何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

大分県

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索
大分県の位置

大分県は、日本九州地方の県である。 [1]



注意: 2016年4月14日午後9時26分頃、熊本県熊本地方を震源とする最大震度7、M6.5の巨大地震が発生し、16日午前1時25分頃にも同じく熊本県熊本地方を震源とする最大震度7、M7.3(阪神淡路大震災と同規模)の巨大地震が発生しました。その影響で大分県でも建物倒壊などの被害が発生しています。一部の交通機関では運行を休止しています。今後の情報と余震に注意してください。



地方[編集]

天気予報の区分としては以下の4地域に分けられる。

  • 県北部 - 国東半島、中津市北部、豊後高田市など。
  • 県中部 - 大分市、別府市、杵築市などの瀬戸内海側。
  • 県南部 - 津久見市、臼杵市、佐伯市などの豊後水道側。
  • 県西部 - 中津市南部、日田市、竹田市、玖珠郡、由布市などの内陸部。

市町村[編集]

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

概要[編集]

大分県は九州の東部にあり、別府や由布院などの温泉地が有名であり、温泉の源泉数、湧出量ともに全国一である。温泉以外にも、乾しいたけ、かぼす、ぎんなん、ひらめ養殖などの生産量や道路トンネル数が日本一である。[2]

県内の各市町村にそれぞれ1つずつの特産品をつくると言う一村一品運動が展開されている。これによってシイタケ、関あじ、関さば、カボスなど全国的に有名なブランドが生まれている。

県の西側には1700m級の山々が連なった九重連山や、1583mの由布岳など標高の高い山が多数あり、名所として親しまれている。

豊後水道をはさんで四国と至近距離にあるためフェリーを利用すると四国との行き来が容易である。

気候[編集]

参考:大分市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)6.06.39.314.218.422.126.226.823.318.113.18.216.0
降水量 (mm)47.368.6114.7130.2142.7294.2237.3185.4238.0129.361.928.11,677.8
データ出典

放送[編集]

AM

  • NHK:大分:639kHz 中津:981kHz 日田:1026kHz 佐伯:1161kHz 竹田:1323kHz 玖珠:1341kHz
  • NHK第二:大分:1467kHz 佐伯:1521kHz 
  • OBS:大分1098kHz 中津1557kHz 日田1557kHz 佐伯 1269kHz 竹田 1557kHz 湯布院1098kHz

FM

  • NHK:大分:88.9MHz 中津:86.2MHz 日田:84.2MHz 佐伯:84.6MHz 竹田:86.0MHz 豊後大野 / 三重:85.0MHz 国東:83.5MHz 玖珠:82.3MHz 安心院 : 84.6MHz 中津本耶馬溪 : 86.8MHz 中津山国 : 82.6MHz 佐伯宇目 : 84.2MHz 佐伯蒲江 : 84.3MHz 佐伯畑野浦 : 80.4MHz 津久見 : 83.8MHz 10W
  • FM大分:大分 88.0MHz 玖珠 89.3MHz 中津 84.9MHz 津久見80.7MHz 佐伯 81.8MHz 竹田 81.8MHz  日田 85.1MHz
  • NOAS FM(中津市)78.9MHz
  • ゆふいんエフエム(由布市)87.4MHz

観光案内所[編集]

ツーリズムおおいた — 旧・大分県観光協会。「おおいた観光百科事典」には分類別の一覧ページへのリンクあり。  所在  別府市山の手町12-1。ビーコンプラザ内。  電話  (0977) 26-6250  時間  平日 9:00~18:00(土日祝を除く)。  WEB  [3]

着く[編集]

飛行機で[編集]

大分県の空の玄関口は、国東市安岐町にある大分空港。東京・羽田、大阪・伊丹、名古屋・中部、沖縄・那覇からの路線が就航しているほか、韓国のソウル・仁川との間にも週2便(金・日曜)運航されている。空港アクセスはバスまたはタクシー。そのほか空港近辺に複数のレンタカー営業所がある。最も近い鉄道駅はJR日豊本線の杵築駅だが、特にシャトルバス等の運行はなくまたタクシーでも約20分かかるため、アクセスルートとしてはほとんど機能していない。


空港からのバスには以下の路線がある。

  • 空港特急「エアライナー」:日出町・別府市を経由して大分市へ向かう。空港発は到着便に合わせて、空港行きは20~50分間隔で運行。大半は日出・別府経由大分駅行きだが、日出経由別府駅行きが1日6往復、九州自動車道経由で大分市内へ直行する便が1日6往復ある。大分交通 [4] の運行。
  • 湯布院行き直行バス:空港と由布院駅の間をノンストップで結ぶ。1日6往復。大分交通と亀の井バス [5] の共同運行。
  • 中津行き快速リムジンバス:豊後高田市・宇佐市を経由して中津市へ向かう。1日4往復。大交北部バス(大分交通グループ)の運行。
  • 県南高速リムジンバス:臼杵市を経由して佐伯市へ向かう。1日6往復。大分交通と大分バス [6] の共同運行。
  • 路線バス(国東~大分空港~杵築バスターミナル~日出~別府北浜~大分駅線):1時間あたり1本程度運転。大分交通の運行。

大分空港への路線のない各地から来る場合には福岡空港の利用も便利。博多から特急列車や高速バスで県内各地へ移動できるほか、日田市・由布市などへ向かう高速バスには福岡空港からも乗車できる。ちなみに、羽田~福岡間には格安航空会社である「スカイマーク」が就航しており、これと高速バスの往復割引乗車券や回数券を組み合わせて交通費を節約することもできる。

なお、空港からの距離やアクセスの充実度から、中津市など県北部では新北九州空港を、日田市など県西部では福岡空港を利用する方が一般的である。

列車で[編集]

県外からのJR九州の路線は、福岡県北九州市の小倉駅から県東部を南下し別府駅・大分駅などを経て宮崎・鹿児島方面へ抜ける日豊本線、福岡県久留米市の久留米駅から東進して大分駅へ至る久大本線、熊本駅から東進して大分駅へ至る豊肥本線、北九州市の城野駅から南下して日田市の夜明駅へ至る日田彦山線がある。

  • 本州北九州市方面から
    小倉駅から日豊本線特急「ソニック」を利用。豊肥本線沿線へは大分駅で乗り換え。なお「ソニック」は普段から利用率が高く、また始発駅が小倉ではなく博多であるため、小倉からの自由席利用では着席できないことも多い。グループや子供連れ、また混雑の激しい朝夕・週末・繁忙期は指定席の利用がおすすめ。
    なお山陽新幹線から久大本線沿線の日田・由布院などへ向かう場合は、博多駅で久大本線経由の特急に乗り換えたほうが便利。特に観光列車である「ゆふいんの森」は人気が高い。ほかに小倉駅から日田彦山線で日田駅へ出ることもできるが、こちらは普通列車しか運行されていない。
  • 福岡方面から
    博多駅からは、日豊本線経由の特急「ソニック」と、久大本線経由の特急「ゆふ」「ゆふいんの森」がある。別府駅・大分駅へ向かう場合は「ソニック」を利用する方が一般的。豊肥本線沿線へは大分駅で乗り換えるか、九州新幹線を利用し熊本駅で乗り換え。
  • 佐賀長崎方面から
    長崎本線から鳥栖駅で久大本線特急「ゆふ」「ゆふいんの森」へ乗り換え、または博多駅で特急「ソニック」へ乗り換え。別府駅・大分駅へ向かう場合、運賃では前者が安いが運行本数は後者が圧倒的に多い。豊肥本線沿線へは新鳥栖駅から九州新幹線を利用し熊本で乗り換え。
  • 熊本方面から
    豊肥本線特急「九州横断特急」を利用。日豊本線沿線へは大分駅で乗り換え。久大本線沿線へは九州新幹線を利用し久留米駅で乗り換え。
  • 宮崎方面から
    日豊本線特急「にちりん」を利用。久大本線・豊肥本線沿線へは大分駅で乗り換え。
  • 鹿児島方面から
    九州新幹線「さくら」「つばめ」を利用し熊本駅で豊肥本線経由の特急「九州横断特急」へ乗り換え。または日豊本線特急「きりしま」を利用し宮崎駅で「にちりん」へ乗り換え。久大本線沿線へは九州新幹線各駅から「さくら」「つばめ」を利用し久留米駅で乗り換え。

車で[編集]

  • 本州・北九州市方面から
    九州自動車道・北九州JCTより東九州自動車道へ入り、苅田北九州空港ICより国道10号線利用。
  • 福岡方面から
    九州自動車道・鳥栖JCTより大分自動車道利用。
  • 佐賀・長崎方面から
    長崎自動車道・鳥栖JCTより大分自動車道利用。
  • 熊本・鹿児島方面から
    九州自動車道・鳥栖JCTより大分自動車道利用。または熊本市内から国道57号線利用。
  • 宮崎方面から
    国道10号線利用。

バスで[編集]

本州からは、名古屋から中津・宇佐・別府経由で大分へ向かう夜行高速バス「ぶんご」と、広島から途中スオーナーダフェリーを利用して別府へ至るバス「別府ゆけむり」がある。

九州内各地からは以下の通り。

  • 福岡から:「とよのくに」大分行、「とよのくに」別府行、「ひた」日田行、「ゆふいん」湯布院行
  • 長崎から:「サンライト」別府経由大分行
  • 熊本から:「やまびこ」竹田経由大分行(※予約不要)、「あそ」「くじゅう」くじゅう高原・湯布院経由別府行
  • 延岡から:「わかあゆ」三重(豊後大野)経由大分行(※予約不要、土曜・休日のみ運転
  • 鹿児島から:「トロピカル」大分行(※昼行・夜行各1往復)

船で[編集]

  • 大阪より
    大阪南港・コスモフェリーターミナル(ニュートラム・トレードセンター前駅徒歩5分)よりフェリーさんふらわあで別府港へ。別府港~別府駅はバス15分。
  • 神戸より
    神戸六甲アイランド(六甲ライナー・アイランド北口駅よりバス5分)よりフェリーさんふらわあで大分港へ。大分港~JR西大分駅は徒歩10分。
  • 徳山(周南市)より
    徳山港より国東市へスオーナダフェリー。
  • 八幡浜市より
    別府港へ宇和島運輸フェリー。
    臼杵港へ宇和島運輸・九四オレンジフェリー。
  • 宿毛市より
    佐伯港へ宿毛フェリー。
  • 伊方町より
    佐賀関大分市へ国道九四フェリー。

動く[編集]

列車で[編集]

鉄道での県内都市間の移動は特急列車が中心になる。概要は以下の通り(主要駅のみ記載)。

  • 日豊本線:(小倉~)中津~宇佐~杵築~日出~別府~大分~臼杵~津久見~佐伯(~延岡~宮崎~鹿児島中央)
    • 特急「ソニック」(博多~小倉~中津~別府~大分):毎時2本運転。
    • 特急「にちりん」(別府~大分~臼杵~佐伯~宮崎~宮崎空港):毎時1本運転、別府でソニックに接続。
    • 普通列車:杵築~臼杵間では毎時1-2本程度。また小倉からの普通列車は中津まで毎時2本、宇佐まで毎時1本程度運転。その他の区間では運行本数が少なく、特に県境の佐伯~延岡間では朝1往復、夕方2往復のみの運転。
  • 久大本線:(久留米~)夜明~日田~豊後森(玖珠町)~由布院(由布市)~大分
    • 特急「ゆふ」「ゆふDX」(博多~久留米~日田~由布院~大分~別府):1日3往復
    • 特急「ゆふいんの森」(博多~久留米~日田~由布院~大分~別府):1日3往復、うち2本は博多~由布院間の運転。全車指定席
    • 普通列車:日田~由布院間で運行本数が少ない。その他の区間では毎時1本程度運転。
  • 豊肥本線:大分~三重町(豊後大野市)~豊後竹田(~宮地~阿蘇~熊本)
    • 特急「九州横断特急」(別府~大分~三重町~豊後竹田~阿蘇~熊本~人吉):1日4往復
    • 普通列車:大分~豊後竹田間は毎時1本程度。県境の豊後竹田~宮地間は1日5往復のみ。

バスで[編集]

大分県内のバス路線情報が、地図入力などで知ることが出来る「バスなび大分」というWEBサイトがあるので、印刷するなどにして旅行計画の補助として参照されたい。バスなび大分

大分県内のバス会社は概ね地域で分かれている。以下を列挙する。

大分市より北の範囲
大分交通と、その子会社が運行されている。大分交通
大分市より南の範囲
大分バスと、その子会社が運行されている。大分バス
別府市を中心とする範囲
亀の井バスが主に運行されている。亀の井バス
日田市を中心に運行する範囲
日田バスが主に運行されている。日田バス

県内都市間を結ぶ路線バスでは、以下の路線がある。

大分交通
大分~別府~杵築~国東線、中津~日田線(特急)
大分バス
大分~臼杵線、大分~佐伯線(急行)、大分~竹田線
亀の井バス
別府~湯布院線
  • 大分と熊本を結ぶ特急バス「やまびこ」は県内途中区間での乗降ができるため、大分・豊後大野・竹田方面の移動に利用できる。
  • 大分交通バス・大分バス・亀の井バスに利用できるICカード「めじろんnimoca」がある。SUGOCA・はやかけん・nimoca・Suica・TOICA・ICOCAと共通である。60分以内にバスを乗り継ぐと¥60割引である(めじろんnimoca利用の場合のみ)。

観る[編集]

遊ぶ[編集]

温泉[編集]

別府温泉  
 所在  別府市
別府温泉

 

由布院温泉  
 所在  由布市西部


湯平温泉  
 所在  由布市


天ケ瀬温泉  
 所在  日田市東部


長湯温泉  
 所在  竹田市


筋湯温泉  
 所在  九重町

日本の渚百選[編集]

県内には「日本の渚百選」が2ヵ所ある。

  • 元猿海岸(佐伯市)
  • 黒ヶ浜(大分市)

快水浴場百選[編集]

県内には快適な水浴場を広く普及することを目的として、2006年に環境省が選定した「快水浴場百選」が3ヵ所ある。

  • 奈多・狩宿海水浴場(杵築市)
  • 黒島海水浴場(臼杵市)
  • 瀬会海水浴場(佐伯市)

名水百選[編集]

県内には1985年に環境庁が選定した「名水百選」が3ヶ所ある。ここでの「名水」とは、「保全状況が良好で地域住民等による保全活動がある」という意味であり、そのまま飲めるとは限らない。平成にも「名水百選」が選定されていることから「昭和の名水百選」とも呼ばれている。

  • 男池湧水群(由布市)
  • 竹田湧水群(竹田市)
  • 白山川(豊後大野市、稲積水中鍾乳洞)

平成の名水百選[編集]

県内には2008年に環境省が選定した「平成の名水百選」が1ヶ所ある。これは上記の「昭和の名水百選」とは重複しないように選定してある。

  • 下園妙見様湧水(玖珠郡玖珠町)

食べる[編集]

だんご汁・だご汁  
豚汁の中に小麦粉を練って作った「だんご」が入っている郷土料理。地域によっては「だご」とも言う。「だご」の形は地域によって異なっており、大分ではきしめんのように細長い「だご」が入っており、熊本では平たく丸い「だご」が入っている。
だんご汁・だご汁


とり天  
鶏肉のてんぷら。天つゆやポン酢などをつけて食べる。
とり天


からあげ  
県北部の宇佐市中津市では戦後に鶏唐揚げの持ち帰り専門店が多く開業し、日々の食卓にも頻繁に供される。宇佐市は「からあげ専門店発祥の地」、中津市は「からあげの聖地」を名乗る。
からあげ


関あじ・関さば  
豊後水道の速い流れの瀬に棲みつく身のしまったあじ・さばのうち、大分県漁業協同組合佐賀関支店が扱う一定品質のものが高級ブランド「関あじ」「関さば」。


やせうま  
平らで長いうどんのような麺にきな粉をまぶした郷土料理・おやつ。


豊後牛 (ぶんごぎゅう)  


しいたけ  


かぼす  
焼き魚やステーキなどに搾り汁を少量かけることが多い。肉や魚などの味を引き立てる。また、かぼすジュースとしても売られている。

飲む[編集]

大分麦焼酎  
九州では壱岐市と並ぶ麦焼酎の産地である。主な銘柄 - いいちこ、二階堂など

気を付ける[編集]

出かける[編集]

Wikitravel Shared Logo 大分県に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「大分県」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。