何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

京都市

提供: Wikitravel
京都府 : 京都市
移動: 案内検索
清水寺(京都市東山区)

京都市(きょうとし)は、日本近畿地方、京都府の府庁所在地である。794年に「平安京」が置かれ、以後明治時代初期の1869年まで、天皇の居住する日本の首都であり、奈良市などと並び、日本の古都として知られている。神社仏閣や、四季を通じたさまざまなイベントなど観光資源も多く、内外から多くの観光客が訪れることでも有名。東京広島市長崎市などと共に、世界中で最も名前が知られている日本の都市のひとつである。 [1]


地区[編集]

中心部

  • 上京区 — 京都御所・北野天満宮・同志社大学 など
  • 中京区 — 二条城・本能寺・壬生寺・四条河原町~新京極界隈 など
  • 下京区 — 京都駅・東本願寺・西本願寺 など
  • 京都駅

北部

金閣寺(北区)
  • 北区 — 上賀茂神社・金閣寺・大徳寺 など
  • 右京区 — 御室・太秦・花園・嵐山・嵯峨野・高雄 など
南禅寺(左京区)
  • 左京区 — 銀閣寺・平安神宮・南禅寺・大原三千院・貴船神社・宝ヶ池・京都大学 など

西部

  • 西京区 — 桂離宮・松尾大社 など

東部

  • 東福寺(東山区)
  • 東山区 — 清水寺・高台寺・八坂神社・三十三間堂 など
  • 山科区 — 山科疎水の道・勧修寺・清水焼団地 など

南部

分かる[編集]

気候[編集]

京都市の平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)4.64.88.114.118.822.726.727.823.617.511.96.915.6
降水量 (mm)48.865.2112.3135.4154.9229.9215.3143.7204.9120.575.241.71,545.4
データ出典

住所表記[編集]

京都では町名と番地による公式の住所のほかに、通りの名前を組み合わせた表記がよく用いられる。基本的にはその建物が面している通りの名前の後に、最寄の交差点で交差する通りの名称を「通」を省いて続け、そのあとに方位を記す。北は上ル(あがる)、南は下ル(さがる)、東は東入ル(ひがしいる)、西は西入ル(にしいる)である。例えば河原町通に面しており、四条通との交差点を北に進んだ東側にある建物の住所は、「河原町通四条上ル東側」となる。ただし四条通と河原町通の交差点は一般に四条河原町と呼ばれるため、「四条河原町上ル」といった例外もある。また一部の交差点には通りの名前とは独立した名称がついている(例:東山四条→祗園、東山今出川→百万遍)。

観光案内[編集]

  • 京都市観光協会 — 観光やハイキングの地図などを販売している。  所在  京都市左京区岡崎最勝寺町13。  電話  (075) 752-0227  料金  観光案内地図京都¥100、京のかるちゃーすぽっと¥1,500、京都一周トレイル¥300~。  WEB  [2]
  • 京都観光Navi (市観光企画課) —  所在  京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488。  電話  (075) 222-4130  WEB  [3]

以下は京都府、京都市、観光協会が設けている案内所である。

  • 京都総合観光案内所「京なび」 — 地図、案内パンフ、割引券などを扱っている。  所在  京都市下京区烏丸通塩小路下ル。京都駅ビル2階、南北自由道路沿い。  電話  (075) 343-0548  時間  8:30~19:00、無休。
  • 京都ツーリストインフォメーション — 外国人観光客向け案内所。  所在  京都市下京区烏丸通塩小路下ル。京都駅ビル9階、京都府国際センター内。  電話  (075) 344-3300  時間  10:00~18:00、第2・第4火曜日・年始年末は休館。
  • 京都まちなか観光案内所 — 京都市が民間企業と提携して、ふらっと立ち寄れるような観光案内所を開設。ただ開設しているだけでなく、研修を行ない質の良い案内ができるよう努力が行なわれている。  所在  市内のセブンイレブン118店舗、スターバックス14店舗。  電話  (075) 222-4133  時間  営業時間内。
  • JR京都駅臨時観光案内所 — 春と秋に京都駅の広場に開設される臨時の観光案内所。京都検定合格者、英語ができるスタッフが、日本人・外国人を問わず案内を行っている。  所在  JR京都駅、塩小路側駅前広場。  電話  (075) 222-4130  時間  9:00~17:00(春と秋の期間限定)。

着く[編集]

京都への主なゲートウェイはJR京都駅である。

飛行機で[編集]

大阪国際空港(伊丹空港)が至近。国内路線が充実。

  • タクシー 42km、約¥14,000。
  • MKスカイゲイトシャトル 乗合タクシー 標準80分、¥2,400。
  • 空港リムジンバス 京都駅八条口まで約55分¥1,310。一部は市内ホテルまで延長。
  • 大阪モノレール の蛍池で阪急 に乗り換え、十三でさらに乗り換え四条河原町へ、または梅田駅下車徒歩5分の大阪駅からJRで京都駅へ。合計約60分。
  • 大阪モノレールの南茨木で阪急に乗り換え四条河原町へ。合計約60分。¥750。
  • 大阪モノレールの門真市で京阪に乗り換え三条京阪へ。合計約80分。¥940。

関西国際空港へは国内線・国際線共に就航し、海外から京都を訪れる場合に便利。

  • タクシー 113km、約¥40,000。
  • MKスカイゲイトシャトル 乗合タクシー 標準120分、¥3,600。
  • 空港リムジンバス 京都駅八条口まで、88分、¥2,550。
  • JR特急はるか利用で、75分¥2,850。JR関空快速利用、大阪乗り換えで95分¥1,880。
  • 南海(特急ラピートα、ラピートβ、空港急行)の天下茶屋で大阪市営地下鉄堺筋線・阪急京都線直通に乗り換え四条河原町へ。合計約100分。京都アクセスきっぷ利用で¥1,230。

中部国際空港は海外からたずねる場合関空より混みにくく、安く上がる場合がある。非常に便利。

  • 新幹線 約35分、¥5070。のぞみは名古屋の次が京都なのですぐに着く。中部国際空港から名鉄名古屋駅 ミュースカイ利用で37分、¥1,230。

列車で[編集]

新幹線「のぞみ」京都駅
  • JR — 新幹線はJR京都駅へ到着。北からの山陰本線は二条駅、東からの東海道本線や湖西線は山科駅から、地下鉄に乗り換えて市内へ向かうこともできる。
  • 私鉄 — 近鉄が奈良方面から、京阪が大阪・滋賀方面から、阪急が神戸・宝塚・大阪方面から(なお、京阪・阪急は三条、河原町方面に到着し、京都駅には乗り入れない)。


車で[編集]

観光シーズン(3月末~4月初頭の桜の時期、10月~12月初頭の紅葉の時期)の市内、特に観光地周辺の混雑は著しく、公共交通機関が勧められる。

高速道路

  • 名神高速道路(京都南IC、京都東IC、大山崎IC)
  • 第二京阪道路(上鳥羽IC)
  • 京都縦貫自動車道京都丹波道路(沓掛IC)

一般道

  • 国道1号線、国道9号線、国道24号線、国道162号線、国道171号線、国道367号線、国道477号線

バスで[編集]

他の地方からの長距離バスはその多くがJR京都駅八条口(南側)に到着する。が、道がよく混み、そう便利ではない。

関東地方から

  • 東京駅八重洲口 — ドリーム京都号・レディースドリーム京都号・ドリーム奈良号・東海道昼特急京都号・中央道昼特急京都号(西日本JRバス・JRバス関東)
  • 東京ディズニーリゾート — ドリーム奈良号(西日本JRバス・JRバス関東)
  • 新宿駅新南口 — ニュードリーム京都号・青春ニュードリーム京都号(西日本JRバス・JRバス関東)、ハーバーライト京都号(西日本JRバス・湘南神奈交バス)
  • 渋谷マークシティ・新宿高速バスターミナル — 東京ミッドナイトエクスプレス京都号(京阪バス・ケイビーバス)-京都駅八条口・三条京阪・山科駅発着
  • 品川バスターミナル・浜松町バスターミナル・横浜駅東口 — シャトー号(阪急バス・羽田京急バス)-京都新阪急ホテル前発着
  • 立川駅北口 — (南海バス・立川バス)

東北地方から

  • 赤湯温泉・山交ビルバスターミナル・山形駅前 — アルカディア号(近鉄バス・山交バス)
  • 仙台駅前 — フォレスト号(近鉄バス・宮城交通)
  • 須賀川・郡山駅前・福島駅東口 — ギャラクシー号(近鉄バス・福島交通)
  • いわき駅 — シーガル号(近鉄バス・新常磐交通)

甲信越地方から

  • 甲府駅前・韮崎駅前・小淵沢 - クリスタルライナー(近鉄バス・山梨交通)
  • 富士山駅・富士駅・東静岡駅 - フジヤマライナー(近鉄バス・富士急山梨バス)

北陸地方から

  • 福井北・尼御前・北陸小松・松任海浜公園・片町・香林坊・武蔵ヶ辻・金沢駅 — 北陸道ハイウェイバス(西日本JRバス・京阪バス・北陸鉄道)
  • 尼御前・北陸小松・松任海浜公園・金沢駅・富山駅 — 北陸ドリーム大阪号(西日本JRバス)
  • 富山市民病院前・総曲輪・富山市役所前・富山駅前 — (阪急バス・富山地方鉄道)-京都駅八条口・京都深草発着

中国地方から

  • 津山駅 — 津山エクスプレス京都号(西日本JRバス・神姫バス)
  • 福山駅前 — みやこライナー(京阪京都交通・中国バス)
  • 広島バスセンター・広島駅新幹線口 — 広島昼特急京都号・広島ドリーム京都号(中国JRバス・西日本JRバス)

四国地方から

  • 鳴門公園口・高速鳴門・松茂・徳島駅 — 阿波エクスプレス京都号(西日本JRバス・JR四国バス・京阪バス・徳島バス)
  • 松山駅・内子駅・伊予大洲駅・八幡浜駅・八幡浜港 — 松山エクスプレス(西日本JRバス・JR四国バス)
  • 高松駅 — 高松エクスプレス京都号(西日本JRバス・JR四国バス・四国高速バス・京阪バス)
  • 上板BS・土成BS・脇町BS・三好BS・はりまや橋・高知駅・堺町・旭町・高知大学北口・須崎駅 — 高知エクスプレス(西日本JRバス・JR四国バス)

九州地方から

  • 小倉駅前・砂津・黒崎IC・博多駅交通センター・西鉄天神バスセンター — きょうと号(京阪バス・西鉄バス)
  • 大村IC・諫早IC・打坂・道の尾・住吉・大橋・宝町・長崎駅前南口・大波止・長崎新地BT — オランダ号(近鉄バス・長崎自動車)
  • 植木IC・武蔵ヶ原・松の本・熊本県庁前・熊本交通センター — サンライズ号(近鉄バス・九州産業交通)

動く[編集]

京都市内の道路事情

京都市内の道路はとにかく狭い。理由は、平安京を創造する時当時の交通手段だった牛車の横幅に合わせて道(道路)が敷かれた為である。4車線であっても、地域によっては慢性的に渋滞を起こしている場所がある。バス運転手も多少ながらも強引な運転をしなければ先に進めない事もあり、マイカーで運転するときは注意した方が良いだろう。また、石畳道路のように道路と歩道との境界線が分かりにくい場所も数多く残っている。

祇園さん(八坂神社)から見下ろす京都の街
  • 京都市内を移動するにあたり、予め計画を立てて効率良く見て回るようにしないと観光スポットを観て回る時間より移動による時間が長くなってしまうので注意されたい。
  • 何よりも時間が読める地下鉄を積極的に利用した方が良い。バス路線だと休日であれば混雑しているし、渋滞に巻き込まれやすい。逆に、地下鉄に乗ってからバスで行った方が早く着くこともあるからである。
  • 数日に渡って滞在するのであれば、【1日目】清水寺のある東山エリアをスタート→市を反時計回りに移動して洛北エリア→【2日目】嵐山・嵯峨野エリア→…という様に順序良くエリア移動する方が効率が良い。

京都市交通局では、バスと地下鉄の乗車券がセットになった観光客向けのパスを発行している。

  • 「市バス専用1日乗車カード」 — 均一区間内の市バスが1日乗り放題になる。  料金  大人¥500
  • 「京都観光一日・二日乗車券」 — 期間内に市バス、市営地下鉄の全線と京都バス(一部区間を除く)が乗り放題となる。  料金  一日券が大人¥1,200、二日券が大人¥2,000。
その他
会議専用のパスや地下鉄のフリー乗車券などいくつかの種類がある。京都市交通局

その他にもフリー乗車券は各社あり、いくつか挙げておくと

嵐電1日フリーキップ(京福電鉄) — 嵐山本線・北野線全線が1日中乗り降り自由で、沿線施設の割引特典もある。発売所は四条大宮駅、嵐山駅、北野白梅町駅、帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅。  料金  ¥500

嵐電・映画村セット券(京福電鉄) — 往路(発売駅~太秦広隆寺)と復路(太秦広隆寺~お好きな駅)のきっぷと映画村の入村券付き。発売所は四条大宮駅、嵐山駅、北野白梅町駅、帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅。  料金  ¥2,200

鞍馬・貴船1dayチケット — 京阪電鉄の乗車駅~出町柳駅間の往復乗車券と、叡山電鉄の出町柳駅~鞍馬駅間の全線一日フリー乗車券をセットにしたもの。叡山電鉄沿線の観光施設や寺社などの優待特典も。発売所は出町柳駅・大津線を除く京阪電鉄各駅。  料金  料金は乗車駅によって異なる。

大原1dayチケット — 京阪電鉄・叡山電鉄の「乗車駅~出町柳駅~八瀬比叡山口駅」間の往復乗車券と、京都バスの出町柳駅前または、八瀬駅前~大原間の往復乗車券をセットしたもの。寺社特別拝観料の特典がある。発売所は出町柳駅・大津線を除く京阪電鉄各駅。  料金  料金は、乗車駅により異なる

映画村入村券付き嵐山・嵯峨野回遊乗車券 — 京都駅などから映画村・嵐山方面の往復乗車券に、東映太秦映画村入村券がセットされたもの。嵐山~大覚寺・清滝・苔寺・すず虫寺間は乗り降りが自由。2日間有効だが、映画村の入村は1回限定である。発売所は京都バス嵐山営業所、京都駅前バスチケットセンター。  料金  ¥2,400


列車で[編集]

市内にある公共鉄道は右記のとおり。阪急電鉄、京阪電鉄叡山電鉄京福電鉄近鉄、JR西日本、嵯峨野トロッコ列車京都市営地下鉄

バス路線で行くよりも、京都市営地下鉄で行った方が渋滞に巻き込まれずに早く確実に到着出来ることが多い。 例として烏丸方面や三条方面、二条方面、そして醍醐方面へは地下鉄の方が便利である。

主な乗換駅

  • 京都駅 — JR西日本(JR京都線・JR琵琶湖線・嵯峨野線・奈良線・湖西線)・JR東海(東海道新幹線)・近鉄(京都線)・京都市営地下鉄(烏丸線)
  • 四条(烏丸)駅 — 京都市営地下鉄(烏丸線)・阪急(京都線)
  • 烏丸御池駅 — 京都市営地下鉄(烏丸線・東西線)
  • 二条駅 — JR(嵯峨野線)・京都市営地下鉄(東西線)
  • 三条駅 — 京阪(鴨東線)・京都市営地下鉄(東西線)
  • 出町柳駅 — 京阪(鴨東線)・叡山電鉄(叡山線・鞍馬線)
  • 山科駅 — JR(琵琶湖線・湖西線)・京阪(大津線)・京都市営地下鉄(東西線)
  • 丹波橋駅 — 京阪(京阪線)・近鉄(京都線)

地下鉄で[編集]

京都市にある地下鉄路線は、烏丸(からすま)線と東西線の2路線のみ。運行ダイヤも多く雨天時でも遅延はあまり出ず、行動の計画が立てやすい。

  • 烏丸線
北方面は「北山駅」のみであるが、南方面は竹田駅止まりと近鉄京都線の新田辺駅止まりと、近鉄奈良駅止まりの3方面が走っている。とはいえ、京都市内であれば乗り過ごすような事はないと思われる。
  • 東西線
西方面へは「太秦天神川(うずまさてんじんかわ)駅」行きだけであるが、東方面へは「六地蔵(ろくじぞう)駅」行きと滋賀県の「浜大津駅」行きの地下鉄車両が走っており、誤って乗り過ごさないように注意されたい。

バスで[編集]

路線バス[編集]

祇園祭や葵祭、年末年始など大きな祭りがある時には地下鉄を使うと良い。例えば、四条から京都駅まで通常はバスで15分~20分位だが祭りのときは軽く1時間はかかるので、15分ほど歩いて四条烏丸から地下鉄で京都駅に行くことをお勧めする(運賃¥210)。

地下鉄とバスを乗り継ぐ場合は連絡乗車券を買うと¥60割引となる(地下鉄→バス、バス→地下鉄とも事前に買う必要がある。バス車内では購入できない)。

京都駅前からは「清水寺方面」「三十三間堂方面」「嵐山方面」など主要観光地別にバス停が分かれており、案内表示も分かりやすい。料金は均一区間内が大人¥220。道路渋滞が予想される時間帯は地下鉄や私鉄と上手に使い分けたい。

その他のバス停も方面別にバス停が複数に分かれているため、バス停の案内表示板を確認。原則的には、交差点を過ぎて次の目的地へ向かう位置にバス停を設けていることが多い。 JR京都駅北口すぐ前にある市バス総合案内所などで、無料のバスマップ「バスなび」を配っているので、もらっておくと便利。

雨天時や休日の夕方は、路線バスの遅延が頻出するので注意されたい。どちらも渋滞に巻き込まれやすいからである。バスに乗っていて地下鉄駅名が付くバス停が近付いてきたら降車ボタンを迷わず押して降車し、地下鉄に乗り換えるのも1つの方法である。来たとしても混雑しており新たに乗車出来ない、ということもあり得るので注意されたい。

主要ターミナルは、以下のとおり。多くの路線バスが発着する故、渋滞も多い。1つか2つ前のバス停で降りて歩いたほうが早いこともある。

  • 京都駅前(市内各地)
  • 京都駅八条口(市内南部)
  • 四条河原町(市内各地)阪急線河原町駅及び京阪線祇園四条駅の近く。

規模はやや小さいものの、多くの路線バスが発着するターミナルは以下のとおり。

  • 北大路バスターミナル(大原三千院・鞍馬など北部方面)
  • 出町柳駅前および三条京阪駅前バスターミナル(大原三千院・鞍馬・貴船など北部方面)
  • 山科駅前バスターミナル(山科区全域)など。
京都市営バスで[編集]

京都市交通局の市バスは、京都市内の主たる交通機関である。100近い路線系統があるため、乗りこなすのに多少の慣れが必要であり、予め京都市交通局のサイトで路線図を確認しておくことをお勧めする。路線系統の多さ故、平日も祝日も混んでいるのが欠点。他の民営バスに乗るという方法もあるので、臨機応変に行動した方が良い。 京都駅前及び四条河原町が、一大主要ターミナル。 旧市街地中心を結んでいる。5月の大型連休やお盆休み、秋の行楽には臨時バスを出している。年末年始や祇園祭は交通規制により運休または路線変更が行われる。京都市交通局

京都バスで[編集]

嵯峨地区と岩倉・鞍馬・大原地区方面を結んでいる。また、嵐山方面や京都市営地下鉄の北大路駅、京阪電車の出町柳駅、岩倉駅にも接続している。スルッとKANSAI対応カード(乗り放題カード類含む)が使用できる。

京阪バスで[編集]

山科区と伏見区東部を中心に通る。京阪出町柳駅・三条京阪駅・祇園四条駅から乗り継ぐのが便利。スルッとKANSAI対応カード(乗り放題カード類含む)が使用できる。

阪急バスで[編集]

西京区(洛西ニュータウン)を中心に運行される。それ以外の地区は運行していない為、乗る機会は少ないと思われる。スルッとKANSAI対応カード(乗り放題カード類含む)が使用できる。

近鉄バスで[編集]

近鉄竹田駅バス停と近鉄向島駅バス停がターミナルで、桃山周辺を経由する。スルッとKANSAI対応カード(乗り放題カード類含む)が使用できる。京都市中心部へは乗り入れない。

京阪京都交通で[編集]

西京区並びに亀岡方面からの乗り入れる。スルッとKANSAI対応カード(乗り放題カード類含む)が使用できる。

ヤサカバスで[編集]

久世地区と洛西東地区と桂坂地区。JR向日町駅(むこうまちえき)駅がメインターミナル。

西日本JRバスで[編集]

旧京北町を中心にバス路線が通っている。

定期観光バス[編集]

タクシーで[編集]

京都駅、主なホテルはもちろん、市内中心部の幹線道路では昼夜を問わず流しのタクシーを拾えられる。大原、高雄、貴船など郊外の観光地から市内へ向かう場合、繁忙期には長い列ができるため、バス利用が勧められる。

タクシーのランプが三つ葉だけでなく、四つ葉になっているタクシーが存在する。どこに行けばいいかは自分で探してみよう!

自転車で[編集]

京都は南に向かって緩やかな傾斜を持ち、市内中心部や嵐山周辺は自転車でも大きな困難なく移動できる。また、春や秋の観光シーズンは道が非常に混雑するので、自転車であれば計画を立てやすい。但し自転車専用レーンの整備は不十分のため、幹線道路で自動車との併走に慣れていない場合は要注意。

以下は主なレンタサイクル店。

  • KCTP (京都サイクリングツアープロジェクト) — 京都駅前、金閣寺、錦市場北(コープイン京都)、伏見(アーバンホテル京都)、二条駅(京都弥生会館)の5か所にレンタサイクルターミナルがある。1台当たり¥400の回収料金を支払うことで出発ターミナルと異なるターミナルへ返却できる。  電話  (075) 354-3636  時間  9:00~19:00(金閣寺は17:00迄)。  料金  1日当たり¥1,000~。  WEB  [4]  e-mail  [5]
  • レンタサイクル京都見聞録 電話  090-7117-0410  時間  8:00〜20:00、水曜定休。  料金  1日¥1,000、配達料1回¥200、回収料1回¥300。  WEB  [6]
  • 京の楽チャリ 京都駅店 電話  0120-318-319  時間  9:00~17:00、不定休  WEB  [7]
  • 京の楽チャリ 東山三条店 電話  0120-318-319  時間  9:00~17:00、不定休  WEB  [8]

足で[編集]

自動車交通量が少なく散歩に適したコースも多く、観光人力車も見られる。

  • 銀閣寺~哲学の道~南禅寺~蹴上インクライン
  • 平安神宮~円山公園~高台寺~二年坂・三年坂~清水寺~清水道
  • 鴨川沿いに出町柳~四条大橋
  • 嵐山周辺も徒歩での観光に適している。

観る[編集]

金閣寺(京都市北区)

京都市内の主な見どころは以下のとおり(詳細についてはそれぞれ該当する地区のページを参照)。

  • 上京区:京都御苑、京都御所など。
  • 中京区:二条城など。
  • 下京区:京都タワー、西本願寺、東本願寺など。
  • 北区:金閣寺、上賀茂神社など。
  • 右京区:龍安寺、仁和寺、天龍寺、渡月橋など。
  • 左京区:銀閣寺、南禅寺、真如堂、修学院離宮、下鴨神社、平安神宮、京都大学など。
  • 西京区:桂離宮など。
  • 東山区:清水寺、三十三間堂、京都国立博物館など。
  • 山科区:天智天皇陵、随心院など。
  • 南区:東寺など。
  • 伏見区:伏見稲荷大社、醍醐寺など。


遊ぶ[編集]

四条河原町付近が繁華街。


主な祭り[編集]

学ぶ[編集]

京都・観光文化検定試験 (京都検定)  
京都に関した知識を深めてもらうため、仕事に生かしてもらうために設けられた、いわゆるご当地検定である。1級〜3級まであり、合格者は特別公開や一部施設の無料利用など特典を受けられる。また、1級の人の中から京都産業大学の特別客員研究員の公募が行われる。
 所在  京都商工会議所。  電話  (075) 353-5959  WEB  [9]
 e-mail  [10]
 時間  申し込み:10月~11月上旬。試験:12月上旬。  料金  1級¥6,300、2級¥4,200、3級¥3,150。

働く[編集]

買う[編集]

京都市内の主なショッピングスポットは以下のとおり(詳細についてはそれぞれ該当する地区のページを参照)。

  • 中京区:新京極、河原町(御池-四条)河原町オ-パ、河原町ビブレ、BiVi二条、錦市場
  • 下京区:四条通(四条大橋-烏丸)大丸京都店、四条河原町阪急、京都タカシマヤ、JR京都伊勢丹、The CUBE、Porta
  • 北区:北大路ビブレ
  • 左京区:銀閣寺参道(土産物)
  • 西京区:洛西タカシマヤ(ラクセーヌ)
  • 東山区: 四条通(祇園-四条大橋)古門前通(骨董品街)
  • 山科区:大丸やましな店(ラクト山科)
  • 南区:アバンティ、イオンモール京都
  • 伏見区: 大手筋商店街

食べる[編集]

  • 祇園、三条、四条に飲食店が多数ある。


飲む[編集]

  • 庶民化したとはいえ祇園は高額店中心。先斗町はそれよりやや安い中級店が多く、最も庶民的で学生も多いのが木屋町
  • 伏見は酒どころとして有名だが観光客向けの居酒屋などは少ない。


泊まる[編集]

ハイシーズン(3月末~4月初頭の桜の時期、10月~12月初頭の紅葉の時期)の市内では宿の確保が困難。阪急沿線の高槻、京阪沿線の守口・枚方、東の山科・大津など、近郊まで幅を広げて探す必要がある(以下に掲げる宿の情報について、詳細はそれぞれ該当する地区のページを参照)。

安宿[編集]

京都市には、バックパッカーズホステル、またはゲストハウスと言われる宿泊施設が多くあり、(1) 安価である、(2) ドミトリー(相部屋)を備えている、(3) 外国人宿泊者が多い、といった特徴を備えている。

  • 上京区:Kyoto Cheapest Inn 京都っ子
  • 下京区:とまとゲストハウス
  • 北区:ゲストハウス 凡
  • 東山区:五条ゲストハウス
  • 南区:ジェイホッパーズ京都ゲストハウス

中級[編集]

  • 中京区:京都ロイヤルホテル&スパ、京都国際ホテル、ホテルフジタ京都
  • 下京区:京都新阪急ホテル
  • 山科区:ホテルブライトンシティ京都山科

高級[編集]

  • 上京区:京都ブライトンホテル
  • 中京区:京都全日空ホテル、柊屋旅館、炭屋旅館、俵屋旅館、京都ホテルオークラ、ホテルモントレ京都
  • 下京区:ホテルグランヴィア京都、ホテル日航プリンセス京都、リーガロイヤルホテル京都、京都東急ホテル、京都センチュリーホテル、庵(Iori)
  • 左京区:グランドプリンスホテル京都(旧京都宝ヶ池プリンスホテル)
  • 東山区:ウェスティン都ホテル京都、ハイアットリージェンシー京都、祇園畑中
  • 南区:新都ホテル

連絡する[編集]

  • インターネットカフェは市内各所にある。

気を付ける[編集]

四条河原町付近の繁華街では昼間のキャッチセールスや週末深夜に騒ぐ若者、木屋町では風俗店・ホストクラブ等の呼び込みは減りつつあるものの、遊び半分で彼らと関わるべきではない。

正月、4月の桜、GW、葵祭、祇園祭、大文字、時代祭、11月の紅葉など、京都の町は大賑わい。午後の観光は現地も交通も混みあうので早朝の行動が吉。宿やホテルは漫画喫茶を含めて満室が多く、予約なしで訪れて宿が見つからない場合は大阪や大津など近郊を探す(上記「泊まる」参照)か、深夜サウナやカラオケボックスを活用したい。大荷物を預けるコインロッカーも不足気味、ホテルで預けるのが吉。

お茶屋や一部の老舗料亭など「一見さんお断り」の店は、かつては常連の紹介をもって入るのが原則であったが、近年ではツアーに門戸を開く例もある。またお茶屋以外の料理店や旅館でも芸妓・舞妓を呼べるプランが見られる。観光案内所・旅行代理店・宿で尋ねるとよい。

芸妓・舞妓は現在も厳しいしきたりの中、舞踊や三味線などの芸を磨きながら京都の伝統を受け継いでいる。春と秋には各花街で大きな舞台がある他、舞踊はギオンコーナーで毎日見ることもできる。街中で見かけてそっと写真を撮ることはあっても、呼び止めたり付き纏ったりの野暮は避けるべきである。

京都は寒暖の差が激しい。特に夏は酷暑となるので、外出中は水分をよく摂取したほうがよい。

暮らす[編集]

出かける[編集]

京都と組み合わせた旅行先としては、大阪神戸宇治奈良大津比叡山)が多い。


東側方面へ[編集]

西側方面へ[編集]

  • 兵庫県の姫路へは、JRの新快速を使えば1時間半程度で着く。または阪急河原町駅(四条河原町)から神戸高速・山陽電車に乗り継ぐという方法もあります。
  • 新幹線利用であれば、広島県愛媛県大阪府などへも移動できる。

南側方面へ[編集]

県南部・奈良県方面へは京都駅から近鉄京都線利用。あるいは京都駅から奈良線快速利用。

  • 近鉄京都線は地下鉄から直通の列車と(地上)京都駅始発のものがあるので注意。

北側方面へ[編集]





変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト