何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ヨーロッパ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索

ヨーロッパ (Europe) は六大州のひとつ。


地方[編集]

北欧西欧中欧東欧南欧


[編集]


通貨 EU加盟国 シェンゲン
協定加盟国
時間帯³ Inter Rail
(zone)
Eurail
アイスランド IS, .is ISK × CET
アイルランド IRL, .ie EUR 1973 × WET A
アルバニア AL, .al ALL × × CET
アンドラ AND, .ad EUR × × CET
イギリス GB, .uk GBP 1973 × WET
イタリア I, .it EUR 1958 CET G
ウクライナ UA, .ua UAH × × EET
エストニア EST, .ee EUR 2004 EET
オーストリア A, .at EUR 1995 CET C
オランダ NL, .nl EUR 1958 CET E
キプロス CY, .cy EUR 2004 × CET
ギリシア GR, .gr EUR 1981 EET G
クロアチア HR, .hr HRK 2010+?¹ × CET D
サンマリノ RSM, .sm EUR × × CET
スイス CH, .ch CHF × × CET C
スウェーデン S, .se SEK 1995 CET B
スロバキア SK, .sk EUR 2004 CET D
スロベニア SLO, .si EUR 2004 CET G
スペイン E, .es EUR 1986 CET F
セルビア YU, .yu CSD² × × CET H
チェコ CZ, .cz CZK 2004 CET D  
デンマーク DK, .dk DKK 1973 CET C
ドイツ D, .de EUR 1958 CET C
トルコ TR, .tr TRY 2010+?¹ × EET G
ノルウェー N, .no NOK × CET B
バチカン V, .va EUR × - CET - -
ハンガリー H, .hu HUF 2004 CET D
フィンランド FIN, .fi EUR 1995 EET B
フランス F, .fr EUR 1958 CET E
ベラルーシ BY, .by BYR × × EET
ブルガリア BG, .bg BGN 2007 × EET H
ベルギー B, .be EUR 1958 CET E
ボスニア・ヘルツェゴビナ BIH, .ba BAM × × CET    
ポーランド PL, .pl PLN 2004 CET D ×
ポルトガル P, .pt EUR 1986 WET F
マケドニア MK, .mk MKD × × CET H
マルタ M, .mt EUR 2004 CET
モナコ MC, .mc EUR × × CET
モルドバ MD, .md MDL × × EET
モンテネグロ YU, .yu EUR × × CET H
ラトビア LV, .lv LVL 2004 EET
リヒテンシュタイン FL, .li CHF × × CET
リトアニア LT, .lt LTL 2004 EET
ルクセンブルク L, .lu EUR 1958 CET E
ルーマニア RO, .ro ROL5 2007 EET H
ロシア RU, .ru (.su) RUB × × MSK4

¹ EU加盟を申請している国。

² コソボ州の通貨はユーロ。

³ 冬時間。夏季(3月の最後の日曜日から10月の最後の日曜日の前の土曜日まで)はWET → WEST (UTC+0 → +1)、CET → CEST (+1 → +2)、EET → EEST (+2 → +3)

4 ロシアは複数の時間帯を地域ごとに採用している。カリーニングラード州ではEET、モスクワではMSK (UTC+3)、アラスカ付近ではUTC+12。

その他の旅行先[編集]

分かる[編集]

歴史[編集]

1492年から1972年の間、多くのヨーロッパの国々(イギリススペインポルトガルロシアフランスオランダのような)が東アジア中国本土日本チベット自治区)や南極大陸の一部を除き既知の世界のほとんどを支配統治している。これは植民地と呼ばれ、より人間的で、自由で、グローバルリズムと呼ばれる費用対効果の高い方式が支持されたことで、第二次世界大戦後に終わりをむかえることになる。

第二次世界大戦の終結に先立ってヨーロッパは、大規模な"総力戦"により全域が荒廃することになる。各国首脳は、社会経済を近くし、政治的統合でこのような悲劇が二度と起こらないように、身を守る必要があると、第二次世界大戦後に悟ることになる。謙虚な始まりから活動を始めたEUの第一歩は、欧州石炭鉄鋼共同体 (ECSC) の創設である。創設に関わった国々はベルギー旧西ドイツルクセンブルクフランスイタリアオランダである。連合の結果に満足した6カ国は、共同の市場を創出する究極の目標を持ち、欧州経済共同体 (EEC) を立ち上げるローマ条約の調印を1957年に行い、共同体を押し進めることになる。1967年、共同体は、単一の欧州委員会と同時に、閣僚理事会とEU議会を設立し、さらに形を整える事になる。

1967年以後、EUは、急速に成長することになる。デンマークアイルランドイギリスは1973年に加盟し、1981年にギリシア、1986年にスペインポルトガル、1995年にオーストリアフィンランドスウェーデンが加盟することになる。現在、ノルウェーとスイスは歴史的、経済的な理由で加盟を拒み続けている。EUは、経済的な統合を進めるため、2002年1月に複数の加盟国間でユーロ (Euro €) の導入を押し進める。その後、18カ国まで拡大し、コソボでは、公式通貨としてユーロを利用している。加えて、EU加盟国でないサンマリノ、バチカン、モナコ、アンドラ、モンテネグロでユーロを利用する正式な許可が与えられている。

2004年には、キプロスチェコエストニアハンガリーラトビアリトアニアマルタポーランドスロバキアスロベニアの10カ国がEUに加盟する。2007年には、さらにブルガリアルーマニアの2カ国がEUに加盟し、2010年、クロアチア、アイスランド、マケドニア、トルコが正式に加盟申請をする。

地理[編集]

ヨーロッパ最長の川は、ロシアから3,530 km(2,193マイル)蛇行しながらカスピ海に流れ込むボルガ川 (Volga) である。ヨーロッパの最高地点は、海抜5,642 m(18,510フィート)とそびえるロシアのエルブルス山 (Mount Elbrus) である。西ヨーロッパの最高地点は、海抜4,810 m(15,771フィート)とそびえるフランス-イタリアにまたがるアルプスのモンブラン (Mont Blanc) である。その他の重要な高い山脈は、フランスとスペインにまたがるピレネー山脈 (Pyrenees) と中央ヨーロッパからバルカン半島まで連なるカルパティア山脈 (Carpathian Mountains) である。また、キプロスはヨーロッパの一部と見なされている。

気象[編集]

ヨーロッパの気候は、南部の地中海の亜熱帯からバレンツ海の亜北極や北半球の北極海まで及んでいる。

喋る[編集]

英語の熟達は大陸をまたがって大きく変化するが、北部に行くほど高まる傾向にあり、ベネルクス域内と特にスカンジナビアの多くの住民は、流暢差に差があるが英語で理解し合えることができるのに対して、南部と東部は、特に主要な観光地以外でたいていコミュニケーションを取る事ができない。またオーストリア、スイスのドイツ語圏や旧西ドイツでは、英語を話せる人々がいると見当される。ロマンス語のひとつを話せる事は、ポルトガル、スペイン、フランス、イタリアやルーマニアで大いに役立つ事になる、一方東欧でスラブ語のいずれかを話せる場合、まったく同じ事が言える。

旧東ドイツを含む旧東欧圏の国々で、特に50歳以上の住民と話しをするとき、英語よりもドイツ語により触れる事になる。

サポートが必要な場合、高校や大学に入学するかもしれない人を探すことで、英語を話せる人を見つけられる可能性が非常に高まり、ほとんどの人々は、可能であれば喜んで手助けしてくれると推測される。もうひとつの方法として、ホテル従業員は、たとえそのホテルに滞在していない場合であっても、他の選択肢と言える。

またツアーガイドを頼む事は、特にグループ旅行の場合、旅行の準備中に手配を行う事で言葉の壁を克服するのに役立つ事になる。

着く[編集]

動く[編集]

ヨーロッパには、出入国検査なしで国境通過を認めるシェンゲン協定がある。この協定の加盟国(シェンゲン圏)では、加盟国間の国境が完全に開放されており、誰でも自由に国境を越えることができる。

飛行機で[編集]

ヨーロッパでは、EUの誕生により加盟国間における航空網がかなり充実したうえ、各国間の移動がかなり自由に出来るようになっている。

大手航空会社[編集]

大手航空会社としては、フランスのエールフランス、ドイツのルフトハンザ、イギリスのブリティッシュ・エアウェイズ、イタリアのアリタリア、スペインのイベリア、オランダのKLM、北欧3カ国のスカンジナビア (SAS) などが数多くの路線を運航する。これら大手航空会社は、現在競争が激化しているために航空連合に加盟している例が多く、その連合ごとにヨーロッパの周遊券を発売している。1区間からでも買える場合があり、日本で購入できる場合も多い。概ね1区間10,000円から20,000円程度である。

格安航空会社[編集]

一方でヨーロッパでは格安航空会社も大きなシェアを占めている。ライアンエアーとイージージェットの2強、ブエリング、SNブリュッセル航空、エア・ベルリンなど、いずれも大手と比べて信じられないほどの格安運賃で利用できる。日にちによっては0.01ユーロ(約1.6円)の運賃を発売している例があるし、そうでなくても大手より相当安い。ここで注意すべきは、上の運賃はあくまで「運賃だけ」であって、これに税金や手荷物料として15ユーロ程度加算され、実質の料金は2,000~3,000円程度になるという点である。予約の際は最終ページに行って合計の料金を確認しなくてはいけない(それでも飛行距離などを考えると「激安」である)。

その他注意点[編集]

その他の注意点としては、

  1. 大手と違い基本的にWEBサイトはすべて英語での手続きとなるので注意すること。
  2. 安いからといってすぐに飛びついてはならない。特に格安航空会社では、運賃を下げる手段として大都市郊外の、マイナーな空港を利用する場合が多い。アクセス手段(タクシーなど)によっては航空券より高くついてしまうこともある。公共交通機関による目的地への所要時間や料金も調べたうえで予約すると安心である。例えばライアンエアーの「フランクフルト・ハーン」空港は、本物のフランクフルト・アム・マインからは120キロ程度離れている。
  3. 機内サービスは無いと思ったほうが良い。ドリンク・スナックなどは機内で販売されることもある。
  4. 座席指定が無い場合があるので、その場合は座席は早い者勝ちである。なるべく早目にゲートへ向かうのが得策である。

列車で[編集]

ドイツの高速ICE列車
主記事:鉄道旅行のコツ/ヨーロッパ

特に西部と中央ヨーロッパの鉄道は、高速で効率的で航空会社との価格競争力がある。フランスのTGV、ドイツのICE、スペインのAVEや国境をまたぐユーロスターとタリスなどの高速列車は、最大速度320 km/h (200 mph) で運行され、空港往復の旅行時間を含めた場合、たいてい空路よりも速くなる。裏を返せば、たとえ事前予約か様々な得になる情報を活用し良い割引を得られる事になっても、その場で購入した切符が高価な事がある。特にインターレイル(ヨーロッパ内)とユーレイル(その他も含め)パスは、もしヨーロッパを中心に広範囲に旅行する予定である場合(または単一区域)や格安航空券の利用よりも高い柔軟性を持たせたいと思う場合、適切な価値を提供している。

ヨーロッパすべての最も広範囲で最も信頼できる鉄道旅行の立案者は、ドイツ国鉄 (DB) に属している。

  • RAILEUROPE — ヨーロッパ域内の主要都市間を運行する列車の時刻、所要時間及び料金が検索でき、検索結果からそのままチケットを購入することも可能。日本語で検索できるので便利(ただし、状況によっては検索結果の表示に多少時間がかかることもある)。  WEB  [1]


観る[編集]

euromuse.net — ヨーロッパ内の美術館・歴史博物館のデータベース(英語)。  WEB  [2]

遊ぶ[編集]

食べる[編集]

飲む[編集]

気を付ける[編集]

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト