何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

十勝

提供: Wikitravel
十勝支庁から転送)
移動: 案内検索

十勝地方(とかちちほう)は北海道の道東地方にある地方。オホーツク地方釧路地方上川地方日高地方と接し、太平洋に面している。 [1]


地域[編集]

  • 北部
  • 東部
  • 西部

市町村[編集]

北部

東部

西部

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

十勝地方は東を太平洋に面し、西側を日高山脈、北を石狩山地に囲まれており、十勝平野には十勝川を始めとして200あまりの河川が流れており、開拓者の苦労もあって日本の食糧基地となっている。北部山岳地帯は大雪山国立公園に、東部は阿寒国立公園に、日高山脈地域は日高襟裳国定公園に指定されている。

着く[編集]

帯広市の南東部に帯広空港があり、羽田空港、名古屋小牧飛行場、関西空港からの便がある。空港から帯広市内までは空港連絡バスで35分程度。

列車は、根室本線が新得町、清水町、芽室町、帯広市、幕別町、池田町、豊頃町、浦幌町を通り、札幌から釧路行きの特急が7往復、帯広行きの特急が5往復走っている。

道路は、滝川・釧路間の国道38号がほぼ根室本線に沿って通っている(池田町は通っていない)。弟子屈町から足寄町・上士幌町・士幌町・音更町を経由して帯広まで国道241号が、網走から陸別町・足寄町・本別町・池田町・幕別町を経由して帯広までの国道242号が、紋別市から上士幌町・士幌町・音更町を経由して帯広まで国道273号が、札幌から日勝峠を越えて清水町・鹿追町・士幌町・上士幌町・足寄町・本別町を経由して標茶町までの国道274号がある。

バスは、札幌から清水町・芽室町を経由して帯広まで、音更町を経由して帯広まで。旭川から新得町を経由して帯広まで、糠平温泉・上士幌を経由して帯広まで、釧路から帯広までの都市間バスがある。 路線バスは北見から陸別行き、様似から広尾行きがある。

動く[編集]

列車は根室本線を利用できる。

バスは、帯広市内線や帯広・音更町間には頻繁に走っている。帯広から中札内村・更別村・大樹町を経由して広尾まで、帯広から音更町、士幌町を経由して上士幌町糠平まで、帯広から幕別町・池田町・本別町・足寄町を経由して陸別まで、帯広から音更町・鹿追町瓜幕を経由して然別湖まで、帯広から音更町・鹿追町・新得駅前を経由して南新得まで、新得から鹿追町を経由して然別湖までなどの路線がある。

観る[編集]

遊ぶ[編集]

  • 十勝川温泉(音更町) — 世界的にも珍しい植物性のモール泉。

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

この記事「十勝」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト