何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

大分市

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
大分市の市街地、後方には高崎山と別府湾(市内の高砂町から)。

大分市(おおいたし)は大分県の県庁所在地。 [1]


分かる[編集]

概要[編集]

大分市は、古くは「府内」と呼ばれ、豊後国国府が置かれていた。戦国時代にこの地を治めた大友氏は、宗麟の代に北九州一帯に勢力を広げ、本拠地となった府内の町も非常に栄え、フランシスコ・ザビエルも宗麟の招きでこの地を訪れた。

近世の豊後国は小藩が乱立し、府内もその内のひとつにすぎなかったが、明治になり、大分県庁が置かれてからは再び大分県の中心地として発展することとなった。

現在は東九州最大の都市となり、重化学工業も盛んである。また、Jリーグのクラブチーム「大分トリニータ」の本拠地でもあり、スポーツや文化も非常に優れている町である。

気候[編集]

大分市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)6.06.39.314.218.422.126.226.823.318.113.18.216.0
降水量 (mm)47.368.6114.7130.2142.7294.2237.3185.4238.0129.361.928.11,677.8
データ出典

観光案内所[編集]

  • 大分市観光協会 所在  大分市荷揚町2-31。  電話  (097) 537-5764  FAX  (097) 537-5670  WEB  [2]  e-mail  [3]
  • 大分市観光案内所 所在  大分市要町1-1。JR大分駅構内。  電話  (097) 532-0723  時間  9:00~17:30(昼休みあり)。年始年末定休。

着く[編集]

飛行機で[編集]

国東市にある大分空港を利用する。大分空港へは、東京(羽田)、大阪(伊丹)、名古屋(中部国際) および韓国・ソウルよりの路線が就航している。

大分空港から市内へのバス路線は以下の通り。到着便に合わせて運行されている。運行はいずれも 大分交通

  • 空港特急バス「エアライナー」:大分空港~別府・大分線
    • 別府経由便と高速経由便の2系統があり、市内の経由地や一部停留所の停車順が異なる。
    • 乗り場は空港ターミナルビル1階出口前1番乗り場。市内中心部へは「竹町」または「大分駅前」で降車。空港~大分駅間は所要約1時間。
    • 運賃は、大人片道¥1,500。往復乗車券は¥2,500、回数券(4枚綴り)は¥4,000。
  • ノンストップ:大分空港~旧ホーバー基地線
    • 廃止された大分ホーバーフェリーの代替バス路線。旧ホーバー基地から乗り継げる路線バスはないので注意。タクシーは常駐している。
    • 乗り場は空港ターミナルビル1階出口前2番乗り場。所要時間は約1時間5分。
    • 運賃は、大人片道¥1,500。往復乗車券は¥2,500、回数券(4枚綴り)は¥4,000。

大分空港前にはレンタカー営業所もある。車の場合は大分空港道路~日出バイパス~大分自動車道経由で大分ICへ、ICを出たら直進し、「椎迫入口」交差点で左折する。空港から大分駅前まで約61km。

福岡空港を利用する場合は、博多駅から鉄道または高速バスを利用する。

列車で[編集]

大分市中心部へは、大分駅を利用する。

  • 日豊本線から
    • 特急「ソニック」:博多~小倉~中津~別府~大分(毎時2本運転)
      • 博多より約2時間~2時間20分、小倉(北九州市)より約1時間20分~1時間30分
    • 特急「にちりん」:宮崎空港~宮崎~延岡~佐伯~臼杵~大分~別府(毎時1本運転)
      • 宮崎より約3時間、延岡より約2時間
    • 普通列車(亀川~別府~大分~幸崎間毎時約2本運転)
      • 別府より約12分
  • 豊肥本線から
    • 特急「九州横断特急」:人吉~熊本~阿蘇~竹田~大分(1日4本運転)
      • 人吉より約4時間30分、熊本より約3時間、阿蘇より約1時間45分、豊後竹田より約1時間
    • 普通列車(豊後竹田~大分間毎時1本程度運転)
      • 豊後竹田より約1時間30分
  • 久大本線から
    • 特急「ゆふ」「ゆふいんの森」:博多~久留米~日田~由布院~大分(合わせて1日4本運転)
      • 久留米より約2時間20分、日田より約1時間40分、由布院より約45分
    • 普通列車(由布院~大分間毎時1~2本運転)
      • 由布院より約1時間、湯平より約50分

車で[編集]

バスで[編集]

大分県外からの高速バス、特急バスは大分駅前へは入らないため、中心部へは「トキハ前」、「フォーラス前」を利用。大分駅へは徒歩4分。

  • 「とよのくに」(スーパーノンストップ):福岡(博多・天神)~大分(トキハ・新川)
    • 毎時2~3本運行。
    • フォーラス前まで、博多駅交通センターより約2時間30分。西鉄天神バスセンターより約2時間10分。
  • 「とよのくに」(各停):福岡(博多・天神)~高速日田~別府~大分(トキハ・新川)
    • 概ね2時間毎に運行。
    • フォーラス前まで、筑紫野より約2時間10分。高速日田より約1時間30分。
    • 博多駅・天神から乗る場合は、スーパーノンストップ便を利用。
  • 「サンライト」:長崎(長崎駅・昭和町)~別府~大分(トキハ・新川)
    • スーパーノンストップ・ノンストップ各2往復、高速(各停)便3往復運行。
    • トキハ前まで、長崎駅より約3時間40分~4時間。
    • 高速各停便のみ「高崎山」停留所にも停車する。
  • 「トロピカル」:鹿児島(高速船ターミナル・天文館・鹿児島中央駅)~大分(トキハ・金池ターミナル)
    • 昼行・夜行各1往復。
    • トキハ前まで、鹿児島本港高速船ターミナルより昼行5時間35分、夜行7時間25分。
  • 「ぶんご」:名古屋(名鉄バスセンター)~中津~宇佐~別府~大分(トキハ)
    • 夜行1往復。
    • フォーラス前まで、名鉄バスセンターより11時間50分。
  • 「やまびこ」:熊本(熊本駅・交通センター・水前寺公園・熊本空港)~阿蘇~竹田~大分(トキハ・県庁正門)
    • 昼行10往復(60~90分毎に運行)。座席定員制で事前予約は不要。
    • トキハ前まで、熊本駅前より3時間40分。熊本交通センターより3時間30分。阿蘇駅前より2時間。
  • 北九州(砂津・小倉駅前)~大分(トキハ・新川)
    • 2011年3月27日までの期間限定運行。金曜・土曜・休日および一部の平日(お盆・年末年始)運行。1日4往復。
    • トキハ前まで、砂津より3時間、小倉駅前より2時間55分。運賃は大人片道¥2,200、往復¥4,000。
  • 「別府ゆけむり」:広島(広島バスセンター・中筋駅)~徳山(徳山駅前・徳山港)~大分(トキハ・新川)
    • 昼行1往復。途中の徳山港から竹田津港まで、バスごとスオーナダフェリーに乗船する。フェリー欠航時は運休または陸路迂回運行。
    • 竹町(トキハ前)まで、広島バスセンターより約6時間、徳山駅前より約4時間30分。

船で[編集]

大分市内を発着するフェリーは以下の路線。

  • 「フェリーさんふらわあ」:神戸(六甲アイランド)~大分(西大分) フェリーさんふらわあ(ダイヤモンドフェリー)
    • 発着は西大分港フェリーターミナル。日豊本線西大分駅より徒歩8分、大分駅よりタクシー10分、路線バス「王子港町」より徒歩。
  • 国道九四フェリー:三崎~佐賀関の運航。 国道九四フェリー
    • 発着は佐賀関港。東九州道宮河内ICより25分、大分市中心部へは国道197号線で約40分。
    • 路線バス利用の場合、大分バス「古宮」(D75:大分~佐賀関線で大分市中心部より約1時間10分、JR幸崎駅より約15分)下車、徒歩1分。

隣の別府市にある別府国際観光港着のフェリーも利用できる。

  • フェリーさんふらわあ(関西汽船):大阪(南港)~別府(観光港)
    • 発着は別府国際観光港。日豊本線別府駅よりタクシー10分、路線バス「第三埠頭関西汽船前」下車徒歩3分。
    • 公共交通機関利用の場合、路線バス大分行き乗車、または別府駅から日豊本線利用。
    • 車利用の場合、国道10号線(別大国道)経由で大分駅前まで約14km。
    • お得情報・・・朝日友の会会員であることを告げて電話予約し、支払い時に提示すれば、運賃が20%割引になる。

動く[編集]

列車で[編集]

タクシーで[編集]

大分市内中心部の主なタクシー乗り場は以下の通り。

  • 大分駅前ロータリー(北口)
  • トキハ本店北側(1階エレベーターホール脇出入口前)

バスで[編集]

大分市内で路線バスを運行しているのは、大分バス、大分交通の2社である。大まかに言うと、中心部を境に大分バスは東・南へ、大分交通は西へ向かう路線を担当している。

市内中心部の乗り場は、大分駅前ロータリーおよび中央通り沿いに分散している。

大分バスの案内所は「大分バス本社前」停留所1・2番乗り場前(トキハ本店1階)に、大分交通の案内所は大分駅前のりば近くにある。

市の東端、関あじ・関さばで有名な佐賀関(旧佐賀関町)方面へは、大分バスの路線バスを利用する。

  • D75系統(急行):本社前~高城~鶴崎~大在駅前~坂ノ市~幸崎駅~佐賀関
    • 1時間当たり1~2本程度運行。
    • 佐賀関まで、本社前5番乗り場から約1時間10分、日豊本線幸崎駅より約20分。

足で[編集]

観る[編集]

高崎山自然動物園  
野生のニホンザルの生息地。約30分毎に行われる餌の時間には寄せ場にサルの群れが集まり、個性豊かなガイドさんが解説をしてくれる。入口から寄せ場までは坂道だが、モノレールも利用できる(¥100)。他に係員とともに山を散策してサルの様子を見ることができる「自然観察コース」(要事前予約)や、サルの生態や高崎山の歴史を紹介する「高崎山おサル館」がある。ボスザルのベンツ(写真)は2013年12月のイケメンザル選抜総選挙で1位になるなど人気があったが、同年12月17日から行方不明になり、不明から1か月が経過した翌年1月17日に死亡が認定された。
 所在  大分市神崎3098-1。大分駅より別府方面行き大分交通路線バス20分「高崎山」下車(毎時3~4本運行)。  電話  (097) 532-5010  WEB  [4]
 開場時間  8:00~17:00(入園は16:30まで)。年中無休。  料金  大人¥500、小中学生¥250、幼稚園児以下無料。
高崎山自然動物園


大分マリーンパレス水族館「うみたまご」  
ラッコ、セイウチ、トド、ペンギン、イルカなど多彩な海の生き物を集めた水族館。大回遊水槽やアトラクションエリアのほか、磯の生き物に触れることのできるタッチングエリアなどがある。建物は2004年完成で、バリアフリー対応。レストラン・ショップあり。
 所在  大分市高崎山下海岸。大分駅より別府方面行き大分交通路線バス20分「高崎山」下車(毎時3~4本運行)。  電話  (097) 534-1010  WEB  [5]
 開場時間  9:00~18:00(入館は閉館1時間前まで。土曜・休日 21:00まで、夜間営業日あり)。不定休(年3日ほど)。  料金  大人¥1,890、小中学生¥950、幼児(4歳以上)¥630。
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」


大分縣護國神社  
高台にあり、大分市街地や臨海工業地帯を見下ろすことができる。豊後梅と桜の名所でもあり、季節には花を見に来る人も多い。駐車場無料。
 所在  大分市牧。大分バス (D30、D40~47)「城東中学校前」徒歩5分、日豊本線牧駅徒歩15分。  電話  (097) 558-3096  WEB  [6]
 開場時間    料金  参拝無料。
大分縣護國神社


大分銀行ドーム  
プロサッカークラブ「大分トリニータ」のホームスタジアム。大分スポーツ公園の中核施設である。地下2階にはトレーニングルームがある(木曜休館)。
 所在  大分市横尾1351。大分バス「大分スポーツ公園東」下車(大分市中心部よりE30・31、D45・46・47・51で約30~40分)、徒歩3分。サッカー公式戦開催時は臨時シャトルバス運行。  電話  (097) 528-7700  WEB  [7]
 開場時間  9:00~21:00(イベントにより異なる場合あり)。レストラン 10:00~16:00。  料金  トレーニングルーム¥300、テニスコート一般¥400/時間。各種スポーツ教室あり。
大分銀行ドーム

遊ぶ[編集]

天然温泉 スパリゾート サマサマ  
複合商業施設「Dプラザ」内にある、天然温泉かけ流しの温泉施設。露天・内湯ともさまざまなお風呂が楽しめる。駐車場は平面・立体合わせて500台収容可能。
 所在  大分市勢家1137。大分駅より中央通りを北へ直進約1.2km、大分交通バス「新川」すぐ。  電話  (097) 514-3030  WEB  [8]
 営業時間  11:00~翌1:00(受付は閉店30分前迄)。  料金  入浴料大人¥700、小人(小学生以下)¥300、家族風呂貸切は別料金。

買う[編集]

お土産[編集]

豊後方言銘菓やせうま  
水飴で練ったきな粉を求肥でくるんだお菓子。大分県の郷土菓子であるやせうまを、お土産・贈答用に工夫したもの。添加物不使用。
 所在  トキハ本店地下2階。JR大分駅キヨスクなどで購入できる。製造者は有限会社やせうま本舗田口菓子舗(大分市光吉、電話(097) 569-3247)。


ざびえる  
小麦やバターで作る洋風の皮に白餡を詰めた和洋折衷のお菓子で、大分では非常に有名な存在。餡にラムレーズンが入っているもの(包装袋の帯に金色が入っている)と入っていないもの(帯に銀色)の2種類がある。6個入¥525、14個入¥1,050など。南蛮をイメージしたお洒落な外装箱に入っている。なおこの「ざびえる」には、以前製造元の破産により消滅してしまったものの、かつての従業員達が私財を投じて新会社を立ち上げて復活させたという経歴がある。
 所在  トキハ本店地下2階、JR大分駅キヨスクなどで購入できる。製造者は株式会社ざびえる本舗(大分市大分流通業務団地、電話(097) 524-2167)。


瑠異沙 (るいさ)  
バイオレットリキュールで味付けした白餡をカステラ生地で包んで焼き上げたお菓子。6個入¥525、12個入¥1,050など。「ざびえる」との詰め合わせセットもある。大分県佐伯市宇目にある県指定史跡「重岡キリシタン墓」に埋葬されていた女性「るいさ」をモチーフにしている。こちらも「ざびえる」同様いったん消滅したが、「ざびえる」復活後しばらくして再び製造されるようになった。
 所在  トキハ本店地下2階、JR大分駅キヨスクなどで購入できる。製造者は株式会社ざびえる本舗。

お店[編集]

トキハ大分本店  
昭和10年創業の老舗百貨店。「トキハ」と書いて「ときわ」と読む。本館と会館を合わせた売場面積は60,000平米超と、熊本の鶴屋百貨店と並び地方都市最大級の都市型百貨店。地下2階「大分ふるさとの味 街の駅トキハ」には県内の名産品が数多く揃い、その品揃えは県内で一番。お土産の購入に最適。
 所在  大分市府内町2-1-4。JR大分駅より徒歩5分。  電話  (097) 538-1111  WEB  [9]
 営業時間  10:00~20:00。  値段  


トキハわさだ店・トキハわさだタウン  
トキハが運営する日本最大の郊外型百貨店。売場面積65000平米と広大。シネマコンプレックスも併設。
 所在  大分市玉沢。JR大分駅・大分バス本社前より大分バス「トキハわさだタウン」行き。  電話  (097) 586-1111  WEB  [10]
 営業時間  10:00~20:00、レストラン街は22:00まで。夏場は延長あり。  値段  


トキハ明野アクロスタウン  
トキハが運営する大規模ショッピングセンター。2005年に紀伊國屋書店やレストラン街が入居する新館がオープンした。
 所在  大分市明野東 大分駅・大分バス本社前より大分バス「明野センターアクロス」行き。  電話    WEB  
 営業時間    値段  


パルコ大分店・LOFT大分店  
大分駅前のファッションビル。地下1階にはLOFTも入居。
 所在  大分市府内町 大分駅より徒歩3分  電話    WEB  
 営業時間  10:00~20:00。  値段  


フォーラス大分店  
イオンが運営する大分駅前のファッションビル。タワーレコードやユニクロ、大型書店も入居。
 所在  大分市中央町 大分駅より徒歩5分。  電話    WEB  
 営業時間  10:00~20:00。  値段  


Dプラザ・ドンキホーテ大分店  
大分駅前通りと旧国道の交差点に所在する大型量販店。旧別大電車車庫跡地。
 所在  大分市勢家 大分駅より徒歩15分。または大分交通バスで5分「新川」下車。  電話    WEB  
 営業時間    値段  


パークプレイス大分  
大分スポーツ公園に隣接する大型ショッピングモール。ジャスコを中核とし、物販店、飲食店や映画館などが並ぶ。「シャングリラ」ゾーンには、子どもが遊べる広場やペットと過ごせる広場、観覧車(10:00~23:00、¥500/1ゴンドラ)などある。なお、観覧車は多客期以外は停止していることが多い。
 所在  大分市公園通り西2-1。大分バス (E30~32)「パークプレイス大分」(大分駅・大分バス本社前より30分)。  電話  (097) 520-7777  WEB  [11]
 営業時間  店舗による(ジャスコは10:00~23:00)。  値段  

食べる[編集]

関あじ・関さば  
「速吸の瀬戸」と呼ばれる佐賀関沖の豊予海峡で一本釣りし、佐賀関港で水揚げされたもので、全国ブランドとして知られる高級魚。
 所在  佐賀関方面では新鮮な刺身を手ごろな値段で食べることができる。


とり天  
鶏肉の天ぷら。酢醤油またはかぼす醤油と辛子をつけて食べる。大分市内の食堂が発祥とされ、現在ではとてもポピュラーな料理となっている。
 所在  たいていの食堂・レストランで扱っているほか、スーパーやコンビニにもある。

安食堂[編集]

トキハ ファミリーレストラン  
トキハ本店7階、食券を買って入る昔ながらのデパートの大食堂。とにかく安い。メニューも結構豊富。お子様ランチも数種類ある。
 所在  大分市府内町。トキハ本店7階。大分駅より徒歩5分。  電話  (097) 538-1111  WEB  [12]
 営業時間  10:00~19:00 (L.O.18:30)。  予算  カレーライス¥315、親子丼¥315など。


クロメたこ焼 道の駅佐賀関店  
クロメをソースに使ったたこ焼きが名物。
 所在  大分市大字大平989-1 道の駅佐賀関内  電話  (097) 576-1817  WEB  
 営業時間  9:00~18:00、土日祝~20:00 休日 第1月曜。  予算  


王府  
大量のニラが乗ったラーメン「ニラチャン」で有名なお店。
 所在  大分市高松東1丁目3-1。  電話  (097) 558-3044  WEB  
 営業時間  11:00~22:00、定休日 火曜。  予算  


おおくぼ  
地元の伝統料理「野津原寿司」を提供する寿司屋。
 所在  大分市野津原町2856-2。  電話  (097) 588-1670  WEB  [13]
 営業時間  11:00~14:00、定休日 月曜  予算  

中級[編集]

関の漁場  
新鮮な関あじ、関さばを手ごろな値段で食べることができる店。店構えはいたって簡素で、席数も少ないので昼時は混雑する。
 所在  大分市佐賀関2016-4。県漁協佐賀関支店脇。大分バス (D75)「佐賀関」徒歩10分。  電話  (097) 575-0351  WEB  [14]
 営業時間  11:00~17:00。木曜定休。  予算  関あじ・関さば定食¥2,100。


道の駅 佐賀関 (国土交通省九州地方整備局)  
国道197号線の道の駅。レストランでは別府湾を眺めながら、佐賀関の海産物を味わえる。
 所在  大分市大平。国道197号線沿い。  電話  (097) 576-1817  WEB  [15]
 営業時間  9:00~18:00(土休日は20:00まで)。第1月曜定休。  予算  関あじ・関さば定食¥2,100。


よしだ会館  
海を眺めながら地元佐賀関の海産物を味わえる和食レストラン。関あじ・関さばはその日水揚げされた天然物のみ使用。
 所在  大分市大平23-1。国道197号線沿い、大分バス (D75)「西大平」すぐ、幸崎駅タクシー10分。  電話  (097) 576-0288  WEB  [16]
 営業時間  11:00~21:30(L.O.21:00)。第2・4水曜定休。  予算  刺身定食¥1,680~、関あじ・関さば活造りは時価(¥4,000~¥6,000程度)。


郷土料理 こつこつ庵  
だんご汁やとり天といった庶民の味から、関あじ・関さばといった高級魚まで、さまざまな大分の味覚を味わえる居酒屋。焼酎も300種類ほど常備。店主の気さくな人柄も有名で、店内にはジャズが流れる(店主の趣味)。人気店なので夜は予約推奨。
 所在  大分市府内町。ぶんぶん通り。大分駅徒歩10分、バス「県庁正門前」徒歩2分。  電話  (097) 537-8888  WEB  
 営業時間  11:30~22:00。不定休。  予算  やせうま¥420、とり天¥525、だんご汁¥630、関あじ・関さば寿司¥2,100など。


豊後地魚・地酒の店 酔門 (すいもん)  
都町で30年以上店を営む居酒屋割烹。関あじ・関さばは佐賀関漁港直送。豊後水道のふぐも手軽に楽しめる。お店の名物じゃこ飯おむすびや、大分の味を一度に味わえる郷土料理コース(7品¥2,982)もおすすめ。お座敷個室あり。
 所在  大分市都町2-3-5。大分駅徒歩12分。  電話  (097) 536-6262  WEB  [17]
 営業時間  16:00~翌1:00。  予算  じゃこ飯おむすび¥504、とり天¥777、だんご汁¥777、関あじ刺身¥1,239など。

高級[編集]

日本料理 ほり川  
大分名物関あじ・関さば、また夏は城下かれい、冬はふぐなど、豊後水道の海の幸を会席・コースで食べられるお店。客席は個室のみで全10室、2名から40名まで対応する。要予約。
 所在  大分市都町3-5-5。ジャングル公園北側。大分駅徒歩15分。  電話  (097) 534-0725  WEB  [18]
 営業時間  17:00~22:00。  予算  季節の会席¥5,250~、関あじ関さば会席・城下かれい会席・ふぐコース¥7,350~。

飲む[編集]

大分市の歓楽街は、都町である。


ラウンジ21  
大分全日空ホテルオアシスタワー21階にあるラウンジ。市街地の夜景を見下ろしながらゆっくりとお酒が飲めるバータイムはおすすめ。ランチ、ディナーあり。
 所在  大分市高砂町2-48。大分駅から徒歩8分。  電話  (097) 533-6109  WEB  [19]
 営業時間  ランチ11:00~15:00、ティー15:00~18:00、ディナー18:00~21:00、バー21:00~翌1:00(日祝は0:00迄)。  料金  ランチ¥2,000~、ディナー¥4,000~、カクテル¥1,040~。

泊まる[編集]

安宿[編集]

ホテル豊の国  
豊の国健康ランドに併設されたホテル。全151室。うち80室は格安のコンパクトルーム(シングル)。宿泊者は健康ランド入館無料。館内居酒屋は深夜1:00ラストオーダー。朝食はバイキング。
 所在  大分市南春日町12-5。大分駅より徒歩15分、九州自動車道大分ICより車5分。  電話  (097) 544-2020  WEB  [20]
 時間    料金  コンパクト(シングル)¥3,460、シングル¥5,040、ツイン¥9,450、和室(1~3名)¥4,200/人~。

中級[編集]

ビジネスホテルKG大分 地図  
市街地西端付近にあるビジネスホテル。別大国道に近く、高崎山・うみたまごや別府方面の観光にも便利。館内に居酒屋あり(日曜定休)。インターネット接続無料(有線LAN)。駐車場無料。
 所在  大分市浜の市2-2-1。西大分駅徒歩3分。空港特急バス「生石」下車、徒歩5分。大分交通バス「西大分」下車、徒歩1分。  電話  (097) 514-3778
 FAX  (097) 534-7267
 WEB  [21]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥4,800、ツイン¥7,800。


グッドイン大分  
大きな無料駐車場完備で車での旅に便利なビジネスホテル。国道10号沿いにあり、大分駅へは約5.3km、大分自動車道光吉ICへは約3km。1階は24時間営業のファミリーレストラン(ジョイフル)。周辺は郊外型の商業地区で、24時間営業のショッピングセンター(ジャスコ光吉店)もある。
 所在  大分市宮崎字天神目879。JR豊肥本線敷戸駅徒歩16分。  電話  (097) 504-8000
 FAX  (0977) 22-3310
 WEB  [22]
 時間    料金  シングル¥4,800、ツイン¥8,000。


コモドホテル  
2003年オープン、14階に天然温泉展望大浴場のあるホテル。チェックアウト手続きがなく、朝スムーズに出発できる。女性専用フロアあり。全室ダブルベッド使用。客室無料インターネット接続 (LAN) 。ロビーにも無料インターネットPCがある。朝食無料。コインランドリーあり。
 所在  大分市金池町1-2-1。JR大分駅から徒歩1分。  電話  (097) 514-4000
 FAX  (097) 514-3223
 WEB  [23]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,190、ダブル¥7,440。


ホテルルートイン大分駅前  
2006年6月オープン。全127室。朝食はバイキング形式。全室無料インターネット回線 (LAN) 。人工温泉大浴場、コインランドリー、インターネットPCコーナーあり。
 所在  大分市金池町1-3-1。JR大分駅より徒歩2分。  電話  (097) 513-5000
 FAX  (097) 513-5001
 WEB  [24]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,200、ダブル¥7,800、ツイン¥10,000。


東横イン大分駅前  
2006年11月オープン。全国展開する東横インチェーンのホテル。全234室。全室無料インターネット回線 (LAN) 。ロビーはフリースポット(無線LAN)。コインランドリーあり。朝食無料。
 所在  大分市金池町2-2-5。JR大分駅徒歩3分。  電話  (097) 534-1045
 FAX  (097) 534-1047
 WEB  [25]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,985、ダブル¥8,085、ツイン¥8,085。


大分ワシントンホテルプラザ  
全国に展開するワシントングループのホテル。全228室。環境への配慮から歯ブラシ・カミソリは置いていないので持参のこと。和・洋・中の直営レストランを備え、1階のカフェレストランは平日深夜2:00まで営業(日祝は23:00まで)。
 所在  大分市都町2-1-7。JR大分駅より徒歩7分。  電話  (097) 534-8811
 FAX  (097) 534-8817
 WEB  [26]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥6,700~、ダブル¥13,000~、ツイン¥13,000~。


大分センチュリーホテル  
大分市中心部に位置するシティホテル。トキハや県庁に近い。洋・中のレストランを備える。全121室。全客室無料インターネット回線 (LAN) 。
 所在  大分市府内町1-4-28。JR大分駅より徒歩5分、トキハ前高速バス乗り場より徒歩2分。  電話  (097) 536-2777、予約専用0120-128-821
 FAX  (097) 536-2307
 WEB  [27]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00   料金  シングル¥8,000~、ダブル¥13,500~、ツイン¥13,500~、スイート¥45,000。

高級[編集]

大分全日空ホテルオアシスタワー  
大分を代表するシティホテル。客室は12~19階で眺めが良い。全158室。全室インターネット接続無料(LAN)。和・洋レストランのほか、21階にスカイレストラン&バーがある。朝食はビュッフェ形式。
 所在  大分市高砂町2-48。JR大分駅から徒歩8分、ホーバー乗り場から車8分。  電話  (097) 533-4411
 FAX  (097) 533-6140
 WEB  [28]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  シングル¥12,705~、ダブル¥19,635~、ツイン¥20,790~、スイート¥57,750~。


大分東洋ホテル  
大分を代表するシティホテル。客室は5~12階で全144室。国道210号(大道バイパス)沿いにあり、駐車場無料(平面式)は中心部では数少ない。ただし繁華街からはやや離れている。1階メインダイニングほか、14階には和食レストラン、鉄板焼レストランとバーがある。朝食は和洋バイキング。スポーツクラブ併設。
 所在  大分市田室町9-20。JR大分駅徒歩10分、タクシー5分、バス「大道小学校」すぐ 大分IC車5分。  電話  (097)545-1040  WEB  [29]
 時間    料金  シングル¥13,860~、ダブル¥24,255~、ツイン¥24,255~、和室¥49,087、スイート¥69,300~173,250。

連絡する[編集]

ネットカフェ[編集]

メディアカフェポパイ大分駅前店  
全国チェーンのコミック&ネットカフェ。ナイトパック(平日のみ、土曜日・日曜日・祝日は通常パック)にて宿泊可能、シャワーあり、毛布貸出可能。
 所在  大分市要町1-1。JR大分駅徒歩30秒。  電話  (097) 513-5531  WEB  [30]
 時間    料金  ナイトパック(平日のみ)5時間¥1,280、10時間¥2,280(土曜日・日曜日・祝日は通常パック3時間¥1,090、6時間¥2,080、12時間¥3,150)。


メディアカフェポパイわさだ店  
全国チェーンのコミック&ネットカフェ。ナイトパックにて宿泊可能、シャワーあり、毛布貸出可能。
 所在  大分市市527。JR大分駅・大分バス本社前より大分バス「トキハわさだタウン」行き「トキハわさだタウン」より徒歩15分、または大分バス「木の上経由」各方面行き「稙田農協前」より徒歩5分。  電話  (097) 586-1330  WEB  [31]
 時間    料金  ナイトパック5時間¥980、10時間¥1,480(土曜日・日曜日・祝日は¥200増し)。

気を付ける[編集]

大分駅前ロータリーや中央通り周辺など、市内中心部の中央町・府内町地区は条例によりポイ捨て防止等強化区域に設定されている。この区域内ではゴミや空き缶などのポイ捨てのほか、指定された喫煙所(約20ヶ所設置)以外での路上喫煙も禁止されており、パトロール員の指導に従わない場合、過料として¥2,000が科せられる。[32]

出かける[編集]





Wikitravel Shared Logo 大分市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト