何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

リール

提供: Wikitravel
移動先: 案内検索

リール (リール) は、フランス北部、ノール=パ・ド・カレ地域圏の首都にあたる人口22万人の小さな町。直訳すると「島」を意味し、ドゥール川に囲まれた土地に建設されたことからその名がある。13世紀頃から商業・ラシャ・毛織物など様々な産業が栄えてきた。17世紀には一時スペイン領になるなど歴史に翻弄されながらも現在まで織物や機械工業は発展を続け、また洒落た町並みととても活発な文化的活動の場としてもフランスにその名を知らる、学生が多く暮らす町でもある。

分かる[編集]

地区[編集]

  • Vieux Lille
  • Vauban
  • Centre
  • Wazemmes
  • Lille sud

着く[編集]

飛行機で[編集]

パリのシャルル・ド・ゴール空港からTGVで約1時間。 町外れの小さなLille-Lesquin空港からは、ドイツミュンヘンイタリアベニスポーランドワルシャワなどを介して国際線とつながっている。

列車で[編集]

ブリュッセル-パリ-ロンドンを結ぶTGVやユーロスターの中継地。ブリュッセルから40分、パリ北駅から1時間、ロンドンから1時間40分。その他TGVでリヨンまでは3時間、マルセイユまで5時間。

船で[編集]

カレーからのフェリーと国鉄が連絡している。

動く[編集]

交通局(Transpole)が地下鉄・バス・トラムなどを運行。

地下鉄で[編集]

無人運転の地下鉄2路線が中心部と近郊を結んでいる。

バスで[編集]

足で[編集]

市内の主な見所は駅から2km以内にあり、歩き易い靴なら起伏の少ない石畳の歩道を歩きながらショッピングやレストランを楽しむことができる。

観る[編集]

  • 旧株式取引所(Vieille Bourse)
  • 城塞(la Citadelle)
  • コンテス施療院(Musée de l'Hospice Comtesse)
  • リール美術館(Musée des Beaux-Arts)
  • Place du Général-de-Gaulle
蚤の市 Braderie de Lille  
毎年9月に開催されるヨーロッパ最大と言われる「蚤の市」では、町の中心部が歩行者天国となり、道路の両側に何kmにも渡って並ぶ数々の店では、骨董品・衣類・アクセサリー・古本・果てはスキー板やPC部品まであらゆる物が売られており、半日では回りきれない充実・混雑振り。名物のムール貝を出すレストランの前には貝塚がうず高く積まれ、店々がその高さを競っているほか、お菓子やサンドイッチのスタンドも沢山。
 所在  市内中心部一体  電話  電話  WEB  [1]
 開場時間  -  料金  -

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

外部リンク[編集]


この記事「リール」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。