何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

北ヨーロッパ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
北ヨーロッパ

北ヨーロッパ (Northern Europe) はヨーロッパの地方である。北欧(ほくおう)とも呼ばれる。

具体的に、どの国を指すかは国や国際機関などにより異なる。

広義の北欧は、イギリス、アイルランド、ドイツ、ロシアのバルト海沿岸部なども含まれる。[1]


[編集]

スカンジナビア(北ヨーロッパ)の地図
デンマーク
北欧諸国で最も小さく平坦な国である。
ノルウェー
深いフィヨルド、北欧伝説や木造教会で有名である。
スウェーデン
スカンジナビア最大の国である。
フィンランド
数十万の島や湖がある。
アイスランド
北大西洋上の島にある火山、氷河、間欠泉や滝の壮大な眺望。

上記に加え、エストニアラトビアリトアニアバルト三国も、国連の分類では「北欧」の国である。次の「Northern Europe」参照 [2]

なお、日本の外務省では、これら全て、欧州局西欧課の管轄である。[3]

領域[編集]

  • フェロー諸島 ー デンマークによって統治されている。
  • スヴァールバル ー ノルウェーによって統治されている。
  • オーランド諸島 ー フィンランドによって統治されている。
  • グリーンランドは、デンマークとの関係や北欧理事会 (Nordic Council) の会員のために、時々スカンジナビア諸国 (Nordic Europe) と連想される。厳密に文化的に北アメリカ(ネイティブ)の一部である。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

名称スカンジナビアは、ノルウェー、スウェーデンとデンマークユトランド半島の間に挟まれたスカンジナビア (Skandage) の水域から来ている。厳密に言えば、この名称はこれらの3カ国を示しているが、ここでは、北欧ヨーロッパ(Nordic EuropeまたはNorden)全域を網羅する幅広い意味として使用している。

北欧諸国は、類似した国旗と多くの関連する言語を含め多くの文化的特徴を共有している。この地域は、その自然の美しさや近頃のより自由主義的な事で有名である。デンマーク、フィンランド、スウェーデンはEUの加盟国である。石油とガスで豊富なノルウェーや西側の唯一の島国アイスランドは、非加盟である。

全体的に北欧諸国は、比較的強い経済を持っている。ノルウェーとアイスランドは、とりわけ豊富な天然資源から利益を得ている。またスウェーデンとフィンランドも天然資源を共有しているが、ボルボ、サーブ、エリクソンやノキアのような国際市場で最も有名な力強いブランドを有している。デンマークは、多くの産業で洗練されたビジネスを発展させているが、スカンジナビアの農業国として指導的立場以上の国である。強力な経済や比較的小さな異なる社会は、訪問者向けに高価格になる場合がある。

苦心して作り上げた福祉国家 (welfare states) は、北欧諸国の共通的な特徴である。ほとんどの事は一般的に高度に組織化され、訪問者は、すべてが計画、ルール、時刻通りに進むと予想する。国際的に透明性のある北欧諸国は、世界の中で最も不正が少ない地域である(カナダ、ニュージーランド、シンガポールを含めほんの一握りの国々だけが整合する)。

喋る[編集]

スカンジナビア内でコミュニケーションを取る事は、事実上65歳未満の人々が少なくとも基本的な英語を話すことができるため、簡単であり、若い人々は流暢に話す傾向がある。またほとんどの学生は、ドイツ語、フランス語、さらにスペイン語のような3つの主要なヨーロッパの言語も学んでいる。外国語のテレビ番組は、時たま子供番組だけが地元言語に吹き替えられているが、たいてい字幕が付いた元の言語で放送され、そして、DVDと映画も字幕が付いた元の言語で提供されている。これは、域内の幼い子供たちの間での高い英語能力に関連して広く受け入れられている。

デンマーク語ノルウェー語スウェーデン語は、方言として話されているいくつかが、かなり理解したがい側面を持つが、密接に関係し、特に文書のさまざまなレベルで互いに理解されている。これらが全てゲルマン語派であるとともに、ドイツ語やオランダ語を話せる場合、多くの同じ言語の人々を見つけられ、同等の英語を話す人は、一度でも話し始めの音声のスペルを聞いて思いがけない言葉だと認識することになる。たとえば、英語の学校 (school) は、スウェーデン語 skola、デンマーク語 / ノルウェー語 skoleであるのに対して、初め (frist)först / førstになる。また関連するアイスランド語フェロー語は、13世紀以来言語の冷蔵庫に保存されており、概して他のドイツ語の話し手に理解されていない言語である。

文字どおり部外的なフィン・ウゴル語 (Finno-Ugric) 族に属するフィンランド語があり、これは他の北欧の言語と全く別の言語となる。しかしながら、フィンランドでは、約5%の少数がスウェーデン語を話しており、すべてのフィンランド人は学校でスウェーデン語を学んでいる。またサーミ語はフィン・ウゴル語族に属し、ラップランドのいくつかの自治体で公用語として採用されている。

北欧のアルファベットは少数の特殊な文字を使う: å, ä/æ, ø/ö (その他はアイスランド語で)。これらが優れた文字であるとともに、北欧式の名前の適切なつづりは北欧の人々によって非常に評価される。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト