何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

下呂市

提供: Wikitravel
岐阜県 : 飛騨 : 下呂市
移動: 案内検索
日本三名泉発祥の碑

下呂市(げろし)は、岐阜県の中央部にある温泉地である。下呂市ホームページ



分かる[編集]

下呂市旧馬瀬村地区は、日本で最も美しい村のひとつである。日本で最も美しい村

下呂温泉は日本三名泉の一つとされている。

下呂温泉街

概要[編集]

北で「飛騨高山」として知られる高山市や、世界遺産で知られる「白川郷」と接し、長野県と接する東部には日本百名山に数えられる霊峰「御嶽山(おんたけさん)」をはじめとする一千メートル級の急峻な山々が連なっている。

  • 下呂市役所 — 観光商工部 観光課  所在  下呂市森960番地  電話  (0576) 24-2222(代表)  WEB  [1]  e-mail  [2]
飛騨川

観光案内[編集]

  • 社団法人下呂温泉観光協会 所在  下呂市森922-6。  電話  (0576) 24-1000  FAX  (0576) 23-0071  WEB  [3]  e-mail  [4]
  • 下呂温泉コンベンションビューロー 所在  下呂市森2270番地3。下呂交流会館内。  電話  (0576) 25-5000  FAX  (0576) 25-5008  WEB  [5]  e-mail  [6]

着く[編集]

飛行機で[編集]

列車で[編集]

下呂駅
  • 名古屋駅から下呂駅まで「特急ワイドビューひだ」で約90分。
  • 富山駅から下呂駅まで「特急ワイドビューひだ」で約130分。

バスで[編集]

下呂温泉直行バス完全予約制で、電話予約が必須。下呂温泉旅館協同組合へ電話予約または宿泊予定ホテルへも直行バス乗車予約することも出来る。下呂温泉旅館協同組合によって運行されている。当然ながら下呂温泉にて宿泊する方が対象。  電話  (0576) 25-2541  時間  名古屋(14:00出発)→ 下呂温泉(16:30頃着)、下呂温泉(10:30出発)→ 名古屋(13:00頃着)  料金  片道・・・¥2,100、往復・・・¥3,000  WEB  [7]

車で[編集]

  • 中央自動車道中津川ICより国道257号利用で約60分
  • 東海環状自動車道富加関ICより県道58号・国道41号利用で約60分
  • 東海北陸自動車道高山西ICより国道41号利用で約60分。

動く[編集]

列車で[編集]

市内には以下の駅がある。

高山本線[編集]

(高山市渚駅) ― 飛騨小坂駅 ― 飛騨宮田駅 ― 上呂駅 ― 飛騨萩原駅 ― 禅昌寺駅 ― 下呂駅 ― 焼石駅 ― 飛騨金山駅 ― (白川町下油井駅)。

バスで[編集]

  • 下呂線(高山方面)、小坂・湯屋線(小坂-ひめしゃがの湯-鹿山)、恵北線(加子母総合事務所前行き)、馬瀬・黒石・美輝の里線(下呂温泉-萩原-馬瀬-美輝の里)、乗政線(下呂-乗政)、東上田線(下呂-東上田)、下呂施設めぐり線(合掌村方面)が、濃飛乗合自動車(濃飛バス)[8]によって運行されている。下呂営業所 TEL (0576) 25-2126
  • げろバス下呂(上原線・中原線)、げろバス金山(祖師野線・袋坂線・戸川線)、げろバス萩原(川西北線・川西南線)、デマンド下呂(久野川コース・蛇之尾コース)、デマンド金山(北回り・南回り)が運行されている。 問合せは市企画部 総合政策課 TEL (0576) 24-2222 [9]
  • 下呂駅前から巌立峡へ紅葉期(9月末の土曜・休日、10月1日~11月3日)のみ濃飛乗合自動車により運行される。PDF

タクシーで[編集]

  • 飛騨交通観光サービス 電話  (0576) 25-5007  WEB  [10]
  • 下呂名鉄タクシー 電話  (0576) 25-4141  WEB  [11]

足で[編集]

  • 下呂御前山登山道 - 下呂温泉の市街地から約2時間で登れる登山コース。山頂(1,411m)から御嶽山や白山の眺望が素晴らしい。
  • 濁河温泉原生林遊歩道と御嶽山登山道 - 日本最高所(1,800m)の温泉から山頂(3,067m)まで約5時間のコース。

観る[編集]

合掌村  
合掌村は「合掌の里」「民芸の郷」「ふるさとの杜」の3つのゾーンで構成されている。「合掌の里」は旧大戸家住宅を中心に7棟の合掌造りで農具や民具などを展示する民俗資料館があり、白川郷の生活文化が体験できる。また、文楽記念館、旅芝居演芸館や足湯などの施設もある。「民芸の郷」は陶器の絵付けができる「斐騨陶房」、紙漉きが体験できる「漉倉」、地元の味が楽しめ特産品が購入できる「市倉」の3棟の合掌造りと、狛犬資料が並ぶ狛犬博物館で構成している。なお、狛犬博物館の1階は企画展示館となっている。合掌の里の山側には「ふるさとの杜」があり、かえる神社、花笠館、円空館など5つのパビリオンで下呂の文化、歴史などを紹介している。
 所在  森2369番地  電話  (0576) 25-2239  WEB  [12]
 開場時間  8:15~17:00  料金  大人¥800、小人¥400。
合掌村


下呂発温泉博物館  
温泉をテーマにした博物館。『温泉の科学』や『温泉の文化』など展示物や体験コーナーを通して温泉に関するいろいろな知識を知ることができる。温泉に関する資料は下呂に限定することなく広く収集展示してあり、『足湯』や『歩行浴』などの癒しのコーナーも併設されている。
 所在  湯之島  電話  (0576) 25-3400  WEB  [13]
 開場時間  9:00~17:00(定休日:毎週木曜日)  料金  大人¥400、小人¥200。
下呂発温泉博物館


湯の街ギャラリー さんぽ道  
館内には下呂温泉絵手紙コンクールの作品約1000点が展示されている。筆や絵の具も揃えてあり、自分だけのオリジナル葉書を作ることができる。
 所在  湯之島  電話  (0576) 25-6611  WEB  
 開場時間  9:00~21:00  料金  無料


湯の街ギャラリー 木精(こだま)  
下呂市在住の版画家、福井正郎(ふくいただしろう)氏の作品を43点展示している。福井氏は有名百貨店などで個展を開いたり、また日本版画院では審査委員や理事を歴任するなど、版画界の第1人者として知られている人物。作品は10枚以上の版木を彫って重ね刷りしたもので、黒の濃淡だけで、繊細な自然の美しさを表現している。
 所在  湯之島  電話  (0576) 25-7655  WEB  
 開場時間  9:00~21:00  料金  無料


温泉寺  
体の痛い箇所に温泉をかけると、痛みが治まると言われる仏像がある。
温泉寺

遊ぶ[編集]

湯めぐり手形  
下呂の名泉を満喫するなら「湯めぐり手形」が便利。これ1枚持っていれば、下呂温泉の手形加盟旅館の中から三軒のお風呂に入浴することができる。1枚¥1,200。


足湯  
下呂温泉を気軽に楽しむなら、下呂の新スポット足湯がおすすめ。温泉街の散策に疲れたら、足湯でちょっとひと休み。湯あたりすることなく、ゆっくりと湯につかってリフレッシュ。
 所在  鷺の足湯・ビーナスの足湯・ゆあみ屋の足湯・雅の足湯・モリの足湯の各施設  電話    WEB  
 営業時間  各足湯により異なる  料金  無料


噴泉池  
飛騨川の河川敷にある無料露天風呂。要水着着用。
 所在    電話    WEB  [14]
 営業時間  24時間  料金  無料
噴泉池


白鷺の湯  
大正時代から続く公衆浴場。
 所在  下呂市湯之島856-1。  電話  (0576) 25-2462  WEB  [15]
 営業時間  10:00~22:00  料金  ¥300
白鷺の湯


クアガーデン露天風呂  
下呂温泉の源泉地に建つ公衆浴場。
 所在  下呂市湯之島894-2。  電話  (0576) 24-1182  WEB  [16]
 営業時間  8:00~21:00  料金  ¥600


飛騨川温泉しみずの湯  
アルカリ性単純泉(PH9.49)、泉温 (39,2℃)で運動浴室プール設備がある。
 所在  萩原町四美1426-1  電話  (0576) 56-4326  WEB  [17]
 営業時間  10:30~21:30 季節により変更有、火曜定休。  料金  大人¥500、子供¥300。


巌立峡 ひめしゃがの湯  
天然炭酸泉の日帰り温泉。
 所在  下呂市小坂町落合1656。  電話  (0576) 62-3434  WEB  [18]
 営業時間  10:00~21:00、定休日 水曜(祝日の場合は営業)  料金  入浴料 大人¥600

買う[編集]

いでゆ朝市  
地元特産品の数々をお値打ちに提供する朝市。 高原野菜、漬物、地酒、民芸品や飲み物・食べ物などのお店が軒を連ねている。(4月~11月の8:00~12:00)
 所在  森 合掌村入口下


いでゆ夜市  
7月下旬~8月下旬までの土曜日に行われる下呂温泉の名物夜市。19時~22時まで開催され、会場になっている白鷺橋の周辺は、観光客や地元の人でいっぱいになる。高原野菜や漬物、地酒などの飛騨の特産品から、夜市には欠かせないおもちゃや陶器など飛騨地方ならでは、夏ならではの品々がボランティア価格で夜市に出される。
 所在  森 白鷺橋の周辺


ゆあみ屋 (下呂温泉足湯の里)  
足湯は24時間無料、ホテル宿泊の浴衣姿の来店で温泉たまごのプレゼントがある。
 所在  湯之島801番地2  電話  (0576) 25-6040  WEB  [19]
 営業時間  8:30~18:30 水曜定休。  値段  下呂の温たま「湯の香美人」カップ入り ¥100。下呂銘菓温泉まんじゅう12入¥600、20入¥1,000。下呂牛乳¥300、ソフトクリーム¥300。


飛騨牛・飛騨けんとん専門店「天狗」  
飛騨萩原から、安全で美味しい飛騨牛、飛騨けんとん、無薬鳥を安く提供している。手作りのお惣菜は、すぐ売り切れるほどの人気商品である。
 所在  萩原町萩原1353-1  電話  (0576) 52-1103  WEB  [20]
 営業時間  9:00~17:00 水曜日、毎月第三日曜定休。  値段  飛騨牛ロース焼き肉用100g¥1,365、飛騨ロースカツソテー用120g位(5枚入り)¥1,500。


家具のマルケン  
飛騨の家具・骨董家具・布と和雑貨がある店長が美人姉妹のお店。ネットを見て来店と言うと「珈琲」のサービスがある。下呂駅より徒歩8分。
 所在  森13  電話  (0576) 25-4014  WEB  [21]
 営業時間  9:00~19:00 日曜定休(不定休)  値段  


道の駅、南飛騨小坂「はなもも」  
朝市 5~10月の土・日曜日(お盆は毎日)8:00~無くなり次第終了。
 所在  小坂町赤沼田811-1  電話  (0576) 62-1010  WEB  
 営業時間  売店8:00~18:00 (11~3月は16:00まで)、喫茶8:30~16:00(11~3月は15:00まで)、無休。  値段  鉱泉粥(4種)200g¥210、飛騨牛カレー(2種)200g¥420。五平餅1本¥180。


舞台峠観光センター  
中津川~下呂間を結ぶ国道257号線、下呂に差しかかる景色が良い「舞台峠」に位置。岐阜県観光連盟推奨品「鮎かま」を製造直売。
 所在  御厩野518-3  電話  (0576) 26-2115  WEB  
 営業時間  8:00~18:00、無休。  値段  鮎かま(箱入り)¥2,000、飛騨牛串焼き(特選飛騨牛)5本入¥1,300。

食べる[編集]

安食堂[編集]

以和喜  
国道41号線沿いの和食お食事処。
 所在  萩原町上呂   電話  (0576) 54-1076  WEB  [22]
 営業時間  昼11;00~14:00、夕17:00~21:00、月曜定休。  予算  飛騨健豚ステーキ定食¥1,600、味噌カツ定食¥1,300、エビおろしそば¥1,050、ざるそば¥700。


民芸お食事処「やまびこ」  
釣や、きのこ、山菜採りの達人でもある店主が自ら採ってきた、春夏秋冬の飛騨の食材を調理してくれるお店。
 所在  森1088  電話  (0576) 25-2883  WEB  [23]
 営業時間  昼11:00~15:00、夕17:30~23:00、月曜定休。  予算  自家製味噌で石焼した「あまごの山びこ焼き」¥2,000、「川魚定食」¥1,600、各定食¥800~。


鶏ちゃん「杉の子」  
鶏ちゃん(けいちゃん)とは、飛騨・下呂地方に古くから伝わる郷土料理で、創業当時からの秘伝特製タレでトリもも肉とキャベツを一緒に焼くのが下呂温泉名物鶏ちゃん焼。しめには焼きそばを入れて焼き上げる。米は下呂発祥のお米「龍の瞳」を使用。
 所在  小川1311  電話  (0576)25-7011  WEB  [24]
 営業時間  昼11:30~14:00、夕17:00~20:30、月曜定休。  予算  鶏ちゃんランチ¥1,050(平日昼のみ)

中級[編集]

飛騨はぎわら観光ヤナ  
お食事処とヤナ場が併設されており、清流飛騨川でとれた鮎の塩焼き・鮎めし・鮎のフライなど鮎づくしの料理を楽しめる。
 所在  萩原町上村672-3  電話  (0576) 52-3755  WEB  [25]
 営業時間  10:00~20:00 食事処:7月中旬~10月中旬までヤナ:8月中旬~10月中旬。  予算  鮎づくし定食¥2,000~¥4,000。


宴蔵  
飛騨の郷土料理と有名なトマト丼がある。
 所在  森971-59  電話  (0576) 24-2883  WEB  
 営業時間  昼11:00~14:00、夕17:00~23:00。  予算  飛騨牛ステーキ定食¥5,000、飛騨けんとんトマト丼¥980、けいちゃん¥580。


山びこ  
下呂温泉街にある郷土料理店。
 所在  下呂市森1088。  電話  (0576) 25-2883  WEB  [26]
 営業時間  11:30~15:00 17:30~23:00、定休日 月曜(月曜が祝祭日の時は火曜)  予算  けいちゃん定食 ¥950

高級[編集]

郷土懐石料理「志むら」  
料理人「森中茂男」が 2005年4月に開業させた、飛騨牛(A5等級)と旬の郷土料理が楽しめる築150年の囲炉裏を備えた古民家のお店(全室個室)
 所在  小川字柚垣内583  電話  (0576) 25-3256  WEB  [27]
 営業時間  11:30~食材が無くなるまで 、17:00~20:00(オーダーストップ)火曜定休日。  予算  お昼の郷土懐石コース¥3,150~、夕夜の郷土懐石コース¥5,250~。

飲む[編集]

緑の館  
自家焙煎珈琲の店で「ロイヤルブレンド4713」がお薦め。
 所在  萩原町花池125-1  電話  (0576) 52-3220  WEB  [28]
 営業時間  7:30~18:30、木曜定休。  料金  レギュラーコーヒー¥350、本日のお薦め珈琲¥500~、ハムサンド¥700。


カフェ・ド・オンセン  
駅前のカフェで明治屋の2階にある。
 所在  幸田1348番地8(下呂駅より徒歩50歩)  電話  (0576) 25-2031  WEB  [29]
 営業時間  8:00~19:00、無休。  料金  ブレンド珈琲¥370、飛騨りんごジュース¥420、下呂温泉トマトジュース¥420。朴葉寿し1ヶ¥200、笹まき寿し6ヶ入¥900、笹魚寿し鮭鯛鯖6ヶ入¥1,000、笹寿しざる蕎麦¥1,200。

泊まる[編集]

以下の組合にて宿泊情報を得る事ができる。

下呂温泉宿泊ガイド (下呂温泉旅館協同組合) —  所在  湯之島801-2   電話  (0577) 25-2541  時間  8:30~17:00  WEB  [30]

安宿[編集]

民宿赤かぶ  
明治2年の飛騨民家を移築。囲炉裏でくつろげる宿。
 所在  萩原町上呂2141  電話  (0576) 54-1040
 FAX  (0576) 54-1429
 WEB  [31]
 e-mail  [32]
 時間    料金  1泊2食付大人¥6,000~


内湯浅野屋  
飛騨路下呂温泉で客室10室の宿。女性の一人旅にも利用できる。
 所在  湯之島746-2  電話  (0576) 25-2416 
 FAX  (0576) 24-2126
 WEB  [33]
 時間    料金  1泊2食付¥8,925、1泊朝食付¥6,300。



ビジネスホテル プランタン  
下呂駅前にある温泉付きのビジネスホテル。
 所在  下呂市幸田1394-9。  電話  (0576) 25-2051
 FAX  (0576) 24-2126
 WEB  [34]
 時間    料金  

中級[編集]

下呂温泉 冨岳 (下呂温泉)  
下呂温泉街に佇み、飛騨川を一望できる旅館。飛騨牛にこだわる会席料理とかけ流し貸切温泉もある。
 所在  湯之島898  電話  (0576) 25-3428
 FAX  (0576) 25-4894
 WEB  [35]
 e-mail  [36]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥10,500~(平日2名1室1名分料金)。


下呂ロイヤルホテル雅亭 (下呂温泉)  
下呂温泉街の中心に佇む和の宿。
 所在  湯之島758-15  電話  (0576) 24-1001
 FAX  (0576) 24-1003
 WEB  [37]
 e-mail  [38]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥14,000~(平日2名1室1名分料金)。


下呂温泉「ホテルパストール」  
下呂温泉で唯一の政府登録国際観光ホテル。日本料理副料理長「田野上寛(たのうえひろし)」が平成21年度『ぎふの味・伝承名人』に認定された。
 所在  森1781  電話  (0576) 24-2000
 FAX  (0576) 24-2500
 WEB  [39]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 11:00   料金  『飛騨けんとん』をしゃぶしゃぶ(70分食べ放題)¥13,800~。


下呂温泉 懐石宿「水鳳園」  
至高の米「龍の瞳」と特選「飛騨牛」を味わえる名湯旅館。平成19年に別館悠佳亭(庭園露天付き)がオープン、平成21年には調理長に岐阜の料理「師範職」の称号が授与された。敷地内には「龍の瞳」の田んぼがある。[40]
 所在  森2519-1  電話  (0576) 25-2288
 FAX  (0576) 25-5338
 WEB  [41]
 e-mail  [42]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00   料金  1泊2食付¥14,500~


下呂の奥座敷 湯屋の秘湯 泉岳館  
温泉は飲泉もできる炭酸泉。日本秘湯を守る会会員の全11室の宿。
 所在  小坂町湯屋427-1  電話  (0576) 62-3010
 FAX  (0576) 62-3935
 WEB  [43]
 時間  チェックイン 14:30 チェックアウト 10:30   料金  1泊2食付¥16,000~

高級[編集]

下呂温泉 悠久の華 (下呂温泉)  
2012年新築グラントオーブン予定 下呂温泉唯一 全室川側展望/露天温泉付旅館 全室100%源泉掛流し、全て個室料亭食。全室有線LAN完備
 所在  湯之島898-1  電話  (0576) 25-3428
 FAX  (0576) 25-4894
 WEB  [44]
 e-mail  [45]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00   料金  ¥19,950~(平日2名1室1名分料金)。


離れの宿 月のあかり (下呂温泉)  
下呂温泉街に佇む全室離れの宿。
 所在  湯之島758-15  電話  (0576) 24-1005
 FAX  (0576) 24-1003
 WEB  [46]
 e-mail  [47]
 時間  チェックイン 15:00 チェックアウト 10:30   料金  ¥36,000~(平日2名1室1名分料金)。


川上屋花水亭  
竹林と木立に囲まれた飛騨川沿いの閑静な数奇屋造りの全16室の宿。 
 所在  湯之島30  電話  (0576) 25-5500 
 FAX  (0576) 24-2345
 WEB  [48]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00   料金  セミスイート¥21,150~、スイート¥25,340~、露天風呂付スイート¥27,450 ~。


下呂温泉「湯之島館」  
下呂温泉 湯之島館。昭和六年創業の老舗旅館、山々を一望できる露天風呂が自慢の宿。 
 所在  湯之島645  電話  (0576) 25-3131 
 FAX  (0576) 24-1882
 WEB  [49]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00   料金  本館¥19,350~、露天風呂付別館¥25,850~、特別室春慶荘¥37,850~。

出かける[編集]



変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト