何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ロングイェールビーン

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
ロングイェールビーン

ロングイェールビーン(Longyearbyen) は、スヴァールバルの最大の町である。



分かる[編集]

ロングイェールビーンとは「ロングイェールの町」という意味であり、スヴァールバルで炭鉱を経営していたアメリカの実業家、ジョーン・マンロー・ロングイェール(John Munro Longyear)にちなんで1906年に町の名前が付けられた。

着く[編集]

飛行機で[編集]

SAS Braathensトロムソ(90分、年中1日1便)やオスロ(約3時間、夏のみ1週3便)からロングイェールビーン空港(LYR)へ。

空港から中心街まで約3キロ。便に会わせた送迎バスがある(40kr)。

船で[編集]

バレンツブルクへの日帰りクルーズが多い。

動く[編集]

空港シャトルバス以外の交通はない。どこまでも歩いて行けるが、ヌビエンの宿から中心まで約20分がかかる。時間よりお金があればタクシーもある(電話+47-7902-1305)。

観る[編集]

スヴァールバル博物館 (Svalbard Museum)  
スヴァールバルの歴史、生息する動物達、炭鉱労働者の暮らしぶりなどが展示されている。
 所在  Vei 302、中心地から川の対岸  電話  +47-79021384  WEB  [1]
 開場時間  10~18時  料金  大人40kr 子供5kr

遊ぶ[編集]

ロングイェールビエン周辺では、氷河を訪れるツアーや炭鉱ツアーなど、様々なツアーが催行されている。


エスマーク氷河 (Esmarkbreen)  
奇怪で美しい青色の氷河。氷河の氷で作ったカクテル付き。
 所在  船で2~3時間(片道)  電話  +47-79025660  WEB  [2]
 営業時間  6~9月  料金  日帰りクルーズ990kr
エスマーク氷河
第1炭鉱の跡


第3炭鉱 (Gruve 3)  
前に炭鉱で働いていたガイド付きの炭鉱ツアー。約3時間。14才以下の子供や閉所恐怖症の方にはおすすめできない。
 所在  -  電話  +47-79025660  WEB  [3]
 営業時間  年中可能  料金  590kr

買う[編集]

スヴァールバルブティッケン (Svalbardbutikken)  
スヴァールバル唯一のスーパーやデパート。食料、化粧品、衣料品、電化製品、土産など。
 所在  中心街  電話  +47-79022520  WEB  [4]
 営業時間  平日10~20時 土曜10~18時 日曜15~18  値段  

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

キャンピング以外は宿の値段が総じて高い。ただし冬のシーズンオフは20~50%割引となる。

安宿[編集]

ロングイェールビーンキャンピン (Longyearbyen Camping)  
世界最北のキャンプ所。夏しか開いてない。
 所在  空港の隣  電話  +47-79025716  WEB  [5]
 時間    料金  一人一泊 80kr テント100kr 湯シャワー5分/10kr

中級[編集]

ゲストハウス 102 (Gjestehuset 102)  
鉱夫の寮だった建物が宿に改装されている。中心から歩いて20分のヌビエンに位置する。
 所在  Nybyen  電話  +47-79025716  WEB  [6]
 時間    料金  ドミトリー280kr(素泊まり) シングル/ダブル 475/790kr(朝食付)

高級[編集]

ラディソンSASポーラーホテル (Radisson SAS Polar Hotel)  
世界最北端に位置するフルサービスホテル。レストラン・バー・サウナ・ネットPCなど有り。
 所在  中心街  電話  +47-79023450  WEB  [7]
 時間    料金  1450kr~

出かける[編集]

外部リンク[編集]

この記事「ロングイェールビーン」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト