が主な繁華街。北新地は東京の銀座に匹敵する高級な界隈。

泊まる[編集]

安宿[編集]

大阪市には京都ほどゲストハウス(ホステル)は多くないが、安価なカプセルホテルやビジネスホテル等は数多く存在する。安宿は主に素泊まり形式になっており、ドミトリー(相部屋)や自炊設備を備えた宿もある。これらの宿ではセルフサービスが基本である。

また、より宿泊費用を抑えたい場合、西成区の釜ヶ崎や難波駅からほど近い新今宮地区に多い簡易宿泊所に泊まる。これらの地区はドヤ街としてのイメージが強いが、最近では宿泊費用を抑えたい若い旅行者や外国人バックパッカーの間で人気となっている。なんば・梅田を始め、奈良・和歌山・神戸などの観光地へもアクセスが非常に良く、また通天閣やスパワールドが地区内にあるなど利便性も大変優れている。

  • 大阪の安い宿 — 大阪府簡易宿所生活衛生同業組合による宿泊施設の紹介。  WEB  [19]
  • ジェイホッパーズ大阪ゲストハウス — 大阪市福島区  WEB  [20]

中級[編集]

  • 北区 - ホテルグランヴィア大阪、大阪弥生会館、新阪急ホテル、大阪東急インなど
  • 都島区 - ホテル京阪京橋
  • 西区 - アパホテル大阪肥後橋駅前、リーガ中之島イン
  • 中央区 - なんばオリエンタルホテル、クロスホテル大阪、ヴィアーレ大阪、ホテルトラスティ心斎橋、大和屋本店、道頓堀川畔かねよし旅館など
  • 福島区 - ホテル阪神
  • 浪速区 - ホテルイルクオーレなんば、ホテル一栄
  • 天王寺区 - シェラトン都ホテル大阪、ホテルアウィーナ大阪
  • 阿倍野区 - 天王寺都ホテル
  • 淀川区 - 新大阪ワシントンホテルプラザ
  • 住之江区 - ベストウェスタン・ジョイテル大阪
  • 此花区 - ホテル京阪ユニバーサルシティ、ホテル近鉄ユニバーサルシティ

高級[編集]

  • 北区 - 帝国ホテル大阪、リーガロイヤルホテル、リッツカールトンホテル大阪、ウェスティンホテル大阪、ホテル阪急インターナショナル、ヒルトン大阪
  • 中央区 - スイスホテル南海大阪、ホテル日航大阪、ホテルニューオータニ大阪
  • 住之江区 - ハイアットリージェンシーオーサカ

連絡する[編集]

  • 浪速区 - ネットコミック フリーメント、Y-net Cafe。

気を付ける[編集]

  • スクーターのナンバープレート盗難が多いので、盗難防止ネジは必須である。また、大阪市民を対象に、二輪車ナンバー盗難防止ネジを大阪市が無料配布している。梅田市税事務所・京橋市税事務所・弁天町市税事務所・なんば市税事務所・・あべの市税事務所・あべの西南市税事務所の6カ所で入手可能で、各区などでの防犯啓発キャンペーンでも配布されている。

暮らす[編集]

出かける[編集]

快速列車網が発達している事もあり、神戸や和歌山にも1時間以内で到達できる。

  • 大阪~京都 ¥540 新快速で29分
  • 大阪~三ノ宮 ¥390 新快速で22分
  • 大阪~奈良 ¥720 大和路快速で56分
  • 大阪~姫路 ¥1,450 新快速61分

この記事「大阪市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト