何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

中部アフリカ

提供: Wikitravel
アフリカ : 中部アフリカ
移動: 案内検索
中部アフリカ(

中部アフリカ (Central Africa) はアフリカの中部地域である。


[編集]

中部アフリカの地域
アンゴラ
残忍な内戦を経た旧ポルトガル植民地である。現在は、概して安全であるが、訪問者が気づくほど驚くほど遅れている。
中央アフリカ共和国
南部の深いジャングルやサヘール北部の半乾燥地域がある、この非常に不安定な国は、旅行者にとても広く知られている。
コンゴ民主共和国
非常に大きい、信じられないほどの自然の豊かさと美しさ、文化的な多様性に恵まれ、非常に不安定で危険な国である。
赤道ギニア
豊富な石油の富は、暴力的な政府によって取り上げられていて、おそらく大陸で最も腐敗した国のひとつとなる。訪問者にとりとんでもなく安全でない場所であるが、素晴らしいビーチ、のんびりとしたビーチのバー、そしてスペイン語圏である。
ガボン
他の中部アフリカ諸国を悩ませている対立を乗り越える。石油と鉱物の埋蔵量が豊富で高い生物多様性がある。
コンゴ共和国
小人口の巨大な森林の広がりは、エコツーリズムのすばらしい潜在性を示しているが、コンゴ共和国は、1990年代の悲惨な戦争からの完全回復にまだ時間がかかる。
サントメ・プリンシペ
ギニア湾の小さな島々である。
南スーダン
世界の最新国は、2011年7月に戦争状態であった隣国スーダンから分離独立する。


都市[編集]

  • バンギ — 中央アフリカ共和国の首都である。
  • ブラザビル — コンゴ共和国の首都で、コンゴ川を渡ると、はるかに大きい周辺国と隣接する。
  • ゴマ — コンゴ民主共和国のギヴ地域内の素晴らしい火山のトレッキングとゴリラ公園への玄関町である。
  • キンシャサ — コンゴ民主共和国の首都である。
  • リーブルビル ー ガボンの首都で主要な石油貿易の中心地である。
  • ルアンダ — 過去10年間に大規模な復興を遂げたアンゴラの首都である。
  • マラボ — 赤道ギニアの首都は、ビオコ島の沖合に位置する。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

喋る[編集]

着く[編集]

動く[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

出かける[編集]

この記事「中部アフリカ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト