何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

伊勢市

提供: Wikitravel
三重県 : 南勢 : 伊勢市
移動: 案内検索
夫婦岩(伊勢市二見)

伊勢市(いせし)は三重県東南部にある都市である。伊勢神宮の門前町として有名である。 [1]


分かる[編集]

観光案内所[編集]

  • 伊勢市観光協会 — 観光案内所も兼ねる施設。  所在  伊勢市本町14-6。  電話  (0596) 28-3705  FAX  (0596) 27-1049  時間  8:30~17:00。  WEB  [2]
  • 宇治山田駅観光案内所 所在  伊勢市岩渕2-1-43。近鉄宇治山田駅構内。  電話  (0596) 23-9655  時間  8:00~17:30。
  • お伊勢さん観光ガイドの会 — 外宮、内宮でのボランティアガイド。観光協会で申し込み受付を行っている。  時間  9:30~15:00。  料金  ガイド料無料(交通費など実費負担)。

着く[編集]

飛行機で[編集]

中部国際空港または名古屋空港(小牧空港)を利用し、一旦名古屋へ出てから鉄道利用。

関西国際空港または大阪国際空港(伊丹空港)を利用し、空港バスにて近鉄・大阪上本町駅へ出てから、鉄道(近鉄)利用。

列車で[編集]

伊勢市駅

伊勢市中心部へ

  • 大阪難波駅(一部)、大阪上本町駅、鶴橋駅、近鉄名古屋駅から近鉄特急で伊勢市駅もしくは宇治山田駅下車。
  • 名古屋駅から東海旅客鉄道快速列車「みえ」号で伊勢市駅下車。
  • 近鉄を利用して市内の移動にバスを利用する場合に限るが、足が不自由な人には伊勢市駅下車ではなく、宇治山田駅下車が推奨される。理由は宇治山田駅にはエレベータおよびエスカレータが完備されているが伊勢市駅にはどちらも無いこと、障害者用トイレがJR側ホームにしか無いこと、また伊勢市駅の近鉄改札口(北口)前にはバス乗り場が無く、バス乗り場のあるJR改札口(正面口)から出るために駅構内の陸橋(跨線橋)を渡る必要があるためである。

二見地区へ

  • 名古屋駅からJR東海快速「みえ」号で二見浦駅下車。
  • 大阪難波駅(一部)大阪上本町駅、鶴橋駅、近鉄名古屋駅から近鉄特急で伊勢市駅へ。伊勢市駅からJR参宮線のりかえ。
  • 伊勢市駅または宇治山田駅から三重交通バス。

共通事項

  • 「青春18きっぷ」でJR東海快速「みえ」号を利用する場合、四日市-津間はJRではなく第3セクターである伊勢鉄道の路線を通るので、車内で伊勢鉄道の運賃¥490が徴収される。
  • JR東海の列車については天候や混雑状況などに応じて、時間遅れや運休が発生することが、近鉄線と比べて多い。5分程度の遅れはよくあることなので、帰りの新幹線などとの接続は余裕をもたせる必要がある。
  • 近鉄特急は名古屋発・大阪発とも個室つきの「伊勢志摩ライナー」、観光特急「しまかぜ」がある。しまかぜは車内で食事ができるので旅の楽しみによい。

バスで[編集]

以下の高速バスが運行されている。

  • 大宮・東京~伊勢・鳥羽線 (三重交通・西武バス) — 埼玉・東京から三重県内を結ぶ、毎日2往復運行している夜行高速バスである。市内には伊勢市駅前と二見浦表参道にバス停がある。  電話  三重予約 (059) 229-5555、西武予約 (03) 5910-2525  時間  大宮駅西口(所要9時間35分)21:35発、22:35発。池袋駅東口(所要8時間50分)22:20発、23:20発。  料金  伊勢市駅 片道大人¥7,850、子供¥3,930、二見浦表参道 片道大人¥8,200、子供¥4,100。往復料金制度あり。  WEB  [3]
  • 京都~伊勢線 (三重交通・京阪バス・近鉄バス) — 平成20年10月から運行が始まった、京都と伊勢を結ぶ毎日4往復の昼間高速バスである。市内には、外宮前・伊勢市駅前・三交伊勢営業所・内宮前にバス停が設けられている。  電話  三重予約 (059) 229-5555、京阪予約 (075) 661-8200、近鉄予約 (06) 6772-1631  時間  京都駅八条口(所要2時間43分)8:10発、9:10発、17:00発、18:40発。  料金  市内同額 大人片道¥3,000、往復¥5,000、子供片道¥1,500、往復¥2,500。  WEB  [4]

車で[編集]

高速道路

  • 伊勢自動車道(伊勢西IC、伊勢IC)

有料道路

  • 伊勢二見鳥羽ライン(伊勢IC、楠部IC、朝熊IC)
  • 伊勢志摩スカイライン

国道

  • 国道23号線
  • 国道42号線
  • 国道167号線

船で[編集]

動く[編集]

列車で[編集]

バスで[編集]

初詣で賑わう伊勢神宮内宮

三重交通では、伊勢・鳥羽観光に便利な「伊勢鳥羽みちくさきっぷ」を販売している。1日券と2日券があり、それぞれ¥1,000と¥1,600(小児半額)。CANバス全区間および指定区間の路線バスが利用でき、一部施設の割引特典もついている。

伊勢市駅(JR側)・宇治山田駅と、伊勢神宮内宮を結ぶ路線バスは以下の2系統があり、両駅と内宮の間および外宮から内宮方向では、両系統合わせて平日15分間隔、土休日は10分間隔で運行されている。

51系統:内宮前→近鉄五十鈴川駅→徴古館前→宇治山田駅→伊勢市駅→外宮前→徴古館前→近鉄五十鈴川駅→内宮前

  • 内宮前から、宇治山田駅まで15分、伊勢市駅まで18分。
  • 内宮前まで、宇治山田駅から21分、伊勢市駅から18分、外宮から16分。

55系統:内宮前→庁舎前→外宮前→宇治山田駅→伊勢市駅→外宮前→庁舎前→内宮前

  • 内宮前から、宇治山田駅まで15分、伊勢市駅まで18分、外宮まで20分。
  • 内宮前まで、宇治山田駅から15分、伊勢市駅から12分、外宮から10分。

他にCANばす(伊勢二見鳥羽観光バス)が運行されている。平日1時間ごと、土休日30分毎の運行。

CANバス:宇治山田駅~伊勢市駅(鳥羽方面のみ)~外宮前~徴古館~近鉄五十鈴川駅~内宮前・おはらい町入口~安土桃山文化村~二見浦表参道~夫婦岩東口~鳥羽バスセンター

  • 宇治山田駅から、内宮前・おはらい町入口まで24分、安土桃山文化村まで42分、二見浦表参道まで47分。

タクシーで[編集]

自転車で[編集]

  • 伊勢市観光協会 — 2カ所の観光案内所でレンタサイクルのサービスを行っている。6つのモデルコースが用意されている。  所在  宇治山田駅、外宮前案内所。  電話  宇治山田駅 (0596) 23-9655、外宮前 (0596) 28-3705  時間  宇治山田駅 9:00~17:30、外宮前 8:30~17:00。  料金  利用料4時間以内¥500、¥800/日、一泊¥100追加。
  • 駅レンタサイクル — JR伊勢市駅前でレンタサイクルのサービスを行っている。  所在  伊勢市駅南口(JR側出口)から左。  時間  9:00~17:00。  料金  利用料2時間まで¥410、3時間まで¥620、4時間まで¥820、5時間まで¥1,030、1日使用¥1,030。

足で[編集]

観る[編集]

内宮・外宮周辺[編集]

伊勢神宮  
「神宮」というのが正式名称。神宮は内宮(ないくう)、外宮(げくう)を始め、別宮(べつぐう)14宮、摂社(せっしゃ)43社、末社(まっしゃ)24社、所管社(しょかんしゃ)42社など125社の総称である。内宮は天照大神(あまてらすおおみかみ)を、外宮は豊受大神(とようけおおみかみ)を祀る。 外宮→内宮の順番で参拝するのが古くからの慣わしとされている。伊勢神宮は神様に願いをかなえてもらうというよりも、神様に生かしてもらっていることに感謝する「神恩感謝」の意を伝えるために参拝するものである。個人の願いをかなえてもらいたい場合は、天変地異を引き起こすほどの大きな力を持つ神様である荒御魂(あらみたま)を祀る別宮でお願いするとよい。

祭事が開催される場合は内宮・外宮ともに参拝停止(一般人立ち入り禁止)になるため、参拝可能かどうかホームページで事前に確認しておくこと推奨。なお、伊勢神宮への参拝について、詳細は「お伊勢参りに行く」を 参照

 所在  伊勢市内を中心に全125社。  電話  (0596) 24-1111  WEB  [5]
 開場時間  季節によって異なる。  料金  参拝無料。
伊勢神宮


内宮 (ないくう)  
皇室の御祖神であり、太陽を神様とした天照大神を祀る神社。正式名称は皇大神宮(こうたいじんぐう)。約2000年前に垂仁天皇の第4皇女である倭姫命(やまとひめのみこと)が天照大神をお祀りする場所を探して全国各地を巡った後、神託を受けて伊勢の地で創建したと言われている。内宮をすべて参拝すると砂利道を2km以上歩くことになり、参拝するには40~60分ほどかかる。
 所在  内宮バス停から約5.5km、バスで約20分、徒歩で約1時間。近鉄五十鈴川駅から約2km、徒歩で約30分。  電話  (0596) 24-1111  WEB  [6]
 開場時間  5:00~18:00(秋季は短縮、夏季は延長)。祭事の際は終日参拝停止の場合あり。  料金  参拝無料。


外宮 (げくう)  
天照大神の食事を司る女神である豊受大神を祀る神社。正式名称は豊受大神宮(とようけだいじんぐう)。天照大神が伊勢の地に鎮座してから500年後に雄略天皇が神託を受けて丹波から豊受大神に来てもらったことが発祥。1日2回、神様の食事を奉る祭事が行われている。
 所在  JR・近鉄伊勢市駅から約500m、徒歩8分。  電話  (0596) 24-1111  WEB  [7]
 開場時間  5:00~18:00(秋季は短縮、夏季・正月は延長)。祭事の際は終日参拝停止の場合あり。  料金  参拝無料。


おかげ座  
江戸時代の「おかげ参り」の様子を再現した歴史館。
 所在  伊勢市宇治中之切町(おかげ横丁内)。  電話  (0596) 23-8844  WEB  [8]
 開場時間  おかげ横丁営業時間と同じ。  料金  大人¥300、小中高生¥100。


神宮徴古館・神宮農業館・神宮美術館  
徴古館は神宮の調度品や歴史・考古資料を、農業館は神嘗祭に伴う皇室御下賜品や神宮御料地の資料を、美術館は現代日本を代表する美術・工芸家から神宮に献納された作品を展示する。徴古館および農業館は赤坂離宮(現・迎賓館)を手がけた・建築家片山東熊の設計。国登録有形文化財。
 所在  伊勢市神田久志本町。CANバス「徴古館」徒歩1分、バス「徴古館前」徒歩3分。  電話  徴古館・農業館 (0596) 22-1700 / 美術館 (0596) 22-5533  WEB  [9]
 開場時間  9:00~16:30(入館16:00迄)、月曜(休日の場合は翌日)および年末3日休館。  料金  三館共通;大人¥700、大高生¥400、小中学生¥250。徴古館・農業館;大人¥300、大高生¥150、小中学生¥100。美術館;大人¥500、大高生¥300、小中学生¥200。
神宮徴古館・神宮農業館・神宮美術館

河崎周辺[編集]

伊勢河崎商人館  
江戸時代中期に創業したかつての問屋の建物を博物館とした施設。かつて伊勢の台所と呼ばれた河崎問屋街の歴史を知ることができる。地元ボランティアによる無料ガイドあり(事前予約推奨)。また3つの商人蔵は店舗になっていて、食品・雑貨・古民具などを購入できる。
 所在  伊勢市河崎2-25-32。伊勢市駅近鉄改札口・宇治山田駅徒歩15分、バス「河崎百五銀行」徒歩5分。  電話  (0596) 22-4810  WEB  [10]
 開場時間  9:30~17:00。火曜(祝日の場合翌日)休館。年末年始は問合せ。  料金  入館料大人¥300、大高生¥200、中小学生¥100。

二見周辺[編集]

夫婦岩  
正式名称は二見興玉神社。猿田彦命と宇迦御霊之神(ここでは神宮外宮の豊受大神の別名とされる)を祭神とする。夫婦岩立石は興玉神石を拝むための一種の鳥居。
 所在  参宮線・二見浦駅徒歩15分。


マコンデ美術館  
アフリカはタンザニアに暮らすマコンデ族の制作した黒檀彫刻を中心とした芸術作品を展示する日本で唯一の美術館。その日本では見慣れない独特の作風は来場者から「パワーをもらった」などと好評を得ている。目の不自由な人が手で触れて鑑賞することができる作品もある。
 所在  伊勢市二見町松下1799。  電話  (0596) 42-1192  WEB  [11]
 開場時間  9:00~17:00、入館は16:30迄。火曜休館。  料金  一般¥1,000、高校生¥800、小中学生¥600。

遊ぶ[編集]

ちょんまげワールド伊勢  
旧称、伊勢戦国時代村/伊勢安土桃山文化村。戦国時代をテーマにした遊園地で、名物は復元された安土城とにゃんまげ。
 所在  伊勢市二見町三津1201-1。伊勢二見鳥羽ライン二見JCT近く。  電話    WEB  [12]
 営業時間  3/17~11/15 9:00~17:00、11/16~3/16 9:30~16:00。入村は閉園の1時間前まで。  料金  「通行手形」大人¥2,500、中高生¥1,200、小学生¥900。


伊勢進富座  
老舗映画館。
 所在  伊勢市曽祢2丁目8-27。  電話  (0596) 28-2875  WEB  [13]
 営業時間    料金  

買う[編集]

内宮前 おかげ横丁 (有限会社伊勢福)  
内宮の門前町にある、江戸から明治にかけての伊勢の様子を再現した街並みに、土産物屋や飲食店が立ち並ぶ。運営主体は赤福。
 所在  伊勢市宇治中之切町。バス「神宮会館」徒歩1分。  電話  (0596) 23-8838  WEB  [14]
 営業時間  4月~9月 9:30~18:00、10月~3月 9:30~17:00(店舗により多少異なる)。  値段  
内宮前 おかげ横丁


おはらい町  
内宮の鳥居前町。土産物店・飲食店が立ち並ぶ。
 所在  伊勢市宇治中之切町、宇治今在家町。  電話  電話  WEB  [15]
 営業時間    値段  
おはらい町


伊勢せきや本店  
伊勢名物「参宮あわび」を販売する。「あわび」は伊勢志摩の特産であるとともに伊勢神宮に奉納されるなど、めでたいことには欠かせない存在である。そのあわびを秘伝のタレでふっくらと柔らかく煮込んだものが参宮あわびである。
 所在  伊勢市本町19-19。外宮前、神宮参道沿い。  電話  (0596) 23-3141  WEB  [16]
 営業時間  9:00~19:00。  値段  参宮あわび「空」¥6,825~。
伊勢せきや本店


へんば餅  
伊勢神宮に参詣する人々がここで馬を返したことから名がついた。
 所在  伊勢市小俣町明野1430-1 近鉄明野駅近く  電話  (0596) 22-0097  WEB  [17]
 営業時間  8:00~17:00。  値段  2個¥140。


赤福餅  
一口大のお餅をこし餡で包んだ伊勢地方を代表する和菓子。日持ちはあまりしない。赤福の直営店(外宮や外宮の近く)では赤福3個とほうじ茶付きの喫茶メニューを味わうことができる。
 所在    電話    WEB  
 営業時間    値段  3個入1盆とほうじ茶¥280(赤福の直営店のみ)。お土産用:8個入り¥700、12個入り¥1,200。
赤福餅

食べる[編集]

伊勢市駅・宇治山田駅周辺は市の中心部であるが、空洞化が進んでおり夕食のとれる飲食店が少ないので、事前によく調べて動くか、ホテルのレストランの利用も考えたい。


赤福  
伊勢神宮参詣者が立ち寄ってお土産を購入したり赤福餅やぜんざいを食べることができる。店では手作りの赤福を広間でほうじ茶を飲みながら食べることができる。
 所在  伊勢市宇治中之切町26。伊勢神宮内宮近く。  電話  (0596) 22-2154  WEB  [18]
 営業時間  5:00~17:00。  予算  
赤福


伊勢うどん  
柔らかい麺に、かつおだしに地元の醤油などを合わせた味の濃いたれとネギがかかったうどん。よくかき混ぜて食べる。トッピングとして、大根おろしや生卵を追加するとさらに美味しく食べられる。
 所在  伊勢市内に取扱店多数。  電話    WEB  
 営業時間    予算  ¥400~¥500前後。
伊勢うどん


伊勢海老  
伊勢の地域名が付いた大きなエビ。高級食材であり、伊勢海老のお造りだと値は張るが、天ぷらやみそ汁で提供される分には比較的安価で食べられる場合もある。
 所在    電話    WEB  
 営業時間    予算  時価。
伊勢海老

安食堂[編集]

まんぷく食堂  
宇治山田駅ガード下にある伊勢人御用達の食堂。値段の割には量が多いので、地元高校生を中心とした常連客が多数。名物は「からあげ丼」(からあげが卵でとじられた丼)で「全国で当店だけ」と謳っている。好みに応じて備え付けのカエンパウダーなどをかけて食べる。
 所在  伊勢市岩渕2-2-18。近鉄宇治山田駅高架下。  電話  (0596) 24-7976  WEB  
 営業時間    予算  ¥1,000以内。
まんぷく食堂


モリ  
宇治山田駅前の雑居ビル2階にある喫茶店。看板メニューは何と言っても鉄板で出されるスパゲティである。注文の際はスパゲティと言わずとも「普通」、「大盛り」と頼むと普通盛り、大盛りのスパゲティが出てくる。地元の人からは「モリスパ」と呼ばれて親しまれている。
 所在  伊勢市岩渕1-15-10。  電話  (0596) 25-1729  WEB  
 営業時間  11:00~21:00。月曜定休。  予算  スパゲティ:普通盛り¥450、大盛り¥550。その他一般的な喫茶店のメニューを取り揃えている。
モリ


山口屋  
伊勢市駅のすぐ近くにある伊勢うどん専門店。
 所在  伊勢市宮後1-1-18。  電話  (0596) 28-3856  WEB  [19]
 営業時間  10:00~19:00、定休日 木曜(祝祭日を除く)  予算  


お食事処やまだ  
おはらい町にある伊勢うどんとてごね寿司のお店。
 所在  伊勢市宇治今在家町46。  電話  (0596) 25-1120  WEB  
 営業時間  9:00~15:00、定休日 木曜  予算  

中級[編集]

五十鈴茶屋 野遊び棚  
五十鈴川沿いにある2階建ての店舗。
 所在  伊勢市宇治浦田1-11-5。  電話  (0596) 25-2848  WEB  [20]
 営業時間  11:00~18:00  予算  

高級[編集]

ボン・ヴィヴァン (BON VIVANT)  
外宮前にあるフレンチレストラン。
 所在  伊勢市本町20-24。  電話  (0596) 26-3131  WEB  [21]
 営業時間  定休日 月曜 (祝日の場合、翌日 )とその前日のディナー  予算  

飲む[編集]

地ビールレストラン 麦酒蔵 (びやぐら)  
伊勢角屋の地ビールを多彩な料理とともに味わえるレストラン。伊勢の地酒やワインなどもある。
 所在  伊勢市神久6-428。伊勢市駅・宇治山田駅バス約5分「二軒茶屋」すぐ。  電話  (0596) 23-2880  WEB  [22]
 営業時間  平日 11:00~15:00、17:00~23:00(ラストオーダー22:00)、土休 11:00~23:00(ラストオーダー22:00)。  料金  地ビール:中ジョッキ¥600~、小皿料理 ¥500~。2時間飲み放題男性¥1,890、女性¥1,590など。

泊まる[編集]

ホテルは伊勢市駅・宇治山田駅周辺に多い。また二見浦には旅館が多い。

安宿[編集]

星出館  
蔵の町河崎にある、風情ある旅館。
 所在  伊勢市河崎2-15-2。  電話  (0596) 28-2377
 FAX  (0596) 27-2830
 WEB  [23]
 e-mail  [24]
 時間  チェックイン 16:00~23:00 チェックアウト 10:00   料金  和室6畳利用¥5,000/人。
星出館


タウンホテルいせ  
伊勢市駅前にあるビジネスホテル。JR線のそばに位置し、近隣は商店街のような通りになっている。
 所在  伊勢市吹上1-8-18。  電話  (0596) 23-4621。
 FAX  (0596) 27-2882
 WEB  [25]
 e-mail  [26]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル素泊まり¥5,040/人。
タウンホテルいせ


太江寺ユースホステル  
近鉄線伊勢市駅及び宇治山田駅より鳥羽行きバスに乗り夫婦岩東口下車。徒歩10分。
 所在  伊勢市二見町江1659。  電話  (0596) 43-2283  WEB  [27]
 時間    料金  

中級[編集]

伊勢パールピアホテル  
伊勢市駅に近いホテル。ビジネスホテルタイプだが内装は観光も意識した作り。全107室。薬草風呂・サウナ(¥1,050)がある。朝食はバイキング。1階にイタリアンレストラン・和食カウンターとベーカリーカフェあり。コインランドリーあり。客室で無線LAN使用可能(¥500)。
 所在  伊勢市宮後2-26-22。伊勢市駅近鉄改札口徒歩2分、宇治山田駅徒歩5分。  電話  (0596) 26-1111
 FAX  (0596) 26-3611
 WEB  [28]
 e-mail  [29]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥6,825~、ダブル¥13,650~、ツイン¥16,800~、Jr.スイート¥25,200~。駐車場無料。


伊勢シティホテル  
伊勢市駅に近いビジネスホテル。全94室。建物はやや古いが浴槽はビジネスホテルとしては大きめ。駅側客室からはJRの留置線を見下ろすことができる。朝食は和または洋定食。1階にステーキレストランあり。
 所在  伊勢市吹上1-11-31。伊勢市駅近鉄改札口徒歩3分。  電話  (0596) 28-2111
 FAX  (0596) 28-1058
 WEB  [30]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥6,510、ツイン¥13,650~。朝食¥700、駐車場無料。


伊勢シティホテルアネックス  
伊勢市駅に近いビジネスホテル。全144室。伊勢シティホテルの新館で、客室設備等はこちらがやや上。朝食は和または洋定食。1階に和食レストランがある。全館で無線LAN(フリースポット)使用可能。
 所在  伊勢市吹上2-5-11。伊勢市駅近鉄改札口徒歩3分。  電話  (0956) 22-5100
 FAX  (0596) 22-5101
 WEB  [31]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥6,930、ツイン¥14,700。朝食¥700、駐車場無料。


ホテルキャッスルイン伊勢  
リゾート感覚のビジネスホテル。全217室。最上階の12階には、展望露天風呂(平日男性用、土休日女性用)と檜づくりの大浴場があり、いずれも24時間利用できる。1階は和食レストラン(月曜休)と餃子店(火曜休)。
 所在  伊勢市神久3-5-55。伊勢市駅・宇治山田駅よりバス6分「神久町」徒歩1分またはタクシー6分。  電話  (0596) 29-3373
 FAX  (0596) 29-1555
 WEB  [32]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  シングル¥5,800~、ダブル¥11,000~、ツイン¥11,000~、休前日は1人あたり¥1,000~¥1,500程度割増。駐車場無料。

高級[編集]

料亭旅館 京平荘  
数寄屋造りの上質な純和風旅館。全5室。全ての部屋に檜風呂がついている。「日本の宿を守る会」会員。
 所在  伊勢市通町511。伊勢ICより国道23号北へ2km、伊勢市駅・宇治山田駅よりバス10分「通り口」徒歩1分またはタクシー8分、JR五十鈴ヶ丘駅徒歩10分。  電話  (0596) 23-9188
 FAX  (0596) 23-9919
 WEB  [33]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  (2食付)¥33,000/人~¥60,000/人。


伊勢 神泉  
伊勢市駅の目の前にある天然温泉旅館。全室客室露天風呂付き。
 所在  伊勢市本町1-1。  電話  (0596) 26-0100  WEB  [34]
 時間    料金  

出かける[編集]

  • 松阪市 — 牛肉料理で有名な城下町。伊勢市駅・宇治山田駅から近鉄山田線利用。
  • 鳥羽市 — 鳥羽水族館や神島など。伊勢からはJRまたは近鉄で鳥羽・賢島行き乗車。バス利用の場合は上述の「Canばす」や鳥羽バスセンター(鳥羽駅前)行きの路線バスが利用可能。車なら国道42号線を東へ行けば到着する。
  • 志摩市 — 英虞湾の自然美や志摩スペイン村・合歓の郷といったリゾートが多数。鉄道なら近鉄線利用、賢島行き乗車。路線バスは伊勢市駅前・宇治山田駅前・浦田町(内宮付近)から御座港又は宿浦行きを利用。車なら県道32号(通称:伊勢道路)を利用することになるが、川に沿った蛇行道路のため三重県内でも有数の交通事故多発地帯なので通行には十分注意。


Wikitravel Shared Logo 伊勢市に関連する画像がウィキトラベル・シェアードにあります。

この記事「伊勢市」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト