何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ワルシャワ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
ワルシャワの夜景

ワルシャワ(Warsaw、Warszawa)はポーランドの首都。


分かる[編集]

概要[編集]

ワルシャワ旧市街

1596年にクラクフから遷都して以来、ポーランドの首都として発展を遂げてきた。1795年のポーランド分割でプロイセン領に組み込まれ、1807年、プロイセンを征服したフランスのナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte)が、ティルジット条約によってワルシャワ公国を建てるが、ナポレオン失脚にともなうウィーン会議で、多くのワルシャワ公国の地域はポーランド王国(ポーランド立憲王国)とすることが確認され、ロシア皇帝アレクサンドル1世(Александр I)がポーランド国王の座につくことになった。以降、ワルシャワは他国からの侵略に悩まされ、発展の勢いを失っていった。

ポーランドを占領していたドイツオーストリアは第一次世界大戦で敗戦国となった。また、第一次世界大戦中に社会主義革命が起こったロシアでは、ソビエト連邦が成立していた。敗戦国に対して制裁的で、社会主義への強い警戒を抱いていたパリ講和会議において、ポーランドの独立が承認され、ワルシャワは再びポーランドの首都と定められた。

第二次世界大戦末期、ドイツ軍の爆撃によって街は灰燼に帰したが、大戦終了後、旧市街(Stare Miasto)の街並みは焼け残った図面や写真、人々の記憶などをたよりに、「壁のひびに至るまで」できるかぎり忠実に復元され、1980年にはユネスコの世界遺産に登録された。浜松市と音楽・文化友好交流都市。


気候[編集]

大陸性気候。夏は暑く、1日の気温の変化が大きい。冬は東京よりやや寒く、最低気温が-20度を下回ることもある。

ワルシャワの平均気温と降水量
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月年 間
平均気温 (℃)-3.0-2.31.78.214.016.619.318.314.08.22.9-0.58.2
降水量 (mm)212524334462736342373833495
データ出典

着く[編集]

飛行機で[編集]

ワルシャワ・ショパン空港

ワルシャワの国際空港はワルシャワ・ショパン空港(Warsaw Chopin Airport、Lotnisko Chopina w Warszawie)で、中心部から南西へ約10kmのところにある。オケンチェ空港(Warsaw-Okecie Airport、Port lotniczy Warszawa-Okęcie)とも呼ばれている。日本からの直行便はないので、アムステルダムフランクフルトウィーンなどの都市で最低一度は乗り換えることになる。ワルシャワ・ショパン空港

ワルシャワ・ショパン空港駅

空港から市内へは鉄道、路線バス、タクシーのどれかを利用する。ワルシャワ・ショパン空港駅(Warsaw Chopin Airport railway station、Warszawa Lotnisko Chopina)は地下にあり、ポーランド国鉄(Polskie Koleje Państwowe SA、略称:PKP SA)傘下の三連都市高速鉄道(PKP Szybka Kolej Miejska w Trójmieście、略称:SKM)の列車S2、S3C、S3Sと、マゾヴィア鉄道(Koleje Mazowieckie、略称:KM)の列車が中心部に行く。SKMの列車は赤と白の塗装の車両で、ワルシャワ西駅(Warsaw West、Warszawa Zachodnia)を経由し、S3Cはワルシャワ中央駅(Warsaw Central、Warszawa Centralna)に、S2とS3Sは中央駅から東へ約300mのところにあるワルシャワ・シルドミエシチェ駅(Warszawa Śródmieście)に停車する。チケットは市内公共交通で使用するものと同じで、料金は3.80zł。乗車したらすぐに改札すること。KMの列車は黄緑と白の塗装の車両で、西駅を経由して中央駅に停車する。チケットは市内公共交通のものとは別で、料金は乗車距離によって異なる。事前にチケットを購入できなかった場合は、先頭車両に乗り、車掌から購入する。SKM、KMのいずれも10~15分おきに1本あり、中心部までは約25分。

路線バスは175番が、中央駅を経由して旧市街まで行く。23時以降はN32番が、中央駅まで行く。175番、N32番のいずれも料金は3.60zł。

タクシーで空港から中央駅付近まで利用した場合、約30分の乗車で、料金は30~70zł。


列車で[編集]

ワルシャワ中央駅

ワルシャワ中央駅が玄関口となる。なお、ワルシャワ中央駅にはツーリストインフォメーションがあり、ホテルの予約などを行っている(英語による対応可)。


車で[編集]

バスで[編集]

ワルシャワ西駅のそばにPKS西バスターミナル(Dworzec PKS Warszawa Zachodnia)がある。国際バスの一部と国内バスのほとんどが発着する。PKS西バスターミナル

船で[編集]

動く[編集]

市内公共交通で[編集]

  • 市内の移動は路面電車、路線バスが便利。地下鉄もあるが、1路線のみなので、路面電車と比べて乗る機会は少ないだろう。
  • 市内公共交通のチケットはすべて共通で、ワルシャワ市内は空港を含めてゾーン1で、郊外はゾーン2。
  • チケットの料金は1回券3.60zł(ゾーン2込み5.60zł)、20分券2.60zł、40分券3.80zł、60分券5.20zł、24時間券12zł(同19zł)、3日券24zł(同38zł)。1回券以外は、制限時間内の乗り換えは自由。1回券以外では、24時間券(Bilet Dobowy)が特に使い勝手がよく、便利である。
  • 1回券ははルフ(Ruch)と呼ばれるキオスクで購入する。1回券を最初に使う際に車内にある改札機に挿入する。きちんと印字されたか確認しよう。地下鉄の場合は、ホームに入る前に改札機がある。ルフを見つけるのは結構大変なので、見つけた際に必要な日数分を購入しておくとよい。
  • それ以外の券は取り扱い表示のあるルフか、路線バスや路面電車の終点近くにある売店、ワルシャワ市交通局ZTMのオフィスで購入する。最初に有効期限のスタンプが押されるので、その後の改札手続きは不要。
  • チケットを持っていても、改札していなければ無賃乗車扱いとなり、高額の罰金を科せられるので注意すること。ワルシャワ市交通局ZTM

足で[編集]

ショパンの生誕200周年を記念したベンチ

旧市街は徒歩で移動できる広さである。旧市街の北にあるバルバカン(Barbakan)を通り抜けると、新市街(Nowe Miasto)に入る。

フレデリック・ショパン(Fryderyk Franciszek Chopin)の生誕200周年を記念して、2010年に市内15か所に設置されたベンチには一風変わった仕掛けがある。ベンチにあるボタンを押すと、ショパンの曲が流れる。ベンチのある15か所はこちらを参照。ワルシャワを訪れた際には、ぜひお試しあれ。


観る[編集]

旧市街広場 (Rynek Starego Miasta) 地図  
戦後忠実に復元されたワルシャワの復興のシンボル。広場を取り囲むようにして第二次大戦前そのままの形で復元された建物が並んでいる。広場にはオープンエアのカフェや露天商、屋台などが並んでいる。人魚の像(Pomnik Syreny)がある。日本語で旧市街市場広場と表記しているものもある。
 所在  右側の「地図」を参照。
旧市街広場


バルバカン (Barbakan) 地図  
旧市街の北にある半円筒型の塔。かつては牢獄や火薬庫として使われた。現在はおみやげ屋があり、民芸品などが売られている。
 所在  右側の「地図」を参照。
バルバカン


ワルシャワ歴史博物館 (Muzeum Historyczne Miasta Stołecznego Warzawy) 地図  
旧市街広場に面している博物館。ワルシャワの歴史を紹介している。約20分の記録映画を上映している。
 所在  Rynek Starego Miasta 28/42  電話  +48 22 6351625  WEB  
 開場時間  ウェブサイトを参照。月曜休業  料金  5zł、記録映画10zł
ワルシャワ歴史博物館


王宮広場 (pl. Zamkowy) 地図  
旧市街の南端にある広場。ポーランド・リトアニア共和国の国王で、ポーランドの首都をクラクフからワルシャワに遷都したジグムント3世(Zygmunt III Waza)の碑がある。
 所在  右側の「地図」を参照。
王宮広場


旧王宮 (Zamek Królewski) 地図  
王宮広場に面して建つ赤茶色の建物。ジグムント3世の住居として使われた。第二次世界大戦で破壊されたが、1988年に復元作業が完了した。
 所在  pl. Zamkowy 4  電話  +48 22 3555170  WEB  [1]
 開場時間  ウェブサイトのOpening hoursを参照。月曜・祝日休業  料金  ツアー料金大人22zł、子供・学生15zł。詳細はウェブサイトのTicket Pricesを参照。
旧王宮


洗礼者ヨハネ大聖堂 (Bazylika Archikatedralna Św. Jana Chrzciciela) 地図  
14世紀に建てられた、ワルシャワで最も古い教会。歴代の王の戴冠式などの国家的行事が行われた。
 所在  Świętojańka 8  電話  +48 22 8310289  WEB  
 開場時間  10:00~12:00、16:00~18:00、無休  料金  無料
洗礼者ヨハネ大聖堂


キュリー夫人博物館 (Muzeum Marii Skłodowskiej Curie) 地図  
ポーランドを代表するノーベル賞化学者、マリア・スクウォドフスカ=キュリー(Maria Skłodowska-Curie)の生家を博物館にしたもの。キュリーが実験で使っていた道具などを展示している。
 所在  Freta 16  電話  +48 22 8318092  WEB  [2]
 開場時間  ウェブサイトのOPENING HOURSを参照。月曜・祝日休業  料金  大人11zł、子供・学生6zł
キュリー夫人博物館


噴水公園 (Multimedialny Park Fontann) 地図  
旧市街広場から徒歩約7分のヴィスワ(Wisła)川沿いに、ワルシャワ市水道局の誕生125周年を記念して2011年に完成した公園。夏期の週末は光と音の噴水ショーが行われる。
 所在  Podzamcze  電話    WEB  
 開場時間  噴水ショーは5~10月中旬の金~日曜20:30から。  料金  無料
噴水公園


クラクフ郊外通り、新世界通り (Krakowskie Przedmieście、Nowy Świat) 地図  
王宮広場から南へ延びるクラクフ郊外通りは、途中で新世界通りと名前を変える。ワルシャワなのに通りの名前がなぜ「クラクフ郊外」なのかというと、かつて王宮広場に「クラクフ門」という門があり、その門の外ということでこのような通りの名前になった。クラクフ郊外通り、その南にある新世界通りからワジェンキ公園(Park Łazienkowski)を経由しさらにに南へ下ってヴィラヌフ宮殿(Pałac Wilanowski)に至る道路は現在、王の道(Trakt Królewski)と呼ばれている。通り沿いにはショパンに関する見どころが多い。聖十字架通り(Świętokrzyska)との交差点手前の小さな広場には、地動説を唱えたニコラウス・コペルニクス(Nicolaus Copernicus、Mikołaj Kopernik)の像(Pomnik Mikołaja Kopernika、写真)がある。その先の角にあるネオ・クラシック様式の建物はスタシッツ宮殿(Pałac Staszica)で、現在はポーランド科学アカデミー(Polska Akademia Nauk)になっている。
 所在  右側の「地図」を参照。
クラクフ郊外通り、新世界通り


大統領官邸 (Pałac Prezydencki) 地図  
ホテルブリストルの隣にある。かつては貴族ラジヴィウ家の館で、1765年に館の一部が劇場として使われるようになった。ショパンは初めてのピアノ演奏会をここで行った。1994年からは大統領官邸になっている。官邸の前に建つの銅像はユゼフ・ポニャトフスキ(Jozef Antoni Poniatowski)。政府機関なので観光での入場はできないが、建物は一見の価値あり。
 所在  右側の「地図」を参照。  電話    WEB  
 開場時間    料金  
大統領官邸


ヴィジトキ教会 (Kościół Wizytek) 地図  
大統領官邸のすぐ南にある、18世紀に建てられたバロック様式の教会。ショパンは毎週日曜と祝日に行われていたミサでオルガンの演奏していた。
 所在  右側の「地図」を参照。
ヴィジトキ教会


ワルシャワ大学 (Uniwersytet Warszawski) 地図  
ホテルブリストルから南へ約200mのところにある大学。1816年の創設で、日本学科もある。キャンパスのピ地番奥にあるカジミエーシュ宮殿(Pałac kazimierzowski、写真)は、音楽学校の校舎として利用され、ポーランドを代表する作曲家、ショパンも在学していた。
 所在  Krakowskie Przedmieście  電話  +48 22 5520000  WEB  
 開場時間  見学自由  料金  
ワルシャワ大学


チャプスキ宮殿 (Pałac Czapskich) 地図  
ワルシャワ大学の正面にある宮殿。現在は美術アカデミー(Akademia Sztuk Pięknych)になっている。美術アカデミーの左側3階は、1827年からショパンの住居(写真)として使われた。ここはショパンにとってポーランドでの最後の住居となった。現在はショパン家のサロン(Salonik Chopinów)として公開されている。以下の記載はサロンのもの。
 所在  Krakowskie Przedmieście 5  電話  +48 22 3200275  WEB  [3]
 開場時間  10~6月は月~金曜10:00~18:00、土曜9:00~13:00 7~9月は10:00~18:00 日曜、7~9月の土曜休業  料金  大人3zł、子供2zł、水曜無料
チャプスキ宮殿


聖十字架教会 (Kościół Św. Krzyża) 地図  
ワルシャワ大学の正面にある教会で、ショパンの心臓が埋められている。第二次世界大戦の際にドイツ軍に破壊され、ショパンの心臓も持ち出されてしまったが、終戦後に建て直され、ショパンの死去から96年後の1945年10月17日に元どおりの場所に戻された。入口前に十字架を背負ったキリスト像がある。
 所在  Krakowskie Przedmieście 3  電話    WEB  
 開場時間  月~金10:00~12:00、16:00~18:00、日曜休業  料金  寄付
聖十字架教会


劇場博物館 (Muzeum Teatralne) 地図  
サスキ公園(Ogród Saski)の北にある国立オペラ劇場(Teatr Wielki Operi i Baletu、写真)では、オペラやバレエの公演が行われている。1833年に完成した劇場の中にある博物館で、ポーランドのオペラを紹介している。
 所在  pl. Teatralny 1  電話  +48 22 6920756  WEB  [4]
 開場時間  10:00~14:00、土~月曜休業  料金  公演チケットの購入者は無料
劇場博物館


サスキ公園 (Ogród Saski) 地図  
ポーランド・リトアニア共和国国王アウグスト2世(August II Mocny)の提案により造られた公園。公園の東に隣接するピウスツキ元帥広場(pl. Józefa Piłsudskiego)には、1925年に造られた無名戦士の墓(Grób Nieznanego Żołnierza、写真下)があり、毎正時には衛兵の交代式が行われる。日本語でサスキ庭園と表記しているものもある。
 所在  右側の「地図」を参照。  電話    WEB  
 開場時間    料金  無料
サスキ公園 サスキ公園


三位一体プロテスタント教会 (Kościół Ewangelicki Św. Trójcy) 地図  
アレクサンドル1世のために1825年5月にショパンがピアノの演奏をした教会。
 所在  Pl. Małachowskiego 1  電話    WEB  [5]
 開場時間  10:30~19:00、無休  料金  寄付
三位一体プロテスタント教会


文化科学宮殿 (Pałac Kultury Nauki) 地図  
1955年に完成した、スターリン様式の高層ビル。37階建てで、塔の高さは234m。ポーランド科学アカデミー、3000人を収容するコンベンションホール、映画館、劇場などが入っている。この高層ビルは現地の人々には不評で、「北京」「スターリンの墓」とも呼ばれている。展望台へは専用のエレベーターに乗る。展望台から眺めるワルシャワの風景がすばらしい。
 所在  pl. Defilad  電話  +48 22 6567600、展望台+48 22 6567382  WEB  [6]
 開場時間  展望台は9:00~18:00、夏期の金・土曜は20:00~24:00も営業、無休  料金  展望台大人20zł、子供・学生15zł
文化科学宮殿


ショパン博物館 (Muzeum Fryderyka Chopina) 地図  
17世紀初頭に建てられたオストログスキ宮殿(Zamek Ostrogskich)内にある。ショパンのファンならぜひ訪れたい。ショパンが書いた手紙、彼自身や家族の肖像画、愛用のピアノなどが展示されている。ショパン生誕200周年の2010年にリニューアルオープンした。
 所在  Okólnik 1  電話  +48 22 4416274  WEB  [7]
 開場時間  12:00~19:00、月曜休業。1時間に70人という人数制h\弦を設けているため、入場には事前の時間指定(ウェブサイトから予約可能)が必要。オフシーズンなら時間指定をしないで行っても、すぐに入場できる。  料金  大人22zł、子供・学生13zł、火曜無料
ショパン博物館


国立美術館 (Muzeum Narodowe) 地図  
1862年に創設された"Museum of Fine Arts, Warsaw"が前身。1916年に現在の名前になった。古代ギリシア、古代ローマの美術品、ポーランドの絵画などを展示している。国立博物館とも呼ばれている。
 所在  al. Jerozolimskie 3  電話  +48 22 6211031  WEB  [8]
 開場時間  火・水・金~日曜10:00~18:00、木曜10:00~21:00、月曜休業  料金  常設展は大人15zł、子供・学生10zł、企画展は大人、子供・学生のいずれも5zł増し、火曜は常設展無料
国立美術館


軍事博物館 (Muzeum Wojska Polskiego) 地図  
国立美術館の並びにあり、屋外に戦闘機が展示されている。旧ソ連製の兵器を中心に展示している。
 所在  al. Jerozolimskie 3  電話  +48 22 6295271  WEB  [9]
 開場時間  木~日10:00~16:00、水10:00~17:00、月・火曜休業  料金  大人10zł、子供5zł
軍事博物館


人魚の像 (Pomnik Syreny) 地図  
人魚をデザインしたワルシャワ市の紋章。ワルシャワには人魚の像がふたつある。ひとつはヴィスワ川の西岸にあるビブジェジェ・コシチュシュコフスキエ(Wybrzeże Kościuszkowskie)通りとタムカ(Tamka)通りが交差するシフィエントクシスキ橋(Most Świętokrzyski)のたもと(写真)、もうひとつは旧市街広場にある。右側の「地図」はシフィエントクシスキ橋のたもとにある人魚の像のもの。人魚姫の像や人魚像と表記しているものもある。ポーランド語でWarszawska Syrenkaとも表記。
 所在  右側の「地図」を参照。
人魚の像


ワジェンキ公園 (Park Łazienkowski) 地図  
市の南側にある広大な公園。多くの花壇や並木道があり、1日中散策していても飽きない。また、園内にショパン像(Pomnik F.Chopina、写真上)やワジェンキ宮殿(Pałac Łazienkowski、写真下)などもある。宮殿は国立美術館の分館として17~18世紀の美術品を展示している。2004年1月8日にフジテレビ系列で放送された「白い巨塔」で、唐沢寿明演じる財前五郎と黒木瞳演じる花森ケイ子が訪れている。
 所在  Agrykoli 1 新世界通りから路線バス116、180、195番などを利用。ショパン像の近くにあるバス停の名称はŁazienki Królewskie。  電話  +48 22 5060101  WEB  国立美術館分館のウェブサイト
 開場時間  公園:日の出から日没まで 分館:夏期火~金曜9:00~18:00、土・日曜9:00~21:00、冬期火・水・日曜9:00~16:00、木~土曜9:00~18:00、月曜休業  料金  公園:無料 分館:大人15zł、子供・学生10zł、木曜無料
ワジェンキ公園 ワジェンキ公園


ヴィラヌフ宮殿 (Pałac Wilanowski) 地図  
ポーランド・リトアニア共和国国王ヤン3世(Jan III Sobieski)の夏の宮殿として17世紀に建設された。ヤン3世が集めた家具、時計、中国陶器、肖像画などの美術品の数々が残されている。入場制限をしており、午後は開館中でも入場できないことがあるので、できるだけ午前中に訪れよう。
 所在  Stanisława Kosłki Potockiego 10/16 旧市街から路線バス116、180番、セントラム(Centrum)から路線バス117番で終点下車。  電話  +48 228428101  WEB  [10]
 開場時間  ウェブサイトを参照。9月20日~4月30日までの火曜と12月19日~1月31日は休業  料金  大人20zł、子供・学生15zł、日曜無料
ヴィラヌフ宮殿


ワルシャワ蜂起博物館 (Muzeum Powstania Warszawskiego) 地図  
ワルシャワ蜂起とは、第2次大戦末期に起こったポーランド国内軍(Armia Krajowa)とワルシャワ市民によるナチス・ドイツに対する蜂起のことで、1944年8月1日17時に蜂起が敢行された。この博物館ではナチス支配下のワルシャワの様子を映像や写真などを通じて紹介している。軍服や武器なども展示されている。
 所在  Grzybowska 79  電話  +48 22 5397905  WEB  [11]
 開場時間  月・水・金曜8:00~18:00、木曜8:00~20:00、土・日曜・祝日10:00~18:00、火曜休業  料金  大人14zł、子供・学生10zł、日曜無料
ワルシャワ蜂起博物館


ワルシャワ鉄道博物館 (Muzeum Kolejnictwa w Warszawie) 地図  
旧ワルシャワ中央駅を利用した鉄道博物館で、1931年に開館した。蒸気機関車などが展示されている。
 所在  Towarowa 1  電話  +48 22 6200480  WEB  [12]
 開場時間  月曜10:00~14:00、火~日曜10:00~17:00、無休  料金  大人10zł、子供・学生6zł、月曜無料
ワルシャワ鉄道博物館

遊ぶ[編集]

買う[編集]

ズウォテ・タラスィ (Złote Tarasy) 地図  
中央駅に隣接したショッピングモール。花寿司(Hana Sushi)やプラネット寿司(Planet Sushi)、日本でもおなじみのケンタッキーフライドチキンやサブウェイ、マクドナルドをはじめとしたレストランが充実している。
 所在  Złota 59  電話  +48 22 2222200  WEB  [13]
 営業時間  月~土曜9:00~22:00、日曜9:00~21:00、無休  値段  
ズウォテ・タラスィ

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

日本館 (Nippon Kan) 地図  
マリオットの近くにある日本料理店。回転寿司のカウンターテーブルがある。寿司のほか、カレーライスやラーメンなども扱っている。
 所在  00-695 Warszawa ul. Nowogrodzka 47a, Warsaw, Poland  電話  +48 22 5851028  WEB  [14]
 営業時間  12:00~22:00(ラストオーダー)、無休  予算  特上にぎり寿司50zł、上にぎり寿司42zł、餃子ランチセット32zł、味噌ラーメンセット32złなど。


テリメナ (Kawiarnia Telimena) 地図  
かつてショパンが連日通っていたカフェの跡地に開業したカフェ。
 所在  27 Krakowskie Przedmieście  電話  +48 22 4652097  WEB  
 営業時間  9:00~21:00(夏期は延長あり)、祝日休業  予算  ケーキ12zł~、コーヒー8złなど。


ザピエチェク (Zapiecek) 地図  
旧市街広場の近くにあるポーランド料理のレストラン。店内はクラシカルな雰囲気で高級感が漂うが、料金は手頃。
 所在  Piwna 34/36  電話  +48 22 8315693  WEB  [15]
 e-mail  [16]
 営業時間  11:00~23:00、無休  予算  こちらを参照。


ホノラトカ (Restauracja Honoratka) 地図  
1826年創業の老舗レストラン。ショパンも利用していた。現在はショパンの利用当時とは違うオーナー一族の経営だが、ショパンが食べたメニューを再現して出している。
 所在  Miodowa 14  電話  +48 22 6350397  WEB  [17]
 営業時間  12:00~23:00(ラストオーダー)、祝日休業  予算  予算30zł~。


稲波 (Inaba) 地図  
ラディソンBluソビエスキーの近くに1998年オープンの日本料理店。寿司のほか、丼やラーメンなども扱っている。土・日曜を含む毎日17:00までのランチメニューはお得。
 所在  Nowogrodzka 84/86  電話  +48 22 6225955  WEB  [18]
 営業時間  11:30~22:00(ラストオーダー)、無休  予算  ランチ寿司45zł、とんかつ定食29złなど。

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

オキドキ・ホステル (Okidoki Hostel) 地図  
中心部にある人気のホステル。建物入口のブザーを押して入る。ドミトリーと個室を併設。建物の1階には銀行が入居。言うまでもなくSKE48の楽曲とは無関係。
 所在  pl. Dąbrowskiego 3  電話  +48 22 8280122
 FAX  +48 22 8268357
 WEB  [19]
 e-mail  [20]
 時間    料金  ドミトリー29zł~、浴室なし個室100zł~、浴室付き個室154zł~。

中級[編集]

メトロポル (Hotel Metropol) 地図  
中央駅付近にあるホテル。客室は古さを感じさせるが、広くて清潔。後述のポロニア・パレス ホテルと同じ運営である。
 所在  ul. Marszałkowska 99a 00-693 Warsaw, Poland  電話  +48 22 3253100
 FAX  +48 22 6286622
 WEB  [21]
 e-mail  [22]
 時間    料金  US$100~。


ベストウェスタン ホテル フェリックス (Best Western Hotel Felix) 地図  
中央駅から北東へ約6.5kmのところにあるホテル。路面電車のフスプルナドロガ(Wspólna Droga)駅が近くにある。客室は赤を基調とした雰囲気。ロケーションに恵まれていないこともあり、料金は手頃。
 所在  ul. Omulewska 24, 04-128 Warszawa  電話  +48 22 2107000
 FAX  +48 22 2107900
 WEB  [23]
 e-mail  [24]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$75~。
ベストウェスタン ホテル フェリックス

高級[編集]

ポロニア・パレス (Polonia Palace Hotel) 地図  
メトロポル ホテルの隣にある高級ホテル。建物は1913年に建てられた。第二次大戦中の戦災から逃れたこともあり、美しい彫刻が施されたロビーが、ほぼ創業当時のままの原形を保っている。客室は若干狭いが、高級感満点。第一ホテル東京やシンガポールのグッドウッド・パーク・ホテルなどとワールドホテルズ(Worldhotels)に加盟。
 所在  Al. Jerozolimskie 45 00-692 Warsaw, Poland  電話  +48 22 3182800
 FAX  +48 22 3182801
 WEB  [25]
 e-mail  [26]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$160~。
ポロニア・パレス


ノボテルワルシャワセントラム (Novotel Warszawa Centrum Hotel) 地図  
市の中心部、中央駅近くの交差点に建つ33階建ての高層ホテル。高層階の客室からの眺めは最高。
 所在  Nowogrodzka 24/26  電話  +48 22 5960000
 FAX  +48 22 5960647
 WEB  [27]
 e-mail  [28]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$110~。
ノボテルワルシャワセントラム


メルキュールワルシャワグランド (Hotel Mercure Warszawa Grand) 地図  
ノボテルから南東へ約300mのところにあるホテル。客室はモダンな雰囲気。
 所在  28 Krucza Street 00-522 WARSAW POLAND  電話  +48 22 5832100
 FAX  +48 22 5832121
 WEB  [29]
 e-mail  [30]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$110~。
メルキュールワルシャワグランド


ラディソンBluソビエスキー (Radisson Blu Sobieski Hotel) 地図  
中央駅から西へ約1kmのところにある、カラフルな建物が特徴の高級ホテル。ロビーと客室は落ち着いた雰囲気。三大テノールのホセ・カレーラスはこのホテルの常連客。ショパン空港からホテルまでは一本道。空港からタクシーを利用して市内へ行く場合は、このホテル付近を通ることになる。
 所在  Plac Artura Zawiszy 1, Warsaw, 02-025, Poland  電話  +48 22 5791000
 FAX  +48 22 6581366
 WEB  [31]
 e-mail  [32]
 時間    料金  US$140~。
ラディソンBluソビエスキー

最高級[編集]

ワルシャワ・マリオット・ホテル (Warsaw Marriott Hotel) 地図  
中央駅前に建つ最高級ホテル。ロビーと客室は広めで、ゆったりしている。全室禁煙。
 所在  Al. Jerozolimskie 65/79, Warsaw, 00-697, Poland  電話  +48 22 6306306
 FAX  +48 22 8300311
 WEB  [33]
 e-mail  [34]
 時間  チェックイン 16:00 チェックアウト 12:00   料金  US$220~。
ワルシャワ・マリオット・ホテル


インターコンチネンタル (InterContinental Warszawa) 地図  
中央駅から徒歩約6分のところにある、下半分が欠けたような建物が特徴の最高級ホテル。シックな色遣いのロビーと客室は落ち着いた雰囲気。日本語衛星放送JSTVの視聴が可能。
 所在  Emilii Plater 49, Warsaw, 00-125, Poland  電話  +48 22 3288888
 FAX  +48 22 3288889
 WEB  [35]
 e-mail  [36]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$320~。
インターコンチネンタル


ウェスティン・ワルシャワ (The Westin Warsaw) 地図  
ワルシャワ中央駅から徒歩約10分のところにある20階建ての最高級ホテル。ゆったりとしたロビーの中央には、スチールや大理石を駆使した斬新なデザインの螺旋階段がある。すべての客室にシャワーブース付きのバスルームを備えている。JSTVの視聴が可能。フュージョンレストラン(Fusion Restaurant)で摂る朝食の味は格別だ。サウナはあるが、プールはない。2003年開業。
 所在  Al. Jana Paula Ⅱ 21 Warsaw, 00-854, Poland  電話  +48 22 4508000
 FAX  +48 22 4508111
 WEB  [37]
 e-mail  [38]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$280~。
ウェスティン・ワルシャワ


ヒルトン・ワルシャワ・ホテル&コンベンションセンター (Hilton Warsaw Hotel & Convention Centre) 地図  
ウェスティンから西へ約1kmのところにある最高級ホテル。ロビーと客室はモダンでスタイリッシュ。近代的なアメリカンスタイルの高層ビル。2006年開業。
 所在  Grzybowska 63, Warsaw, 00844, Poland  電話  +48 22 3565555
 FAX  +48 22 3565556
 WEB  [39]
 e-mail  [40]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$180~。
ヒルトン・ワルシャワ・ホテル&コンベンションセンター


ソフィテルビクトリアワルシャワ (Sofitel Warsaw Victoria hotel) 地図  
サスキ公園に面している最高級ホテル。客室は落ち着いた色合いで、広め。JSTVの視聴が可能。旧名称はインターコンチネンタル。1976年開業。
 所在  Krolewska 11 00-065 WARSAW POLAND  電話  +48 22 6578011
 FAX  +48 22 6578057
 WEB  [41]
 e-mail  [42]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$160~。
ソフィテルビクトリアワルシャワ


ホテルブリストル,ラグジュアリーコレクションホテル,ワルシャワ (Hotel Bristol, a Luxury Collection Hotel, Warsaw) 地図  
ワルシャワの歴史地区に通じるファッショナブルな「ロイヤルルート」に位置するクラシックな最高級ホテル。旧名称はル メリディアン ブリストル, ワルシャワで、現名称に変更後もスターウッドが引き続き展開している。ホテルの隣に大統領官邸がある。JSTVの視聴が可能。「白い巨塔」で、唐沢演じる財前が宿泊したホテルでもある。ちなみにその客室は403号室。
 所在  Krakowskie Przedmiescie 42/44, Warsaw, 00-325, Poland  電話  +48 22 5511000
 FAX  +48 22 6252577
 WEB  [43]
 e-mail  [44]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$280~。
ホテルブリストル,ラグジュアリーコレクションホテル,ワルシャワ


マメゾン ホテル ル レジーナ ワルシャワ (Mamaison Hotel Le Regina Warsaw) 地図  
新市街にある2004年オープンの最高級ホテル。建物は18世紀に建てられたモクロフスキ宮殿を改装したもの。ロビーと客室は落ち着いた雰囲気。客室数はわずか61室だが、屋内プールやサウナなどの設備が充実。
 所在  Kościelna 12, Warsaw, 00218, Poland  電話  +48 22 5316000
 FAX  +48 22 5316001
 WEB  [45]
 e-mail  [46]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$190~。
マメゾン ホテル ル レジーナ ワルシャワ


シェラトン・ワルシャワホテル (Sheraton Warsaw Hotel) 地図  
建物の白い色が鮮やかな最高級ホテル。ロビーは吹き抜けで高級感満点。客室は落ち着いた雰囲気。ワジェンキ公園はホテルから南へ約1kmのところにある。JSTVの視聴が可能。2013年6月に安倍晋三が宿泊している。
 所在  Ul. B. Prusa 2, Warsaw, 00-493, Poland  電話  +48 22 4506100
 FAX  +48 22 4506200
 WEB  [47]
 e-mail  [48]
 時間  チェックイン 14:00 チェックアウト 12:00   料金  US$170~。
シェラトン・ワルシャワホテル


ハイアット リージェンシー ワルシャワ (Hyatt Regency Warsaw) 地図  
ワジェンキ公園の南端付近にある最高級ホテル。中心部から若干離れているが、喧騒から離れた環境を望む人には理想的なホテルでもある。JSTVの視聴が可能。併設のQクラブ レストラン&バー(Q Club Restaurant and Bar)は寿司を含むアジア料理を扱っている。
 所在  23 Belwederska Avenue Warsaw, Poland, 00-761  電話  +48 22 5581234
 FAX  +48 22 5581235
 WEB  [49]
 e-mail  [50]
 時間    料金  US$200~。
ハイアット リージェンシー ワルシャワ

連絡する[編集]

  • ポーランドから日本の03-1234-5678にダイヤルする場合、00-81-3-1234-5678とダイヤルする。市外局番03の0は省略。
  • 警察は997、消防は998、救急は999にダイヤルする。携帯電話から警察へは112にダイヤルする。

気を付ける[編集]

  • 治安は良好。2014年現在、危険情報の発出はされていない。
  • ワルシャワの秋は冷涼な気候であり、9月の気温が東京の11月に相当する。雨が降るとさらに気温が下がったりするので、夏の旅行でも荷物の中に薄手のセーターやウィンドブレーカーのような防寒衣を入れていった方がよい。

暮らす[編集]

在外公館[編集]

在ポーランド日本国大使館 (Ambasada Japonii w Polsce) 地図  
ポーランドを担当する日本国大使館である。日本人・日系人が多く住む都市を中心に出張領事館サービスを行っている。医療・治安等の生活情報、通関(ペット等)、日本とポーランドの文化情報などを提供している。なお訪問時は、写真付き身分証明書の提示を求めているため、注意が必要である。閉館時の緊急連絡は、代表番号にかけることでつながるようになっている。
 所在  ul. Szwoleżerów 8, 00-464 Warszawa 路線バス108、162番のバス停前にある。  電話  +48 22 6965000
 FAX  +48 22 6965001
 WEB  [51]
 e-mail  [52]
 時間  月~金曜8:30~17:00、領事部は月~金曜9:00~12:30、13:30~17:00。詳細は在ポーランド日本国大使館のウェブサイトを参照。  料金  各種証明書、旅券等有料。手数料はzł払いである。
在ポーランド日本国大使館

出かける[編集]

  • ジェラゾヴァ・ヴォラ
    ジェラゾヴァ・ヴォラ (Żelazowa Wola) — ショパンの生地。ワルシャワから西へ約54kmのところにある。ショパンの生家(写真)があり、第二次世界大戦中にドイツ軍の砲撃で一部破壊されたが、1945年に再建された。生家はショパン博物館として、ショパンに関する品々が展示されている。5~9月の毎週日曜の11:00と15:00、7~8月には土曜にもピアノコンサートが行われている。右側の「地図」はショパンの生家の場所。ショパン博物館 地図

上記へのツアーはメロディー・ツアー(Melody Tours、日本旅行業協会在外賛助会員第42767号)などで扱っている。メロディー・ツアー


変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト