何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

大田市

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
この記事は島根県の市についての旅行ガイドです。
韓国の市については大田 (韓国)の記事をご覧ください。


大田市(おおだし)は、日本の西部、中国地方島根県の中部にある市である。島根県大田市


分かる[編集]

かつて、世界で有数の銀産出量を誇った「石見銀山」を中心とした、世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」を擁する。また、出雲風土記の国引き神話にも登場する国立公園三瓶山、1300年の歴史を持つ温泉津温泉、鳴り砂で有名な琴ケ浜などの豊かな自然や歴史に包まれた町である。

概要[編集]

山口町佐津目、山口町山口は昔の出雲(いずも)国、それ以外の地域は昔の石見(いわみ)国にあたる。2005年10月1日に大田市、温泉津町、仁摩町が合併し、新たに大田市が誕生した。

観光案内所[編集]

  • 銀山公園観光案内所 (大田市観光協会本部) —  所在  大田市。  電話  (0854) 89-9090  FAX  (0854) 89-9089  時間  年始年末閉鎖。  WEB  [1]
  • 大田市駅観光案内所 所在  大田市。  電話  (0854) 84-5430  時間  年始年末閉鎖。
  • 温泉津温泉観光案内所 所在  大田市。  電話  (0855) 65-2065  時間  月曜・年始年末閉鎖。

ツアーガイド[編集]

  • 石見銀山ガイドの会 所在  大田市大森町イ824番地3。  電話  (0854) 89-0120  FAX  (0854) 89-0706  WEB  [2]

着く[編集]

飛行機で[編集]

最寄りの空港は出雲空港(愛称名:出雲縁結び空港)。羽田空港、大阪(伊丹)、福岡、隠岐から便がある。 JR出雲市駅まで空港連絡バスで25分。そこからJR山陰本線を利用し、大田市駅まで22~42分。 なお、石見銀山のある大森地区までは大田市駅から路線バスで28分。三瓶地区までは大田市駅から路線バスで43分。

列車で[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線:波根駅 - 久手駅 - 大田市駅 - 静間駅 - 五十猛駅 - 仁万駅 - 馬路駅 - 湯里駅 - 温泉津駅 - 石見福光駅

関西方面から-新大阪駅(新幹線)→岡山駅(特急やくも)→出雲市駅(山陰本線)→大田市駅 約4:30

九州方面から-博多駅(新幹線)→新山口駅(特急おき)→大田市駅 約4:30

バスで[編集]

石見銀山号 — 石見交通の高速バス「石見銀山号」が広島から連絡している。トイレ無しバスだが、途中トイレ休憩がある。石見銀山や大田市駅などに停車する。なお、2010年8月2日からICカード「PASPY」「ICOCA」も利用できる。ただし、「PiTaPa」「Suica」「TOICA」は利用できない。  時間  1日2便。  WEB  石見銀山号の時刻表PDFファイル


車で[編集]

出雲空港より  宍道インター→出雲インター→国道9号線→大田市駅 約54km

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

足で[編集]

石見銀山エリア内の移動は、徒歩のほかレンタサイクルも便利。大森には2軒のレンタサイクル店がある(電動自転車もあり)。

  • 貸自転車 河村 — 大森代官所跡近く。  電話  0854-89-0633
  • 貸自転車 弥七 — 大森バス停前。  電話  090-7503-4587

観る[編集]

大森地区[編集]

大森町は、世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の中心地区で、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。


石見銀山遺跡 (いわみぎんざんいせき)  
戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた、日本最大の銀山(現在は閉山)で、世界遺産に登録されている。地元では大森銀山とも呼ばれている。鉱脈の範囲は石見地方東部、島根県大田市大森地区を中心とし、同市仁摩町や温泉津町にも及び、世界遺産登録範囲は銀山だけではなく、同地域の銀鉱石を積み出した港や寺院、街並みなど、景勝地も含まれる。
 所在    電話  (0854) 82-1600  WEB  [3]
 開場時間    料金  


石見銀山世界遺産センター  
石見銀山の歴史と技術を紹介する施設。石見銀山遺跡内は、歩行者の安全確保・地域保全のため、住民とタクシー、予約済みの観光バス以外の、車両進入禁止なので、石見銀山世界遺産センター周辺にある「石見銀山駐車場(無料)」に駐車して、徒歩か路線バスで現地に移動。羅漢寺、石見銀山資料館付近にバス停があり、地区内の移動は、徒歩、レンタサイクル、ベロタクシーでの散策になる。
 所在  大田市大森町イ1597-3。  電話  (0854) 89-0183  WEB  [4]
 開場時間    料金  


羅漢寺 (らかんじ)  
高野山真言宗の寺院。五百羅漢を護るために建立。
 所在  大田市大森町イ804。  電話  (0854) 89-0005  WEB  [5]
 開場時間  8:00~17:00  料金  一般¥500
  • 五百羅漢 — 銀山で働いて亡くなった人々や祖先を供養するために月海浄印が開基。合計501体の羅漢像が安置されている。


石見銀山資料館  
江戸時代の大森代官所跡地。建物が観光のために新たに建てられた物ではなく明治35年に建てられた邇摩郡役所を利用していて国の史跡に指定されている。
 所在  大田市大森町ハ51-1。  電話  (0854) 89-0846  WEB  [6]
 開場時間  9:00~17:00(12月~2月は16:00まで)  料金  大人¥500子供¥200


熊谷家住宅  
国指定重要文化財。熊谷家は石見銀山で栄えた古い商家。
 所在  大田市大森町ハ63番地。  電話  (0854) 89-9003  WEB  
 開場時間  10:00~17:00  料金  一般¥500


勝源寺 (しょうげんじ)  
2代目代官奉行の竹村丹後守が慶長6(1601年)に建立。
 所在  島根県大田市大森町イ430の1。  電話  (0854) 89-0252  WEB  [7]
 開場時間  9:30~17:00  料金  一般¥400


龍源寺間歩 (りゅうげんじまぶ)  
1715年に開発された代官所直営の全長約600mの坑道跡で、数多くあった間歩(鉱石を採るために掘った坑道)のうち、現在のところ唯一、通年公開されている(一般公開されているのはそのうちの273m)。大森の集落からは、緩やかな上り坂を徒歩で40分ほどかかる。(大森には電動自転車も貸し出すレンタサイクル店が2軒ある。上記の「動く/足で」を参照。)坑内は真夏でもとても気温が低いので注意。坑道は舗装されており、車椅子の無料貸出もあり(1台のみ)。
 所在  大田市大森町。  電話  (0854) 89-0347(入口側)、(0854) 89-0117(出口側)  WEB  [8]
 開場時間  9:00~17:00(冬期16:00)、年末年始休み。  料金  一般¥400


大久保間歩 (おおくぼまぶ)  
期間限定でのツアーで見学できる。
 所在  大田市大森町。  電話  0854-84-0750 (大久保間歩予約センター)、0854-89-0881 (大久保間歩ツアーデスク)  WEB  [9]
 開場時間    料金  

仁摩地区[編集]

世界遺産登録地域を含み、ドラマの舞台にもなった地区。


仁摩サンドミュージアム  
一年の時を刻む砂時計「砂暦」が展示されている。周辺はドラマ「砂時計」の舞台になったことで有名。
 所在  大田市仁摩町天河内975。JR山陰本線仁万駅下車。  電話  (0854) 88-3776  WEB  [10]
 開場時間  9:00~17:00  料金  高校生以上¥700小中学生¥350


琴ヶ浜  
大田市仁摩町にある砂浜。鳴り砂で有名。夏になると海水浴場になる。
 所在  JR山陰本線馬路駅下車。


鞆ヶ浦 (ともがうら)  
石見銀山から街道で最短距離にあるリアス式海岸の入り江に臨み、石見銀山の初期の積出港としてにぎわった港町。
 所在  大田市仁摩町馬路。JR山陰本線馬路駅下車。  電話  (0854) 88-2112  WEB  
 開場時間    料金  

大田地区[編集]

大田市の中心市街地。


物部神社 (もののべじんじゃ)  
式内社で石見国一宮。継体天皇8年(514年)、勅命により創建。
 所在  大田市川合町川合1545。  電話  (0854) 82-0644  WEB  [11]
 開場時間  夏:6:00~18:00冬:6:30~17:30  料金  


静之窟 (しずのいわや)  
静間町魚津海岸にある波浪の浸食作用によって出来た奥行45m高さ13mの大きな海食洞。出雲神話の大巳貴命と少彦名命が国造りの神策を練るための仮宮とされた志都の石室と伝えられている。大田市指定の天然記念物。残念ながら現在、崩落により近寄れず、かつてこの場所にあった静間神社も洪水にあって移転している。
 所在  大田市静間町魚津。JR山陰本線静間駅下車。  電話  (0854) 82-1600  WEB  
 開場時間    料金  


静間神社 (しずまじんじゃ)  
社伝、光孝天皇仁和2年(886年)創祀。大己貴命(大国主命)と少彦名命の二神を祀っている。魚津漁港にある「静之窟」の中に祀られていたが、延宝2年(1674年)6月27日、洪水により崩壊した為、現社地へ遷座。
 所在  大田市静間町静間1765番。JR山陰本線静間駅下車。  電話    WEB  
 開場時間    料金  


三瓶地区[編集]

国引き神話にも登場する三瓶山を中心とした高原リゾート地。


三瓶山 (さんべさん)  
大山火山帯に属する火山。出雲国風土記では、三瓶山は「佐比売山(さひめやま)」の名で記されており、鳥取県の大山(だいせん)とともに出雲半島を引き寄せる綱を繋ぐために八束水臣津野命が打ち込んだ杭とされている。周辺には公園やキャンプ場があり季節になるとスキー場になる。
 所在  大田市三瓶町。大田バスセンターより石見交通バス大家行きバスで30分。  電話  (0854) 82-1600  WEB  [12]
 開場時間    料金  


三瓶小豆原埋没林公園 (さんべあずきはらまいぼつりんこうえん)  
約3,500年前に三瓶山の噴火で埋もれた森、国指定天然記念物。
 所在  大田市三瓶町多根ロ58-2  電話  (0854) 86-9500  WEB  [13]
 開場時間    料金  


島根県立三瓶自然館サヒメル  
島根や三瓶の自然を紹介する施設。プラネタリウムもある。
 所在  大田市三瓶町多根1121-8。  電話  (0854) 86-0500  WEB  [14]
 開場時間  9:30~17:00 4月~10月の土曜日は9:30~18:00  料金  

遊ぶ[編集]

三瓶温泉  
三瓶山の麓の温泉街の総称。大規模な温泉街ではないが高原リゾートとして人気が高い。
 所在  JR山陰本線大田市駅下車、石見交通バスで40分。  電話  -  WEB  [15]
 営業時間  -  料金  -


温泉津温泉 (ゆのつおんせん)  
大規模な歓楽街のない非常に落ち着いた雰囲気の温泉街。温泉街としては初の国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、世界遺産に含まれている。
 所在  JR山陰本線温泉津駅よりバスで約5分。  電話  -  WEB  [16]
 営業時間  -  料金  -


薬師湯 (やくしゆ)  
温泉津温泉にある外湯施設。山陰で唯一、日本温泉協会の最高評価「オール5」を受けたかけ流し温泉。大正時代の木造洋館の、1階が浴場、2階が休憩室、3階が展望室。
 所在  島根県大田市温泉津町温泉津  電話  0855-65-4894  WEB  [17]
 営業時間  5:00~21:00(有料休憩室は9:00~17:00)  料金  大人350円、子供200円
薬師湯

買う[編集]

大田ファミリーデパート・パル  
大田駅前のスーパー。石見地方のおみやげが豊富に置いてある。
 所在  大田市大田町大田イ411。JR山陰本線大田市駅下車。  電話  (0854) 82-6600  WEB  
 営業時間    値段  -


和江のかまぼこ (わえのかまぼこ)  
和江港で水揚げされた魚で製造している地元でも人気のかまぼこで味わい深い。現在4社で製造されている。あまり日持ちがしないのだが最近は真空パックされた物も販売されている。市内のスーパー土産店に置いている。

食べる[編集]

安食堂[編集]

三瓶バーガー  
地元産の材料を使ったご当地ハンバーガー。
 所在  大田市三瓶町多根1125-2。  電話  (0854) 86-0200  WEB  [18]
 営業時間  10:00~17:00  予算  三瓶バーガー:¥600(スモールサイズ:¥400)その他いろいろ


クインズ・カフェ  
大田市駅前の喫茶店。
 所在  大田市大田町大田イ-413-1。  電話  (0854) 82-7200  WEB  
 営業時間  7:30~17:00  予算  ハバネロカレー ¥780


cafe コメマメイモ  
石見銀山の古民家カフェ。
 所在  大田市大森町駒ノ足ハ185 群言堂石見銀山本店内。  電話  (0854) 89-0077  WEB  
 営業時間  11:00~18:00、定休日 水曜  予算  

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

スカイホテル大田  
大田市駅より徒歩10分。
 所在  大田市大田町大田イ318。  電話  (0854) 82-6525  WEB  [19]
 e-mail  [20]
 時間    料金  


山麓の宿 さんべ荘   
源泉かけ流し温泉宿。
 所在  大田市三瓶町志学2072-1。  電話  (0854) 83-2011  WEB  [21]
 時間    料金  


旅の宿 輝雲荘  
温泉津温泉で唯一露天風呂を備える。
 所在  大田市温泉津町温泉津ロ202-1。  電話  (0855) 65-2008  WEB  [22]
 時間    料金  


温泉津温泉 旅館 後楽  
温泉津温泉の老舗旅館。
 所在  大田市温泉津町温泉津口205-1。  電話  (0855) 65-2023  WEB  [23]
 時間    料金  

高級[編集]

出かける[編集]



Wikitravel Shared Logo 大田市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「大田市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト