何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ワシントンD.C./ウエストエンド

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
ホワイトハウス南側正面

ウエストエンド(West End)は、フォギーボトム区域に加え、時々ゴールデン・トライアングルまたは単にKストリート (K St) と知られる、中央ビジネス街を含むダウンタウンの西側区域である。ホワイトハウスやペンシルベニア通りと共にイーストエンドとウエストエンド間の境界の役目を果たす場所は一般車の立ち入り禁止である。日中、ホワイトハウスの正面になる一般車立ち入り禁止のラファイエット広場 (Lafayette Square) とペンシルベニア通りは、観客とストリートホッケー (street hockey) 愛好者に人気がある。


分かる[編集]

Kストリートは、政府と共謀し金と権力の物理的な場所として大変よく知られる評判が悪い通りである。"政府の四権目 (fourth branch of government)" 、すべてのロビイスト、特別利益団体、請負業者、元連邦議会議員は、政治的影響力の非常に儲かるビジネスに従事している。この印象はまったく公平でない。まず第一に、ロビー事務所の大半は、高尚な動機のために得ようと努め、第二に、幹部の大半とは言わなくとも多くが、政治とは関係のないビジネスを行っている。しかしながら、Kストリートの街の不名誉な外観は、街の最もうんざりする一片として地元の悪評と一致する。オフィスビルがそびえ立ち、誰もがタイムカードを押した後退出し、大きなビジネスホテルや接待の会食を別として、人けもなくひっそりと静まり返った区域を後にする。これにはいくつかの事実があるが、風刺画は、いくつかの信じられないほどのレストランがあり、デュポンサークルがMストリート (M St) の背面にひっそりと存在し、マクファーソン街区地域 (McPherson Square) が独自の地元のクラブシーンを持っているという事実を見逃している。

そしてもちろん、ホワイトハウス (White House) がある。世界で最も強力な人物の自宅やオフィスとして世界中で有名なホワイトハウスは、アメリカ合衆国政府を最も連想させる首都の象徴である。また、公園、ラファイエット広場エリプス (Ellipse) に囲まれたホワイトハウスは、訪問者にとり驚くほど近接しやすい場所であり、歴史に囲まれたカジュアルなピクニックに合う素晴らしい背景である。そしてホワイトハウスと敷地のちょうど西側には、特にコーコラン美術館 (Corcoran Museum) などいくつかの素晴らしい美術館がある。

南西部は、フォギーボトム (Foggy Bottom)ジョージワシントン大学 (George Washington University) がある古いコロンビア特別区の街区や、川岸沿いに高名なウォーターゲートアパート (Watergate Apartments) とケネディー・センター (Kennedy Center) がある。またフォギーボトムには、汎米保健機構 (Pan American Health Organization) 、世界保健機関 (World Health Organization) 、世界銀行 (World Bank) 、国際通貨基金 (International Monetary Fund) 、米国赤十字社 (American Red Cross) のようないくつかの大きな国際機関の建物があるだけでなく、複数の大使館も置かれている。

着く[編集]

West End map.png

列車で[編集]

地下鉄のブルーオレンジラインは、I (Eye) ストリート沿いにウェストエンドを通り抜けている。西側のフォギーボトム (Foggy Bottom) は、ケネディセンターとジョージワシントン大学に向かうのに最も便利であり、また、ジョージタウンの東側区域に最も近い駅でもある。フォギーボトムからナショナルモールまでの徒歩は、少し遠いが、ウエストポトマック公園 (West Potomac Park) へのコロンビア特別区内の地下鉄の最寄り駅となっている。ファラガットウエスト (Farragut West)マクファーソン街区は、主要なビジネス街であるが、これらは、ラファイエット公園 (Lafayette Park) にも近接している。また後者は、ホワイトハウスのビジターセンターからわずか数ブロックでもある。

レッドラインは、Kストリートにあるファラガットノース (Farragut North) ただひと駅しかなく、ウエストエンドの北東側を横断している。メトロセンターは、イーストエンド内にある東側の次の停車駅で、ホワイトハウスのビジターセンターに最も近いレッドラインの駅となっている。

車で[編集]

ダウンタウンでは、運転に難しさがある。駐車場ビルがなく、地下駐車場も費用が高めである。路上駐車は、平日にほとんど利用不可能なメーター制で、2時間の制限がかかっている。平日の夜や週末は、ホワイトハウスの西側とペンシルベニア通りの南側で何カ所か容易に駐車できると予想する。メーターの制限は土曜日18:30までで、日曜は終日利用可能である。週末にデュポンサークル近くで駐車場を見つけるのは難しいが、平日夜間の20:00以降にKストリート周辺で幸運に恵まれる事がある。

Kストリートは、Mストリート (M St) がジョージタウンへの路線(一方通行)であるのに対して、幹線道路となっている。コネチカット通り(Connecticut Ave、Kストリート以下の17thストリート)は、北方への幹線道路である。州間高速道路66号線 (I-66) は、バージニア州から来ているが、23rdストリート (23rd St) の南側のアーリントン記念橋 (Arlington Memorial Bridge) を経由したほうが楽である。

タクシーで[編集]

24時間を通して街路からタクシーを呼び止めることが可能であるが、ジョージタウンへ向かうMストリートは、ラッシュアワーや週末の夜間に大変な交通量となるため注意が必要で、たいてい徒歩がより速く目的地に着く事になる。

バスで[編集]

ダウンタウンのメトロバス路線は、分かりにくい面があり、そのため、降車予定のバス停を乗り越さないよう、または不慣れな街の中で自分自身で敏速に場所を見つけ確認する事が最善である。以下の路線は、ほぼ深夜まで毎日運行している。

  • #80 — Kストリートのファラガット街区東側からチャイナタウン、フォギーボトムを通りコーコラン (Corcoran) を過ぎて18thストリート (18th St) を西へ下り、ケネディー・センターのすぐそばまで深夜まで運行されている。  WEB  [1]
  • #38B — ファラガット街区からジョージタウンを通りMストリートまでペンシルベニア通りを真っすぐに進み、その後、アーリントンへのキーブリッジを渡って、アーリントンの主要商業地を通る、Kストリートの西側を運行している。  WEB  [2]
  • #32、#36 — 38Bと同じ経路をたどるが、バージニア州へ入る代わりにウィスコンシン通り (Wisconsin Ave) を北方へ転換する。またこの路線は、モールへ、その後イースタンマーケット (Eastern Market) へ真っすぐ東方に運行している。  WEB  [3]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

ビダリア (Vidalia)  
ホワイトハウスの北西約1.5km、Mストリート沿いのビルの地下にある高級レストラン。アメリカの郷土料理、とくに南部のそれを意識したようなメニューで、オニオンスープなどが有名。
 所在  1990 M Street, NW.  電話  (+1 202) 659-1990  WEB  [4]
 営業時間  ランチ(月~金): 11:30~14:30、ディナー(月~土):17:30~22:00(金のみ22:30まで、土のみ17:00から)。  予算  ディナー$50前後。

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

連絡する[編集]

この記事「ワシントンD.C./ウエストエンド」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版