何らかの理由で編集が行えない場合は、Wikitravel:旅人の居酒屋 を参照してください。

ユヴァスキュラ

提供: Wikitravel
移動: 案内検索
展望タワーからの街の眺め

ユヴァスキュラ(ユバスキュラ、Jyväskylä)は、フィンランド中部の都市。 [1]


分かる[編集]

森と湖に囲まれた大学街。ユヴァスキュラ大学では、はじめてフィンランド語での教育が行われた(かつてはスウェーデン語が知識層の言葉だった)。建築家・デザイナーのアルヴァ・アアルトが最初に仕事場としたのがこの街で、周辺には彼の設計による建築物が多く残されている。世界遺産に指定された「ペタヤヴェシの古い教会」が近い。また、フィンランド国内に6地点ある「シュトルーヴェの測地弧」の登録地の一つであるOravivuori triangulation towerが、近郊のコルピラハティ(Korpilahti)にある。埼玉県新座市と姉妹都市。

着く[編集]

飛行機で[編集]

  • FINAVIA ユヴァスキュラ空港のページで、空港へのアクセス情報を確認できる。空港内では、FINAVIAが提供する無料の無線LANサービスを利用できる。

列車で[編集]

  • 鉄道駅は街の中心部の東端に位置する。

車で[編集]

バスで[編集]

  • 各地からの長距離バスが発着する。Matkahuoltoが、フィンランド国内のバスターミナル運営やチケット販売などを行なっている。
  • バスターミナル町の中心部の東端、鉄道駅すぐ隣。

船で[編集]

動く[編集]

市内中心部は徒歩で回れる範囲だが、ユヴァスキュラ大学のキャンパスやアルヴァ・アアルト博物館などは中心部から少し離れている。また、アアルトが手がけた建物は市内中心部には少なく、周辺や郊外にたくさん点在している(ユヴァスキュラ市公式サイト観光情報「The architecture of Alvar Aalto」参照)。


バスで[編集]

足で[編集]

観る[編集]

遊ぶ[編集]

買う[編集]

食べる[編集]

安食堂[編集]

中級[編集]

高級[編集]

飲む[編集]

泊まる[編集]

安宿[編集]

中級[編集]

高級[編集]

出かける[編集]

この記事「ユヴァスキュラ」は、この土地を旅したり、あるいは調べたりする際の参考になる可能性はあるものの、まだ書きかけです。加筆や訂正などをして下さるみなさんを求めています。

変種

操作

Docents

他言語版

その他のサイト