何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

北アメリカ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

北アメリカ (North America) は表面積24,221,490平方キロとなる、3番目に大きな大陸(六大州)である。南アメリカの北方、太平洋と大西洋の間にある北半球に位置している。北アメリカの最高峰は海抜6,194m(20,320フィート)であるアラスカのマッキンリー山 (Mount McKinley) である。日本語では北米(ほくべい)とも呼ばれている。


国・地域[編集]

北アメリカは、その領域の大部分を占める3つの大きな国と1つの大きな島の領土で構成される。それらは、カナダアメリカ合衆国 (USA) 、メキシコグリーンランドである。また、南の端の7つの小国、西インド諸島にある大小さまざまな大きさの20以上の島国と領域、カナダ大西洋岸にある孤立したフランス領のひとつがある。中央アメリカとカリブ海域は、厳密に言えば北アメリカの一部であるが、それらは、一般的に北側の大きな隣国から切り離して列挙するため、文化的地理的な理由の両方で、特有の地域名が使われている。



北アメリカ
カナダ
カナダ (Great White North) には、確かに途方もない広大な自然のままの大自然があるが、世界で最も近代的で国際的な複数の都市を持つ特徴も兼ね備えている。
西インド諸島
白い砂浜、透き通った水、のんびりとした島々の文化は、世界トップクラスのバケーションの名所、カリブ海を作り出している。
中央アメリカ
賑やかな都市、古代のジャングルの遺跡、スペイン語の影響を受けた文化を持つ、南北アメリカ大陸の国々を結ぶ7カ国の地峡である。
グリーンランド
自治国であるが、現在もデンマークの一部であるグリーンランドは、広大な荒涼とした風景や白夜の島である。
メキシコ
メキシコは、太陽を求める人や歴史を探求する人、後者が、魅力的な古代マヤ文明の遺物を発見する一方、前者がメキシコの熱帯ビーチに群がる大きな観光名所となっている。
アメリカ合衆国
地球上の最大国のひとつで、最も民族的に多様で多文化的な国であるアメリカ合衆国には、世界で最も有名な複数の都市、美しい多くの自然公園が有る。

領土[編集]

都市[編集]

  • ハバナ - キューバの首都は、葉巻、ヒスパニック・カリブ文化、伝説的ナイトライフで有名である。
  • キングストン - アフリカ・カリブ文化の中心、レゲエの本場。
  • ロサンゼルス - ハリウッドの映画産業、山脈やビーチ、大量の交通量。
  • メキシコシティ - 世界で3番目に大きなこの都市は、豊富なコレクションの美術館、何世紀もの昔の建築物、近代的施設や多くの人々が暮らしている。
  • ニューヨーク市 - 別名ビックアップル (Big Apple) と呼ばれるこの都市は、北米の商業と映画や音楽などの文化の中心である。
  • パナマシティ - 二大陸間を結ぶ友好都市。
  • トロント - 民族居住地を持つ国際的な融合都市であり、文化的名所が豊富にあるカナダ最大の都市。
  • バンクーバー - 同日にスキーやビーチでのんびり過ごす事ができる、優れた自然の美しさを持つ都市である。
  • ワシントンD.C. - 豊富な文化的、歴史的観光名所を持つ米国の首都。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

America

アメリカという単語を聞くと、日本人であるならば「50個の星と赤と白の縞々の国旗の国」がイメージされるであろう。

ただ、北南米大陸の件の国以外の人々(特に南米人)にとって「アメリカ」というと、「アメリカ大陸」の事を差し、特定の国の事を差し示すものではないという認識が強い。件の国の事を差し示す時は「USA」或いは「US」とちゃんと呼称すべきなんだとか。アメリカ合衆国では「US」と言うのが普通。

チップ[編集]

アメリカでの生活習慣の中では、サービスを受けたら「チップ」を支払う・・・という行動がが常識だ。支払う場面はホテルなどだが、逆に支払わなくても良い場面もあるので、下記にて示す。

  • 公務員
  • 警察官
  • ホテルの受付(コンシエルジュは除く)
  • バスの運転手
  • スーパーやガスステーション(ガソリンスタンド)などの店員や劇場や映画館の案内係
  • 飛行機の添乗員
チップ金額の目安(USの場合)
レストランやTAXIの場合総合計の15%以上が目安である。最近レストランでは18%以上と言われている。その場合領収書に「Sales tax(消費税)」の項目があればその金額の2倍をチップ金額として支払うのが簡単。ただサービスが悪い場合は10%とかに減らしても良い。
ホテルのベッドメイキングサービスへのチップは$2~$5をお札で置く。コインでは却って失礼になるので避けること。最近はアメリカ人でもチップを置かない人もいる。労に報いたいときはチップとともに「Thank You for your service(訳:どうもありがとうございます)」と書いた紙を置くのものいいだろう。
ホテルでTAXIをベルマンに頼んだ場合、やはり$2~$5を渡すと良い。(この場合もコインは避けてお札で)
観光地にて
クスコなどの観光地には、民族衣装をまとった観光モデルがおり一緒に写真に入ってくれたりする。この様な場合には$1米ドル紙幣をお礼にあげると良い。米ドルはどこでも通用するので喜ばれる。


着く[編集]

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

  • TILL 9PM」の意味は、「午後9時まで営業」という意味である。英語圏かつ商店や交通機関系にこの単語が明記されている事が多いので、覚えておきたい。
  • No Availability」の意味は、ホテルであれば「満室」。交通機関だと「不通」。逆に「Availability」と表示されていれば、問題なく予約(利用・有効)出来ることになる。

アメリカ英語と和製英語との違いに気をつける[編集]

  • 薬の英語表記は、「薬局」が「Drug store (ドラッグストア ) 」だから「Drug (ドラッグ ) 」と思ってしまいがちだが、米国では「Drug (ドラッグ) 」はほぼ「麻薬」の意味で相手に認識されてしまう。トラブル防止のためにも「Medicine(メッドスン)」と呼ぶこと。"Where could I buy(get) drugs?" と相手に伝えると、「どこで麻薬が手に入りますか?」と伝わってしまう。
  • 朝呼び出してもらいたいとき、いわゆる教科書英語で「モーニング・コール ( Morning call ) 」とホテルのフロントに伝えてしまいがちだが、この単語はイギリス英語なのである。あまりにもそう言う人が多い故一応は通じるには通じるのだが、恥をかかないためにも「ウェイクアップ・コール ( Wake-up Call ) 」と伝えることを強くお勧めしたい。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト