何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

世界のプラグと電圧

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
これは「お役立ち情報」の記事です。
国別のプラグの形状
国別の電圧と周波数

このページでは、世界各地で用いられているプラグの形状や電圧などについて紹介している。


電圧・周波数[編集]

日本では、東日本では50Hz、西日本では60Hzの交流100Vが使われている。

日本以外の国では日本と違う電圧(多くの場合、日本よりも高電圧)を採用していることが多いため、たとえプラグの形状が同じであっても、必ずしも日本の電気製品をそのまま使うことは出来ない。そのようなことをした場合、電気製品を破損する恐れがあるのみならず、火災の原因になる。日本国内向けの電気製品を日本国外で使う場合、変圧器(後述)が必要である。

プラグの形状[編集]

プラグ及びコンセントの型名については世界的に統一された名称がまだないようで、資料ごとにいくつかのパターンが混在している。このため、ここでは便宜上英語版ウィキペディアの記事に準拠して型式名称を区分した。

  • A型
    A型 — 平型のピンが縦に2つ並んだタイプのもので、主に北米や中米などで用いられている。日本でもこのタイプが使われており、日本住民にとっては最もおなじみのタイプのプラグとコンセントである。
  • B型
    B型 — A型のピンの下にアース用の丸ピンがついた3ピンタイプのもの。資料によってはA型とB型を区別せず、A型(アースなし/アース付)と表記しているものもある。この型のコンセントとプラグは主に北米や中米などで用いられている。日本でもパソコンやOA機器で見かける。なお、B型のコンセントでは、アース部分のないA型のプラグも使用できる(同地域ではB型のコンセントにA型のプラグを挿して使用しているケースも多い)。
  • C型
    C型 — 資料によっては「SE型」とされているタイプ。丸型のピンが2つ並んだもの。比較的古い時代に用いられていたもので、現在ではコンセントの側で何らかのアース機能を備え付けたものが広く普及しており、ヨーロッパ国内でC型のコンセントを見ることはあまりなくなっている。なお、プラグについては現在でも広く用いられている。
  • E型
    E型 — かつてフランスベルギーなどで一般に使われていたもので、プラグに2本の丸型のピンとアース用のソケットが付いている。プラグではなく、コンセントの側にアース用のピンが突き出ているのが特徴。現在ではこれらの国はドイツなど他のヨーロッパ諸国で一般的に使われているF型に取って代わられつつある。ただし、チュニジアモロッコなど北アフリカの国の中には、このタイプのプラグを混在して使用しているところがある。
  • F型
    F型 — 資料によっては「SE型」とされているタイプ。丸型のピンが2つ並んだC型のプラグ及びコンセントに、さらに2つのアース極が付いたタイプ。G型などと異なり、このタイプのものはアースに接続しなくてもプラグ自体を使用することができる。ドイツなど、主にヨーロッパ大陸で使用されている。ただし、ピンの太さや幅がC型とは異なるため、両者間でプラグとコンセントをそのまま共有することはできない。
  • G型
    G型 — 資料によっては「BF型」とされているタイプ。平型のピンが3個付いており、うち1つ(アース線)が他の2つに対して垂直に向いたような形状をしている。このタイプのものはコンセントの部分にシャッターが付いており、アース線にピンを差し込まないとシャッターが開かず、ピンを入れることができない仕組みになっている。また、コンセントの横に主電源のスイッチが付いており、それを入れないと機器のスイッチを入れても作動しない。このタイプが使われている主な国として、イギリスなどを挙げることができる。
  • H型 — 主にイスラエルで使われている。丸型、あるいは平型のピンがV字型に並んでおり、形としてはD型に近いが、ピンの太さや間隔が異なっている。
  • I型
    I型 — 資料によっては「O型」あるいは「O2型」とされているタイプ。平型のピンが「ハ」の字型に向き合って付いており、さらにその間に1本、平型のピンがアース線として付いている。オーストラリアニュージーランドなど、主にオセアニア地域で使われているが、中国でも一部このタイプが混在して使われている。このタイプのうちでシャッター付きのものについては、G型同様、アース線にピンを差し込まないとシャッターが開かずピンを入れることができない仕組みになっている。
  • J型 — 主にスイスリヒテンシュタインで使用されている。形としてはL型に近く、ピンが3つ並んでいるが、L型のように一直線に並んでいるのではなく、真ん中のピンが両端のピンよりもややずれており、鈍角二等辺三角形の頂点ような並び方をしている。
  • L型
    L型 — 主にイタリア全土と北アフリカの一部の地域で使用されているタイプ。ピンの形状や幅などはC型と同じであり、資料によってはC型にまとめられているものがあるが、大きな違いは真ん中の部分にアース端子を持っている点である。ただ、G型のようにアース端子にピンを差し込まないと通電しないということはないので、このタイプのコンセントではC型のプラグも使用することができる。なお、L型のコンセントでは、場合によってはF型のプラグを使用できるような構造となっているものもある (右画像の左側のコンセント参照) 。
  • N型 — 主にブラジルで使用されている。ピンの並び方はJ型と同じだが、ピンの間隔が異なる。

変圧器とアダプター[編集]

USB充電

携帯電話・ゲーム機・音楽プレイヤーなど、最近の充電式の携帯電子機器には、たいていの場合、純正品あるいは社外品として、USB給電の充電ケーブルが用意されている。 旅行先でパソコンを使う予定がある場合、これらの機器の充電器の代わりにUSBケーブルを持っていけば、電圧やプラグを気にしなくてよいし、コンセントもふさがず、スマートなように思える。 しかし実際には、仕事の出張などでない限り、旅行先でパソコンのある場所に長時間いるということはあまりないはずなので、昼間の留守中に充電するか、夜寝ている間に充電することになる。前者はノートパソコンを広げたまま外出することになりいささか不用心だし、後者も充電のためだけにパソコンを一晩中つけておくのはなんとも違和感が否めない。 というわけで、とくに携帯電話のように常に充電しておきたいものに関しては、USB充電は補助的な手段と考え、充電器を用意したほうが安心である。

一方,最近のノートPCは,「パワーUSB」等と称してPC本体がスリープまたは電源OFF状態でもUSBポートに給電可能なものも存在しており,このようなノートPCを使用する場合は上述の状況でも充電を行うことができる。また、USB型のACアダプタが一つあれば、PCを付けておく必要もなく、複数の機器で充電器を使い回せて便利である。

日本仕様の電気機器を日本国外で使う場合、上述のプラグ・コンセントの形状の他に気をつけなければならないのが、電圧である。たまに、プラグ形状の変換コネクタだけをつけて安心して日本専用の電気機器を国外のコンセントに繋いでしまい、機器を壊してしまう人がいるらしい。 (なお周波数については、日本国内で50/60Hzが混在しているお陰でほとんどの製品が周波数フリーになっており、気にする必要はほとんどない)

旅行用の変圧器は家電量販店等で2000円~10,000円程度の値段で売っているが、接続する電気機器の消費電力が、変圧器の定格(どれくらいの大電力を扱う事が出来るか。ワット数で表される)以下になるようにしなければならない。また、熱器具(ドライヤーなど)用と、電子機器(パソコンなど)用の区別がある(熱器具であってもマイコン制御されているものは後者である)。

なお、ノートパソコンについては、ACアダプタの定格(入力またはINPUTと表記されているもの)が「100~240V」と書かれていれば、変圧器は不要である。ただし、会社側のコストカットなどの理由でACアダプタ~コンセント間の2つ穴または3つ穴電源コード(多くの場合、取り外せる)のうちACアダプタ側に刻印されている数値(耐圧)が100~125V程度となっているものが多い。従って、220~240V地域で使う予定があれば、高電圧対応電源コードへと買い換えるかまたは変圧器を買うことが推奨される。旅行先のプラグ形状と一体化したものを買うのが楽である。


変圧器の種類と特徴
名称 方式 重さ 定格電力 電気的ノイズ 用途
熱器具用 電子式 軽い マイコン制御でない熱器具・モーター器具など
電子機器用 トランス式 重い 電子機器、マイコン制御の機器

外部リンク[編集]

この記事「世界のプラグと電圧」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版