何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

レソト

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
マレアレアの町
国旗
レソトの国旗
位置
レソトの位置
基礎データ
首都 マセル
政体 立憲君主制
通貨 ロチ (LSL)
面積 30,355km²
水面積率: ○○%
人口 1,865,040人
言語 英語
宗教 キリスト教。
電気 220V 50Hz B3・C型プラグ
国際電話番号 +266
ドメイン .LS
時間帯 UTC +2


レソト (Lesotho) は南部アフリカにある内陸国。 周囲をすべて南アフリカに囲まれている。

正式名称は、レソト王国 (Kingdom of Lesotho) である。


地方[編集]

レソトの地図

都市[編集]

その他の旅行先[編集]


分かる[編集]

歴史[編集]

国民[編集]

気候[編集]

祝日[編集]

時差[編集]

時差早見表 (UTC +2)
日本の時刻 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
現地の時刻 17 18 19 20 21 22 23 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

※ 表の灰色の部分は日本時間から見て前日の日付。

着く[編集]

ビザ[編集]

  • 危険情報にも記述されているように、入出国の際のトラブルが続発しているため、必ず入国印を押印してもらった方が良い。
  • 観光および商用目的かつ、90日以内であれば、査証(ビザ)は不要である(ただし、国境でもらえる滞在許可日数はどこの国境から入っても30日だけ)。
  • 30日以上レソト王国に滞在したい人は、首都マセルのイミグレーションで30日間の延長が無料でもらえる(あるいは一度出国して再度入国すると、30間の滞在許可が新たにもらえる)。イミグレーションの無料延長手続きはパスポートを預けて5分ほどで終わる。なお、90日以上の滞在許可には、1,000ランドの費用がかかる。

飛行機で[編集]

列車で[編集]

車で[編集]

バスで[編集]

南アフリカのいくつかの都市からレソトまでミニバスやタクシーが運行されている。料金の目安は、首都マセルの国境からヨハネスブルグまで200ランドブルームフォンテンまで100ランドレーディーブランドまで15ランド(2014年)。

  • マセルーヨハネスブルグ間のミニバス(ワゴン)・タクシーは比較的大きめで、普通のシェアータクシーより綺麗。
  • マセルーレーディーブランド間のタクシーは、外国人観光客にはよく25ランドと言ってボッてくるので気を付けるように。本当は、15ランド。

船で[編集]

動く[編集]

喋る[編集]

公用語は英語

買う[編集]

レソトの通貨単位はLoti (L)。2012/07/06現在の為替レートは以下のとおり。

¥ 日本円¥1.00 = L0.104L1.00 = ¥9.6114
$ 米ドル$1.00 = L8.2766L1.00 = $0.1208
€ ユーロ€1.00 = L10.1865L1.00 = €0.1208

※上記通貨に関して直近のレートを調べたい場合には、Bloomberg.co.jpなどを参照。

  • 通貨のロチ(複数マロチMaloti)は、南アのランドと等価となっている。
  • レソト国内では南アのランドが普通に通用するので、改めてロチを手に入れる必要はない。南アのランドは他の国で両替出来るが、ロチはレソト国外で使えないし、再両替も出来ないので、レソト滞在が短い人は、南アのランドだけを使用する事をお勧めする。 

物価[編集]

食べる[編集]

大抵の物は路上の露店で買える。果物は大概一つ1ランド~2ランドで売られており、野菜・果物などはスーパーで買うよりも安い。学校の周りには常に路上に店を広げてるおばさん達が沢山いて、一袋1ランドの駄菓子を色々と売っている。


ファット・ケーキ  
地元民の大好きな丸い穴のないドーナッツのことで、値段も安くどこの町、村でも買える(首都マセル、地方の村でも普通は一つ50セント)。外国人にはたまに、倍の1ランドと言ってくる場合があるが、安いからといって払ってしまうと、次から次へと皆ぼってくるようになるので注意(後続の旅行者の為にも、地元の相場感覚を身に付けて買い物をするよう心がけよう)。


チップス (フライド・ポテト)  
イギリスの影響もあり、首都マセルにはフィシュ&チップスのお店が何軒かある。レソトは内陸国なので、フィッシュはあまり見かけないが、チップスだけはどこに行ってもある。店で買うと一袋(250g~300g前後)が10ランド~12ランドほど。学校の前などでは、おばさん達が路上に店を広げて小さい一袋のチップスを1ランドで売っている(スーパーShop Riteではチップス100gが4ランドで売られている)。なお、レソトでは、チップスは塩と酢をかけて食べる。

飲む[編集]

泊まる[編集]

レソトには、南アと違ってあまり宿の選択がない。特に安宿は、南アよりレベルが低く割高に払うことなることが多い。キャンプ場もあるが、やはり施設の割には南アより割高だ。予算が限られてるバックパッカーには、痛いかもしれない。東南アジアで、シングル300~400円程度で泊まれるレベルの部屋を、レソトでは、1000円以上払って泊まることになる。


レソト・ワーク・キャンプス・アソシエーション (Lesotho Work Camps Association)  
Taxi Randから歩いて5分ほどで、買い物、市内観光に便利な宿。宿の近くにはマーケットやスーパーもある。

部屋自体はお世辞にも綺麗とは言えないし、シャワーは一つだけなのであまり長く使えない(シャワールームが使用に耐えられないほど汚い)。ドミトリー内にはいくつかのコンセントある。小さいキッチンあり。シャワーは、寒い時は宿のスタッフに言ってお湯のスイッチを入れてもらう(なお、泊まる際にはきれいなシーツを出してもらえる)。スタッフの話ではドミトリーが満室になることはまずないとのことなので、飛び込みでも取れる。料金は1泊50ランドでチェックインの際に支払う。なお、1年間有効の会員になると(会員費50ランド)1泊30ランドになるので、3泊以上する予定の人は会員になった方が安くなる。会員証の作成は同じ建物内の事務所で扱っている(ただし、窓口受付は夕方5時まで)。私は、シャワールームが汚すぎて一泊で出ました。本当に安く泊まれる所が必要な人にしかお勧めしません。

 所在  22 Cathedral Area, Main North 1 (マセル市のランドマーク、カトリックの教会”カテドラル”から2分ぐらい歩いたところ)  電話    WEB  
 時間    料金  24人ドミトリーで1泊50ランド(2014年。ドミトリーのみ、男女別)

学ぶ[編集]

働く[編集]

気を付ける[編集]

レソトは南アに比べて比較的安全な国ではあるが、男女共に夜間の一人歩きはやめた方がよい。

レソトでは、この10年で中国人移民が急激に増え、商売をしているが、言葉も出来ず(英語、レソト語共に)、態度も悪いとのことで、レソト国民の中国人に対する感情/印象は非常に悪いです。私は、レソト人の居住区で、中国人に間違われ危ない思いをしたことがあります。他にも、レソト人の経営する商店で買い物をした時、店主に、”なぜ自分達の店で買い物をしないんだ”、と嫌味に言われたこともあります(直ぐ向かいに中国人の経営する商店があった。)。私が、レソト滞在した数ヶ月間の間に、何人もの人に”あなた達中国人を私達は嫌いです。”、と言われました。それで、”私が日本人です。”、と言うと、”日本は、中国のどこにありますか?”、と聞かれたり、”日本も中国も同じだ。”と言われたりします。教育程度が高くない一部の人の中には、日本と中国が同じ国だと思ってる人達がいます。そういう人達(中国人を良く思ってない)に、田舎の村で後ろから石を投げつけられたことがあるので、気を付けて下さい。この、中国人に間違われて酷い扱いを受けたのは、私のレソト滞在で一番の嫌な経験/思い出です。中には、日本人と中国人の違いが分かって、酷い扱いを受けた後、私が日本人だ、と言うと、謝ってきた人もいます。レソトに、短期で観光に行く場合は、出来るだけ自分は短期の日本人観光客だということをアピールした方がいいと思います。そして、観光客が訪れない様な、地方の田舎の村などを訪ねる場合は、必ず、まず村長さんの家に挨拶に行くことをお勧めします。

健康を保つ[編集]

  • 高地にある市街地があり、高山病に注意。
  • 6月~9月の間、高地では積雪することがあるので、防寒対策が必須である。
  • 夏季は、10月~4月。

マナーを守る[編集]

レソト王国は、国民のほとんどが敬虔なカトリック教徒の国です。毎週日曜日のミサの為に教会に行く時には、皆持っていいる服の中で一番綺麗な服を着ていきます。教会を見学する時には、汚らしい格好をして行かないように。

連絡する[編集]

この記事「レソト」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト