何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

南アジア

提供: Wikitravel
アジア : 南アジア
移動: 案内検索

南アジア (South Asia) は、ヒマラヤの山岳地帯とインド洋の間(南北に)、ガンジス川とインダス川の渓谷の間(東西に)にあるそれらの国々により構成されている。インド洋の海岸線は、アラビア海(西)とベンガル湾(東)の間で分かれている。大規模な南アジアの三角形の大陸は、時々"インド亜大陸 (the Indian Subcontinent)" または単に"亜大陸 (the Subcontinent)" と呼ばれている。


[編集]

南アジアの国々の地図
バングラデシュ
美しいマングローブ、世界最長のビーチがある。
ブータン
最後のシャングリラ (Shangri-la) 。
インド
裕福でエキゾチックな文化、いくつかの言語と10億人の国民が暮らしている。
モルディブ
楽園が見つかる。
ネパール
エベレスト、冒険旅行、人々の笑顔。
パキスタン
豊かな文化や歴史、変化に富む気象や灼熱の砂漠から山までの地勢。
スリランカ
東洋の真珠。

アフガニスタンは、ときどき領域の一部と見なされている。現在SAARC(南アジア地域協力連合)加盟に向けて動いており、いつの日か南アジア地域に掲載されると思われる。

ミャンマー(旧ビルマ)は、インドとのずっと昔からの歴史的、政治的なつながりの為に南アジアの一部と見なされている可能性がある。


都市[編集]

  • ムンバイ--インド最大の都市であり、世界有数のメガシティ。ボリウッドとしても有名で、リゾート都市としても知られるが、人口が多いため、郊外には巨大なスラムが広がる。南アジア有数の世界都市。
  • ニューデリー-インドの首都。インドでも有数の世界都市である。
  • ダッカ-近年経済的な成長を続けるバングラデシュの首都で南アジア有数の世界都市。また、世界有数のメガシティ。
  • カラチ-パキスタンの最大の都市。南アジア有数の世界都市。
  • コロンボ-スリランカ最大の都市。旧首都。現在も事実上の首都である。
  • マレ-海面上昇で水没の危機にあるモルディブの首都。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

喋る[編集]

南アジア域内は、共通言語を持っていないが、英国統治下にあった多くの南アジアの国々で、英語は、教育を受けた人々によって広く話されている。ヒンディー語ウルドゥー語は、インドパキスタンの大部分で話されている。2つの言語は相互に理解されていて、もし訪問する前にいずれかを学ぶ必要がある場合には、次のどれかを選択する。ヒンディー語は、ネパール語によく似ているため、ネパールで役立つと考えられる。ベンガル語は、バングラデシュ、インドの西ベンガル州や他の東部の州で理解され話されているもうひとつの主要言語である。

これら以外にも南アジアは、言語の魅力的な多様性を持っている。特にインドは、100にもおよぶ言語があり、パキスタンもまた相当数の言語がある。主要都市や観光地では、程度の異なる英語でコミュニケーションを取ることができる。

着く[編集]

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

この記事「南アジア」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト